エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS Do no harm 政策提言5項目と実施提言10項目

<<   作成日時 : 2016/08/22 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDAS)の報告書『Do No Harm』の中の5項目の政策提言と10項目の実施提言の日本語仮訳です。


国連合同エイズ計画(UNAIDAS)2016年報告書『DO NO HARM, PUTTING PEOPLE, HEALTH AND HUMAN RIGHTS AT THE CENTRE OF GLOBAL DRUG POLICY』から
http://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/donoharm_en.pdf

5項目の政策提言

1 薬物対策全体の中で、個人の保健と福祉、安全を確保し、常に存在と人権を尊重することが、最初の、そして最も優先すべき目的であることを認識する。

2 HIVの新規感染を減らし、注射薬物使用者の権利を擁護するという国連特別総会の成果文書に示された明確な目標にかなうよう、公衆衛生および人権の観点に立ち、責任をもって薬物使用者への保健サービスの提供をおこなう。

3 世界保健機関(WHO)のキーポピュレーション(鍵を握る人びと)に対するHIV予防、診断、治療、ケアの統合ガイドラインで示されているハームリダクションとHIVサービスの提供を完全に実行することを約束する。

4 薬物使用者を処罰の対象とするのではなく、治療および支援とケアを約束する。個人使用目的の薬物の所持・使用を犯罪とみなさず、収監もしないなど犯罪化を排した政策によってのみそれは可能になるとUNAIDSは確信する。

5 薬物使用者のための保健、社会保障サービスとHIVサービスを融合させる。



FIVE POLICY RECOMMENDATIONS

1 RECOGNIZE THAT THE OVERARCHING PURPOSE OF DRUG CONTROL IS FIRST AND FOREMOST TO ENSURE THE HEALTH, WELL-BEING AND SECURITY OF INDIVIDUALS, WHILE RESPECTING THEIR AGENCY AND HUMAN RIGHTS AT ALL TIMES.

2 ENSURE ACCOUNTABILITY FOR THE DELIVERY OF HEALTH SERVICES FOR PEOPLE WHO USE DRUGS BY INCLUDING PUBLIC HEALTH AND HUMAN RIGHTS PILLARS IN THE FRAMEWORK OF THE UNGASS OUTCOME DOCUMENT THAT INCORPORATE CLEAR OBJECTIVES FOR REDUCING NEW HIV INFECTIONS AND PROTECT AND PROMOTE THE RIGHTS OF PEOPLE WHO INJECT DRUGS.

3 COMMIT TO FULLY IMPLEMENT HARM REDUCTION AND HIV SERVICES, AS OUTLINED IN THE WORLD HEALTH ORGANIZATION’S CONSOLIDATED GUIDELINES ON HIV PREVENTION, DIAGNOSIS, TREATMENT AND CARE FOR KEY POPULATIONS.

4 COMMIT TO TREATING PEOPLE WHO USE DRUGS WITH SUPPORT AND CARE, RATHER THAN PUNISHMENT. UNAIDS BELIEVES THAT THIS OBJECTIVE CAN BE ACHIEVED ONLY BY IMPLEMENTING ALTERNATIVES TO CRIMINALIZATION, SUCH AS DECRIMINALIZATION AND STOPPING INCARCERATION OF PEOPLE FOR THE CONSUMPTION AND POSSESSION OF DRUGS FOR PERSONAL USE.

5 ENSURE INTEGRATION OF HIV SERVICES WITH OTHER HEALTH AND SOCIAL PROTECTION SERVICES FOR PEOPLE WHO USE DRUGS.



10項目の実施提言

1 収監中の人を含めすべての薬物使用者が、注射針・注射器交換プログラムやオピオイド代替治療、抗レトロウイルス治療などHIV感染予防のためのハームリダクションサービスを受けられるようにする。

2 すべての薬物使用者およびHIV陽性者が生きていくために必要な抗レトロウイルス治療、および結核、ウイルス性肝炎、性感染症などの治療を受けられるようにする。さらに疼痛緩和のための医療用オピオイドを利用できるようにする。

3 すべての薬物使用者に対し、国際的な人権基準、および国連薬物犯罪事務所(UNODC)と世界保健機関(WHO)が公表した薬物依存治療の指針にあわせ、エビデンスに配慮して強制性のない薬物依存治療が受けられるようにする。あらゆるかたちの強制的な薬物検査、HIV検査、薬物治療は、自発的なかたちに改める。薬物使用者の強制収容施設の使用を止め、既存の施設は閉鎖すべきである。

4 薬物使用者が個人使用目的で薬物を使用、所持していることで処罰されることがないよう法律の適用、改正を行う。各国は、個人使用目的の薬物使用に対する犯罪視や監禁、処罰などにかわる一連の対応策を検討すべきである。非犯罪化、受刑期間の短縮、行政罰の撤廃、非処罰化などが代替策となる。

5 裁判へのアクセス(法的サービスを含む)、予防、治療、その他の社会サービスへのアクセスを確保し、薬物使用者の人権が侵害されないようにする。人びとに公衆衛生サービスへのアクセスを保障できるように配慮した規制手段をとる。

6 スティグマと差別はHIV予防、治療、その他の保健、開発サービスの利用を妨げることを認識し、すべての薬物使用者が差別されずに保健、法律、教育、雇用を初めとする社会保障サービスを受けられるようにする。

7 監禁や投獄が薬物使用やHIV感染、その他の健康に関連するリスクを高めることを認識し、刑務所においてハームリダクションその他の保健サービスが受けられるようにする。同時に暴力を伴わない薬物使用で投獄される人を減らす努力する。

8 薬物使用者がオピオイドを過剰摂取した場合の迅速かつ効果的な救命策として、保健医療従事者、ファーストリスポンダー(応急手当て資格者)、刑務所職員、警察官、家族らが公衆衛生の観点からナロキソン(麻薬拮抗薬のひとつ)を使えるようにする。

9 HIV、保健、社会保障のサービスの設計および提供に関し、薬物使用者の組織やネットワークを含むコミュニティと市民社会組織への支援、能力強化をはかる。

10 HIV感染に対するハームリダクション、抗レトロウイルス治療、薬物依存治療、肝炎・結核など他の治療を含む公衆衛生サービスに必要な資金が十分に確保できるよう薬物政策の投資を再検討する。





TEN OPERATIONAL RECOMMENDATION

1 Ensure that all people who inject drugs, including people in prisons and other closed settings, have access to harm reduction services to prevent HIV infection, including needle–syringe programmes, opioid substitution therapy and antiretroviral therapy.

2 Ensure that all people who inject drugs and are living with HIV have access to life-saving antiretroviral therapy and other health services to manage tuberculosis, viral hepatitis and sexually transmitted infections. In addition, ensure adequate availability and access to opioids for medical use to reduce pain and suffering.

3 Ensure that all people who use drugs have access to non-coercive and evidence-informed drug dependence treatment consistent with international human rights standards and the Principles of Drug Dependence Treatment articulated by the United Nations Office on Drugs and Crime and the World Health Organization. All forms of compulsory drug and HIV testing and drug treatment should be replaced with voluntary schemes. The use of compulsory detention centres for people who use drugs should cease, and existing centres should be closed.

4 Adapt and reform laws to ensure people who use drugs do not face punitive sanctions for the use of drugs or possession of drugs for personal use. Countries should consider taking a range of measures, including alternatives to criminalization, incarceration, penalization and other penalties based solely on drug use or possession of drugs for personal use. These measures include decriminalization, steps to reduce incarceration, removal of administrative penalties and depenalization.

5 Ensure that the human rights of people who use drugs are not violated, by providing access to justice (including through legal services), prevention, treatment and other social services. Adopt smart policing measures to encourage people to access public health services.

6 Recognize that stigma and discrimination impede access to HIV prevention, treatment and other health and development services, and ensure that all people who use drugs are not discriminated against while accessing health, legal, education, employment and other social protection services.

7 Recognize that incarcerating people in prisons increases their risk of drug use, HIV infection and other health conditions and take steps to ensure that harm reduction and other health services are available in prisons in parallel with efforts to reduce the number of people being incarcerated for non-violent drug offences.

8 Ensure widespread availability of naloxone among health workers, first responders, prison staff, enforcement officials and family members as a life-saving public health measure to enable timely and effective prevention of deaths from opioid overdose among people who use drugs.

9 Support and empower community and civil society organizations, including organizations and networks of people who use drugs, in the design and delivery of HIV, health and social protection services.

10 Undertake a rebalancing of investments in drug control to ensure that the resources needed for public health services are fully funded, including harm reduction for HIV infection, antiretroviral therapy, drug dependence treatment and treatment for hepatitis, tuberculosis and other health conditions.


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Do no harm 政策提言5項目と実施提言10項目 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる