エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『国連活動が優先すべきもの』 オーエン・ライアンIAS事務局長

<<   作成日時 : 2017/09/23 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) 2017年の国連総会通常会期の開会に際し、国際エイズ学会(IAS)公式サイトのブログ欄にオーエン・ライアン事務局長のレポート『The key priorities that need UN action』が掲載されました。その日本語仮訳です。困難な課題を山盛りで抱える世界の現状の中で『エイズの流行は事務総長に対し、さらにもう一つ大きな課題を突き付けるとともに、変革をもたらす機会も提供しています』として、エイズ流行終結という国際社会の約束の実現に向け、アントニオ・グテーレス国連事務総長がより明確なリーダーシップを発揮することを求めています。


国連活動が優先すべきもの
 9/14/2017 8:56:00 AM 国際エイズ学会(IAS)、オーエン・ライアン事務局長
http://www.iasociety.org/The-latest/Blog/ArticleID/157/The-key-priorities-that-need-UN-action


 国際連合は平和を維持し、世界の紛争を解決するため、1945年に生まれました。国連の創設文書は平和について、単に戦争がない状態ではないとの認識を示しています。平和な世界に生きるとは、人々が幸福で健康で生産的な生活を送るために必要な手段を持つということです。平和な世界は、生活環境が守られ、基本的人権が尊重、祝福される世界です。正義と公正が保たれる世界です。
 国連のアントニオ・グテーレス事務総長は就任後初の国連通常総会開会を迎えたこの時期、数多くの異常かつ複雑な課題に直面しています。国連創設時の原則がこれほど議論の対象になったことはありません。民主主義や人権に関する約束は後退し、抑圧と不平等が増大しています。かつてないほど多くの人が、内戦や紛争で家を逃れています。そしてこの惑星は未曽有の脅威にさらされています。こうした大変動の中で、エイズの流行は事務総長に対し、さらにもう一つ大きな課題を突き付けるとともに、変革をもたらす機会も提供しています。事務総長の任期中に、世界は公衆衛生上の脅威としてのエイズ流行に終止符を打つことができるかどうか。それを決定づける財政、政策、実践上の選択を迫られることになります。
エイズ対策の経験から得た教訓を踏まえ、より健康で安全で平等な世界のために事務総長が採用しうる5項目を示しておきます:

社会、経済格差との闘いに率先して取り組む:中所得国には信じられないほど裕福な人がいると同時に、世界の貧困層の4分の3近くが暮らしています。社会の周縁に追いやられがちな人たちの間でHIVの新規感染が急速に拡大している地域でもあります。HIV感染のリスクは長い間、社会的、経済的格差の大きさと高い相関関係があったことを考えれば、中所得国がいま、最も急速に新規HIV感染の拡大を経験していることは、驚くにはあたりません。これらの国は、国際的な保健、開発援助が引き上げ、それでも大きな貧困層が存在し、自国の財政的な余裕があまりないという状態です。国としての経済開発が進む中で、貧困層の多くが、必要不可欠な保健、社会サービスを得られなくなっています。持続可能な開発目標(SDGs)で約束したように、私たちが本気で誰も置き去りにすることなく、最も弱い立場の人たちに対応しようとするのなら、こうした不平等を解消し、中所得国の貧しい人たちに支援が届くようにしなければなりません。

世界の進歩を促す柱として人権と社会正義を重視する:多くの国で独裁主義が広がり、市民社会は委縮し、人権の侵害や社会的な不公正を容認する傾向が強まる中で、国連事務総長は世界が認める指導者として、それに対抗しうる考えを明確に示す必要があります。これらの傾向はエイズ終結とは根本的に相容れません。差別と不当な状況が広がれば、HIVに対する社会の脆弱性が増し、社会的に最も弱い立場の人たちが必要不可欠なサービスから遠ざけられてしまうからです。人権状況の悪化に対しては、国際社会がそれを押し戻し、どのような状況のもとでも人権の尊重と社会正義の実現に確固とした姿勢を示して人を中心に据えた課題を積極的に進めていく必要があります。

つらい仕事を積極的に引き受ける:最も弱い立場の人びとをスケープゴートにする国が増えています。国連は勇気をもってそれに反対しなければなりません。HIVに関しては、敢然と、目に見えるかたちで、セックスワーク、同性間の関係、そしてHIVの感染・曝露・非開示の犯罪化に反対しなければなりません。国連はセクシャリティ教育、性と生殖に関する健康と権利に熱心に取り組み、性自認に関する法的な認知と保護を進めなければなりません。国連は貧困世帯、思春期の少女と若い女性、移住者、受刑者といった最も脆弱性の高い人びとを守らなければなりません。国連は薬物所持の非犯罪化を含め、世界の薬物政策を果敢に見直す動きの先頭に立たなければなりません。30年以上におよぶエイズ対策の経験が示すように、流行の終結に最も必要なのは勇気です。

ユニバーサルアクセスを進め治療薬を手ごろな価格で利用できるようにする:抗レトロウイルス薬の価格引き下げには大きな成果があがっているものの、それでも依然、価格は高過ぎます。また、HIVの治療薬で得られた成果も、がんや肝炎、その他の疾患では実現していません。事務総長は治療薬へのアクセスの「ニューディール(新しいやり方)」を積極的に模索し、促進しなければなりません。製薬会社は小さな錠剤に法外な価格を設定するのではなく、妥当な利益の範囲でユニバーサルアクセスを目指すべきです。同時に、ジェネリック薬の製造企業も生き残れるように緊急の対応が必要です。また、必須医薬品へのアクセスを広げるためには、各国が法的な制度の柔軟性を最大限に活用して能力強化をはからなければなりません。こうした改革には、知的所有権体制の再考、世界の連帯の再確認、民間企業による社会的役割の自覚などが必要になります。エイズ対策にもたらす利益に加え、手ごろな価格の治療薬を入手できるようにすることは、肝炎や結核、そして非感染症との闘いも助けることになります。

国連改革を加速させる:ナショナリズムが台頭し、国際協力に対する敵意が強まる中で、国連は世界の重要課題に取り組む組織としての新たな存在価値を示す必要があります。エイズ流行終結は国連のリーダーシップがとりわけ大きく問われる課題です。その実現のために国連システムの資金を整え、パートナーとの協力を強化することは、地球規模の課題に対する国連の潜在力を示すまたとない機会となります。エイズおよびその他の重要な優先課題では、国連という組織の無駄を省き、重複をなくし、結果重視で、新たな課題と機会に直面した時により柔軟かつ迅速に動けるように改革していく努力を倍増させる必要があります。

 世界はいま大きな逆風の中で、エイズ終結を目指しています。流行の終結に必要なツールはすでに手にしているのです。それでも、最後までこの闘いを続けるつもりがあるのかということを考えると懐疑的にならざるを得ない。その理由をあげれば、いくつでもあるでしょう。世界の指導者たちが果敢なリーダーシップを示さなければ、エイズとの闘いを終わらせることはできないのです。国連事務総長は、エイズを過去のものにするという新たな国際的約束を自らに課し、世界を主導していく必要があります。




The key priorities that need UN action
9/14/2017 8:56:00 AM |
By Owen Ryan, IAS Executive Director

The United Nations was born in 1945 to help maintain peace and resolve global conflicts. The founding documents of the UN recognized that peace involves much more than the lack of warfare. A world living in peace is one in which people have the tools they need to live happy, healthy and productive lives. A peaceful world is one in which our natural environment is protected and our fundamental human rights respected and celebrated. It is a world that is just and equitable.
In the opening months of his tenure, United Nations Secretary-General António Guterres confronts a host of extraordinary and complicated challenges. The very founding principles of the UN are being disputed as never before. As democracy and a commitment to human rights recede, repression and inequality increase, unprecedented numbers of people flee their homes as a result of civil conflict, and the future of our planet faces unparalleled threats. In the midst of such profound shifts, the global AIDS epidemic presents the Secretary-General with yet another critical challenge but also a potentially transformative opportunity. During his tenure, the world will have to choose to take the budgetary, policy, and programmatic steps that determine whether or not we end AIDS as a public health threat once and for all.
Taking into account the lessons we have learned from our response to AIDS, here are five actions the Secretary-General can take to promote a healthier, more secure and equitable world:

Lead the fight against social and economic disparities: Although middle-income countries are home to fabulous private wealth, nearly three out of four of the world’s poor people live in these countries as well. Middle-income countries are also where new infections are rapidly increasing among the most socially marginalized populations. As HIV risk has long been correlated with high levels of social and economic inequality, it is hardly surprising that middle-income countries are also where new HIV infections are increasing the fastest. The withdrawal of international health and development assistance from these countries, combined with massive poor populations and still-limited fiscal space in national public sectors, means that many poor people in middle-income countries actually become more deprived of essential health and social services as their own countries develop economically. If we are indeed committed to leave no one behind and to address the needs of the most vulnerable – as the Sustainable Development Goals commit us to do – we must find ways to reduce these inequalities and to reach the poor in middle-income countries with the assistance they need.

Promote human rights and social justice as essential pillars of global progress: As the recognized leader of the global community, the Secretary-General must articulate an alternative to growing authoritarianism, the declining space for civil society in many countries, and increased acceptance of human rights abuses and social injustice. These trends are fundamentally incompatible with ending AIDS, as widespread discrimination and unjust conditions create a climate that increases vulnerability to HIV and deters the most vulnerable from seeking essential services. As the human rights climate worsens, the global community must push back and advance a positive, people-centred agenda that recognizes respect for human rights and a commitment to social justice as non-negotiable, regardless of setting.

Actively take on the uncomfortable: As more and more countries embrace scapegoating the most vulnerable, the UN must be bold in its opposition. On HIV, the UN must fearlessly and visibly oppose the criminalization of sex work, same-gender relations, and HIV transmission, exposure or non-disclosure. The UN must enthusiastically promote sexuality education, sexual and reproductive health and rights, and legal recognition and protections of gender identity. The UN must champion the causes of the most vulnerable, including poor households, adolescent girls and young women, migrants and prisoners. The UN must boldly lead efforts to rethink global drug policy, including decriminalization of drug possession. As more than three decades of the AIDS response has shown, courage is the only effective choice to end the epidemic.

Promote universal access to affordable medicines: Although historic gains have been made in lowering the prices of antiretroviral medicines, costs remain too high. And the advances seen to date in reducing costs of drugs for HIV are nowhere to be found in the case of cancer, hepatitis and other health problems. The Secretary-General should actively explore and promote a “new deal” for access to medicines. Instead of charging exorbitant prices for a tiny few, makers of medicines should aim for universal access with a reasonable profit margin. In the meantime, urgent steps are needed to preserve the viability of the generic pharmaceutical industry and to strengthen the ability of countries to maximize legal flexibilities to increase access to essential medicines. These reforms will require a rethinking of intellectual property regimes, a re-commitment to global solidarity and an embrace of more socially responsible roles for private enterprises. In addition to the benefits to the AIDS response, promoting access to affordable medicines will also aid in combatting hepatitis, tuberculosis and non-communicable diseases.

Accelerate UN reform: As forces of nationalism increase and hostility to international cooperation intensifies, the UN urgently needs to demonstrate its added value in addressing key global challenges. Marshalling UN system resources and working with partners to end AIDS – an issue on which UN leadership has been especially noteworthy – is an excellent place to demonstrate the UN’s global potential. On AIDS and other key priorities, reform efforts should be redoubled to make the UN leaner, less duplicative, more results-focused, more flexible and quicker to act in the face of both emerging challenges and new opportunities.

In the quest to end AIDS, the world confronts major headwinds. While we have the tools we need to end the epidemic, there are reasons to doubt whether the world has the will to see this fight through to the end. Only courageous global leadership will get us to the “end game” for AIDS. The Secretary-General should own and lead this renewed global commitment to make AIDS a thing of the past.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『国連活動が優先すべきもの』 オーエン・ライアンIAS事務局長 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる