エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS ILOのVCT@WORKが600万人に到達

<<   作成日時 : 2017/10/20 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 自発的なHIV検査とカウンセリングの普及をはかるVCT@WORKというプログラムの成果について、国際労働機関(ILO)が報告書『VCT@WORK:就労者の個人情報を守る自発的HIV検査とカウンセリング』を発表しました。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたその報告記事の日本語仮訳です。


ILOのVCT@WORKが600万人に到達
   2017年10月17日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2017/october/20171017_vct_work

 国際労働機関(ILO)が発表した新たな報告書『VCT@WORK:就労者の個人情報を守る自発的HIV検査とカウンセリング』によると、VCT@WORKキャンペーンは600万人以上にHIV関連情報を提供し、その結果、400万人以上が検査を受け、10万人以上がHIV治療を受けるようになっている。VCT@WORK計画は2013年、職場におけるHIV検査の拡大を目指し、ILO、国連合同エイズ計画(UNAIDS)とそのパートナー機関がスタートさせた。
 VCT@WORK計画はとりわけHIVサービスが届きにくい集団である男性層への働きかけに成功を収めている。2016年にHIV検査を受けた男性の60%、治療につながった男性の80%がこの計画によるものだった。
 2016年のキャンペーンは18カ国で実施され、鉱山労働者や、運輸、建設、保健、観光分野の労働者など、HIVのより高いリスクにさらされている集団に焦点が当てられている。移住労働者もしばしばVCT@WORKによるHIV検査プログラムの対象となっている。また、局限流行期の国ではキーポピュレーションに焦点が当てられている。
 ケニアの労働者もキャンペーン対象となっている。ILOとケニア労働組合中央組織(COTU)その他のパートナーは、モンバサ―ブシア間の幹線道路沿いで、トラック運転手がHIV検査とカウンセリングを受けられるようにしてきた。トラック運転手は職務上、移動が多く、スケジュールも一定しないので、保健サービスの利用が困難なことが多い。したがって、働いている間にHIV検査を受けられるようにすれば、感染の有無を確認して治療の開始につなげたり、HIV予防サービスを受けたりすることができるようになる。
 ケニアでVCT@WORK計画でHIV検査を受けた人は7万4000人にのぼっている。その中には理髪店や美容院で働いている人たちや非公式経済の労働者も含まれ、1000人以上がHIV陽性と分かり、治療につながっている。
 インド石炭公社はインド最大の公営石炭企業で31万4000人の従業員に加え、契約労働者も多数抱えている。ILOの職場におけるHIVプログラムとの長期にわたる協力関係により、現在ではインドにおけるVCT@WORK計画を先導する企業となっている。同公社のHIV戦略もVCT@WORKの一環として策定され、自発的HIV検査の普及を進めるためのトレーニングマスターやピアエデュケーターの研修を進めている。また、従業員に対するHIV情報の提供や検査普及に労働組合が取り組み、契約労働者とその家族もカバーする戦略をとっている。3万6000人以上の従業員と家族、契約労働者がこの計画でHIVのカウンセリングと検査を受けている。
 世界各地の検査および他のVCT@WORKプログラムは、2020年までにHIV陽性者の90%が自らのHIV感染を知り、感染を知った陽性者の90%が治療を受け、さらに治療を受けている人の90%が体内のウイルス量を低く抑えるという90-90-90ターゲット実現に向けた勢いを生み出している。


コメント
「VCT@WORK計画は職場の人びとにHIVサービスを届け、便利な場所と時間にHIV検査を受けられるようにする偉大な工夫です」
 国連合同エイズ計画(UNAIDS)、ミシェル・シディベ事務局長

 「男性にはこれまで、効果的なエイズ対策がなかなか届きませんでした。VCT@WORKはそれを変える重要なステップです。このプログラムのもとでは、男性の70%がHIV検査を受けています。女性は30%です。これまでのHIVサービスでは適切に対応できなかった人たちに効果的にサービスを広げるには、職場が鍵を握っていることを示しています」
 ガイ・ライダーILO事務局長




ILO’S VCT@WORK has reached 6 million workers
17 October 2017
A new report published by the International Labour Organization (ILO), VCT@WORK: voluntary confidential counselling and HIV testing for workers, shows that the VCT@WORK campaign has reached more than 6 million workers with HIV information, tested more than 4 million and referred more than 100 000 to HIV treatment. Launched in 2013, VCT@WORK is an initiative of ILO, UNAIDS and partners to scale up HIV testing, specifically in the workplace.
The VCT@WORK initiative has had particular success in reaching men, a group that is hard to reach with HIV services, with men accounting for more than 60% of people tested for HIV and 80% of people referred to treatment through the initiative in 2016.
The campaign reached 18 countries in 2016, and focuses on populations at higher risk of HIV infection, including workers in the mining, transport, construction, health and tourism sectors. Mobile and migrant workers are also often the focus of VCT@WORK HIV testing programmes, and in concentrated epidemics the focus is on key populations.
Workers in Kenya are among the people to have been reached by the campaign. A partnership between ILO, the Central Organization of Trade Unions in Kenya and other partners has enabled trucker drivers to access HIV testing and counselling services along the Mombasa to Busia transport corridor. Truck drivers face challenges in accessing health services, owing to their mobility and irregular schedules, so being able to test for HIV while at work will allow many more to find out their HIV status in order to start life-saving treatment or to access HIV prevention services to keep them HIV-free.
Hair and beauty salon workers in Kenya and workers in the informal economy are among the 74 000 people who have taken HIV tests through the VCT@WORK initiative in the country, with more than 1000 people who found out their HIV-positive status being linked to treatment.
Coal India Limited is the largest public sector coal company in India, with around 314 000 employees plus a large number of contractual workers. A long-standing partner of ILO’s HIV workplace programme, it is now a lead company in the VCT@WORK initiative in the country. Its HIV strategy, developed as part of VCT@WORK, includes training master trainers and peer educators to promote voluntary HIV testing, engaging unions to mobilize workers to seek HIV information and testing and covering contractual workers and their families in the strategy. More than 36 000 workers, dependents and contractual workers have accessed HIV counselling and testing services under the initiative.
These and other VCT@WORK programmes around the world are helping build momentum towards meeting the 90–90–90 targets, whereby, by 2020, 90% of people living with HIV know their HIV status, 90% of people who know their HIV-positive status are accessing treatment and 90% of people on treatment have suppressed viral loads.

Quotes
“The VCT@WORK initiative is a great innovation to reach people with HIV services at work, widening access to HIV testing for people at a time and place convenient for them.”
Michel Sidibé UNAIDS Executive Director
“Men have not been reached effectively in the AIDS response. VCT@WORK is an important step to change that. Under this programme, nearly 70% of men took an HIV test—compared to 30% of women. This clearly shows that the workplace is key to effectively expanding HIV services to those who are not adequately covered.”
Guy Ryder Director-General, International Labour Organization


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ILOのVCT@WORKが600万人に到達 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる