エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018サッカーW杯のUNAIDS特別大使にビクトリア・ロピレヴァさんを任命

<<   作成日時 : 2017/12/01 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説)2018年のサッカーW杯ロシア大会のグループリーグ組み合わせは世界エイズデーと同じ12月1日午後6時日本時間2日午前零時)からモスクワ郊外のクレムリンパレスというコンサートホールで開かれるそうです。その前日の11月30日に同じくクレムリンパレスでUNAIDSの2018年W杯特別大使にミスロシア(2003年)のビクトリア・ロピレヴァさんが任命されました。その発表記事の日本語仮訳です。


2018サッカーW杯のUNAIDS特別大使にビクトリア・ロピレヴァさんを任命
    2017年11月30日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2017/november/20171130_victoria-lopyreva

 ロシアで開催される2018年サッカーW杯でHIVへの関心を高め、差別ゼロを目指すために、ビクトリア・ロピレヴァさんが国連合同エイズ計画(UNAIDS)の特別大使に任命された。世界エイズデー前夜であり、サッカーW杯グループリーグ組み合わせ抽選会の前夜でもある11月30日、UNAIDSがロシアの首都モスクワのクレムリンパレスで発表した。
 「UNAIDS特別大使として、ビクトリア・ロピレヴァさんは2018年サッカーW杯でHIVおよび感染予防への関心を高める役割を担います。W杯にやってくる何百万もの人たちにHIV感染から自らを守り、人種や国籍、HIV感染の有無による差別をゼロにするためのチャンピオンになりましょうと呼びかけます」とUNAIDS東欧・中央アジア地域支援チームのヴィナイ・P・サルダンハ代表はいう。
 「2018年サッカーW杯のUNAIDS特別大使を喜んでお受けします」とロピレヴァさんは語った。「サッカーは世界中の国々から集まる選手、チーム、ファンの世代を超えた連帯を生み出す特別な現象です。2018年サッカーW杯は新たな素晴らしいゴールをあげるまたとない機会です。エイズ流行終結と差別ゼロの達成というゴールです」
 「ロシアのサッカーW杯大使としてのビクトリア・ロピレヴァさんの日々の貢献を高く評価しています。彼女の情熱と献身とエネルギーはまちがいなくロシア国内および国外におけるHIVとエイズに対する関心を高めてくれるでしょう。ピッチの内と外におけるあらゆるかたちの差別と闘ううえで、ビクトリアが果たしてきた大きな貢献は、FIFAが誇りとするものです。UNAIDS特別大使としても大きな成功を収めることを願っています」とFIFAのファトマ・サムーラ事務局長は語る。
 エイズの流行の開始以来、これまでに7800万人がHIVに感染し、3500万人がエイズ関連の疾病で死亡している。2016年の年間の新規HIV感染者は約180万人で、ピークだった1990年代後半の年間300万人と比べると、39%減少している。東欧・中央アジアでは、新規HIV感染は2010年当時より60%増加し、エイズ関連の死者も27%増えている。政府統計によると、ロシアのHIV陽性者数は現在90万人以上となっている。
 ロピレヴァさんは2003年のミスロシアで、2015年10月から2018年サッカーW杯公式大使を務めている。2017年にロシアのソチで開かれた第19回世界青年学生祭典の大使を務め、テレビプレゼンター、イベントホスト、講演者、モデルとしても活躍している。


Victoria Lopyreva appointed as a UNAIDS Special Ambassador for the 2018 FIFA World Cup     30 November 2017

Victoria Lopyreva has been appointed as a UNAIDS Special Ambassador, tasked with highlighting HIV awareness and promoting zero discrimination during the 2018 FIFA World Cup, which will be held in the Russian Federation. The announcement was made by UNAIDS in Moscow, Russian Federation, on the eve of World AIDS Day and the final draw for the 2018 FIFA World Cup at the State Kremlin Palace.
“In her new capacity as a UNAIDS Special Ambassador, Victoria Lopyreva will highlight HIV awareness and prevention during the 2018 FIFA World Cup. She will encourage millions of people coming to the World Cup to protect themselves from HIV and champion zero discrimination on the basis of race, nationality or HIV status,” said Vinay P. Saldanha, Director for the UNAIDS Regional Support Team for Eastern Europe and Central Asia.
“It is my pleasure to accept the role as UNAIDS Special Ambassador for the 2018 FIFA World Cup,” said Ms Lopyreva. “Football is a unique global phenomenon, uniting players, teams and fans from different countries, nationalities and ages. The 2018 FIFA World Cup is a unique opportunity to promote another amazing goal—to unite a winning team to end the AIDS epidemic and reach zero discrimination.”
"I appreciate and value every day Victoria Lopyreva's commitment as FIFA World Cup 2018 Ambassador in Russia. Her passion, her dedication and her energy will definitely help raise awareness on HIV and AIDS in and outside Russia. Victoria's contribution to fighting all forms of discrimination in and off the pitch is something that FIFA can be proud of and I wish her full success in her additional role as UNAIDS Special Ambassador in Russia,” said Fatma Samoura, FIFA Secretary General.
Since the beginning of the AIDS epidemic, 78 million people have become infected with HIV and 35 million have died from AIDS-related illnesses. In 2016, around 1.8 million people were newly infected with HIV, a 39% decrease from the 3 million who became newly infected at the peak of the epidemic in the late 1990s. In eastern Europe and central Asia, new HIV infections have risen by 60% since 2010 and AIDS-related deaths by 27%. According to government data, more than 900 000 people are currently living with HIV in the Russian Federation.
Ms Lopyreva was crowned Miss Russia in 2003 and since October 2015 has been an official Ambassador of the 2018 FIFA World Cup. Ms Lopyreva also served as an Ambassador for the XIX World Festival of Youth and Students 2017, held in Sochi, Russian Federation, and works as a television presenter, event host, motivational speaker and model.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018サッカーW杯のUNAIDS特別大使にビクトリア・ロピレヴァさんを任命 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる