エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『HIV予防2020ロードマップ 新規感染を75%減らすためのHIV予防対策推進』 プレスリリース

<<   作成日時 : 2017/10/11 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説) 2030年のエイズ流行終結に先行する中間目標として、国際社会は2020年にはHIVの新規感染を2010年時点より75%減らして、年間50万人以下にすることを目指しています。ただし、現状では成人の新規HIV感染の減少ペースは、そうした目標にはほど遠い状態であることから、国連合同エイズ計画(UNAIDS)と国連人口基金(UNFPA)が10月10日、予防対策推進のための新たなロードマップを発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。英文はこちらでご覧ください。
 http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2017/october/20171010_prevention-roadmap

報告書『HIV Prevention 2020 Road Map — Accelerating HIV prevention to reduce new infections by 75%』はUNAIDSの公式サイトでPDF版がダウンロードできます。
http://www.unaids.org/en/resources/documents/2017/hiv-prevention-2020-road-map

     ◇

HIV予防2020ロードマップ ― 新規感染を75%減らすためのHIV予防対策推進
 国連合同エイズ計画(UNAIDS)・国連人口基金(UNFPA)プレスリリース

ジュネーブ 2017.10.10 公衆衛生上の脅威としてのエイズ終結に向けた世界的な努力の一環として、UNAIDSと国連人口基金(UNFPA)およびそのパートナーは、新規HIV感染を減らすための新たなロードマップを発表した。HIV予防2020ロードマップは世界HIV予防連合の第1回会合で明らかにされた。この連合はUNAIDSとUNFPAの事務局長が議長となり、2020年までに新規HIV感染を75%減らすことを目指して国連加盟国、市民社会組織、国際組織などのパートナーが参加している。
 流行のピーク時に比べると、エイズ関連の死亡は50%減少しているものの、成人の新規感染の減少は遅れている。子供の新規感染が2010年より47%減少したのに対し、成人では11%にとどまっているのだ。
 「治療の普及拡大だけでエイズを終結させることはできません」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長はいう。「HIV予防にもっと力を入れ、行動する必要があります。強いリーダーシップと投資の拡大、そしてすべての人、とりわけHIV感染の高いリスクにさらされている人たちが自らウイルスと闘えるようにするためのコミュニティの関与が求められているのです」
 UNFPAのナタリア・カネム事務局長は「思春期の少女が自らの健康を保つ権利を守れるようにする教育や機関、自立への支援が欠けているところは世界中のいたるところにあります。貧しい少女ほど、どこで、いつ、だれと結婚するか、妊娠をするかしないか、するならば、いつ、どれほどの頻度なのかを自ら決めることができない状態に置かれているのです」と語った。「こうした力がないことによって少女たちはHIV感染や性感染症、望まない妊娠に対し、極めて脆弱な立場に置かれています」
 2016年に採択された「エイズ終結に関する国連政治宣言」で、各国は2010年に年間220万人だった新規HIV感染者数を2020年までに75%減らし、年間50万人以下に抑えることを約束した。UNAIDS、UNFPAとパートナーらが作成した新たなロードマップは、各国をこの重要なターゲットの達成軌道に乗せることになる。
 「私たちすべてにかかわる課題であることを認識するために、予防連合ができました」と世界HIV陽性者ネットワーク(GNP+)のローレル・スプレイグ事務局長は述べた。「HIV陽性者が心ない偏見や差別を受けることなく、健康を保って生きられるようにする、そしてHIV陽性ではない人がこれからもHIV陰性でいられるように支援の努力を惜しまないということです」
 HIV予防2020ロードマップは各国が直ちに着手し、段階的に進めていくべき10項目の具体的なアクションプランを示している。その中には以下のような項目が含まれている。
・常に最新の分析を行い最大の成果があがるようにする。
・ギャップを把握し対応策を迅速に広げていくためのガイダンス(手引き)を作る。
・HIV予防に関する専門性を高め、ネットワークを広げるための研修を行う。
・若者やキーポピュレーションなど深刻な影響を受けている人たちとの連携を阻む法的、政策的な障壁に対応する。
 成果の達成を妨げる要因としては、政治のリーダーシップの不在、懲罰的法律の存在、若者が利用しやすいサービスの欠如、人道にかかわる事態のもとでの予防サービスの欠如などがあがっている。また、確実に責任をもってサービスを届けるための政策推進を促すコミュニティの重要性も強調している。
 ロードマップはさらに、資金の確保と配分に関する深刻なギャップも指摘している。UNAIDSの試算では、HIV予算の4分の1はHIV予防プログラムに充てるべきだとしている;しかし、2016年のHIV予算では、予防対策費は10%未満の国が多く、国際的なドナーの資金でも予防に充てられたのは4分1に満たなかった。
 「UNAIDSは測定可能な成果を求めています」とシディベ事務局長は語る。「特別の配慮が必要な政治課題に対するリーダーシップ、そしてHIV予防プログラムに適切な資金を投入するためのリーダーシップが必要です」
新規HIV感染を75%減らすには、HIV検査と治療を組み合わせた予防対策の強化が求められる。効果的、効率的なプログラムの策定には、地域と集団に注目したアプローチ、HIVの高いリスクにさらされた人びとのニーズに対応し人を中心に考えるアプローチが極めて重要になる。
 思春期の少女と若い女性およびその性的パートナーと連絡を取る、キーポピュレーションに向けたコンビネーション予防プログラムを拡大する、コンドームに対する理解と使用を促進する、HIV予防のための自発的男性器包皮切除を拡大する、HIV感染の高いリスクにさらされている人たちが治療薬の予防投与を受けられるようにするといった様々な対策は、協調して進める必要がある。
 ロードマップは各国に対し、国のターゲットの設定など直ちに行動を開始するための100日プランを策定し、そのプランに対してどこまで成果が上げられたかを検証したうえで、予防プログラムの再検討を行って対策を修正していくことを推奨している。そうすることで、様々なパートナーがどのように貢献しているか、市民社会や開発パートナー、慈善団体、民間企業などがどのようなかたちで参画できるのかが把握できるようになる。こうしたターゲットを達成できれば、新規HIV感染の減少という成果は目に見えてあがり、それぞれの国がエイズ流行終結への道を確実に切り開いていけるようになるだろう。
HIV予防2020ロードマップはこちらで。
 http://www.unaids.org/en/resources/documents/2017/hiv-prevention-2020-road-map






HIV Prevention 2020 Road Map — Accelerating HIV prevention to reduce new infections by 75%
Press release

GENEVA, 10 October 2017—As part of global efforts to end AIDS as a public health threat, UNAIDS, the United Nations Population Fund (UNFPA) and partners have launched a new road map to reduce new HIV infections. The HIV prevention 2020 road map was launched at the first meeting of the Global HIV Prevention Coalition. The coalition is chaired by the Executive Directors of UNAIDS and UNFPA and brings together United Nations Member States, civil society, international organizations and other partners as part of efforts to reduce new HIV infections by 75% by 2020.
Despite progress in reducing AIDS-related deaths, which have fallen by nearly 50% since the peak of the epidemic, declines in new HIV infections among adults are lagging. While new HIV infections among children have fallen by 47% since 2010, new HIV infections among adults have declined by only 11%.
“Scaling up treatment alone will not end AIDS,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “We need more energy and action put into HIV prevention—stronger leadership, increased investment and community engagement to ensure that everyone, particularly people at higher risk of HIV, can protect themselves against the virus.”
“In many places, lack of access to education, lack of agency and lack of autonomy over their own bodies keep adolescent girls from claiming their human rights. And the poorest girls have the least power to decide whether, when or whom to marry and whether, when or how often to become pregnant,” said UNFPA Executive Director Dr. Natalia Kanem. “This lack of power makes each one of these girls extremely vulnerable to HIV infection, sexually transmitted infections and unintended pregnancy.”
In 2016, in the United Nations Political Declaration on Ending AIDS, countries committed to reduce new HIV infections by 75%—from 2.2 million in 2010 to 500 000 in 2020. The new road map developed by UNAIDS, UNFPA and partners will put countries on the Fast-Track to achieve this important target.
“The Coalition is here to recognize that we all matter,” said Laurel Sprague, Executive Director, The Global Network of People Living with HIV (GNP+). “That means doing the hard work to ensure that people living with HIV are able to stay healthy, alive, and free from soul-crushing prejudice and discrimination—and the hard work to make sure that everyone who is not HIV-positive has the support and resources they need to remain HIV negative.”

The HIV prevention 2020 road map contains a 10-point action plan that lays out immediate, concrete steps countries need to take to accelerate progress. Steps include conducting up-to-date analysis to assess where the opportunities are for maximum impact, developing guidance to identify gaps and actions for rapid scale-up, training to develop expertise in HIV prevention and on developing networks and addressing legal and policy barriers to reach the people most affected by HIV, including young people and key populations.
The road map identifies factors that have hindered progress, such as gaps in political leadership, punitive laws, a lack of services accessible to young people and a lack of HIV prevention services in humanitarian settings. It also highlights the importance of community engagement as advocates, to ensure service delivery and for accountability.
The road map also identifies serious gaps in funding and budget allocation—UNAIDS estimates that around one quarter of HIV budgets should be allocated to HIV prevention programmes; however, in 2016, many countries were spending less than 10% of their HIV budgets on prevention, and many international donors were spending less than a quarter.
“UNAIDS is urging commitment and leadership for measurable results,” said Mr Sidibé. “Leadership to address sensitive political issues and leadership in mobilizing adequate funding of HIV prevention programmes.”
To reduce new HIV infections by 75% will require an intensive focus on HIV prevention, combined with the scale-up of HIV testing and treatment. Taking a location–population-based approach to ensure effective and efficient planning and programming, and a people-centred approach that responds to the needs of people at higher risk of HIV, will be critical.
Concerted efforts will be needed to reach adolescent girls and young women and their male partners, to scale up combination HIV prevention programmes for key populations, to increase the availability and uptake of condoms, to expand voluntary medical male circumcision programmes for HIV prevention and to ensure that people at higher risk of HIV have access to preventative medicines.
The road map encourages countries to develop a 100-day plan for immediate actions, including setting national targets, reviewing the progress made against the plan after 100 days, reassessing their national prevention programmes and taking immediate remedial action. It outlines how different partners can contribute and includes actions for civil society, development partners, philanthropic institutions and the business community. By reaching these targets, progress in reducing new HIV infections should accelerate significantly, setting countries firmly on the path towards ending their AIDS epidemics.

HIV prevention 2020 road map
http://www.unaids.org/en/resources/documents/2017/hiv-prevention-2020-road-map




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
:TOP-HAT News 第110号(2017年10月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第110号(2017年10月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2017/11/03 09:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『HIV予防2020ロードマップ 新規感染を75%減らすためのHIV予防対策推進』 プレスリリース エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる