エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS グローバルファンド第5次増資会合に向けて UNAIDS、IAS

<<   作成日時 : 2016/09/16 15:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説)時差を考えると、カナダ東部のモントリオールはまだ、16日の未明でしょうか。♪夜が明けたら・・・一番早い列車に乗るから・・・じゃなかった。夜が明けたら、カナダ政府主催の世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)の第5次増資会合が始まります。来年から3年間のグローバルファンドの活動を支える土台ともいうべき重要な会議です。
 昨年の12月には東京で日本政府主催の増資準備会合が開かれ、拠出総額の目標を130億米ドルとすることが大枠としてまとまりました。今回の会議はその約束に沿って、各国がじゃあそれぞれどのくらいの額の拠出をするのかを決めることになります。東京が仕込みの会議、モントリオールが仕上げの会議とでもいいましょうか・・・。
 この間、5月にはG7伊勢志摩サミット、6月にはエイズ流行終結に関する国連総会ハイレベル会合が開かれ、各国首脳が資金面からもしっかりとグローバルファンドを支えようという政治の意思を確認しています。
 いい流れですね。夜が明ける前に国連合同エイズ計画(UNAIDS)と国際エイズ学会(IAS)が会議に向けて発表したリリースの日本語仮訳を紹介しておきましょう。



UNAIDSがグローバルファンドへの資金拠出約束をドナーに要請
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2016/september/20160915_PS_GF_replenishment

ジュネーブ 2016年9月15日― カナダで9月16〜17日に開催される世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)の第5次増資会合を前に、UNAIDSがドナーに対し、グローバルファンドへの資金拠出約束をしっかり行うよう呼びかけた。グローバルファンドは、HIV、結核、マラリア対策を支援するための財政機関で、2017年から19年までの3年間に計130億ドルの資金拠出を求めている。
HIV対策へのグローバルファンドの投資は、過去15年間に各国が信じがたい成果を達成するうえで重要な役割を果たしてきた。この成果によって世界は2030年までに公衆衛生上の脅威としてのエイズ流行の終結を目指すことになり、そのためには投資の拡大と前倒しが必要になっている。
 「グローバルファンドへの増資は極めて重要です」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長はいう。「エイズ流行が終結するのか、無限に続くことになるのか。私たちはいま、その分岐点にいます」
 2016年6月には国連総会が政治宣言を採択し、各国が以下の3つのターゲットを2020年までに達成することを約束した。
 ・世界のHIV新規感染を年間50万人以下に減らす
 ・世界のエイズ関連の死者を年間50万人以下に減らす。
 ・HIV関連のスティグマと差別をなくす
 持続可能な開発目標(SDGs)のひとつとしてのエイズ流行終結という未解決の課題に体系的、構造的に対応し、歴史的成果を実現するには、エイズ対策分野のすべてのパートナーがしっかりした体制と適切な資金を確保する必要がある。
 流行の開始以来、世界で7800万人異常がHIVに感染し、3500万人がエイズ関連の病気で死亡している。延命効果の高い抗レトロウイルス治療を受けられるHIV陽性者の数は飛躍的に増えているのに、疫学的な推計では成人の新規HIV感染が高いレベルにとどまったままであり、UNAIDSはつい最近、このことに警鐘を鳴らしたばかりである。新規HIV感染件数がリバウンドすることになれば、エイズの流行は制御できなくなるとUNAIDSは警告している。世界の資金目標が達成できなければ、さらに多くの人がHIVに感染し、エイズ関連の死者も増えることになる。
 「エイズ流行終結という私たちの共通目標が実現できるかどうか。グローバルファンドがその鍵を握っています。ドナーからの十分な政治的、財政的支援が必要です」とシディベ事務局長は語った。


UNAIDS urges donors to commit to fully funding the Global Fund

GENEVA, 15 September 2016―Ahead of the Fifth Replenishment Conference of the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis, and Malaria (Global Fund), to be held in Montreal, Canada, on 16 and 17 September, UNAIDS is calling on donors to fully fund the Global Fund. The Global Fund, a financing institution that raises and invests funds to support HIV, tuberculosis and malaria programmes, is calling for US$ 13 billion over the three-year period 2017–2019.

The Global Fund’s investment in HIV programmes has played an important part in the incredible progress made by countries over the past 15 years. This progress has inspired global commitments to end the AIDS epidemic as a public health threat by 2030, which will require scaling up and front-loading investments.

“A successful replenishment of the Global Fund is critical,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “We are entering a make or break point that will determine whether we end AIDS or whether the epidemic will be prolonged indefinitely.”

In June 2016, the United Nations General Assembly adopted a Political Declaration in which countries committed to a Fast-Track response to reach three key targets by 2020:

・ Reducing new HIV infections to fewer than 500 000 globally.
・Reducing AIDS-related deaths to fewer than 500 000 globally.
・ Eliminating HIV-related stigma and discrimination.

All partners in the AIDS response need to be well-equipped and adequately funded to enable the AIDS response to overcome unresolved systemic and structural challenges and achieve the historic milestone of ending the AIDS epidemic as part of the Sustainable Development Goals.

Since the start of the epidemic, more than 78 million people have become infected with HIV and 35 million people have died of AIDS-related illnesses. UNAIDS has recently sounded the alarm about the epidemiological implications of a persistently high level of new HIV infections among adults, even as record numbers of people living with HIV have access to life-saving antiretroviral therapy. UNAIDS warns that if the number of new HIV infections rebounds, the AIDS epidemic could become impossible to control. Failing to meet global funding targets will result in more people becoming infected with HIV and more AIDS-related deaths.

“The Global Fund is a key anchor in our shared commitment to ending AIDS and needs the full political and financial backing of its donors,” said Mr Sidibé.




グローバルファンドの第5次増資会合を控え、国際エイズ学会(IAS)がグローバルなリーダーシップを要請
http://www.iasociety.org/The-latest/News/ArticleID/114/The-International-AIDS-Society-Calls-for-Global-Leadership-Ahead-of-the-5th-Global-Fund-Replenishment

 世界エイズ・結核・マラリア対策基金の第5次増資会合が2016年9月16日、カナダのモントリオールで開かれる。世界中のドナーがグローバルファンドへの投資を誓約し、今後3年間に必要な130億米ドルの資金確保を支える会合だ。この投資により2020年までに推計800万人の生命が救われることになる。国際エイズ学会(IAS)はグローバルファンドの目標を全面的に支持し、すべてのドナーにエイズ、結核、マラリアと闘うことを再確認するよう要請する。

 グローバルファンドがこれら三大疾病への対応を根本的に変えたことに疑問の余地はない。2002年以来、グローバルファンドの投資を受けた国では、2000万人の生命が救われ、エイズ、結核、マラリア関連の死者がそれぞれ40%、29%、48%減っている。しかし、こうした成果にもかかわらず、大きなギャップがまだ残っている。サハラ以南のアフリカの女性、女児の不均衡なまでに高いHIV陽性率への対応、東欧における多剤耐性結核の増加、東アフリカで成果をあげているマラリア予防、治療対策の継続など、高い優先順位を持つ課題に対応するためのグローバルファンドの力が資金不足で大きく削がれる可能性があるのだ。

 今年7月には16年ぶりに国際エイズ会議(IAC)が南アフリカで開かれ、エイズの闘いにおいて世界がいかに大きな成果をあげてきたのかを再確認する場となった。この16年間で、生命が救われる治療を受けている人は1700万人以上に増えているのだ。南アフリカは現在、世界最大のHIV治療プログラム実施国となっている。

 グローバルファンドがその成功に不可欠な機関だったことは広く認められている。今年の会議に参加した1万8000人の研究者、医学者、アクティビストの多くも「グローバルファンドへの十分な資金拠出」の必要性をしばしば強調した。

 グローバルファンド成功の支えとなるそれぞれの約束を示すことで、ドナーはエイズ対策への支援を改めて確認するこの機会を生かすべきだ。

 IASはカナダ政府が今週、増資会合を主催し、自らも2014〜16年の20%増となる7億8500万カナダドルの拠出を誓約していることを称賛する。また、すでに確固とした拠出約束を表明している米国、フランス、日本、欧州委員会、イタリアなども称えたい。

 これらのドナーがいなければ、三大感染症への闘いの成果は直ちに消えてしまっただろう。IASは他のドナーにも今週、モントリオールでグローバルファンドを支援し、しっかりと新たな約束を行うようを呼びかける。世界はそれを見守っている。



The International AIDS Society Calls for Global Leadership Ahead of the 5th Global Fund Replenishment

On 16 September 2016, the 5th Replenishment Conference of the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria will commence in Montreal, Canada. There, donors from around the world will pledge their commitment to invest in the Global Fund and support its goal of raising US$ 13 billion to be spent over the next three years; an investment that would save an estimated 8 million lives by 2020. The International AIDS Society (IAS) fully supports the Global Fund in its goal and urges all donors to reassert their commitment to fighting AIDS, tuberculosis (TB) and malaria.

There is no question that the Global Fund has radically transformed the response to these three diseases. Since 2002, its investments have helped save 20 million lives and reduce AIDS, TB and malaria related deaths by 40%, 29% and 48%, respectively, in the countries where the Global Fund invests. Despite these results, critical gaps remain. Funding shortfalls would significantly curtail the Global Fund’s ability to tackle high priority objectives, including redressing the disproportionate rate of women and young girls living with HIV in sub-Saharan Africa, the rise of multidrug-resistant TB in Eastern Europe, and sustaining successful malaria prevention and treatment programmes in East Africa.

The return of the International AIDS Conference (IAC) to South Africa this past July after 16 years was a reminder of just how far the world has come in the fight against AIDS. In that time, the number of people living with HIV receiving life-saving treatment rose to over 17 million. South Africa is now home to the world’s largest HIV treatment programme.

The Global Fund is universally recognized as an essential part of this success. “Fully fund the Global Fund” was a frequent refrain for many of the 18,000 researchers, scientists, and activists who attended this year’s conference.

Donors should seize upon this moment of renewed global support for investing in the AIDS response by demonstrating their own commitment to the success of the Global Fund.

The IAS applauds the Government of Canada for hosting this week’s Replenishment Conference and pledging CA$ 785 million to the Global Fund ― a 20% increase over its previous pledge for 2014 – 2016. It also commends those donors who have already announced robust funding commitments, including the United States, France, Japan, the European Commission, Italy and others.

Without these donors, the gains made against the three diseases would reverse in an instant. The IAS calls on remaining donors to stand up for the Global Fund and announce their renewed, strong commitment this week in Montreal. The world is watching.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グローバルファンド第5次増資会合に向けて UNAIDS、IAS エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる