エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連総会ハイレベル会合2016政治宣言ゼロドラフト3

<<   作成日時 : 2016/05/17 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


30 世界的にみて、注射薬物使用者のHIV感染を減らすための対策は成果があがっていないことに留意し、極めて効果の高いハームリダクション・プログラムが十分に実施されていないこと、注射薬物使用者の排除や犯罪化がHIVサービスの利用を妨げていることに注意を促す。また、ジェンダーに基づくスティグマと差別のために女性の注射薬物使用者がHIVサービスの利用をしばしば妨げられていることにも、憂慮とともに留意する。

31 国連憲章、世界人権宣言、その他の人権関係の取り決めや国際法に基づくすべての人の人権および基本的自由を尊重し、擁護する義務を果たす。この約束を再確認する。HIV陽性者およびHIV陽性と推定される人、HIVに影響を受けている人に対する差別的な態度は、全体としてみれば減ってきてはいるものの依然として報告されていること、HIV感染を過度に犯罪として扱う懲罰的な法律や政策の枠組みが人びとをサービスの利用から遠ざけていることを深く憂慮する。

32 差別的な法律や政策が依然としてHIV陽性者の活動を制限し、HIVサービスの提供を大きく妨げる結果になっていることを引き続き懸念する。

33 国連障害者の権利条約で示されている障害者の人権や基本的な自由を考慮する必要があることは広く認められているのに、世界のエイズ対策の公式文書には障害者に関する記述が不十分である。このことは深い憂慮とともに留意する。

34 いくつかの高所得国は依然、世界経済全体に占める経済力に見合ったかたちでHIV分野の支援を行っていないこと、そしていくつかの低・中所得国は経済成長を考えれば自国の対策資金をもっと増やせること、HIV感染のリスクおよび影響が最も大きい集団が投資対象にならないなど、資金配分やプログラムの実施が効率よくなされているとはいえないことに留意する。

35 HIV陽性者、HIVに影響を受けている人、とりわけキーポピュレーションや若者に対し、保健サービスとHIVサービスをうまく組み合わせたサービスが十分に提供されていないことを深い憂慮とともに留意する。

36 新規HIV感染者の90%は35カ国に集中していること、そして流行のパターンおよび対策と課題は、国や地域によってそれぞれ大きく異なっていることに留意する。また、アフリカ、とりわけサハラ以南のアフリカが依然、最も深刻な地域であり、出産可能年齢の女性および10代の若者の最も大きな死亡原因はエイズであること、サハラ以南のアフリカを除けばカリブ諸国のHIV陽性率が最も高いことを繰り返し深く憂慮する。セックスワーカーや男性とセックスをする男性、注射薬物使用者に感染が集中している中東・北アフリカ、および主に薬物注射使用者の間で感染が広がっている東ヨーロッパ・中央アジアでは、依然として新規HIV感染の増加が続いていることにさらに留意する。一方で、男性とセックスをする男性、トランスジェンダーの人びと、セックスワーカーとその客、注射薬物使用者がとりわけ高い感染のリスクにさらされている北米と西ヨーロッパの都市圏では、流行の再燃に直面している。アジア太平洋地域と中南米では流行がキーポピュレーションに集中していることにも留意する。

37 HIVとエイズ対策のすべての面で各国政府、HIV陽性者、HIVに影響を受けている人、HIV感染のリスクにさらされている人、政治指導者やコミュニティ指導者、議会、国連機関、地域機関、コミュニティ、家族、宗教関係団体、科学者、保健医療専門家、ドナー、慈善団体、労働界、民間企業、市民社会、メディアなどが示してきた指導力と約束を歓迎し、ミレニアム開発目標6(MDG6)のエイズに関する目標を達成し、2011年のHIVとエイズに関する政治宣言の約束を実行してきたことについては、それぞれの貢献を認める。さらに、こうした組織と人びとに対しては、信頼性が高く、エビデンスに基づき、インクルーシブで持続可能かつ包括的なHIVとエイズ対策の国家戦略計画が、国の政策の優先順位を考慮し、人権と基本的自由とジェンダー平等の視点から国際的な基準を尊重しつつ、可能な限り速く、透明性と効率性を保ち、説明責任を果たせるかたちで策定、実施できるよう加盟国を支援することを呼びかける。

38 世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)、および米大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)などの強力な二国間投資は、各国、各地域のエイズ対策資金を確保し、長期の資金予測を可能にする点で極めて重要であり、その役割を果たすことを推奨する。また、ドナーによる支援を歓迎するものではあるが、現状のままでは必要額を充たすことはできず、2030年のエイズ流行終結に向けた投資の前倒しをさらに進める必要があることにもあわせて留意する。

39 革新的な資金確保手段に基づき、価格削減によって良質の抗レトロウイルス薬の利用可能性を広げる革新的国際保健ツール・医薬品購入ファシリティ、ユニットエイドの活動を推奨する。また、エイズ対策をより広範な国際保健課題と統合していくことの重要性に鑑み、UNITAIDが主催する医薬品特許プールの任務をC型肝炎や結核にも広げることを歓迎する

40 国連事務総長の新たな女性・子供・10代の若者の健康のための世界戦略を歓迎する。母親、10代の若者、新生児、5歳以下の子供の死亡を減らす世界的な努力を緊急課題としてとらえ、強化するものであるからだ。

41 効果的なHIV対策を妨げる政治的な障壁を取り除くために国会を支援し、政府を監督する列国議会同盟の努力を評価し、留意する。

42 UNAIDSの共同スポンサーによるHIV関連の戦略を歓迎し、国連事務局と共同スポンサーがエイズ政策、戦略的情報の共有と調整に関してリーダーシップをとり、合同計画を通して各国を支援することを推奨する。この点に関しては、国連経済社会理事会決議E/RES/2015/2で示されているように、ポスト2015開発課題に向けて世界のエイズ対策から得られた教訓の価値を再確認する。

43 国連開発計画(UNDP)とUNAIDSが共同招集したHIVと法律に関する世界委員会、およびUNAIDSランセット委員会『エイズを克服し、国際保健を促進する』がエビデンスに基づきエイズ終結への道を方向付けるために果たした貢献の重要性を強調する。




30. Note the lack of global progress made in reducing transmission of HIV among people who inject drugs and call attention to the insufficient coverage of highly effective harm reduction programmes, the marginalization and criminalization of people who inject drugs which hamper access to HIV services, and note with concern that gender-based stigma and discrimination often act as additional barriers for women who inject drugs to access HIV services;
31. Reaffirm the commitment to fulfil obligations to promote universal respect for and the observance and protection of all human rights and fundamental freedoms for all in accordance with the Charter, the Universal Declaration of Human Rights and other instruments relating to human rights and international law and express grave concern that, despite a general decline in discriminatory attitudes towards people living with HIV, discriminatory attitudes towards people living with, presumed to be living with, or affected by HIV continue to be reported, and that overly broad criminalization of HIV transmission, and punitive legal and policy frameworks continue to discourage and prevent people from accessing services;
32. Remain concerned that discriminatory laws and policies continue to restrict movement of people living with HIV and result in substantial harm and denial of HIV services;
33. Note with grave concern that, despite the recognition of the need to take into account the human rights and fundamental freedoms of persons with disabilities set forth in the Convention on the Rights of Persons with Disabilities, the formulation of the global AIDS response remains inadequately targeted or made accessible to persons with disabilities;
34. Note that several high-income countries’ HIV assistance remains below their share of the global economy, and that several low- and middle-income countries can further increase their share of financing as their economies grow, and that allocative and programmatic efficiency is suboptimal, including due to poor targeting of investments on populations with highest risk and burden of HIV;
35. Note with grave concern that the holistic needs of people living and affected by HIV, in particular key populations and young people, remain insufficiently addressed through better integration of health and HIV services;
36. Note that 90% of people newly infected with HIV live in just 35 countries, and that epidemic patterns, progress and challenges vary considerably, and reiterate with profound concern that Africa, in particular sub-Saharan Africa, remains the worst-affected region, where AIDS is the leading cause of death among women of reproductive age and among adolescents and that the Caribbean continues to have the highest HIV prevalence outside sub-Saharan Africa, and further note the increasing number of new HIV infections in the Middle East and North Africa, where new infections are concentrated among sex workers, men who have sex with men and people who inject drugs, and that in Eastern Europe and Central Asia new infections continue to increase, largely among people who inject drugs, while cities in North America and western Europe face resurgent epidemics, where men who have sex with men, transgender people, sex workers and their clients, and people who inject drugs are at particularly high risk, and also note that the epidemic is concentrated among key populations in Asia and the Pacific as well as in Latin America and the Caribbean;
37. Welcome the leadership and commitment shown in every aspect of the HIV and AIDS response by Governments, people living with, affected by and at risk of HIV, political and community leaders, parliamentarians, relevant United Nations agencies, regional and subregional organizations, communities, families, faith-based organizations, scientists, health professionals, donors, the philanthropic community, the workforce, the private sector, civil society and the media, and recognize their contribution to the achievement of MDG 6 on AIDS and implementing the commitments set forth in 2011 Political Declaration on HIV and AIDS and call upon them to support Member States in ensuring that country driven, credible, costed, evidence-based, inclusive, sustainable and comprehensive national HIV and AIDS strategic plans are funded and implemented as soon as possible with transparency, accountability and effectiveness in line with national priorities and in conformity with international human rights, fundamental freedoms and a gender-responsive approach;
38. Commend the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria, and the strong bilateral investments including from PEPFAR, for the vital role it plays in mobilizing funding for country and regional AIDS responses and in improving the predictability of financing over the long term, and welcome donors’ support while noting that it falls short of the amounts needed to further accelerate progress towards front loading investments to end the AIDS epidemic by 2030;
39. Commend the work of the International Innovative Health Tools and Drug Purchase Facility, UNITAID, based on innovative financing and focusing on accessibility, quality and price reductions of antiretroviral drugs and welcome the broadening of the Medicines Patent Pool mandate, hosted by UNITAID, to address Hepatitis C and TB, reflecting the importance of integrating the AIDS response into the broader global health agenda;
40. Welcome the Secretary-General’s new Global Strategy for Women’s, Children’s and Adolescents’ Health, which will continue to galvanize global efforts to significantly reduce the number of maternal, adolescent, newborn and under-five child deaths, as a matter of urgent concern;
41. Note with appreciation the efforts of the Inter-Parliamentary Union in supporting national parliaments and overseeing governments to unlock political obstacles to effective HIV responses;
42. Welcome the HIV-relevant strategies of the Co-sponsors of the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS and commend the Secretariat and the Co-sponsors for their leadership on AIDS policy, strategic information and coordination and for the support they provide to countries through the Joint Programme, and in this regard, reaffirm the value of the lessons learned from the global AIDS response for the post-2015 development agenda as per ECOSOC resolution E/RES/2015/2;
43. Underline the important contribution made by the Global Commission on HIV and the Law, co-convened by the United Nations Development Programme and UNAIDS, and the UNAIDS-Lancet Commission ‘Defeating AIDS Advancing Global Health’ in providing the evidence base on the path to ending AIDS;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連総会ハイレベル会合2016政治宣言ゼロドラフト3 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる