エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS WHO新事務局長にテドロス氏 エチオピアの元外相・保健相

<<   作成日時 : 2017/05/24 11:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(解説)世界保健機関(WHO)の新事務局長にエチオピアのテドロス元外相が選ばれました。任期は7月1日から5年間です。テドロス氏はエチオピアの保健相、外相時代の改革者としての評価も高く、その面での手腕に期待したいと思います。
今回のWHOの事務局長選には昨年秋の段階で6人が立候補していました。
 http://miyatak.hatenablog.com/entry/2016/09/25/010633
選考の過程でその中からテドロス博士と英国推薦のデビッド・ナバロ博士、パキスタン推薦のサニア・ニシタル博士の3候補にしぼられ、23日に世界保健総会で最終的な投票が行われています。
 テドロス博士は、初のアフリカ出身の事務局長ということです。以下はWHOのニュースリリースの日本語仮訳です。 


世界保健総会がテドロス・アダノム・ゲブレェサス博士をWHO新事務局長に選出
http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2017/director-general-elect/en/
 WHOニュースリリース

2017年5月23日 / ジュネーブ 世界保健機関(WHO)加盟国は本日、テドロス・アダノム・ゲブレェサス博士を新事務局長に選出した。
 テドロス・アダノム・ゲブレェサス博士はエチオピア政府の推薦を受けて立候補していた。任期は2017年7月1日から5年間。
 テドロス・アダノム・ゲブレェサス博士は、2005年から12年までエチオピア保健相、2012年から16年まで同外相を務めている。また、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)理事会の議長、ロールバックマラリア(RBM)パートナーシップ理事、妊産婦と乳幼児のためのパートナーシップ理事会共同議長なども務めている。
 保健相時代にはエチオピアの保健システムの包括的な改革を主導し、保健センターを3500カ所増やし、16000の保健ポストを設ける;保健従事者を3万8000人増やす;健康保険のカバー対象を広げるための資金メカニズムを創設するなどの保健基盤強化に取り組んできた。外相としてはアジスアベバ行動アジェンダの交渉を主導し、持続可能な開発目標の達成に必要な資金確保の約束を193カ国から取り付けている。
 グローバルファンドとRBMの議長としては、この2つの組織にこれまで以上の資金を確保し、RBMをアフリカからアジア、ラテンアメリカにも拡大した世界マラリア行動計画を創設している。
 テドロス・アダノム・ゲブレェサス博士は2007年1月からWHO事務局長を務めてきたマーガレット・チャン博士の後任となる。


World Health Assembly elects Dr Tedros Adhanom Ghebreyesus as new WHO Director-General News release


23 May 2017 | GENEVA - Today the Member States of WHO elected Dr Tedros Adhanom Ghebreyesus as the new Director-General of WHO.

Dr Tedros Adhanom Ghebreyesus was nominated by the Government of Ethiopia, and will begin his five-year term on 1 July 2017.

Prior to his election as WHO’s next Director-General, Dr Tedros Adhanom Ghebreyesus served as Minister of Foreign Affairs, Ethiopia from 2012-2016 and as Minister of Health, Ethiopia from 2005-2012. He has also served as chair of the Board of the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria; as chair of the Roll Back Malaria (RBM) Partnership Board, and as co-chair of the Board of the Partnership for Maternal, Newborn and Child Health.

As Minister of Health, Ethiopia, Dr Tedros Adhanom Ghebreyesus led a comprehensive reform effort of the country's health system, including the expansion of the country’s health infrastructure, creating 3500 health centres and 16 000 health posts; expanded the health workforce by 38 000 health extension workers; and initiated financing mechanisms to expand health insurance coverage. As Minister of Foreign Affairs, he led the effort to negotiate the Addis Ababa Action Agenda, in which 193 countries committed to the financing necessary to achieve the Sustainable Development Goals.

As Chair of the Global Fund and of RBM, Dr Tedros Adhanom Ghebreyesus secured record funding for the two organizations and created the Global Malaria Action Plan, which expanded RBM’s reach beyond Africa to Asia and Latin America.

Dr Tedros Adhanom Ghebreyesus will succeed Dr Margaret Chan, who has been WHO’s Director-General since 1 January 2007.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第106号(2017年6月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第106号(2017年6月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2017/07/04 22:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WHO新事務局長にテドロス氏 エチオピアの元外相・保健相 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる