エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 「立ち続けよう」 差別ゼロデー2016 UNAIDS特設サイトから

<<   作成日時 : 2016/02/17 16:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)は2014年から毎年3月1日を差別ゼロデーと定め、キャンペーンを展開しています。『新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロ』というUNAIDSの「3つのゼロ」ビジョンのうち、HIV/エイズに関連する差別をゼロにする(なくす)という大目標に焦点を当てたキャンペーンですね。UNAIDSの公式サイトに3回目となる今年のキャンペーンのサイトが開設されました。
 http://www.unaids.org/en/resources/campaigns/2016_zerodiscriminationday

 2016年キャンペーンのキーワードはSTAND OUTのようです。辞書で調べると「目立つ」「際立つ」「がんばる」といった感じです。ちょっとしっくりこなかったので、「目立つ」「がんばる」のニュアンスを入れ、「立ち続けよう」と訳しました。もっと適切な訳があるようでしたら、ご連絡ください。
以下、特設ページにPDF版で紹介されているブローシュアの日本語仮訳です。

     ◇

差別ゼロデー 2016年3月1日
 私は#ZERODISCRIMINATIONに賛同します
http://www.unaids.org/en/resources/documents/2016/2016_Zerodiscrimination_brochure

立ち続けよう


 「最も社会から排除されやすく、弱い立場に置かれている人たちが差別と迫害を受けているとすれば、その差別と迫害は私たちすべてに向けられているのです。国連はすべての人の人権と尊厳を守る強い意思を持ち続けています」
 潘基文国連事務総長


3月1日は差別ゼロデーです
立ち続けよう

2016年の差別ゼロデーでは、個人の人格および立ち続けることを重視しています。
いまここにある多様性を大切にして、個人個人の違いを理解し、受け入れる。広い心でお互いを尊重し、支えあう。
それぞれの人が社会を豊かにし、コミュニティを強くする多様な才能と技術を持っているのです。多様性を歓迎し、大切にしましょう。それが社会の結束力を高め、価値ある利益を生み出すことになります。
 差別ゼロデーは、力を合わせて差別と闘い、自らの力を誇りを持って発揮できるようにするための機会です。すべての人にその権利があります。ジェンダーも、国籍も、年齢も、障害も、民族性も、性的指向も、地域も、言語も、その他いかなる立場も、差別の理由にはなり得ません。
 個人とコミュニティと社会が心の声を上げれば、世界を変えていくことができます。差別ゼロデーは、すべての人が公平で公正な社会を実現する変化の一翼を担っていることを強調し、そのためにはどうしたらいいのかを示す機会なのです。


差別との闘い
▼差別はどこでも起こりえます:保健医療施設で、職場で、学校で、仮定で、そしてコミュニティ内部で。差別は個人や集団を傷つけるだけでなく―すべての人を傷つけることになります。
▼人種に基づく差別は個人を苦しめ、社会的な結束を弱めることになります。
▼女児および若い女性が教育を受ける機会を制限することは、個人の人生だけでなく、社会的な才能の蓄積を妨げることにもなります。
▼HIV陽性者に対するスティグマがあると、多くの人が検査を受け、生きていくために必要なケアと治療を受けられるようにしようとする気持ちが失われてしまいます。
▼差別と闘い、受容力を高める方法はたくさんあります:何かおかしいことが起きたら立ち上がり、はっきりと指摘すること、認識を高めること、差別を受けている人を支援すること、多様性の利益を強調することなどです。



保健医療現場の差別ゼロ
 想像してください。HIV感染を告げられた若い女性が医師から不妊を求められたら、セックスワーカーが看護師から暴力や迫害を受けたら、障害を持つ人がセクシャルヘルスに関して適切なアドバイスを受けることを拒絶されたら、ゲイ男性が医療スタッフに自らのセクシャリティを明かすように強要されたら、注射薬物使用者が治療を拒否され亡くなったら、トランスジェンダーの人が診療所から追い払われ自殺しようとしたら。暖かく安心のできる環境を大切にしなければならない保健医療の現場でも、残念ながらそうしたことが、世界中で、あまりにも頻繁に起きています。

 検査、治療、ケア、支援を提供する保健医療施設へのアクセスを妨げる障害物はすべて取り除く必要があります。保健へのアクセスはすべての人に開かれていなければならないのです。恐怖と偏見の壁を打ち破り、生きるために必要なサービスを誰もが受けられるようにする。差別ゼロデーに際し、その決意を新たにしましょう。2016年には、誰もが、どこにいても、保健への権利を守れるようにすべきです。



「スティグマと差別は人を傷つけ、社会の崩壊をもたらします。恐怖や暗黒の中で人を苦しめるべきではありません。2016年は差別ゼロに向けた変革に立ち上がり、立ち続ける年です」
   ミシェル・シディベUNAIDS事務局長



#ZERODISCRIMINATION キャンペーンへの支援の意思を示してください。
 キャンペーンは差別克服に関する皆さんのストーリーを伝えられるよう複数のプラットフォーム(ホワイトテーブル・ギャラリー、フェイスブック、インスタグラム)で展開しています。絵や図、写真、ギフト、音声、ビデオなどでそれぞれの人が#zerodiscrimination への支援を示すことができるのです。 


ホワイトテーブル・ギャラリー
 whitetablegallery.orgの新たな展示により、関心を持つ人たちが差別ゼロとは何かについて表現できる創造空間です。

インスタグラム 
 何人かのアーティストやデザイナー、イラストレーターが差別ゼロを表現したオリジナル作品を提供しています。作品は @unaidsglobal で。

フェイスブック
 今年のキャンペーンは、#zerodiscriminationフェイスブックのページで、誰もが支援し、参加できます。それぞれの人が自分にとって差別ゼロとは何かを考え、蝶々の絵や素描、画像、写真とともに#zerodiscriminationのハッシュタグで共有できるのです。

ツィッター
 ツィートと画像が unaids.org でダウンロードして使えます。#zerodiscriminationキャンペーンへの支援にも利用できます。



事実と統計
・保健への権利 適切な時期に経済的に負担可能な価格で質の高い医療を受けることを含め、実現可能な最も高い基準の健康を享受できるようにすることは基本的な人権である。1
・75カ国で同性間の性関係を犯罪とする法律がある。2
・スワジランドの調査のひとつによると、男性とセックスをする男性の約62%が差別を恐れて医療を受けることを恐れていると答えている。3
・中学校に通う生徒の男女比が同じ国は世界の4割にとどまっている。4
・障害を持つ人は、持たない人に比べると、医療機関でひどい扱いを受けたと答えている人が4倍も多く、診療を拒否されたと応えている人も3倍近い。5

1 http://www.ohchr.org/EN/ProfessionalInterest/Pages/CESCR.aspx
2 http://old.ilga.org/Statehomophobia/ILGA_State_Sponsored_Homophobia_2015.pdf
3 Risher, K., Adams, D., Sithole, B., Ketende, S., Kennedy, C., Mnisi, Z., ... & Baral, S. D. (2013). Sexual stigma and discrimination as barriers to seeking appropriate healthcare among men who have sex with men in Swaziland. Journal of the International AIDS Society, 16(3Suppl 2).
4 UNESCO. Teaching and learning: achieving quality for all. EFA Global Monitoring Report 2013/14, Jan. 2014
5 World Health Organization: 10 facts on disability, September 2013






ZERO DISCRIMINATION DAY  1 MARCH 2016
I STAND FOR #ZERODISCRIMINATION

STAND OUT

“WHEN THE MOST MARGINALIZED AND VULNERABLE FACE DISCRIMINATION AND ABUSE, ALL OF US ARE DIMINISHED. THE UNITED NATIONS IS STRONGLY COMMITTED TO UPHOLDING HUMAN RIGHTS AND DIGNITY FOR ALL.”
BAN KI-MOON, SECRETARY-GENERAL OF THE UNITED NATIONS


1 MARCH IS ZERO DISCRIMINATION DAY
STAND OUT

 
On Zero Discrimination Day 2016, celebrate individuality and stand out.
Embrace the diversity that exists around us, understand and accept people’s differences, open minds and respect and support one another.
Each person has a diverse set of talents and skills that can enrich societies and strengthen communities. Welcoming and embracing diversity in all its forms reinforces social cohesion and brings valuable benefits.
Zero Discrimination Day is an opportunity to join together against discrimination and celebrate everyone’s right to live a full and productive life with dignity. Gender, nationality, age, disability, ethnic origin, sexual orientation, religion, language or any other status should never be a reason to discriminate.
By joining hearts and voices, individuals, communities and societies can transform the world. Zero Discrimination Day is an opportunity to highlight how everyone can be part of the transformation and stand out for fair and just societies.


CHALLENGING DISCRIMINATION
>Discrimination can happen anywhere: at the health-care facility, at work, at school, at home and in the community. Discrimination doesn’t just hurt individuals or groups of people―it hurts everyone:
>Discriminating against people on the basis of their race causes individual suffering and weakens social cohesion.
>Limiting the chances of girls and young women to get a proper education harms not only individual life chances but prevents societies benefiting from a deeper pool of talent.
>Stigmatizing people living with HIV discourages people from getting tested and receiving life-saving health care and treatment.
>
There are many things that can be done to counter discrimination and encourage acceptance: standing out and speaking up when something is wrong, raising awareness, supporting people who have been discriminated against and promoting the benefits of diversity.


ZERO DISCRIMINATION
IN HEALTH-CARE SETTINGS

Imagine a young woman newly diagnosed with HIV being told by her doctor that she must be sterilized, a sex worker facing violence or abuse from a nurse, a disabled person denied access to proper advice about their sexual health, a gay man frightened of disclosing his sexuality to medical staff, a person who injects drugs dying after being refused treatment or a transgender person attempting suicide after being turned away from a clinic. Unfortunately, such cases happen all too frequently throughout the world, even though health-care settings should be considered as safe and caring environments.

Any obstacles that inhibit access to health-care facilities, including to testing, treatment and care services, must be removed. Access to health must be open to everyone. On Zero Discrimination Day, let’s resolve to tear down the walls of fear and prejudice that prevent people from accessing services that keep them alive and well. In 2016, everyone, everywhere should have the right to health.


“STIGMA AND DISCRIMINATION DAMAGE PEOPLE AND FRAGMENT SOCIETIES―PEOPLE SHOULD NEVER HAVE TO SUFFER IN FEAR AND DARKNESS. IN 2016, TRANSFORM AND STAND OUT FOR ZERO DISCRIMINATION.”
MICHEL SIDIBÉ, EXECUTIVE DIRECTOR OF UNAIDS


SHOW YOUR SUPPORT
#ZERODISCRIMINATION CAMPAIGN

The campaign will use different platforms (the White Table Gallery, Facebook, Instagram) to promote and display personal stories about overcoming discrimination.
Through the use of drawings, pictures, gifs, audio and video, people can show their support for #zerodiscrimination.
White Table Gallery
A new exhibition on whitetablegallery.org will provide a creative space for partners and friends to express what zero discrimination means to them.
Instagram
Several artists, designers and illustrators have created original pieces providing their interpretation of zero discrimination. Follow @unaidsglobal to see the artworks.
Facebook
Everyone can support and participate in this year’s campaign through the #zerodiscrimination Facebook page. Anyone can share their own interpretation of zero discrimination, showing support by sharing pictures and drawings of a butterfly or posting images and photos with the hashtag #zerodiscrimination.
Twitter
Tweets and images are available for download on unaids.org and can be shared in support of the #zerodiscrimination campaign.



FACTS AND FIGURES
THE RIGHT TO HEALTH―THE ENJOYMENT OF THE HIGHEST ATTAINABLE STANDARD OF HEALTH―IS A FUNDAMENTAL HUMAN RIGHT THAT INCLUDES ACCESS TO AFFORDABLE, TIMELY AND QUALITY HEALTH-CARE SERVICES. 1
SEVENTY-FIVE COUNTRIES HAVE LAWS THAT CRIMINALIZE SAME-SEX SEXUAL RELATIONS. 2
IN ONE ANALYSIS FROM SWAZILAND, NEARLY 62% OF MEN WHO HAVE SEX WITH MEN SURVEYED SAID THAT THEY FEARED SEEKING HEALTH CARE BECAUSE OF DISCRIMINATION. 3
IN ONLY FOUR OUT OF TEN COUNTRIES WORLDWIDE DO EQUAL NUMBERS OF GIRLS AND BOYS ATTEND SECONDARY SCHOOL. 4
DISABLED PEOPLE ARE FOUR TIMES MORE LIKELY TO REPORT BEING TREATED BADLY AND NEARLY THREE TIMES MORE LIKELY TO BE DENIED HEALTH CARE THAN NON-DISABLED PEOPLE.5

1 http://www.ohchr.org/EN/ProfessionalInterest/Pages/CESCR.aspx
2 http://old.ilga.org/Statehomophobia/ILGA_State_Sponsored_
Homophobia_2015.pdf
3 Risher, K., Adams, D., Sithole, B., Ketende, S., Kennedy, C., Mnisi,
Z., ... & Baral, S. D. (2013). Sexual stigma and discrimination as
barriers to seeking appropriate healthcare among men who have
sex with men in Swaziland. Journal of the International AIDS Society,
16(3Suppl 2).
4 UNESCO. Teaching and learning: achieving quality for all. EFA
Global Monitoring Report 2013/14, Jan. 2014
5 World Health Organization: 10 facts on disability, September 2013


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「立ち続けよう」 差別ゼロデー2016 UNAIDS特設サイトから エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる