エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連総会ハイレベル会合2016政治宣言ゼロドラフト5

<<   作成日時 : 2016/05/18 18:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


58 検査と治療のアクセスを確保することは、あらゆる年齢のすべての人びとの健康的な生活を確保し、福祉を促進する(SDG3)。
a 90-90-90治療ターゲット(2)の実現を約束し、子供120万人を含む2900万人のHIV陽性者が治療を受けられるようになること、10代および成人のHIV陽性者が自らのHIV感染を知り、直ちに良質の治療を受け、治療の継続すれば体内のウイルス量を低く抑えられるようになることを約束し、検査のギャップを早急に埋める必要があることを強調する。
 (2) HIV陽性者(子供、若者、成人)の90%が自らの感染を知り、その90%が治療を受け、さらに治療を受けている人の90%がウイルス量を低く抑えられている状態
b 自らのHIV感染に気づいていない何百万というHIV陽性者のために、在宅検査、自己検査など多様な戦略と対応を駆使し、検査前情報やカウンセリングの提供すること、ケアにつなぐための検査後の照会、フォローアップを行うことを約束する。
c 早期の新生児検査、梅毒との同時予防対策、包括的な母子保健サービス提供のための革新的システムなどを通じて子供の新規HIV感染をなくし、母親の健康と福祉をまもることを約束する。治療につなげる方法の改善や服薬継続の支援、HIV陽性妊婦に対する治療の即時開始と生涯にわたる継続、男性パートナーへの予防、治療サービスも行う。
d 保健基盤の強化、コミュニティ主導のサービス提供、保健人材への投資などを通じ、人を中心にした保健システムの構築を約束する。コミュニティ主導のサービスは2030年までに少なくともサービス全体の30%をカバーできるようにする。
e ユニバーサル・ヘルス。カバレッジ(UHC)の実現を目指す。そのためにHIV、結核、ウイルス性肝炎、性感染症、子宮頸がんや薬物依存を含む非感染症、食糧栄養支援、母子保健、若者の保健、男性の保健、精神疾患、性と生殖に関する健康などのサービスの統合を進め、新たなサービス提供モデルを開発していく。これらの課題およぼ将来の疾病アウトブレークに備え、脆弱なコミュニティの保健基盤を整えていく必要がある。
f WHOの結核終結戦略にも示されているように、HIV陽性者の結核による死亡を2020年までに75%減らすことを約束する。薬剤耐性結核を含む結核対策の強化、予防・スクリーニング・診断・経済的に負担可能な治療・抗レトロウイルス治療へのアクセス拡大、新たなツールを活用したHIV陽性者の結核症例の把握などによりストップ結核世界計画2016-20のターゲットを達成する。新たなツールには合同プログラムによる迅速分子診断検査、患者中心のHIV・結核サービスの統合と共同施設化などが含まれる。最新のWHO勧告を各国のHIV/結核重感染対策の実施要綱に確実に反映させる。
g HIVとB型、C型肝炎の重感染を減らすことを約束する。2020年までに慢性B型、C型肝炎の新規症例を30%減らし、500万人がB型肝炎治療、300万人が慢性C型肝炎治療を受けられるようにする。

h ジェネリック薬や診断薬、その関連医療技術を含め、安全かつ負担可能で有効な薬が利用できるようにすることを約束する。生死にかかわる治療・診断薬の価格を引き下げるためにすべての利用可能なツールを活用する。現実的な範囲で最も高い基準の身体的、精神的な健康を保つという基本的な権利をすべての人に保障するには、それが基礎になるからだ。この点で国連事務総長が招集する医薬品アクセスに関するハイレベル委員会の勧告を期待する。
i 知的財産権の保護、実施手段は、世界貿易機関(WTO)の「知的所有権の貿易関連の側面に関する協定」(TRIPS協定)および「TRIPS協定と公衆衛生に関するドーハ宣言」に適合したものでなければならないということを認識する。良質な治療薬、医療技術をすべての人に負担可能なかたちで確保するためのものと解釈し、実施すべきである。低・中所得国が負担可能で効果的なHIV予防、治療・診断薬、医療用品、日和見感染症・併存症・重感染症の治療を妨げるような障壁は早急に取り除くよう各国に求める。そのためには各国政府が現状を判断しつつ、法律や規制を以下のように改める必要もある。

(i) TRIPS合意のもとで、治療薬のアクセス拡大と貿易促進のために認められている柔軟性を最大限に活用する。そのためにも途上国が購入可能な価格になるよう治療薬のアクセスを改善するための効果的なメカニズムの策定を各国に促す。また、最貧国に対する製薬特許の適用免除措置を2033年まで延長した2015年11月の決定を歓迎する。
(ii) ジェネリック医薬品による競争や医薬品の知的財産権が正当な貿易を妨げないようにすること、手続きの悪用を防ぐ措置を執ることにより、手頃な価格で受けられるHIV治療へのアクセスを妨げる障壁、規制、政策、慣行を取り除く。
(iii) 適切と判断されるところでは、知的財産権の保護と公衆衛生的な利益のバランスをとるオルタナティブファイナンスメカニズムを研究開発の資金として利用することを奨励する。パートナーシップ、特許のオープンソース・シェアリング、途上国すべてが利益を受けるパテントプールなどは、技術へのアクセスを広げ、改革を促すとともに、新たなHIV関連製品のマーケットへの参入を助けることにもなる。

j 薬剤耐性HIVの出現をモニターし、予防し、出現した場合に対応するための効果的なシステムを作ることを約束する。
k 人道的な緊急事態におけるHIV治療とケアの継続を約束する。家を追われた人びと、人道的な危機の影響を受けている人びとは、HIVに感染しやすい状態に置かれ、良質の医療や栄養のある食事も得られないなど様々な試練に直面することが多いからだ。

59 柔軟なエイズ対策への投資は、ジェンダーの平等を達成し、女性と女児のエンパワーメントをはかる(SDG5)

a 10代の少女をはじめすべての女性に対し、自らを管理し、自由に決定し、性と生殖の健康を含む自らのセクシャリティに責任を持ち、強制や差別、暴力を免れる権利を含む人権を認める。
b 10代の少女や女性に対するこの流行の破壊的な影響、とりわけサハラ以南のアフリカにおける影響を抑えるために緊急の行動をとることを約束する。
c 若い女性の新規HIV感染を2020年までに年間10万人に減らすことを約束する。
d 女性、女児に対するすべての形態の暴力をなくすことを約束する。とりわけジェンダーに基づく暴力、性的な暴力、家庭内暴力、親密なパートナーからの暴力に対しては、女性、女児を不平等な地位に置く差別的な法律や有害な社会規範をなくすこと、女性・女児・男児への搾取、人身売買、女性を狙った殺人、迫害、レイプなどの性的暴力をなくすことが必要である。紛争下や紛争後、その他の人道上の危機を含め、子供に対する有害な行為、早すぎる結婚、結婚の強要、不妊手術の強要、女性性器切除などをなくす必要がある。
e すべての女性・女児の人権をまもるため、多様な生活環境のすべてにおいてジェンダーの平等と女性・女児の地位向上をはかることを約束する。そこには性と生殖に関する健康と権利を完全に保障する、ジェンダー平等を目指すアプローチに投資し、すべてのレベルでのジェンダー主流化をはかることも含まれる。エイズ対策における女性のリーダーシップを支援する。また、男性と男児が関与することで、構造的なジェンダー不平等と有害な男らしさ信仰が効果的なHIV対策を妨げていることも認識できる。
f 性と生殖に関する健康のサービスとHIVサービス、および女性が主体となって使える予防用品含む製品へのアクセスの確保を約束する。



58. Ensuring access to testing & treatment will accelerate progress on Healthy Lives and Promote Well-Being for All at All Ages (SDG 3)
a. Commit to 90–90–90 treatment targets(2), and that 29 million people living with HIV including1.2 million children access treatment, and that adolescents and adults living with HIV know their status and are immediately offered and sustained on quality treatment to ensure viral load suppression and underscore in this regard the urgency of closing the testing gap;
(2) 90% of people (children, adolescents and adults) living with HIV know their status, 90% of people living with HIV who know their status are receiving treatment and 90% of people on treatment have suppressed viral loads

b. Commit to using multiple strategies and modalities, including home- or self-testing, to reach the millions of people living with HIV who do not know their status and to providing pretest information, counselling, post-test referrals and follow-up to facilitate linkages to care;
c. Commit to eliminate new HIV infections among children and ensure that their mother’s health and well-being is sustained through early infant diagnosis, dual elimination with syphilis, adopting innovative systems that track and provide comprehensive services to mother-infant pairs through the continuum of care, improving linkage to treatment, increasing and improving adherence support, immediate and life-long treatment for pregnant women living with HIV, and engaging male partners in prevention and treatment services;
d. Commit to build people-centered systems for health by strengthening health systems, by expanding community-led service delivery to cover at least 30% of all service delivery by 2030, and by investing in human resources for health;
e. Work towards achieving universal health coverage, including the development of new service delivery models to ensure delivery of more integrated services for HIV, TB, viral hepatitis, sexually transmitted infections, non-communicable diseases, including cervical cancer, drug dependence, food and nutrition support, maternal, child and adolescent health, men’s health, mental health and sexual and reproductive health, in order to equip fragile communities to cope with these issues as well as future disease outbreaks ;
f. Commit to reduce TB-related deaths among people living with HIV by 75% by 2020, as outlined in the WHO End TB Strategy as well as commit to achieve targets set in the Global Plan to Stop TB 2016 - 2020, including through expanding efforts to combat tuberculosis, including drug resistant tuberculosis, by improving prevention, screening, diagnosis and affordable treatment and access to antiretroviral therapy, and intensified TB case finding among all persons living with HIV utilizing new tools, including rapid molecular tests through joint programming, patient-centred integration and co-location of HIV and TB services, ensuring that national protocols for HIV/TB coinfection reflect the latest WHO recommendations;
g. Commit to reduce the high rates of HIV and hepatitis B and C co-infection and ensure that by 2020, efforts are made to reduce by 30% new cases of chronic viral hepatitis B and C infections, and have 5 million people receiving hepatitis B treatment and to have treated 3 million people with chronic hepatitis C infection;
h. Commit to ensure access to safe, affordable, and efficacious medicines, including generic medicines, diagnostics and related health technologies, utilizing all available tools to reduce the price of lifesaving drugs and diagnostics, as they are fundamental to the full realization of the right of everyone to enjoy the highest attainable standard of physical and mental health, and in this regard look forward to the recommendations formulated by the High-Level Panel on Access to Medicines convened by the Secretary-General;
i. Recognize that protection and enforcement measures for intellectual property rights should be compliant with the World Trade Organization Agreement on Trade-Related Aspects of Intellectual Property Rights (TRIPS Agreement) and the Doha declaration on TRIPS and public health and should be interpreted and implemented to promote access to quality and affordable medicines and health technologies for all, and call on countries to urgently remove obstacles that limit the capacity of low- and middle-income countries to provide affordable and effective HIV prevention and treatment, diagnostics, and commodities as well as treatment for opportunistic infections, co-morbidities and co-infections, including by amending national laws and regulations, as deemed appropriate by respective Governments, so as to:
(i) Optimize the use, to the full, of existing flexibilities under the TRIPS Agreement specifically geared to promoting access to and trade in medicines, and to this end, urge countries to establish easier to use and effective mechanisms allowing improved access to affordable medicines for developing countries and welcome the November 2015 decision to extend the TRIPS exemption on pharmaceuticals until at least 2033 for all least-developed countries,
(ii) Address barriers, regulations, policies and practices that prevent access to affordable HIV treatment by promoting generic competition and encourage all States to apply measures and procedures for managing intellectual property rights in such a manner as to avoid creating barriers to the legitimate trade in medicines, and to provide for safeguards against the abuse of such measures and procedures,
(iii) Encourage the voluntary use, where appropriate, of alternative financing mechanisms for research and development that balance the protection of intellectual property with public health interests, such as partnerships, open-source sharing of patents and patent pools benefiting all developing countries which can enhance access to technology and foster innovation as well as accelerate market entry of newer HIV-related products;
j. Commit to establishing effective systems to monitor for, prevent and respond to the emergence of HIV drug resistant strains of HIV in populations;

k. Commit to ensure the continuity of HIV treatment and care in humanitarian emergencies as displaced people and people affected by humanitarian emergencies face multiple challenges, including heightened exposure to HIV vulnerability and risks and limited access to quality health care and nutritious food;


59. Investing in transformative AIDS responses will contribute to Gender Equality and Empower Women and Girls (SDG 5)
a. Recognize that human rights include the right of all women, including adolescent girls, to have control over and decide freely and responsibly on matters related to their sexuality, including sexual and reproductive health, free from coercion, discrimination and violence;
b. Commit to take urgent action, in particular in sub-Saharan Africa, to curb the devastating effects of this epidemic on adolescent girls and women;
c. Commit to reduce the number of young women newly infected with HIV each year to 100,000 by 2020;
d. Commit to end all forms of violence against women and girls, including inter alia, gender-based, sexual, domestic and intimate partner violence, including by eliminating discriminatory laws and harmful social norms that perpetuate the unequal status of women and girls, as well as through the elimination of sexual exploitation of women, girls and boys, trafficking in persons, femicide, abuse, rape and other forms of sexual violence, among others, as well as harmful practices such as child, early and forced marriage, forced sterilization and female genital mutilation, including in conflict, post-conflict and other humanitarian emergencies
e. Commit to achieve gender equality and the empowerment of women and girls in all their diversity and spheres of life, to protect and fulfill their full enjoyment of all human rights, including the full realization of their sexual and reproductive health and rights, by investing in gender-responsive approaches and ensuring gender mainstreaming at all levels, and supporting women’s leadership in the AIDS response and by engaging men and boys, recognizing that structural gender inequalities and harmful masculinities undermine effective HIV responses;
f. Commit to ensure access to sexual and reproductive health and HIV services and commodities, including women-initiated prevention commodities;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連総会ハイレベル会合2016政治宣言ゼロドラフト5 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる