エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連総会ハイレベル会合2016政治宣言ゼロドラフト4

<<   作成日時 : 2016/05/18 18:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


2016-2021:エイズ対策の高速対応への窓は少ししか開いていない

44 事務総長報告書『エイズ流行終結のための高速対応』に細心の注意を払う。

45 SDGsの目標の多くは、エイズ流行の社会的拡大要因に対応しなければ達成できず、そのためにはいくつかのSDGsとアジェンダ2030の相乗効果と循環的進展を生み出していく必要があることを認識する。

46 UNAIDSの2016-2021戦略とそのゴール、ターゲットを歓迎する。新規感染やエイズ関連の死亡を減らすために投資を増額、前倒しし、HIVサービスのカバー率を大幅な拡大をすることで今後5年間の高速対応を実現しなければ、流行が再燃する低・中所得国もあり、2030年のエイズ流行という目標は達成できないことを認識する必要がある。


エイズ対策の高速対応には投資の前倒しと資金確保の多様化が極めて重要になる

47 エイズの流行による悲劇をこれ以上なくし、広範な開発課題に積極的に貢献するため、投資の迅速な拡大と前倒しを誓約する。

48エイズ対策を財政面から支え、低・中所得国に必要な投資を行うため、2020年までに少なくとも年間260億ドルを確保することを約束する。そのためには、革新的な資金調達や各国の国内予算の増額、国際連帯の強化、そして世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)の第5次増資に対するすべての関係者の積極的貢献などを通し、資金源をさらに広げる必要がある。

49 国民総所得の0.7%を途上国への政府開発援助資金として確保し(ODA/GNI)、さらにそのODA/GNIのうち0.15%-0.2%は最貧国への援助資金とすることを誓約した国には、その約束を履行し、2020年までの高速対応を進めるうえでHIVとエイズ対策が抱えている資金ギャップの解消を約束するよう強く要請する。

50 モンテレーの国際開発資金国際会議以来、追加的資金を確保するための革新的資金メカニズムの開発と活用が、とりわけ開発のための革新的資金調達に関するリーディンググループなどにより、大きく進んだことを歓迎する。また、予防接種のための国際金融ファシリティなどすでに存在するメカニズムが、エイズも含めたより広範な開発課題に生かせるようにする方法も検討することを奨励する。エイズ対策の高速対応戦略と資金プランを支え、多国間の取り組みを進めていくために、たとえばワクチン債のような公的資金と民間資金を組み合わせたさらなる革新的メカニズムを探っていくことも奨励する。

51 各国の国内予算の15%を保健分野に向けるというアブジャ宣言および行動枠組に沿ってアフリカ連合諸国が2015年に発表した国内資金の増額に関する提言(1)を歓迎する。提言では国内および国際資金の活用に関し、説明責任を果たし、思慮深く使っていくことの重要性が改めて述べられている。
(1) Decision On The Report Of The Aids Watch Africa (AWA) Doc. Assembly/AU/14(XXV)

52 国内資金によるエイズ対策への投資、近代化した進歩的な税制による歳入当局の能力強化、税務政策の改善に基づく徴税の効率化と公平性、透明性の向上をすべての国に奨める。国の状況を見ながら、課税基準を広げ、非公式経済を公式経済部門に統合していく努力を続けていく必要がある。

53 各国がエビデンスに基づき、透明性を確保し、説明責任を果たせるかたちで効果の高い対策を持続的に実施すること、今後の国内政策と国際支援の動向を予測しつつ移行計画を策定すること、相乗効果が最も高くなるような契約交渉を行うことを奨励する。

54 プログラム管理や保健サービス提供の機能を強化し、負担可能なかたちの中で最大の効果が上がるようにする必要があることを認識する。


地球規模のリーダーシップ:エイズ対策高速対応に向けて

55 2020年までに年間新規HIV感染者数を50万人以下、同じく年間のエイズ関連死者数を50万人以下に減らすこと、HIV関連の差別をなくすことを約束する。

56 各国の主体性やそれぞれの優先課題、戦略情報、エビデンスにより、エイズ対策は異なってくる。それぞれの国の状況に合わせ野心的な数値目標を設定することを約束する。

57 高速対応目標の達成は、極度の貧困をなくす世界の努力を直接、支えること、最も戦略的な以下の5つのHIV関連SDGsターゲットの実現に寄与することを認識する。広範なSDGターゲットに対応するための投資は、エイズ流行終結のための助けにもなる。



2016-2021: A narrow window to Fast-Track the AIDS response

44. Take note of the Secretary-General’s Report ‘On the Fast-Track to End the AIDS Epidemic’;
45. Recognize that the attainment of many SDGs will address the social drivers of the AIDS epidemic thereby generating multiplier effects and a virtuous cycle of progress across several SDGs and the Agenda 2030;
46. Welcome UNAIDS 2016-2021 Strategy, including its goals and targets, recognizing that if we do not Fast-Track the response in the next five years, by increasing and front-loading investments and massively scaling up coverage of HIV services so as to reduce the rate of new infections and AIDS-related deaths, the epidemic may rebound in several low- and middle-income countries and we will not reach the target of ending the AIDS epidemic by 2030;


Front-loading and diversifying resources are critical to Fast-Track the AIDS response
47. Pledge to urgently increase and front-load investments to further bend the trajectory of the AIDS epidemic and positively contribute to a wide range of development outcomes;
48. Commit to fully fund the AIDS response and reach overall financial investments in low- and middle-income countries of at least USD 26 billion/year by 2020, as estimated by UNAIDS, that are diverse in source, including from innovative financing, with continued increase from the current levels of domestic public sources and strengthened global solidarity, and encourage all stakeholders to contribute to a successful 5th replenishment of the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria;
49. Strongly urge those countries that have pledged to achieve the target of 0.7 per cent of their gross national income for official development assistance (ODA/GNI) to developing countries and 0.15 per cent to 0.2 per cent of ODA/GNI to Least Developed Countries, to fulfill their commitments in this regard, and commit to close the global HIV and AIDS resource gap between the resources available today and the resources needed to reach the Fast track targets by 2020;
50. Welcome the progress made since the Monterrey International Conference on Financing for Development to develop and mobilize support for innovative sources and mechanisms of additional financing, in particular by the Leading Group on Innovative Financing for Development, and encourage consideration of how existing mechanisms, such as the International Finance Facility for Immunization, might be replicated to address broader development needs, including AIDS, and also encourage exploring additional innovative mechanisms based on models combining public and private resources such as vaccine bonds to support strategies, financing plans and multilateral efforts to Fast-Track the AIDS response;
51. Welcome the recommitment made by countries of the African Union in 2015 (1) to increase domestic funding in line with the Abuja Declaration and Framework for Action to allocate at least 15% of their annual budgets to strengthen the health sector and their reiteration of the importance of continued accountability and judicious use of domestic and international resources;
(1) Decision On The Report Of The Aids Watch Africa (AWA) Doc. Assembly/AU/14(XXV)

52. Encourage all countries to invest in their AIDS response from domestic sources, and commit to enhancing revenue administration through modernized, progressive tax systems, improved tax policy and more efficient tax collection and work to improve the fairness, transparency, efficiency and effectiveness of tax systems, including by broadening the tax base and continuing efforts to integrate the informal sector into the formal economy in line with country circumstances;
53. Encourage countries to implement sustainable responses that are evidence-based and implemented effectively with transparency and accountability and develop transition plans that outline predictable domestic and international commitments and to negotiate compacts in support of nationally costed plans that maximize synergies;
54. Recognize the need to maximize efficiency and affordability including through enhanced programme management and health service delivery;


Global leadership: uniting to Fast-Track the AIDS response
55. Commit to reduce the numbers of people newly infected with HIV to fewer than 500,000 per annum by 2020, people dying from AIDS-related causes to fewer than 500,000 per annum by 2020, as well as eliminating HIV-related discrimination;
56. Commit to differentiate AIDS responses, based on country ownership, local priorities, strategic information and evidence, and to set ambitious quantitative targets tailored to national circumstances in support of these goals;
57. Recognize that achieving the Fast-Track targets will directly support global efforts to eradicate extreme poverty as well as to make progress on the following five most strategic HIV-related SDGs and that investing in efforts to meet a wide range of SDG targets will support efforts to end AIDS:

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連総会ハイレベル会合2016政治宣言ゼロドラフト4 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる