エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年世界エイズデー UNAIDS事務局長メッセージ

<<   作成日時 : 2017/11/27 16:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) 12月1日の世界エイズデーに向けた国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長のメッセージが発表されました。UNAIDSの公式サイトに掲載されたプレスステートメントの日本語仮訳です。


世界エイズデー UNAIDS事務局長メッセージ 2017年12月1日
 ミシェル・シディベ UNAIDS事務局長、国連事務次長
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2017/november/2017_wad_exd_message

 2017年世界エイズデーに向けて、私たちは健康の権利を重視し、その権利を実現するうえでHIV陽性者やHIVに影響を受けている人たちが直面する課題を強調しました。
 健康の権利は基本的な人権です。『経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約』が示すように、すべての人は「到達可能な最高水準の身体及び精神の健康を享受する権利」を有しています。
 2030年のエイズ終結を含めた持続可能な開発目標(SDGs)も、健康の権利を抜きにしては実現しません。健康の権利は、衛生や食糧、適切な住居、健全な労働環境、清潔な環境など他の多くの権利とも相互に関係するものです。
 健康の権利はさまざまなことを意味しています。保健医療に関して誰かが他の人より特に大きな権利を有しているわけではないこと;保健医療の基盤が適切であること;保健医療サービスは丁寧で差別がないものであること;保健医療は医学的に適切で質が高くなければならないことなどです。しかし、健康の権利はそれにとどまるものではありません。健康の権利によって人びとは夢と希望を実現できるのです。
 私たちは世界エイズデーを迎えるたびに、エイズ関連の疾病で亡くなった家族や友人を思い、すべてのHIV陽性者、HIVに影響を受けている人たちとの連帯を確認します。
 流行の初期段階から、エイズ対策は健康と福祉という基本的人権に基づいて組み立てられてきました。エイズコミュニティは健康の権利を重視したシステムを推し進め、世界がHIVの予防や治療に理解を深められるよう努力してきました。
 あまりにも多くの人たち、とりわけ社会から排除されやすく、最もHIVに影響を受けている人たちが、緊急に必要な保健、社会サービスを利用することにさえ、困難を感じています。私たちすべてが、取り残された人たちと肩を組み、誰一人として人権を否定されることがないように力を尽くしていく必要があります。
 今年は2030年のエイズ終結に向けた90-90-90治療ターゲットの達成に大きな進展が見られた年でした。約2100万人のHIV陽性者が治療を受けています。HIVの新規感染とエイズ関連の死者は世界の多くの地域で減少しています。しかし、満足はできません。東欧・中央アジアでは、2010年と比べると年間の新規HIV感染が60%も増えています。エイズ関連の死者も27%増です。西部・中部アフリカはいまも取り残されています。HIV陽性者の3分の2が治療を受けられずにいるのです。エイズ終結に二速アプローチはありません。
 大きな成果にも関わらず、エイズは終わっていません。しかし、誰もが、どこでも、健康の権利を保障されるようになれば、エイズ終結は可能です。



World AIDS Day message from UNAIDS Executive Director
1 December 2017
Michel Sidibé
Executive Director of UNAIDS
Under-Secretary-General of the United Nations
This World AIDS Day, we are highlighting the importance of the right to health and the challenges that people living with and affected by HIV face in fulfilling that right.
The right to health is a fundamental human right—everybody has the right to the enjoyment of the highest attainable standard of physical and mental health, as enshrined in the International Covenant on Economic, Social and Cultural Rights.
The world will not achieve the Sustainable Development Goals—which include the target of ending AIDS by 2030—without people attaining their right to health. The right to health is interrelated with a range of other rights, including the rights to sanitation, food, decent housing, healthy working conditions and a clean environment.
The right to health means many different things: that no one person has a greater right to health care than anyone else; that there is adequate health-care infrastructure; that health-care services are respectful and non-discriminatory; and that health care must be medically appropriate and of good quality. But the right to health is more than that—by attaining the right to health, people’s dreams and promises can be fulfilled.
On every World AIDS Day, we look back to remember our family members and friends who have died from AIDS-related illnesses and recommit our solidarity with all who are living with or affected by HIV.
From the beginning, the AIDS response was built on the fundamental right to health and well-being. The AIDS community advocated for rights-based systems for health and to accelerate efforts for the world to understand HIV: how to prevent it and how to treat it.
Too many people—especially those who are the most marginalized and most affected by HIV—still face challenges in accessing the health and social services they urgently need. We all must continue to stand shoulder to shoulder with the people being left behind and demand that no one is denied their human rights.
This year has seen significant steps on the way to meeting the 90–90–90 treatment targets towards ending AIDS by 2030. Nearly 21 million people living with HIV are now on treatment and new HIV infections and AIDS-related deaths are declining in many parts of the world. But we shouldn’t be complacent. In eastern Europe and central Asia, new HIV infections have risen by 60% since 2010 and AIDS-related deaths by 27%. Western and central Africa is still being left behind. Two out of three people are not accessing treatment. We cannot have a two-speed approach to ending AIDS.
For all the successes, AIDS is not yet over. But by ensuring that everyone, everywhere accesses their right to health, it can be.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年世界エイズデー UNAIDS事務局長メッセージ エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる