エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 《緊急に対応しなければ、HIV関連の結核の死者を2020年までに75%減らすことはできない》 UNA

<<   作成日時 : 2017/03/25 11:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説)3月24日の世界結核デーにあわせ、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が結核とHIV/エイズのプログラムの一層の強化と統合を求めるプレスリリースを発表しました。その日本語仮訳です。HIV陽性者にとって最大の死亡原因は現在、結核です。
《結核はHIV陽性者にとって、最大の入院および死亡原因となっている。2015年のエイズ関連の年間死者数は110万人で、このうち約40万人は結核で死亡している。子どもも4万人含まれている》
エイズ関連の年間の死者の36%もの人が結核によって亡くなっています。結核対策とHIV/エイズ対策は別個に成立するものではなく、統合できる部分は統合し、相互に補完しつつ効果を高める必要があることは以前から指摘されていましたが、それぞれの治療法の進歩などを背景にますますその必要性は高まっていると受け止めるべきでしょう。
  

緊急に対応しなければ、HIV関連の結核の死者を2020年までに75%減らすことはできない UNAIDSが警告 プレスリリース
 http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2017/march/world-tb-day

【ジュネーブ 2017年3月24日】 世界結核デーの3月24日、UNAIDSは各国に対し、HIV陽性者の結核(TB)による死亡を減らすため一層の努力を要請した。結核はHIV陽性者にとって、最大の入院および死亡原因となっている。2015年のエイズ関連の年間死者数は110万人で、このうち約40万人は結核で死亡している。子どもも4万人含まれている。
 「これほど多くのHIV陽性者が結核で死亡し、しかもそのほとんどが診断も治療も受けていない。これは受け入れがたいことです」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長は語る。「HIVと結核のプログラムの協力をより強化しなければ、HIVおよび結核分野の目標を達成することはできません」
 世界のHIV陽性者の結核による死亡の70%は、コンゴ民主共和国、インド、インドネシア、モザンビーク、ナイジェリア、南アフリカ、タンザニア、ザンビアの8カ国で占められている。2020年までにHIV陽性者の結核による死亡を75%減らすというエイズ流行終結に関する2016年政治宣言で約束した野心的な目標の実現には、この8カ国の対策の規模拡大が必要になる。
 保健システムが弱いことから、HIV陽性者が結核診断の機会を失う状態が続いている。2015年には結核にかかっているHIV陽性者の57%が結核治療を受けていない。診断してもケアにつなげられないこと、追跡が十分でないこと、フォローアップがないこと、結核感染のもっとも高いリスクにさらされている人たち―とりわけ、薬物注射使用者、受刑者、移住労働者といった排除されがちな人たち―とうまく接触できないこと、そして治療成績の悪さなどが、成果があがらない原因となっている。2014年には、HIV陽性の結核患者の約11%が死亡している。HIV陰性の結核患者は3%であることと比べ、かなり高い。HIV陽性者の結核による死亡を防ぐには、早期検査と効果的な治療がとりわけ重要になる。
2015年には推計48万件の多剤耐性結核の新規症例があり、薬剤耐性の問題も非常に懸念されている。この点では最近、結核治療の2つの新薬が承認され、60年ぶりに薬剤耐性結核の患者の治療改善に展望が開けるようになった。
UNAIDSはHIV陽性者の結核による死亡をなくすこと、保健システムを強化すること、HIVと結核のプログラムのさらなる普及に向けてサービスの統合を進めることを呼びかけている。定期的なスクリーニング検査、予防療法、早期治療といった結核対策は利用しやすく、価格も手頃で、結核による死亡を防ぐ効果が高いことから、各国はこうした対策を含めたHIV予防・治療プログラムの拡充を進める必要がある。
 2016年の政治宣言に基づき、2020年までの高速対応ターゲットの達成に努力している各国に対し、UNAIDSは支援を継続していく。その一環として、優先順位の高い35カ国に対しては、エイズ流行終結に向けて高い効果の期待できるプログラムに焦点を当て、対策を一段と強化するよう求めている。


UNAIDS warns that countries will miss the 2020 target of reducing HIV-associated TB deaths by 75% unless urgent action is taken

GENEVA, 24 March 2017―On World Tuberculosis Day, 24 March, UNAIDS is urging countries to do much more to reduce the number of tuberculosis (TB) deaths among people living with HIV. TB is the most common cause of hospital admission and death among people living with HIV. In 2015, 1.1 million people died from an AIDS-related illness―around 400 000 of whom died from TB, including 40 000 children.

“It is unacceptable that so many people living with HIV die from tuberculosis, and that most are undiagnosed or untreated,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “Only by stepping up collaboration between HIV and tuberculosis programmes to accelerate joint action can the world reach its critical HIV and tuberculosis targets.”

Eight countries―the Democratic Republic of the Congo, India, Indonesia, Mozambique, Nigeria, South Africa, the United Republic of Tanzania and Zambia―account for around 70% of all TB deaths among people living with HIV. Scaling up action in these eight countries would put the world on track to reach the ambitious target in the 2016 United Nations Political Declaration on Ending AIDS of reducing TB-related deaths among people living with HIV by 75% by 2020.

Weaknesses in health systems are continuing to result in missed opportunities to diagnose TB among people living with HIV―around 57% of HIV-associated TB cases remained untreated in 2015. Inadequate linkages to care after diagnosis, poor tracking of people and loss to follow-up, failure to reach the people most at risk of disease―particularly marginalized populations, including people who inject drugs, prisoners and migrant workers―and poor treatment outcomes contribute to the lack of progress. In 2014, around 11% of HIV-positive TB patients died, compared with 3% of HIV-negative TB patients. Early detection and effective treatment are essential to prevent TB-associated deaths, especially among people living with HIV.

Drug resistance is also a major concern―in 2015, there were an estimated 480 000 new cases of multidrug-resistant TB. The recent approval of two new medicines to treat TB, the first in more than 60 years, is improving the outlook for people with drug-resistant TB.

UNAIDS calls for the elimination of TB deaths among people living with HIV and for health systems to be strengthened and services integrated to allow for a more rapid scale-up of HIV and TB programming. Countries must expand HIV prevention and treatment programmes that include regular TB screening, preventive therapy and early treatment, since they are simple, affordable and effective programmes that prevent TB deaths.

UNAIDS is continuing to support countries to Fast-Track their efforts to reach the critical 2020 targets of the 2016 Political Declaration. As part of these efforts, UNAIDS is urging countries to intensify action in 35 high-priority countries to accelerate results by implementing focused, high-impact programmes to advance progress in ending the AIDS epidemic.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
《緊急に対応しなければ、HIV関連の結核の死者を2020年までに75%減らすことはできない》 UNA エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる