エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 結核終結に向けたモスクワ宣言2(約束と呼びかけ1、2)

<<   作成日時 : 2018/02/10 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

約束と行動への呼びかけ
 私たちは自ら結核終結を約束した。それは各国が法律と政策の枠組みの中でアジェンダ2030の政治的優先課題と位置づけ、結核対策における公正、倫理、ジェンダーの平等、人権の擁護と促進に取り組み、エビデンスに基づく健全な公衆衛生原則を踏まえて以下の行動を実行することで、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジの達成にも貢献する目標である。私たちはWHOに対し、成功に不可欠の支援を求め、他の国連機関、すべてのパートナーにも呼びかける。

1) SDG課題の中で結核対策を進める

私たちは以下の約束をする
*結核予防、診断、治療、ケアの規模を拡大する。すべての国で少なくとも感染の90%を把握し、感染が把握できた人の90%に治療を提供して成功を収める d ために、官民保健医療提供者の努力を通じ、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジの実現を目指す。そのためには迅速検査(分子診断も含む)、適切な治療、WHOが推奨する標準ケア e による患者中心のケアと支援、デジタルヘルスの活用 f が必要になる。
*コミュニティと市民社会の参加を通じ、女性、子供、先住民、保健医療従事者、高齢者、難民、国内避難民、受刑者、HIV陽性者、薬物使用者、鉱山労働者、都市および地方の貧困層といった社会的に弱い状態に置かれているハイリスク集団に差別のない方法で適切に対応することを優先させる。そうしなければ結核の排除は不可能である。
*MDR-TBを地球規模の保健危機としてとらえる。少なくともMDR-TBの影響が深刻な国ではすべて、国家緊急事態として対応し、同時にすべての国が薬剤耐性菌の出現と拡散を防ぐためのしっかりとしたシステムを維持する。
*結核とHIVを統合した患者中心のサービスの規模を速やかに拡大し、HIV陽性者の予防可能な結核による死亡をなくす。gh
*結核の重感染症および関連する非感染症、栄養不良、メンタルヘルス、有害な飲酒や注射薬物を含むその他の薬物依存などの管理を通じた相乗効果を達成する。
*効果の高い新たな結核治療薬については、妥当なものならモニタリングとフォローアップをしっかり行いつつアクセスを拡大する。
*結核の予防、治療、ケアのための適切な人材を必要に応じて確保する。
*スティグマと差別、コミュニティの孤立を解消し、コミュニティベースの治療オプションや心理的、社会経済的支援を含む患者中心のケアを促進する。

私たちは次のことを呼びかける
*WHOと他の国連機関、世界エイズ・結核・マラリア対策基金、ストップTBパートナーシップ、UNITAID、および民間部門や学術専門家、社会貢献財団、市民社会を含むドナー、パートナーは、この宣言が遂行できるよう支援を行う。
*WHOと他の国連機関、二国間・多国間資金援助機関およびその技術パートナーは、すべての国で薬剤耐性(AMR)に関するグローバルアクションプランを支援し、公衆衛生安全保障に対する脅威としてのMDR-TB対策に取り組む i 。私たちは同時に薬剤耐性に関する国連総会ハイレベル会合の政治宣言を再確認する J 。


2) 十分な資金を持続可能なかたちで確保する

私たちは以下の約束をする
*各国首脳および関係各省庁、各部門とともに、必要に応じて、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジという究極の目標に向け、各国の法的な枠組みと第3回開発資金国際会議のアジスアベバ行動目標に沿いつつ、保健システム強化のための国内資金を動員する。k
*必要に応じて、より野心的かつ資金の裏付けのある国の結核政策と結核研究を含む戦略計画を策定、実施する。そうした政策、戦略は、国の保健計画の枠組みと結核終結戦略に沿い、各国の法的な枠組みを踏まえたものとなる。
*必要に応じて、患者やその家庭に破滅的な費用負担を強いる要因 l に対応し、社会保障手段を確保できるようにする。そうした行動は人権に配慮したものでなければならない。

私たちは次のことを呼びかける
*世界エイズ・結核・マラリア対策基金、グローバル・ファイナンシング・ファシリティ(GFF)、二国間機関、世界銀行、地域開発銀行などグローバルヘルスの資金パートナーは、ブレンドファイナンス m その他の革新的な資金確保策により、公衆衛生上の成果を高め、キーポピュレーションに配慮した保護策をとりつつ、追加的資金の確保に努める。
*WHOは引き続き、戦略的、技術的なリーダーシップをとり、国連加盟国および国際機関に適切な助言と支援を提供する。
*学術、技術分野、市民社会、民間部門、そしてその他関連分野のパートナーは各国の投資に対する支援 n を継続するとともに、保健システム強化と受け入れ能力の拡大を支援する。o




COMMITMENTS AND CALLS TO ACTION
We commit ourselves to ending TB, which is a political priority defined in the Agenda 2030 and as a contribution to achieving universal health coverage, within national legislative and policy frameworks, and to implementing the following actions through approaches protecting and promoting equity, ethics, gender equality, and human rights in addressing TB, and based on sound, evidence-based, public health principles. We urge WHO, and call upon other UN organizations and all partners, to provide the support necessary for success:

1) ADVANCING THE TB RESPONSE WITHIN THE SDG AGENDA
WE COMMIT TO
Scaling up TB prevention, diagnosis, treatment and care and working towards the goal of universal health coverage through public and private health care providers to achieve detection of at least 90 per cent of cases and successful treatment of at least 90 per cent of those detected d in all countries through the use of rapid diagnostics (including molecular diagnostics), appropriate treatment, patient-centred care and support, applying WHO-recommended standards of care e , and harnessing digital health f .
  Prioritizing, as appropriate, notably through the involvement of communities and civil society and in a non-discriminatory manner, high-risk groups and populations in vulnerable situations such as women and children, indigenous people, health care workers, the elderly, migrants, refugees, internally displaced people, prisoners, people living with HIV/AIDS, people who use drugs, miners, urban and rural poor and under-served populations, without which TB elimination will not be possible.
Addressing MDR-TB as a global public health crisis including through a national emergency response in at least all high MDR-TB burden countries, while ensuring that robust systems are sustained in all countries to prevent emergence and spread of drug resistance.
Rapidly scaling up access to patient-centred, integrated TB and HIV services and collaborative activities to end preventable deaths due to TB among people living with HIV/AIDS. g h
Achieving synergies in managing TB, co-infections and relevant noncommunicable diseases, undernutrition, mental health and harmful use of alcohol and other substance abuse, including drug injection.
Working to increase, when relevant, access to new and effective tuberculosis drugs under strict programmatic monitoring and follow-up.
Ensuring, as appropriate, adequate human resources for TB prevention, treatment and care.
Reducing stigma, discrimination and community isolation, and promoting patient-centred care including community-based treatment options, as well as psychosocial and socioeconomic support.

WE CALL UPON
WHO, other UN agencies, the Global Fund to Fight AIDS, TB and Malaria, the Stop TB Partnership, UNITAID, donors and partners, including from the private sector, academia and philanthropic foundations, and civil society to support the implementation of this Declaration.
WHO, bilateral and multilateral funding agencies and other partners to urgently support high MDR-TB burden countries in their national emergency response.
WHO, other UN agencies, bilateral and multilateral funding agencies and technical partners to address MDR-TB as a major threat to public health security i by supporting implementation of the Global Action Plan on AMR in all countries, while we reaffirm the political declaration of the high-level meeting of the UN General Assembly on antimicrobial resistance. J

2) ENSURING SUFFICIENT AND SUSTAINABLE FINANCIN
WE COMMIT TO
Working with heads of state and across ministries and sectors, as appropriate, to mobilize the domestic financing needed for health systems strengthening with the ultimate goal of reaching universal health coverage, in keeping with national legislative frameworks, and with the Addis Ababa Action Agenda of the Third International Conference on Financing for Development.k
Developing and implementing, as appropriate, more ambitious, fully-funded national TB policies and strategic plans, including for TB research, that are aligned with national health plans, frameworks and the End TB Strategy and in keeping with national legislative frameworks.
Identifying and implementing, as appropriate, the actions required to address issues that cause catastrophic costs l to patients and their households, to ensure social protection measures, while ensuring that actions are in line with human rights obligations.

WE CALL UPON
Global health financing partners including the Global Fund to Fight AIDS, TB and Malaria, the Global Financing Facility, bilateral agencies, the World Bank, and regional development banks to pursue and advocate for additional financing including through blended m and/or other forms of innovative financing, with adequate safeguards for ensuring public health impact and attention to key populations.
WHO to continue providing strategic and technical leadership, advice and support to Member States as well as to international institutions.
Academic, technical, civil society, private sector and other relevant partners to continue their efforts to help countries develop and pursue investment cases n while supporting health systems strengthening and increased absorption capacity. o



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
結核終結に向けたモスクワ宣言2(約束と呼びかけ1、2) エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる