エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連総会ハイレベル会合2016政治宣言 ゼロドラフト1

<<   作成日時 : 2016/05/17 15:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説)ニューヨークの国連本部では6月8日から10日まで、3日間にわたって「エイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合」が開かれ、その最終日に今後5年間の世界のエイズ対策の方向性を示す政治宣言が採択される予定です。昨年末でミレニアム開発目標(MDGs)の15年が終わり、今年から新たに2030年までの持続可能な開発目標(SDGs)がスタートしています。その節目の会合なので、政治宣言も今後5年間だけでなく、2030年のエイズ流行終結を大目標に掲げる内容になります。
国連総会議長からはすでに4月段階で宣言のたたき台となるゼロドラフト(当初草案)が公表されています。その日本語仮訳です。かなり長いものなので、小分けにして掲載します。
草案はあくまで草案で、宣言に至るまでには国連加盟国をはじめ様々なステークホルダー(関係者)の議論が交わされることになります(現にいまもそのための様々な会合が開かれています)。その結果、当初草案とは似ても似つかないものが結果として出てくるかもしれないし、案外すんなりと草案のまま(あるいは微調整程度で)採択されることになるかもしれません。後者だったら楽なのになあ、でも、そうはいかないかなあ・・・などと思いつつ、日本語にする作業に挑戦しました。
あくまで途中経過の文書ですが、英文(例によっておそるべき悪文)と比べつつ、この訳はおかしいだとか、これは日本語としてどうなの、というような点がありましたら(あると思う)ご指摘ください。逐次、修正していきます。一応、草案を訳しておけば、宣言が出たときに素早く日本語仮訳をお届けできるのではないかという期待もあるのですが、まあ、そこは議論の流れ次第ですね。
原文(英語)は国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトでPDF版をダウンロードできます。
http://www.hlm2016aids.unaids.org/wp-content/uploads/2016/04/HLM_zero_draft_en.pdf

    ◇

国連総会2016政治宣言 ゼロドラフト
 持続可能な開発目標(SDGs)時代のエイズ終結に向けた高速対応を

1われら国家元首、政府指導者、および各国政府代表は2016年6月8日から10日まで国連に集まり、現在および将来世代への遺産として2030年までにエイズの流行を終わらせること、この目的を達成するために高速対応で臨むこと、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示されている新たな機会を生かすこと、SDGs(持続可能な開発目標)達成のための連携性、持続性を高め、エイズ終結に向けた対策を再構築することを改めて確認する。そして、HIV陽性者およびHIV感染のリスクにさらされている人、流行の影響を受けている人の生命と生活の質と尊厳を守る対策を強化することを約束する。

2迫り来る治療の危機と予防への投資の不足に直面する中で、無作為がもたらす大きな代償を深く憂慮し、過去10年間の投資による前例のない成果が引き続き十分に生かされるよう、今後5年間は地球規模の連帯と責任の共有を通して一段と努力を強化し、流行がリバウンドするリスクを回避するために緊急対応で臨むことを強く求める。世界のいくつかの地域では、流行が再び拡大すれば膨大の人命が失われ、財政的な損失もはかり知れないものになるからだ。

3 ひとつの疾病にのみ焦点を当てるのではなく、人びとの保健ニーズ全体に対応できるよう組織的により広がりのあるアプローチを目指していくことの重要性を強調する。人びとの保健と福祉を守り、健康面から安全を保障し、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を確保し、保健基盤を強化し、そしてエボラやジカ熱の流行、あるいは未知の感染症の流行といった緊急事態に備える意味において、このことは重要である。

4 HIV予防、治療、ケア、支援のサービスは、重感染する感染症や共存症に対するサービス、および性感染症や性と生殖に関する保健サービスと統合するかたちで提供していく必要があることを強調する。性感染症やヒトパピローマウイルス感染、ウイルス性肝炎、子宮頸がんなどの予防、スクリーニング、治療サービスもその中に含まれる。

5 2001年のHIV/エイズに関するコミットメント宣言、2006年と11年のHIV/エイズ政治宣言、紛争下および紛争後のHIV流行の影響に関する国連安保理決議1983、および国連合同エイズ計画(UNAIDS)に関する2015年国連経済社会理事会(ECOSOC)決議を再確認する。

6 2030年までにエイズ流行を終結に導くという加盟国の決意を含む「持続可能な開発のための2030年アジェンダ」、および第3回開発資金国際会議におけるアディスアベバ行動目標を再確認する。

7 第60回国連女性の地位委員会の女性・女児とHIVおよびエイズに関する決議、2016年国連薬物問題特別総会の成果文書、第4回世界女性会議の北京宣言および行動綱領とその検証成果である女子のあらゆる形態の差別撤廃に関する条約、第23回国連特別総会(女性2000年会議)の成果文書、国連人口開発会議の行動計画およびその検証会議に基づく主要な成果、子どもの権利条約、女性に対する暴力撤廃宣言を再確認する。

8 HIVとエイズが地球規模の緊急事態であり、HIVはしばしば貧困や不平等をもたらすことを認識する。「貧困をなくす」「人や国の不平等をなくす」「平和と公正をすべての人に」など多数の持続可能な開発目標(SDGs)の達成には、この緊急事態への対応が極めて重要である。

9HIV陽性者、HIV感染のリスクにさらされている人の生涯にわたる要請に対応するには、貧困をなくし、子どもを含むすべての人がHIVに配慮した社会保障を受けられるようにし、食糧と栄養の状態を改善し、平等な教育へのアクセスを確保し、健康状態を良好に保ち、不平等を解消し、ジェンダーの平等を実現し、まともな仕事を保障し、健康な都市環境と住宅の安定供給、公正で包摂的な社会が必要なことを認識する。同時に、HIV陽性者およびHIVに影響を受けている人が健康な生活を送るには、経済的な安定と包括的ケア・支援、栄養支援とHIVサービスを提供できるような統合システムが必要になる。

10 いくつもの多様な流行があり、エイズ対策はそれぞれの地理的条件と人びとの置かれている状況を考慮し、最大の効果が上がるように工夫したプログラムを提供する必要があることを認める。そうした状況には人道的な危機や紛争下も含まれる。アラブ・エイズ戦略(2014-20)、エイズ・結核・マラリアに関するアフリカ連合ロードマップ(2012-15、20年まで延長)、HIV/エイズに関する南アジア地域協力連合のHIV/エイズ地域戦略(2013-17)、HIV新規感染ゼロ・差別ゼロ・エイズ関連死ゼロを目指す東南アジア諸国連合(ASEAN)コミットメント宣言、HIVとエイズに関するカリブ地域戦略枠組2014-18など、HIVとエイズについて野心的なターゲットを設定し、戦略の策定と実行を進めている地域的な努力を歓迎する。

11 HIV陽性者およびHIV感染の高いリスクにさらされている人たちのより積極的な参加(GIPA)が効果的なエイズ対策の実現を助けることを強調する。HIV陽性者やその家族などHIVの影響を強く受けている人びと、HIV感染の高いリスクにさらされている人びとが、差別や偏見を受けることなく平等に社会的、経済的、文化的活動に参加できるようにしなければならない。


UN General Assembly 2016 Political Declaration
Zero Draft
On the Fast-Track to End AIDS in the age of Sustainable Development
1. We, Heads of State and Government and representatives of States and Governments assembled at the United Nations from 8 to 10 June 2016, reaffirm our commitment to end the AIDS epidemic by 2030 as our legacy to present and future generations, to ensure that we are on the Fast-Track to reach this target, and to seize the new opportunities provided by the 2030 Agenda for Sustainable Development to accelerate action and to recast our approach to AIDS given the potential of SDGs to accelerate joined-up and sustainable efforts to lead to the end of AIDS and we pledge to intensify efforts that will help to increase the life expectancy, quality of life, and dignity of all people living with, at risk of and affected by HIV;
2. Express grave concern about the costs of inaction and, in the face of a looming treatment crisis and inadequate investments in prevention, call for urgent efforts over the next five years to ensure that returns on the unprecedented gains and investments made over the past decades are fully realized, and that efforts are intensified, including through global solidarity and shared responsibility, to avoid the risk of a rebound of the epidemic in some parts of the world, which would result in increased human and financial loss;
3. Emphasize the importance of continuing to move from a focus on one disease to a more integrated and systemic approach to addressing people’s health needs in a more holistic manner, in the context of ensuring health and well-being, health security, universal health coverage, health system strengthening and preparedness to tackle emerging disease outbreaks, such as Ebola, Zika and those yet to be identified;
4. Emphasize that HIV prevention, treatment, care and support services should be integrated with services to address coinfections and co-morbidities as well as sexual and reproductive health-care services, such as prevention, screening and treatment for sexual transmitted infections, human papillomavirus, viral hepatitis and cervical cancer;
5. Reaffirm the 2001 Declaration of Commitment on HIV/AIDS and the 2006 and 2011 Political Declarations on HIV/AIDS, the Security Council Resolution 1983 on the impact of the HIV epidemic in conflict and post-conflict situations, and the 2015 ECOSOC resolution on the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS);
6. Reaffirm the 2030 Agenda for Sustainable Development, including the resolve of Member States to end the AIDS epidemic by 2030, and the Addis Ababa Action Agenda of the Third International Conference on Financing for Development;
7. Reaffirm the 60th Commission on the Status of Women’s Resolution on Women, the girl child and HIV and AIDS, the outcome document of the 2016 United Nations General Assembly Special Session on the World Drug Problem, the Beijing Declaration and Platform for Action and the outcomes of its reviews; the Convention on the Elimination of all Forms of Discrimination Against Women, the outcome documents of the Twenty-third Special Session of the General Assembly, the Programme of Action of the International Conference on Population and Development, and the key actions for its further implementation and outcomes of its reviews, the Convention on the Rights of the Child, the Declaration on the Elimination of Violence Against Women;
8. Recognize that HIV and AIDS constitute a global emergency, and that HIV is often a cause of poverty and inequality and therefore critical to the achievement of many Sustainable Development Goals (SDGs) including to "End poverty in all its form everywhere" as well as to reduce inequality and secure social justice;
9. Recognize that addressing the holistic needs of people living with and at risk of HIV throughout their lifetime will require close collaboration with efforts to eliminate poverty, provide access to HIV-sensitive social protection for all, including for children, improve food and nutrition security and access to quality education, ensure good health, reduce inequalities, achieve gender equality, ensure decent work, and promote healthy cities, stable housing and just and inclusive societies while ensuring economic empowerment, comprehensive care and support and integrated systems to deliver nutritional support and HIV services to help keep people living with and affected by HIV healthy;
10. Recognize that there are multiple and diverse epidemics and that AIDS responses need to focus on the locations, populations, innovations and programmes that will deliver the greatest impact, including in humanitarian and conflict settings, and welcome regional efforts to set ambitious targets and design and implement strategies on HIV and AIDS, including the Arab AIDS Strategy (2014-2020), the African Union Roadmap on AIDS, TB and malaria (2012-2015, extended to 2020), the South Asian Association for Regional Cooperation’s Regional Strategy on HIV/AIDS (2013-2017), the ASEAN Declaration of Commitment: Getting to zero new HIV infections, zero discrimination, zero AIDS-related deaths, the Caribbean Regional Strategic Framework on HIV and AIDS 2014-2018, and other relevant strategies;
11. Emphasize that the greater involvement of people living with HIV (GIPA) and populations at higher risk of HIV infection will facilitate the achievement of more effective AIDS responses, and that people living with, at risk of and affected by HIV, including their families, should enjoy equal participation in social, economic and cultural activities, without prejudice and discrimination;


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連総会ハイレベル会合2016政治宣言 ゼロドラフト1 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる