エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『エイズ流行の終結にはコミュニティ主導の活動に対する投資が不可欠』 

<<   作成日時 : 2016/04/10 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) 2016年6月8〜10日の「エイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合」、および会合で採択予定の新たな政治宣言の策定に向けた一連のプロセスのひとつとして、ニューヨークの国連本部で4月6日、HIVに関する市民社会との非公式対話公聴会が開かれました。その様子を報告する国連合同エイズ計画(UNAIDS)のプレスリリースの日本語仮訳です。
 公聴会報告に先立って公表された『Invest in Advocacy アドボカシーへの投資』『Stronger Together 力を合わせて取り組もう』という2つの報告書をUNAIDSの公式サイトで紹介した特集記事も引き続いて日本語仮訳を掲載します。あわせてお読みください。

     ◇

エイズ流行の終結にはコミュニティ主導の活動に対する投資が不可欠
 市民社会活動への資金確保・サービス提供体制支援・人権重視をエイズ終結に関する2016政治宣言で強調するよう国連加盟国に要請
     市民社会対話公聴会に関するUNAIDSプレスリリース
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2016/april/20160406_CS_HLM

【ニューヨーク 2016年4月6日】 HIV対策に十分な資金を確保し、今後数年間はコミュニティ主導の活動への資金を大きく増やしてほしい。HIVに関する市民社会との非公式対話公聴会で、国連加盟国および国連機関に対し、市民社会組織はこう念を押した。また、2020年までに3000万人がHIV治療を受けられるようにすること、野心的なHIV予防目標を実現させることも求めた。

 公聴会は国連総会議長が招集し、ニューヨークの国連本部で開かれた。2016年6月8〜10日にニューヨークで開催予定のエイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合に向けた準備作業のひとつである。公聴会は市民社会組織がハイレベル会合に積極的に関わり、自らの意見を反映させる機会であり、その提言はエイズ終結に関する新たな政治宣言の草案に取り入れられることになる。

 「2030年のエイズ流行終結という目標の実現に向けて私たちは同盟関係にある」とモーエンス・リュッケトフト国連総会議長はいう。「エイズ終結に向け、明確なターゲットを示す強力な政治宣言をまとめるために協力して取り組まなければならない。持続可能な開発目標(SDGs)のひとつとしてのエイズ流行終結を実現するには、いまこそそれが必要だ」

 市民社会代表は、HIVの流行に最も影響を受けている人たちに対策が届くことの重要性を強調した。エイズ対策で置き去りにされてきたセックスワーカー、男性とセックスをする男性、トランスジェンダーの人たち、薬物使用者といった人たちである。市民社会代表はまた、加盟国との双方向の議論の中で、インクルーシブでエビデンスに基づき、人に焦点を当てた人権尊重のアプローチを重視するよう求めた。

 「エイズ流行の終結には誰も置き去りにできない」と国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長は語る。「エイズ終結に関する政治宣言の目標が定められても、その目標を現場で実現させるために行動し、社会から排除されている人たちが生死にかかわるHIVサービスを受けられるようにするには、市民社会のアドボカシーと関与、サービス提供が不可欠である」

 HIVの影響を最も大きく受けている人たちにサービスを届けること、治療の継続を助けること、HIV以外の基本的な保健サービスを受けられるようにすることなど、エイズ対策の多くの課題を克服するうえでコミュニティの力が不可欠なことは、すでに証明されている。市民社会の関与はまた、新たな資金の確保やHIVプログラムの改善、人権課題への対応などの面でも極めて重要である。

 国際先住民HIV /AIDS作業部会のメンバーでステークホルダー特別委員会のマラマ・パラ共同委員長は「不作為のツケはとてつもなく高い」と語る。「実際に活動の舞台となるのは個々のコミュニティです。それを無視してエイズの終わりが来ることはありません」

 UNAIDSは2020年には低・中所得国のエイズ対策に年間262億ドルが必要になると推計している。2014年のエイズ対策資金が192億ドルだったのと比べてもかなりの増額になる。そして、市民社会のアドボカシーとコミュニティベースのサービス提供に対する投資の拡大が鍵を握っていることも強調している。

 UNAIDSの推計では、コミュニティ活動に対する投資を2020年までに3倍に増やし、低・中所得国のHIV資金全体の3%に引き上げなければならない。また、低・中所得国のキーポピュレーションへのアウトリーチは2020年にHIV投資全体の約7.2%に拡大し、コミュニティベースの抗レトロウイルス治療提供のための費用はHIV投資全体の約3.8%に増やす必要がある。

 HIVに関する非公式公聴会には、非政府組織、民間企業、HIV陽性者や女性、若者、その他の関係者組織・ネットワークなどの代表が参加した。



Investing in community-led action will be critical to ending the AIDS epidemic
Civil society urges United Nations Member States to include financing, services and rights commitments as priorities in the 2016 Political Declaration on Ending AIDS

NEW YORK, 6 April 2016―At the Informal Interactive Civil Society Hearing on HIV, civil society organizations have called on United Nations Member States and partners to ensure that the response to HIV is fully funded and that financing for community-led action is increased significantly over the next few years. They also called for 30 million people to have access to life-saving HIV treatment by 2020 and for ambitious HIV prevention targets to be met.

The hearing, convened at the United Nations Headquarters in New York, United States of America, by the President of the United Nations General Assembly, is part of the groundwork for the United Nations General Assembly High-Level Meeting on Ending AIDS, which will take place from 8 to 10 June 2016 in New York. The hearing provides an opportunity for civil society organizations to fully contribute to the preparations, to ensure that their voices are heard and that their interests are reflected, and that their recommendations are taken forward in the drafting of the new Political Declaration on Ending AIDS.

“We are aligned in our objectives of ending the AIDS epidemic by 2030,” said Mogens Lykketoft, President of the United Nations General Assembly. “Now we must work together to ensure a strong Political Declaration on Ending AIDS with clear targets that will lead the world to ending the AIDS epidemic as part of the Sustainable Development Goals.”

Representatives of civil society emphasised the need to reach the people most affected by HIV, who continue to be left behind in the AIDS response including sex workers, men who have sex with men, transgender people and people who inject drugs. The representatives also discussed the importance of ensuring a rights-based approach that is inclusive, based on evidence and people-centred during the interactive panel discussions with Member States.

“To end the AIDS epidemic, no one can be left behind,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “Civil society advocacy, engagement and service delivery will play a critical role in translating the targets of the Political Declaration on Ending AIDS into real action on the ground to reach even the most marginalized people with life-saving HIV services.”

Community efforts have proven to be essential in overcoming many of the major challenges in the AIDS response, including reaching people most affected by HIV with life-changing HIV services, providing support to help people adhere to their treatment and bolstering other essential health services. Civil society engagement has also been critical in advocating for new resources, improving HIV programming and making progress on human rights issues.

“The cost of inaction is extremely high,” said Marama Pala, of the International Indigenous Working Group on HIV/AIDS and Co-Chair of the Stakeholder Task Force. “Individual communities are where the work gets done. There is no ending AIDS without us.”

UNAIDS estimates that US$ 26.2 billion will be needed for the AIDS response in low- and middle-income countries in 2020―up from the US$ 19.2 billion available in 2014. UNAIDS also underlines that greater investment in civil society advocacy and community-based service delivery will be critical.

By 2020, UNAIDS estimates that investment in community mobilization needs to increase threefold, to 3% of total HIV resources in low- and middle-income countries. Outreach to key populations in low- and middle-income countries is estimated to need to grow to about 7.2% of total HIV investments by 2020, and the estimated resource needs for community-based delivery of antiretroviral therapy need to increase to about 3.8% of total investment for HIV.

The Informal Interactive Civil Society Hearing on HIV included representatives of nongovernmental organizations, the private sector, organizations and networks representing people living with HIV, women, adolescents and young people, and other stakeholders.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『エイズ流行の終結にはコミュニティ主導の活動に対する投資が不可欠』  エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる