エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『治療を受けているHIV陽性者は1年間で200万人増加し、合計1700万人に』 UNAIDS

<<   作成日時 : 2016/06/01 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説)ニューヨークの『エイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合』(6月8日〜10日)を前に国連合同エイズ計画(UNAIDS)が5月31日、報告書『グローバル・エイズ・アップデート2016』を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。
 リリースでは、2030年のエイズ流行終結に向け、抗レトロウイルス治療の拡大が引き続き進んでいることを強調しています。見出しにもあるように、2015年の1年間で新たに200万人が治療を開始し、世界全体で治療を受けているHIV陽性者の数は1700万人になりました。それでも《世界全体の抗レトロウイルス治療カバー率は2015年末時点で46%(43〜50%)》ということです。半分にようやく届くか届かないかというところですね。
文脈から言って、さらに予防と治療のサービス拡大が必要だということになるのですが、世界の指導者の文脈はそうした認識をどこまで共有できるのでしょうか。私には少々、疑問です。


治療を受けているHIV陽性者は2015年の1年間で200万人増加し、合計1700万人となった 国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発表
 UNAIDSの新たな報告書によると、抗レトロウイルス治療を受けている人は2010年当時の2倍に増えている
  UNAIDSプレスリリース
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2016/may/20160531_Global-AIDS-Update-2016

【ジュネーブ/ナイロビ 2016年5月31日】 2015年末現在の推計で1700万人が延命効果の高い抗レトロウイルス治療を受けており、このうち200万人は最近12カ月間に新たに治療を開始した人たちで占められている。この数字は、UNAIDSが発表した新たな報告書『グローバル・エイズ・アップデート2016』の中で明らかにされた。6月8日から10日まで、ニューヨークで開かれる『エイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合』に向けた報告書だ。

 エイズの流行が最も深刻な国々の多くが2010年以降、抗レトロウイルス治療の異例の規模拡大を果たした結果、2010年には150万人(130万〜170万人)だった年間のエイズ関連の死者が2015年には110万人(94万人〜130万人)に減少している。HIV感染が判明した人全員に直ちに治療を開始するよう勧告した世界保健機関(WHO)の新たなガイドラインを採用する国が増えることで、HIVに感染している個人および社会全体に公衆衛生上の利益がもたらされようとしている。

 「抗レトロウイルス治療の成果が広く生かされようとしています」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長は語る。「この貴重な機会を逃さず、HIV予防、治療プログラムを高速対応軌道に乗せ、2030年のエイズ流行終結を目指すことをすべての国に求めたい」

 世界全体の抗レトロウイルス治療カバー率は2015年末時点で46%(43〜50%)に達している。拡大が最も著しいのは深刻な打撃を受けてきた東部および南部アフリカで、2010年に24%(22〜25%)だったカバー率が2015年には54%(50〜58%)になっている。推計人数は計1030万人である。最も多いのは南アフリカの340万人、次いでケニアが90万人。ボツワナ、エリトリア、ケニア、マラウィ、モザンビーク、ルワンダ、南アフリカ、スワジランド、ウガンダ、タンザニア、ザンビア、ジンバブエの12カ国で、2010年から2015年の間に25%ポイントの拡大となっている。

 報告書はケニアの首都ナイロビで発表された。ケニアは抗レトロウイルス治療の普及と新規感染の減少に最も目覚ましい成果をあげた国の一つである。


HIV予防の強化
 スティグマや差別と闘い、90%以上の人が複合的予防サービスを受けられるようにすることで新規HIV感染を減らすことは、エイズ流行の終結を果たすうえで極めて重要である。

 UNAIDS報告書は成人の新規感染の減少がここ数年、鈍化していることを警告している。年間の新規感染推計値は約190万人(170万〜220万人)でほぼ横ばいのままだ。世界全体の推計値は、地域によって状況が大きく異なることを覆い隠してしまう。2030年のエイズ流行終結を目指すには、それぞれの地域の状況にきめ細かく対応しなければならない。

 成人の新規感染は東部および南部アフリカで最も大きく減少している。2015年の成人の新規感染数は、2010年に比べ4万人少なかった。減少率は4%である。アジア太平洋地域、西部および中欧アフリカ地域の減少率はもう少し小さい。中南米・カリブ地域、西欧・中欧地域、北米地域、中東・北アフリカ地域はほぼ横ばいとなっている。ただし、東欧・中央アジア地域の年間新規感染数は57%増加している。


取り残された人びと
 報告書の中でUNAIDSは各国に対し、HIV予防対策を引き続き拡大し、同時に治療の普及も進めるよう求めている。予防も治療も受けられずにいる人がまだ、数多くいるからだ。若者、とりわけ若い女性や少女はいまもエイズ対策から取り残されている。15〜24歳の若い女性、少女は世界中どこでもHIV感染の高いリスクにさらされている。人口としては成人人口全体の11%なのに、2015年には世界の新規HIV感染の20%を占めているのだ。サハラ以南のアフリカでは10代の少女および若い女性が成人の新規HIV感染の25%に達している。害の大きいジェンダー規範と性別による不平等、教育や性と生殖に関する健康サービスの提供に対する妨害、貧困、食糧事情の悪化、暴力などが、HIVに感染しやすくする要因なのだ。

 報告書はまた、中央アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、中東・北アフリカでは2014年の新規HIV感染の90%以上がキーポピュレーションとその性パートナーの感染であることも報告している。ゲイ男性および男性とセックスをする男性、セックスワーカー、注射薬物使用者といった人たちだ。サハラ以南のアフリカでは、新規HIV感染の20%以上がキーポピュレーションで占められている。HIV陽生率は最も高いのに、この層の人たちには、いまなお予防と治療のサービスが届いていない。

 報告書は各国に対し、パートナーとりわけ市民社会やコミュニティ、HIV陽性者との緊密な協力のもとで、それぞれの国内の流行がどこで起きているのかを把握し、そこに適切なサービスが届けられるようにすることを求めている。

 「エイズの流行に対応するには人を中心に考えなければなりません。人びとにHIV予防と治療のサービスを届けるうえで妨げになるものは取り除く必要があるのです」とシディベ事務局長は述べた。「すべての人のためのエイズ流行終結を目指すには、資金をきちんと確保し人びとのニーズに的確に応える必要があります」

科学とエビデンスと政策が、持続可能な開発目標(SDGs)の一環として、2030年のエイズ流行終結を目指すまたとない機会を切り開いてきた。報告書はそれを概括している。世界はこの共通の目標実現に向けて全力を尽くさなければならない。そうしなければ、流行は限りなく続くことになってしまうのだ。




UNAIDS announces 2 million more people living with HIV on treatment in 2015, bringing new total to 17 million

New report from UNAIDS shows that the number of people accessing antiretroviral medicines has more than doubled since 2010

GENEVA/NAIROBI, 31 May 2016―An estimated 17 million people were accessing life-saving antiretroviral medicines at the end of 2015, with an additional 2 million people gaining access over a 12-month period. The announcement, made in a new UNAIDS report entitled Global AIDS update 2016, comes as world leaders prepare to gather for the United Nations General Assembly High-Level Meeting on Ending AIDS, to take place in New York, United States of America, from 8 to 10 June 2016.

The extraordinary scale-up of antiretroviral treatment since 2010 by many of the world’s most affected countries has reduced AIDS-related deaths from 1.5 million in 2010 [1.3 million–1.7 million] to 1.1 million [940 000–1.3 million] in 2015. As more countries adopt new guidelines from the World Health Organization to treat everyone diagnosed with HIV immediately, public health benefits are being realized for individuals and for wider society.

“The full potential of antiretroviral therapy is being realized,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “I urge all countries to seize this unprecedented opportunity to put HIV prevention and treatment programmes on the Fast-Track and end the AIDS epidemic by 2030.”

Global coverage of antiretroviral therapy reached 46% [43–50%] at the end of 2015. Gains were greatest in the world’s most affected region, eastern and southern Africa, where coverage increased from 24% [22–25%] in 2010 to 54% [50–58%] in 2015, reaching a total of 10.3 million people. In South Africa, 3.4 million people had access to treatment, followed by Kenya with nearly 900 000. Botswana, Eritrea, Kenya, Malawi, Mozambique, Rwanda, South Africa, Swaziland, Uganda, the United Republic of Tanzania, Zambia and Zimbabwe all increased treatment coverage by more than 25 percentage points between 2010 and 2015.

The report was launched in Nairobi, Kenya, one of the countries showing the most remarkable progress in expanding access to antiretroviral medicines and reducing the number of new HIV infections.

“The Kenyan government, in partnership with UNAIDS and other development partners, is committed to the Fast-Track approach to ending AIDS as a public health threat by 2030,” said Cleopa Mailu, Kenya’s Cabinet Secretary for Health. “We must catalyse investments across different sectors, with a focus on cost-effective and socially inclusive programmes, if we are to succeed.”

The UNAIDS Fast-Track approach to treatment is proven to work in countries adopting it. The momentum must continue to achieve the UNAIDS 90–90–90 treatment target by 2020, whereby 90% of people living with HIV know their status, 90% of people who know their HIV-positive status are accessing treatment and 90% of people on treatment have suppressed viral loads. Reaching the 2020 treatment target will set the world on course to end the AIDS epidemic by 2030 as part of the Sustainable Development Goals.


Reinvigorating HIV prevention

Preventing new HIV infections by countering stigma and discrimination and ensuring that 90% of people have access to HIV combination prevention services will also be crucial to ending the AIDS epidemic.

The UNAIDS report shows that declines in new HIV infections among adults have slowed alarmingly in recent years, with the estimated annual number of new infections among adults remaining nearly static at about 1.9 million [1.7 million–2.2 million]. The global figure masks striking regional disparities that must be addressed to achieve the reductions required to end the AIDS epidemic by 2030.

The largest reduction in new adult infections occurred in eastern and southern Africa. There were about 40 000 fewer adult HIV infections in the region in 2015 than in 2010, a 4% decline. More gradual declines were achieved in the Asia and Pacific region and western and central Africa. Rates of new adult HIV infections were relatively stable in Latin America and the Caribbean, western and central Europe, North America, the Middle East and North Africa. However, the annual number of new HIV infections in eastern Europe and central Asia increased by 57%.


People being left behind
In the report, UNAIDS urges countries to continue to scale up HIV prevention efforts while continuing to roll out treatment, since many people are still not being reached. Young people and adolescents, especially young women and girls, are still being left behind in the AIDS response. Adolescent girls and young women 15–24 years old are at higher risk of HIV infection globally, accounting for 20% of new HIV infections among adults globally in 2015, despite accounting for just 11% of the adult population. In sub-Saharan Africa, adolescent girls and young women account for 25% new HIV infections among adults. Harmful gender norms and inequalities, obstacles to education and sexual and reproductive health services, poverty, food insecurity and violence are the key drivers of this increased vulnerability.

The report also shows that more than 90% of new HIV infections in central Asia, Europe, North America, the Middle East and North Africa in 2014 were among people from key populations and their sexual partners, including gay men and other men who have sex with men, sex workers and people who inject drugs. In sub-Saharan Africa, key populations accounted for more than 20% of new HIV infections. These groups of people are still not being reached with HIV prevention and treatment services despite having the highest rates of HIV prevalence.

The report urges countries to work closely with partners, particularly civil society, communities and people living with HIV, to ensure that they know where their epidemics are concentrated and that they have the right services in the right places.

“We need a people-centred response to the AIDS epidemic that removes all obstacles in the path of people’s access to HIV prevention and treatment services,” said Mr Sidibé. “These services must be fully funded and appropriate to people’s needs so that we can end the AIDS epidemic for everybody.”

The report outlines that science, evidence and policy have opened up a unique opportunity to end the AIDS epidemic by 2030 as part of the Sustainable Development Goals. The global community has to unite around this common goal to realize the full potential of the opportunities or risk the epidemic being prolonged indefinitely.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『治療を受けているHIV陽性者は1年間で200万人増加し、合計1700万人に』 UNAIDS エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる