エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『検査サービスに関するWHO・UNAIDS声明:新たな機会と継続的な課題』

<<   作成日時 : 2017/09/07 09:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) HIV検査について、世界保健機関(WHO)と国連合同エイズ計画(UNAIDS)が8月28日、共同で声明を発表しました。それぞれの公式サイトにプレスリリースが載っています。どちらも短いので、両方、訳しました。
 声明は『人権の重視と公衆衛生アプローチという2大原則』を強調しています。誤判定を防ぐということも当面の大きな課題のようです。
また、義務的もしくは強制的検査は推奨しないとこと、検査にはインフォームドコンセントが必要だということも示されています。WHOのリリースでは『すべてのHIV検査サービスは引き続きWHOの「5つのC」を守る必要がある』とも強調しています。
 1 Consent(同意)
 2 Confidentiality(秘密保護)
 3 Counselling(カウンセリング)
 4 Correct status(正確な検査結果)
 5 Connections(連携)



検査サービスに関するWHO・UNAIDS声明:新たな機会と継続的な課題
  UNAIDS 2017年8月29日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2017/august/20170829_HIV-testing-services

 世界保健機関(WHO)と国連合同エイズ計画(UNAIDS)はHIV検査サービスについて、人権の重視と公衆衛生アプローチという2大原則の一層の強化を呼びかける共同声明を発表した。
 どのようなかたちで提供するかにかかわりなく、HIV検査は常に個人の選択を尊重し、倫理と人権の原則を尊重しなければならないと声明は述べている。また、個人に対する義務的もしくは強制的な検査に関しては、公衆衛生的な観点からWHOもUNAIDSも推奨しないことをはっきりと指摘している。
 声明はまた、誤判定のリスクを最小限に抑えるために、HIV検査サービスの提供者はすべて、WHOの品質基準またはそれと同等の国内的、地域的品質基準を満たすHIV検査キットを使い、検査手順にしたがうよう求めている。検査手順はHIV陽性率によっても異なる個別の事情を踏まえ、それぞれの集団で有効性が確保できるようにしなければならない。HIV感染の誤判定があった場合に原因を迅速に解明するため、外部機関による品質保証も定期的に受けるようにすべきである。
 WHOとUNAIDSは、いかなる人に対しても単一の検査結果をもとに、HIV陽性の判定をすべきではないとの立場をとっている。国の検査手順では、HIV陽性の結果が出た場合、確認検査を行うようにすべきであり、生涯にわたる抗レトロウイルス治療を開始する人はすべて、その前に再検査を受ける必要がある。
 2017年のUNAIDS報告書『エイズ終結を目指す:90-90-90目標への前進』では、HIV陽性者のうち、自らの感染を認識している人は70%と推定している。HV陽性者の90%が自らのHIV感染を知り、感染を知った陽性者の90%が抗レトロウイルス治療を受け、治療を受けている陽性者の90%は体内のウイルス量が抑制できているという90-90-90ターゲットの最初の90に相当する部分の現状を示す推定となっている。

コメント引用
 『2030年のエイズ流行終結には、HIV検査の規模を拡大し、すべての人に自らのHIV感染の有無を知る権利を確保できるようにすることが極めて重要です。各国は、すべての個人の尊厳と人権を尊重した質の高いHIV検査体制を整える必要があります』


WHO, UNAIDS statement on HIV testing services: new opportunities and ongoing challenges
29 August 2017
The World Health Organization (WHO) and UNAIDS have released a joint statement on HIV testing services that reinforces two key principles that ensure a human rights-based and public health approach to HIV testing.
The statement says that HIV testing, no matter how it is delivered, must always respect personal choice and adhere to ethical and human rights principles. It makes it clear that WHO and UNAIDS do not recommend mandatory, compulsory or coerced HIV testing of individuals on public health grounds.
The statement also explains that in order to minimize the risk of HIV misdiagnosis, all providers of HIV testing services must use HIV test kits and testing procedures that meet WHO quality standards or other equivalent national or regional quality standards. Testing procedures must be validated in each setting, depending on the population HIV prevalence. Regular external quality assurance should also be in place in order to rapidly detect potential causes of HIV misdiagnosis.
The position of WHO and UNAIDS is that no one should be given an HIV-positive diagnosis on the basis of a single positive HIV test result. National HIV testing procedures should be followed to confirm an HIV-positive test result and everyone should be re-tested before starting on lifelong antiretroviral therapy.
The 2017 UNAIDS report Ending AIDS: progress towards the 90–90–90 targets estimates that only 70% of people living with HIV are aware of their HIV status. This is the first of the 90–90–90 targets, whereby, by 2020, 90% of people living with HIV know their status, 90% of people living with HIV who know their status are receiving antiretroviral treatment and 90% of people on treatment have suppressed viral loads.

Quotes
“Scaling up access to HIV testing is critical to ending the AIDS epidemic by 2030, offering everyone the right to know their HIV status through high-quality national HIV testing programmes that respect every individual’s dignity and human rights.”
Michel Sidibé UNAIDS Executive Director



HIV検査サービスに関する声明 
 WHOとUNAIDSが新たな機会と継続する課題を強調
http://www.who.int/hiv/topics/vct/hts-new-opportunities/en/

 2017年8月28日 HIV検査サービスは、HIV予防、治療、ケア、支援のサービスにとって不可欠の入り口となる。世界保健機関(WHO)と国連合同エイズ計画(UNAIDS)はHIV感染を知る手段へのユニバーサルアクセスを支持し、普及を求めている。HIV検査へのアクセスを拡大し、理解を広げることは、国連のエイズ終結に関する2016政治宣言で承認された90-90-90ターゲット実現のための中心課題である。だが、2016年末時点でもHIV陽性者の約30%が依然、自らの感染を知らずにいる状態だ。15〜24歳の若者、成人男性、およびキーポピュレーション(男性とセックスをする男性、トランスジェンダーの人たち、セックスワーカー、注射薬物使用者、受刑者その他拘束された人たち)は、HIV検査へのアクセスが極めて限られ、治療やケアにつながりにくく、ウイルス量の抑制も果たせないでいることが多い。
 検査を受けることには多数の利点がある。HIV感染を知った人は、直ちに抗レトロウイルス治療を受けることも可能になる。早期の抗レトロウイルス治療は本人の健康に利益をもたらし、同時に効果的な抗レトロウイルス治療で(ウイルス量が抑制できれば)、他の人へのHIV性感染や薬物注射による感染を防ぎ、母子感染の予防にもなる。HIV感染を知ることで、男性用・女性用コンドーム、ハームリダクション、曝露前・曝露後予防投薬、男性器包皮切除手術など、様々なHIV予防手段を選択するために必要な情報も得られる。
 WHOとUNAIDSは、公衆衛生的観点から個人に対する義務的もしくは強制的な検査を支持していない。どんなかたちで提供されるにせよ、HIV検査は常に個人の選択を尊重し、倫理および人権の原則を守れるものでなければならない。公衆衛生戦略と人権促進は、互いに補強しあう関係にある。すべてのHIV検査サービスは引き続きWHOの「5つのC」を守る必要があると、WHOとUNAIDSは強調している。

1 Consent(同意) HIV検査を受けるかどうかは選択の問題である。検査の機会はすべての人に提供すべきだが、受けるかどうかは個人の自発的に判断に任される。検査提供には、受検者のインフォームドコンセントが必要になる。つまり、HIV検査のプロセスとその結果、および結果が出た時に利用できるサービス、そしてどんな状況でも検査を断る権利があることなどをきちんと説明し、受検者はその説明を理解したうえで検査を受けるかどうかを判断するということだ。義務的または強制的な検査は、保健医療提供者、パートナー、家族、雇用主、法執行当局、その他の誰から強制されたものであれ、適切であることは決してない。
2 Confidentiality(秘密保護) 検査サービスは秘密を守らなければならない。検査結果および、受検者本人と検査提供者、カウンセラー、その他の保健医療従事者の間で話し合われたことが、受検者本人の同意なしに他のいかなる人にも開示されてはならない。
3 Counselling(カウンセリング) 適切で信頼できる情報を検査前に提供し、検査後には当事者の事情と検査結果に即したカウンセリングが利用できるようにする。
4 Correct status(正確な検査結果) HIV感染の有無についての結果は、本人に正確に伝えることが極めて重要である。検査結果の正確を期すために、各地で異なる流行の特徴を踏まえ、適切な検査戦略や確認方式を採用することも含め、すべての検査はWHOまたは各国の品質保証システムと保証基準に適合していなければならない。検査結果は受けた本人が後で結果を知りたくないと判断したとき以外は、本人に直接、伝える。
5 Connections(連携) 正確で必要な情報に基づく患者の照会、支援、追跡システムにより、HIV予防、治療、ケア、支援のサービスにつなげていけるよう助けていく。



Statement on HIV testing services
WHO, UNAIDS highlight new opportunities and ongoing challenges

28 August 2017 – HIV testing services are an essential gateway to HIV prevention, treatment, care and support services. The World Health Organization (WHO) and the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) endorse and encourage universal access to knowledge of HIV status. Increased access to and uptake of HIV testing is central to achieving the 90-90-90 targets1 endorsed in the 2016 United Nations Political Declaration on Ending AIDS. However, at the end of 2016, approximately 30% of people living with HIV were still unaware of their HIV status. Young people aged 15-24, adult males and people from key populations (men who have sex with men, transgender people, sex workers, people who inject drugs and people in prisons and other closed settings) often have significantly lower access to HIV testing services, are less likely to be linked to treatment and care and have lower levels of viral suppression.
There are many advantages to being tested. People who are found to be living with HIV can be linked to immediate offer of antiretroviral therapy. Early antiretroviral therapy maximizes the benefits for an individual’s health and effective antiretroviral therapy (when viral load suppression is achieved) can prevent HIV transmission to sexual and drug injecting partners and prevent mother-to-child transmission of HIV. Knowledge of HIV status also enables people to make informed personal decisions about using a range of effective HIV prevention options, including male and female condoms, harm reduction and pre- and post-exposure prophylaxis, or undergoing voluntary medical male circumcision.
WHO and UNAIDS do not support mandatory or compulsory testing of individuals on public health grounds. HIV testing, no matter how it is delivered, must always respect personal choice and adhere to ethical and human rights principles. Public health strategies and human rights promotion are mutually reinforcing. WHO and UNAIDS continue to highlight that all HIV testing services must adhere to the WHO “5 Cs”:

Consent. HIV testing is a choice. Everybody should be given the opportunity to test for HIV, but an individual’s decision to take an HIV test must always be voluntary. People being offered testing for HIV must give informed consent. This means that they need to be informed of the process for HIV testing and confirming the results, the services that are available depending on the results and their right to refuse testing without consequences. Mandatory, compulsory or coerced testing is never appropriate, regardless of where that coercion comes from: health-care providers, partners, family members, employers, law enforcement officials or others.
Confidentiality. Testing services must be confidential, meaning that the test results and the content of discussions between the person tested and the testing provider, counsellor and/or other health-care workers will not be disclosed to anyone else without the consent of the person tested.
Counselling. Appropriate and high-quality brief pre-test information and post-test counselling tailored to the person and the test results must be available.
Correct status. It is critical that the HIV status delivered to individuals is correct. To ensure that test results are accurate, all testing should be performed in accordance with WHO or national quality assurance systems and standards, including the use of the appropriate testing strategy based on the characteristics of the local epidemic, and with a validated testing algorithm. The test results must be communicated to the person tested unless that person subsequently decides that they do not wish to receive the results.
Connections. Linkage to HIV prevention, treatment and care and support services should be supported through concrete and well-resourced patient referral, support and/or tracking systems.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『検査サービスに関するWHO・UNAIDS声明:新たな機会と継続的な課題』 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる