エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連総会ハイレベル会合2016政治宣言ゼロドラフト6

<<   作成日時 : 2016/05/18 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


60 質の高いHIVサービスと製品にアクセスする権利をすべての人に保障することは国内および国家間の不平等をなくしていくことになる(SDG10)。

a エイズ対策の高速対応は、適切かつ良質で、エビデンスに基づくHIV情報、教育、サービスを差別されることなく利用する権利をすべての人に保障し、促進することによってのみ実現できることを認識する。そして、HIVのコンビネーション予防が、各国、各地域、そして国際的なHIV対策の基礎であることを再確認する。
b HIV陽性者やHIV感染のリスクにさらされている若者、HIVに影響を受けている若者を含め、若者たちがエイズ対策の主役として積極的に参加し、リーダーシップを発揮することを奨励し、支持することを約束する。若者、とりわけ若い女性や10代の少女が自らをHIVから守れるようにするには、コンドームを常に正確に使うことを含むセーファーセックスの実践、包括的で質の高いセクシャリティ教育の普及などが必要になる。年齢や結婚しているかどうかにかかわりなく、HIV関連のコンビネーション予防サービスへのアクセスを確保し、性と生殖に関する健康と権利を保障しなければならない。
c すべてのキーポピュレーションに対し、それぞれに適したコンビネーション予防サービスへのアクセスを確保する。
d HIV感染率が高い地域では、とくにキーポピュレーションや若者に焦点をあて、それぞれの条件に適した組み合わせの予防対策が十分に行き渡るようにすることを約束する。その組み合わせにはソーシャルメディアによるアウトリーチ、ピア主導のメカニズム、男性用・女性用コンドーム普及プログラム、自発的な男性割礼手術、ハームリダクション、曝露前・曝露後予防投与、抗レトロウイルス治療などが含まれる。
e 感染のリスクにさらされている人の90%にコンビネーション予防サービスが届くようにすること、ハイリスクの300万人が曝露前予防投与(PrEP)を受けられるようにすること、2020年までにHIV感染率が高い地域で新たに2500万人の若い男性が割礼手術を受けられるようにすること、低・中所得国で200億個のコンドームが使えるようにすることを約束する
f 予防のための適切な財源確保を約束する。世界的に見るとエイズ予算の平均25%が予防対策に向けられ、それぞれの国の流行の特徴を踏まえ、新規感染の地理的な分布や社会的ネットワーク、キーポピュレーションなどのエビデンスに基づく予防手段を採用する必要がある。そのためには費用対効果が最大の予防策に資金を投入する必要がある。
g すべてのHIV対策は策定段階から障害者のニーズに配慮し、権利を保障することを約束する。障害者がHIV予防、治療、ケア、支援のプログラム、および性と生殖に関する保健のサービスと情報を利用できるようにしなければならない。
h 各国の社会保障、児童保護システムの強化を約束する。2020年までにHIV陽性者およびHIV感染のリスクにさらされている人、HIVに影響を受けている人の75%がHIVに配慮した社会保障を受けられるようにする必要がある。そこには現金給付、住宅確保への平等なアクセス、子供の支援プログラム、とりわけ孤児、少女、HIV感染のリスクにさらされている10代の若者への支援プログラム、家族やケア提供者への支援プログラムなどが含まれる。子供の能力を最大限に伸ばすための支援、とりわけ早期能力開発サービス、心理的な支援、教育への平等な機会の提供が必要だ。10代に移行したら安全で差別のない教育環境、住民登録などで若者の助けになる法的なシステムが必要になる。

61 HIVサービスへのアクセスを妨げる懲罰的な法律や政策、慣行を取り除き、HIV関連のスティグマと差別をなくすことは、公正で平和で包摂的な社会を促進する(SDG16)

a すべての人の人権と基本的自由を保障することは、世界的なエイズ対策の予防、治療、ケア、支援のどの領域においても不可欠な要素であることを再確認する。HIV陽性者、HIV陽性と思われる人、その家族などHIVに影響を受けている人に対するスティグマと差別の解消が世界的なHIVの流行と闘う極めて重要な要素であることも認識する。
b HIVサービスへのアクセスを阻む懲罰的な法律や政策、慣行を取り除くことを約束する。その対象には承諾年齢に関する法規制(3)、10代の若者のサービス利用を制限する政策やガイドライン、渡航規制、妊娠女性などへの強制検査、HIV感染や同性間の性関係・セックスワーク・薬物使用などへの犯罪視を過剰な拡大などが含まれる。HIV陽性者・HIV感染のリスクにさらされている人・HIVに影響を受けている人に法的保護を提供する。
(3) 「承諾年齢」はこの場合、HIVおよび他の保健サービスを承諾なしに利用できないようにするという意味で使われている。承諾年齢法には第三者の許可なしに性と生殖に関する保健サービスを利用することを制限する法律や規制も含まれる。

c 特別な法的、社会的、政策的枠組によりHIVに関連したスティグマや差別、暴力をなくす努力を約束する。ケア提供者や職場、教育、その他HIVに脆弱であったり、HIVの影響を受けたりしている人に特段の配慮を必要とする立場の人たちとの協力も含まれる。
d 国際労働機関(ILO)の関連協定や『HIV/エイズと働く世界2010』(No.200)などの勧告で示されたガイダンスを考慮しつつ、労働者とその家族、扶養者や職場、経済に対する流行の影響を軽減することを約束する。雇用者、労働組合、従業員、ボランティアにはスティグマと差別をなくし、人権をまもり、HIVコンビネーション予防、治療、ケア、支援を利用しやすくすることを求める。
e HIV陽性者、HIV感染のリスクにさらされている人、HIVに影響を受けている人が自らの権利について知り、人権侵害を司法機関に訴えることができるような人権を尊重した国家エイズ戦略を約束する。法執行機関の職員、議会、裁判官にはそのための配慮が求められる。医療従事者には差別禁止と個人情報保護、インフォームド・コンセントに関する研修を行う。また、国の人権啓発キャンペーンを支援し、HIV予防、治療、ケア、支援に関する法的な環境をモニターする。
f 若者、とりわけHIV陽性の若者やHIV感染の高いリスクにさらされている若者が直面するスティグマや差別解消のために、すべての人権と基本的な自由を保障する法律と政策の実施を約束する。
g 移動労働者や移住人口層の人たち、難民、危機に見舞われている人たちが、HIV陽性者に対する入国規制や強制送還を含む差別や暴力の被害を受けないようにし、こうした人たちが経験したHIVに対する脆弱性に課題として取り組む。この人たちのHIV予防、治療、ケア、支援へのアクセス確保を支援する。


62 HIV陽性者、HIVに影響を受けている人たち、その他エイズ対策の主要な関係者が、持続可能な開発のための世界規模の協力関係再構築に加わるのを支援し、自らも加わる(SDG17)。

a アドボカシーに対する投資の拡大を呼びかける。HIV陽性者、HIVに影響を受けている人たち、女性、若者、地元指導者、コミュニティベースの組織には、アドボカシーの主導的役割を呼びかけ、より一般的な市民社会には、アドボカシー、コミュニティ、政治参加、世論喚起のコミュニケーション、法改正や政策改革による人権プログラム、スティグマの解消など社会条件の整備に世界規模のエイズ対策資金の6%をあてることを求めて動くよう呼びかける。
b 各国を支援する民間投資の戦略的関与を支持し、奨励する。民間部門にはさらに、高速対応のためのサービス提供やサプライチェーンの強化、職場における活動、保健用品のソーシャルマーケティング、行動変容などの支援を行うことを支持し、奨励する。
c 改善され、手頃な価格のポイントオブケア診断(患者の目の前で行う診断)や予防用品へのアクセスを実現させるため、研究開発への投資拡大を強く求める。治療ワクチン、効果的で手ごろな価格の医療技術や医療用品、簡素で効果の高い子供用、若者用、成人用の治療薬の処方、第2、第3選択薬の組み合わせ、結核の新たな治療・診断薬、ウイルス量モニター機材、マイクロビサイド、機能的治癒などの研究開発が含まれる。また、持続可能なワクチン調達システム、平等な提供システムの開発も重要だ。この点では、研究開発のコストが直接、製品価格につながるようなかたちではない新たなインセンティブも探していく必要がある。
d 科学技術研究のイノベーションの成果を十分に生かし、貿易その他の商業政策が人権尊重の大きな枠組みのもとで公衆衛生の目的を果たせるよう改めて取り組む。
e 治療薬や関連医療技術が手頃な価格で入手できるようにするために技術移転協定を支持することを約束する。




60. Ensuring the rights of all people to access high-quality HIV services and commodities will narrow the inequalities gap within and among countries (SDG 10)

a. Recognize that the AIDS response can only be Fast-Tracked by protecting and promoting the rights of all people to access appropriate, high-quality, evidence-based HIV information, education and services without discrimination and reaffirm that combination prevention of HIV must be the cornerstone of national, regional and international responses to the HIV epidemic;
b. Commit to encouraging and supporting the active involvement and leadership of young people, including those living with, at risk of and affected by HIV, as key actors in the AIDS response, to empowering young people, particularly young women and adolescent girls, to protect themselves from HIV, including by encouraging practicing safe sex, including correct and consistent use of condoms, by scaling up adolescents’ and young people’s access to quality comprehensive sexuality education, ensure their access to HIV-related combination prevention services and the full realization of their sexual and reproductive health and rights, regardless of age or marital status;
c. Ensure access to tailored HIV combination prevention services for all key populations;
d. Commit to saturate areas with high HIV incidence with a combination of tailored prevention interventions, including outreach via social media and peer-led mechanisms, male and female condom programming, voluntary medical male circumcision, harm reduction, pre- and post-exposure prophylaxis, and antiretroviral therapy, with particular focus on key populations and young people;
e. Commit to ensure that 90% of those at risk are reached by combination prevention services, that 3 million persons at high risk access pre-exposure prophylaxis and an additional 25 million young men are voluntarily medically circumcised by 2020 in high HIV incidence areas, and ensure the availability of 20 billion condoms in low- and middle-income countries;
f. Commit to ensure that financial resources for prevention are adequate and constitute a quarter of AIDS spending globally on average and are targeted to evidence-based prevention measures that reflect the specific nature of each country’s epidemic by focusing on geographic locations, social networks and key populations according to the extent to which they account for new infections in each setting, in order to ensure that resources for HIV prevention are spent as cost-effectively as possible;
g. Commit to ensure that the needs and rights of persons with disabilities are taken into account in the formulation of all responses to HIV and that HIV prevention, treatment, care and support programmes as well as sexual and reproductive health-care services and information are made accessible to persons with disabilities;
h. Commit to strengthen national social and child protection systems to ensure that by 2020, 75% of people living with, at risk of and affected by HIV, who are in need, benefit from HIV-sensitive social protection, including cash transfers and equal access to housing, and support programmes for children, in particular for orphans, the girl child, and adolescents affected by, at risk of and vulnerable to HIV, as well as their families and caregivers, including through the provision of equal opportunities to support the development of children to their full potential especially through equal access to early child development services, psychosocial support and education, as they transition through adolescence, the creation of safe and non-discriminatory learning environments, supportive legal systems and protections, including civil registration systems;


61. Removing punitive laws, policies and practices that block access to HIV services and ending HIV-related stigma and discrimination will promote just, peaceful and inclusive societies (SDG 16)
a. Reaffirm that the full realization of all human rights and fundamental freedoms for all is an essential element in the global response to the AIDS epidemic, including in the areas of prevention, treatment, care and support, and recognize that addressing stigma and discrimination against people living with, presumed to be living with or affected by HIV, including their families, is also a critical element in combating the global HIV epidemic;
b. Commit to remove punitive laws, policies and practices that block access to HIV services, including age of consent laws(3), policy provisions and guidelines that restrict access to services among adolescents, travel restrictions and mandatory testing, including of pregnant women, and those related to overly broad criminalization of HIV transmission, same-sex sexual relations, sex work and drug use and provide legal protections for people living with, at risk of and affected by HIV;
(3) The use of “age of consent” refers exclusively to the age of consent to access HIV and other health services. Age of consent laws include laws and regulations that define the age at which people can access sexual and reproductive health services without third-party authorization.
c. Commit to intensify national efforts to create enabling legal, social and policy frameworks in order to eliminate stigma, discrimination and violence related to HIV, including by working with service providers in health-care, workplace, educational and other settings with particular attention to all people vulnerable to and affected by HIV;
d. Commit to mitigate the impact of the epidemic on workers, their families, their dependants, workplaces and economies, including by taking into account all relevant conventions of the International Labour Organization, as well as the guidance provided by the relevant International Labour Organization recommendations, including the Recommendation on HIV and AIDS and the World of Work, 2010 (No. 200), and call upon employers, trade and labour unions, employees and volunteers to eliminate stigma and discrimination, protect human rights and facilitate access to HIV combination prevention, treatment, care and support;
e. Commit to national AIDS strategies that promote and protect human rights to empower people living with, at risk of and affected by HIV to know their rights and to access justice and legal services to prevent and challenge violations of human rights, including by sensitizing law enforcement officials, members of the legislature and judiciary, training health-care workers in non-discrimination, confidentiality and informed consent, supporting national human rights learning campaigns, as well as monitoring the impact of the legal environment on HIV prevention, treatment, care and support;
f. Commit to implement laws and policies that ensure the full realization of all human rights and fundamental freedoms for young people, particularly those living with HIV and those at higher risk of HIV infection, so as to eliminate the stigma and discrimination they face;
g. Commit to address, the vulnerabilities to HIV experienced by migrant and mobile populations, as well as refugees and crisis affected populations, to ensure they do not face discrimination or violence, including the restriction of entry and forcible return of people living with HIV, and to support their access to HIV prevention, treatment, care and support;


62. Engaging and supporting people living with and affected by HIV as well as other key stakeholders in the AIDS response will revitalize the Global Partnership for Sustainable Development (SDG 17)

a. Call for increased investment in the advocacy and leadership role of people living with and affected by HIV, women, young people, local leaders, community-based organizations, and civil society more generally as part of a broader effort to ensure up to 6% of all global AIDS resources are allocated for social enablers, including advocacy, community and political mobilization, public communication, human rights programmes such as law and policy reform, and stigma reduction;
b. Support and encourage enhanced strategic engagement with the private sector to support countries with investments as well as, inter alia, service delivery, strengthening supply chains, workplace initiatives and social marketing of health commodities and in support of behavioral change, to Fast-Track the response;
c. Strongly urge increased investments in research and development to enable access to improved and affordable point-of-care diagnostics, prevention commodities, including therapeutic vaccines, more tolerable, efficacious and affordable health technologies and products, including simpler and more effective, drug formulations for children, adolescents and adults, second- and third-line therapy, new drugs and diagnostics for tuberculosis, viral load monitoring tools, microbicides and a functional cure, while ensuring that sustainable systems for vaccine procurement and equitable distribution are also developed, and in this context, encourage other forms of incentives for research and development incentives such as the exploration of new incentive systems including those in which research and development costs are delinked from product prices;
d. Recommit to realize the full impact of innovations in research, science and technology, by ensuring that trade and other commercial policies support public health goals, under a human rights framework;
e. Commit to support technology transfer agreements which increase the availability and affordability of medicines and related health technologies;


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連総会ハイレベル会合2016政治宣言ゼロドラフト6 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる