エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 男性はサービス提供のBlind Spot(死角) 世界エイズデーUNAIDS報告書

<<   作成日時 : 2017/12/03 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)が2017年世界エイズデーに発表した報告書『blind spot』は男性に焦点を当てています。そのプレスリリースの日本語仮訳です。
 『女性、少女のHIVリスクを高めている不平等に取り組むこと』が現在のHIV/エイズ対策の最優先事項であることを踏まえたうえで、『女性に比べると男性は、HIV検査を受けず、抗レトロウイルス治療へのアクセスが少なく、エイズ関連の疾病で死亡する傾向が強い』という現状にも注意を喚起し、『男らしさ』にまつわる有害な社会規範が男性の健康リスクを高めている現状を改善するよう求めています。


男性はHIV治療を受けず、エイズ関連の疾病で死亡する傾向が強い 世界エイズデーに際し、UNAIDSが警告
 新たな報告書でHIVサービス提供のblind spot(死角)となっている男性に言及
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2017/december/20171201_blind_spot

 オタワ/ジュネーブ 2017.12.1 国連合同エイズ計画(UNAIDS)が新たな報告書を世界エイズデーに発表した。女性に比べると男性は、HIV検査を受けず、抗レトロウイルス治療へのアクセスが少なく、エイズ関連の疾病で死亡する傾向が強いことを取り上げている。報告書『Blind spot』によると、世界全体で見るとHIV陽性者で治療を受けている人の割合は男性の場合、半数以下であり、女性の60%より低い。男性は女性よりも治療の時期が遅く、治療を中断したり、経過観察ができなくなったりする傾向も強い。
 「女性、少女のHIVリスクを高めている不平等に取り組むことは、エイズ対策の最優先事項です」とミシェル・シディベ事務局長はいう。「しかし、男性がblind spot(死角)になっているという現実もあります。男性は女性よりも、HIV予防のサービスを利用せず、HIV検査を受けず、治療を受ける傾向が低いのです」
 サハラ以南のアフリカでは、男性、少年のHIV陽性者は、女性、少女の陽性者より20%も自らの感染を知っている割合が低く、治療を受ける割合も27%低い。南アフリカで最もHIV陽性率が高いクワズル・ナタール州の2015年の推計では、20〜24歳のHIV陽性の男性で自分の感染を知っている人は4人に1人だった。
 効果的なHIV対策の普及に苦闘する西部・中部アフリカでは、HIV陽性の男性で治療を受けている人は25%にとどまっている。HIV治療を受けていない人からは、他の人にHIVが感染する可能性が高くなる。
 「男性がHIVの予防や治療のサービスを利用すれば、3つの配当が得られます」とシディベ事務局長はいう。「自分自身を守り、性パートナーを守り、家族を守ることができるのです」
 報告書はサハラ以南のアフリカからのデータを強調している。年長の男性は、不定期のパートナーとのセックスの際にコンドームを使用する割合が低く、HIV陽性である可能性は高い。40〜44歳の男性の50%、50〜59歳の男性の90%はコンドームを使わないと答えている。こうしたデータは、HIV陽性率が高い地域では、年長男性から若い女性へ、そして成人女性から同年代の男性へという感染のサイクルが存在するという研究報告とも符合する。
 『Blind spot』は、キーポピュレーションで男性のHIV陽性率が高いことも指摘している。東部・南部アフリカ以外では、成人の新規HIV感染の60%は男性である。報告書は、差別や嫌がらせ、保健サービス提供の拒否など、キーポピュレーションの男性のHIVサービス利用をとりわけ困難にしている要因も示している。
 男性とセックスをする男性は男性一般に比べると24倍もHIVに感染する可能性が高く、男性とセックスをする男性のHIV陽性率が15%以上という国も20カ国以上ある。それなのに、最近の調査では、オーストラリア、ヨーロッパ、米国では、コンドーム使用が減っていることを示唆されている。米国ではたとえば、2011年と2014年を比較すると、ゲイ男性など男性とセックスをする男性の間で、性行為の際にコンドームを使用しない割合は、35%から41%へと増加している。
 「安心している場合ではありません」とシディベ氏はいう。「その間にHIVが定着し、2030年のエイズ終結への希望は閉ざされてしまいます」
 『Blind spot』は、注射薬物使用者1180万人の80%が男性であり、数カ国では注射薬物使用者のHIV陽性率が25%を超えているということも報告している。コンドームの使用率は注射薬物使用者の間ではどこでも低く、直近の薬物注射の際に消毒した注射器、注射針を使っていた人の割合は国によって異なっていた。たとえば、ウクライナでは、直近の注射の際に消毒した注射針を使った人は90%を大きく上回っている。一方で、米国では35%前後なのだ。
 刑務所では、受刑者の90%は男性であり、HIV陽性率は3〜8%と推計されているが、コンドームやハームリダクションのサービスを受刑者が利用できる状態にはほとんどない。
 女性に対するHIV検査は、とりわけ産科サービスを通じて提供することができるが、男性の場合にはそうしたエントリーポイントが見つからず、HIV検査についての理解が広がるのを制限する結果になっている。
 「男らしさに対する誤った思い込みと、男性についてのステレオタイプの見方によって、男性の間では、セーファーセックスを実践したり、HIV検査を受けたり、治療を続けたり、あるいはセクシャリティについて話したりすることでさえも、困難な環境がつくられています」とシディベ事務局長は述べている。「しかし、男性にも責任感が必要です。そうでないと、こうした虚勢が生命を奪うことになります」
 報告書は、それぞれの年齢に適した包括的なセクシャリティ教育を早い段階から少年少女に提供できるようにするための投資の必要性を指摘している。そうした教育を通して、少年と少女の両方がジェンダーの平等について考え、人権に基づいて健康的な関係を生み出し、健康を守れるような行動をとれるようにしなければならない。
 報告書によると、男性は女性に比べ、保健医療施設を訪れる頻度が低く、健康診断もあまり受けず、生命にかかわる状態の診断時期も遅い。ウガンダでは、弱虫と言われるのが嫌だから、HIVに感染しているかどうかなどということは知りたくないし、治療も受けたくないという男性もいた。南アフリカのある研究では、エイズ関連の疾病で亡くなった男性の70%は一度もHIVケアを求めたことはなかった。
 報告書は、保健医療サービスを男性にとって利用しやすくし、男性の利用者を増やすためのHIVプログラムを求めている。そのためには、利用時間の拡大、薬局の活用、働く場所およびパブやスポーツクラブなど余暇を過ごす場所でのサービス提供、携帯やappなどのコミュニケーション・テクノロジーの活用といった利用者に合わせたサービスが必要になる。
 また、HIVサービスの利用を妨げる障壁、とりわけキーポピュレーションに対する障壁を取り除き、男性・少年の多様なニーズと現実に対応できる支援的な法的と政策的環境を整えるよう求めている。Blind spotは男性がHIVに感染せずにいいられるようにし、検査を定期的に受け、HIV陽性なら治療を継続することによって、その利益は本人の健康状態を改善することだけではなく、女性・少女の新規HIV感染を減らし、有害なジェンダー規範を変えていく点にもあるとしている。




On World AIDS Day, UNAIDS warns that men are less likely to access HIV treatment and more likely to die of AIDS-related illnesses
New report from UNAIDS shows the blind spot in reaching men with HIV services

OTTAWA/GENEVA, 1 December 2017—On World AIDS Day, UNAIDS has released a new report showing that men are less likely to take an HIV test, less likely to access antiretroviral therapy and more likely to die of AIDS-related illnesses than women. The Blind spot shows that globally less than half of men living with HIV are on treatment, compared to 60% of women. Studies show that men are more likely than women to start treatment late, to interrupt treatment and to be lost to treatment follow-up.
“Addressing the inequalities that put women and girls at risk of HIV is at the forefront of the AIDS response,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “But there is a blind spot for men—men are not using services to prevent HIV or to test for HIV and are not accessing treatment on the scale that women are.”
In sub-Saharan Africa, men and boys living with HIV are 20% less likely than women and girls living with HIV to know their HIV status, and 27% less likely to be accessing treatment. In KwaZulu-Natal, the province with the highest HIV prevalence in South Africa, only one in four men aged 20–24 years living with HIV in 2015 knew that they had the virus.
In western and central Africa, a region that is struggling to respond effectively to HIV, only 25% of men living with HIV are accessing treatment. When people are not on treatment they are more likely to transmit HIV.
“When men access HIV prevention and treatment services, there is a triple dividend,” said Mr Sidibé. “They protect themselves, they protect their sexual partners and they protect their families.”
The report highlights data from sub-Saharan Africa that show that condom use during sex with a non-regular partner is low among older men, who are also more likely to be living with HIV—50% of men aged 40–44 years and 90% of men aged 55–59 years reported not using a condom. These data are consistent with studies showing a cycle of HIV transmission from older men to younger women, and from adult women to adult men of a similar age in places with high HIV prevalence.
The Blind spot also shows that HIV prevalence is consistently higher among men within key populations. Outside of eastern and southern Africa, 60% of all new HIV infections among adults are among men. The report outlines the particular difficulties men in key populations face in accessing HIV services, including discrimination, harassment and denial of health services.
Men who have sex with men are 24 times more likely to acquire HIV than men in the general population and in over two dozen countries HIV prevalence among men who have sex with men is 15% or higher. However, recent studies suggest that condom use is dropping in Australia, Europe and the United States of America. In the United States, for example, the percentage of HIV-negative gay men and other men who have sex with men who engage in sex without using condoms increased from 35% to 41% between 2011 and 2014.
“We cannot let complacency set in,” said Mr Sidibé. “If complacency sets in, HIV will take hold and our hopes of ending AIDS by 2030 will be shattered.”
The Blind spot shows that around 80% of the 11.8 million people who inject drugs are men and that HIV prevalence among people who inject drugs exceeds 25% in several countries. Condom use is almost universally low among people who inject drugs and the percentage of men who inject drugs using sterile injecting equipment during their last drug injection varies from country to country. In Ukraine, for example, the percentage of men who inject drugs who used a sterile needle at last injection was well over 90%, whereas in the United States only around 35% used a sterile needle.
In prisons, where 90% of detainees are men, HIV prevalence is estimated at between 3% and 8%, yet condoms and harm reduction services are rarely made available to detainees.
While HIV testing has been able to reach women, particularly women using antenatal services, the same entry points have not been found for men, limiting uptake of HIV testing among men.
“The concept of harmful masculinity and male stereotypes create conditions that make having safer sex, taking an HIV test, accessing and adhering to treatment—or even having conversations about sexuality—a challenge for men,” said Mr Sidibé. “But men need to take responsibility. This bravado is costing lives.”
The report shows the need to invest in boys and girls at an early age, ensuring that they have access to age-appropriate comprehensive sexuality education that addresses gender equality and is based on human rights, creating healthy relationships and promoting heath-seeking behaviour for both girls and boys.
The report shows that men visit health-care facilities less frequently than women, have fewer health checks and are diagnosed with life-threatening conditions at later stages than women. In Uganda, some men reported they would rather avoid knowing their HIV status and receiving life-saving treatment because they associated being HIV-positive with emasculating stigma. One study in South Africa showed that 70% of men who had died from AIDS-related illnesses had never sought care for HIV.
The report urges HIV programmes to boost men’s use of health services and to make services more easily available to men. This includes making tailored health services available, including extending operating hours, using pharmacies to deliver health services to men, reaching men in their places of work and leisure, including pubs and sports clubs, and using new communications technologies, such as mobile phone apps.
It also urges a supportive legal and policy environment that addresses the common barriers to accessing HIV services, especially for key populations, and can accommodate the diverse needs and realities of men and boys.
The Blind spot shows that by enabling men to stay free from HIV, get tested regularly and start and stay on treatment if HIV-positive, the benefits will not only improve male health outcomes, but will contribute to declines in new HIV infections among women and girls and to altering harmful gender norms.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第113号(2018年1月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第113号(2018年1月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2018/02/04 00:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
男性はサービス提供のBlind Spot(死角) 世界エイズデーUNAIDS報告書 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる