エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連12機関が保健医療の場での差別解消に協力して取り組むことを約束

<<   作成日時 : 2017/07/03 00:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)や世界保健機関(WHO)など12の国連機関が6月30日に共同で、保健医療の場における差別解消に取り組む声明を発表しました。UNAIDSのサイトに掲載されたその紹介記事の日本語仮訳です。


国連12機関が保健医療の場での差別解消に協力して取り組むことを約束
     2017.6.30
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2017/june/20170630_ending-discrimination-in-health-care-settings

 国連の12機関が6月30日、前例のない共同声明を発表し、保健医療の場における差別解消を呼びかけるとともに、加盟国がスティグマと差別のない保健医療サービスを提供できるよう12機関が協力して支援していくことを約束した。声明は、各国政府がさまざまなかたちの差別解消に取り組み、誰も置き去りにすることなく持続可能な開発目標を達成することを強く呼びかけている。
 保健医療の場での差別は、社会から排除され、スティグマの対象になりがちな人びとに向けられる。持続可能な開発のための2030アジェンダで各国が目標達成のための優先対象とすることを約束している人びとであり、あまりにもしばしば置き去りにされてきた人びとでもある。
 差別は保健医療サービスの利用者、保健医療従事者の両方に影響を与える。保健医療サービスのアクセスを閉ざす壁となり、提供するサービスの質を落とし、個人や集団に対する社会的な排除をより強めることになる。
 数多くの個人や集団が、年齢、性別、人種、民族、健康状態、障害や病に対する脆弱性、性的指向や性自認、国籍、難民または移民の状態、犯罪歴などによる差別に直面し、そうした差別が組み合わされていることもしばしばある。
 保健医療の場での差別はさまざまであり、個人または集団が、ほかの人なら利用できるサービスへのアクセスを拒否される結果、顕在化することがしばしばある。また、たとえば女性のような特定の集団のみに必要なサービスの提供が拒否されるといったかたちの差別もある。特定の個人または集団に対する身体的虐待・言葉による虐待と暴力、同意のない治療、個人情報保護の侵害、両親や配偶者・保護者の同意を求めるといったかたちの自己決定権無視、自由で情報を得たうえでの同意の欠如なども差別の例として含まれる。
 国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局、国連難民高等弁務官事務所、国連児童基金、世界食糧計画、国連開発計画、国連人口基金、UN Women、国際労働機関、ユネスコ、世界保健機関、国連人権高等弁務官事務所、国際移住機関が声明を支持している。


Twelve United Nations agencies commit to working together to end discrimination in health-care settings
30 June 2017

On 30 June, 12 United Nations entities released an unprecedented joint statement calling for ending discrimination in health-care settings and committing to work together to support Member States to provide health-care services free from stigma and discrimination. The statement is a powerful call to action for governments to do more to address discrimination in all its different forms and will contribute to the achievement of many of the Sustainable Development Goals, ensuring that no one is left behind.

Discrimination in health-care settings is directed towards some of the most marginalized and stigmatized populations, the very populations that states promised to prioritize through the 2030 Agenda for Sustainable Development and who are all too often excluded or left behind.

Discrimination affects both the users of health-care services and health-care workers. It serves as a barrier to accessing health services, affects the quality of health services provided and reinforces exclusion from society for both individuals and groups.

Many individuals and groups face discrimination on the basis of their age, sex, race or ethnicity, health status, disability or vulnerability to ill health, sexual orientation or gender identity, nationality, asylum or migration status, or criminal record, often experiencing intersecting or compounding forms of discrimination.

Discrimination in health-care settings takes many forms and is often manifested when an individual or group is denied access to health-care services that are otherwise available to others. It can also occur through denial of services that are only needed by certain groups, such as women. Examples include specific individuals or groups being subjected to physical and verbal abuse or violence, involuntary treatment, breaches of confidentiality and/or denial of autonomous decision-making, such as the requirement of consent to treatment by parents, spouses or guardians, and lack of free and informed consent.

The agencies supporting the statement are the UNAIDS Secretariat, the Office of the United Nations High Commissioner for Refugees, the United Nations Children’s Fund, the World Food Programme, the United Nations Development Programme, the United Nations Population Fund, UN Women, the International Labour Organization, the United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization, the World Health Organization, the Office of the High Commissioner for Human Rights and the International Organization for Migration.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連12機関が保健医療の場での差別解消に協力して取り組むことを約束 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる