エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS エイズ終結に関する2016年国連ハイレベル会合(パンフレット仮訳)

<<   作成日時 : 2016/02/07 14:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


(解説) 国連は今年6月8日から10日まで、ニューヨークの国連本部で「エイズ終結に関する2016年国連ハイレベル会合」を開催します。5年に1度のペースで開かれている世界のエイズ対策検証のための会合です。今回はわざわざ「エイズ終結に関する」と看板に掲げています。2016年は持続可能な開発目標(SDGs)の開始年ということで、かなり力がこもっています。掛け声だけ勇ましい会合にならないようにということはトーンが高いだけに逆に少し心配になります。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトには会合について説明するパンフレットのPDF版がアップされました。その説明文の日本語仮訳です。国連事務総長、国連総会議長、UNAIDS事務局長のコメントについては翻訳する気になれず省略しました。悪しからず。


エイズ終結に関する2016年国連ハイレベル会合
 http://www.unaids.org/en/resources/documents/2016/2016HighLevelMeeting

エイズ終結に向けた高速対応
 国際社会は2015年、ミレニアム開発目標(MDGs)6で約束したエイズ分野のターゲット―エイズの流行拡大を抑え、縮小に転じる―を実現した。この目覚ましい成果は、国際保健分野ではじめて目標を達成し、さらにその目標を超えるものでもあった。2015年上半期には、抗レトロウイルス治療を受けている人が5年前の2倍にあたる1600万人に達している。

 2030年までのエイズ終結は、2015年に国連加盟国が全会一致で採択した持続可能な開発目標(SDGs)の実現に不可欠なターゲットの一部である。HIV対策から得られた教訓は、目標3の健康と福祉をはじめ、ジェンダーの平等女性のエンパワメント(目標5)、格差の是正(目標10)、平和、法の正義、有効な制度(目標16)、目標達成に向けたパートナーシップ(目標17)といった数多くのSDGsの成功に向けて大いに役立てることができる。

 2030年までにエイズ流行を終結に導くには、各国が今後5年間、高速対応アプローチをとらなければならない。期間が限られたこの機会を確実なものにするため、国連総会議長は2016年6月8日から10日までニューヨークの国連本部で、エイズ終結に関する国連ハイレベル会合を開催する。国連加盟国はこの会合に集まり、新たなHIVとエイズに関する政治宣言を起草する。会合はスイス国連代表部、ヨルグ・ラウバー大使とザンビア国連代表部、パトリシア・ムワバ・カセセ-ボタ大使が共同進行役を務める。

 ハイレベル会合に向けて、HIV陽性者とHIVに大きな影響を受けているキーポピュレーションのコミュニティ、市民社会、民間企業、政府、地域機関が一連の会合、イベントに集まり、今後のエイズ対策において何を優先すべきか、そしてその対策がSDGs達成に向けていかに重要な役割を担っているかを再検討する。

 世界のデータの分析によると、HIVへの投資を前倒しし、効果的な活動に結びつけることができる機会は今後5年間という短い期間に限定されている。コミュニティ、都市、国家レベルでの強いリーダーシップが求められているのだ。今後5年間に高速アプローチを採用することは、より急速に格差を埋め、取り残されている人びとを救うことにつながる。投資の有効活用により、年間のHIV資金需要は2020年以降、減少していくことになる。そうすれば世界は2030年までに公衆衛生上の脅威としてのエイズ流行終結に向けた軌道を確実に進むことができるであろう。

 今日では、HIV予防と治療のプログラムの効果は、人権尊重のアプローチの重要性とともに、強力なエビデンスによって裏打ちされている。影響を受けているコミュニティや民間企業、その他のパートナーが、効果的なHIV対策の計画段階から実施に至るまで実質を伴うかたちで参加することの重要性もまた、認識されている。

 エイズ終結に関する2016年国連ハイレベル会合は、今後5年間のエイズ対策の高速対応アプローチの重要性に世界が関心を持つことを重視している。UNAIDSの高速対応アプローチは2020年までに以下の野心的目標を掲げている:
 ・年間の新規HIV感染者数を50万人以下に減らす。
 ・年間のエイズ関連死者数を50万人以下に減らす。
 ・HIV関連の差別をなくす。

 今後5年間は歴史上、きわめて重要な時期である。エイズ流行終結を含めたSDGsの成功を確実にするには、世界の連帯と協力が必要である。とりわけ世界が数多くの多様な試練に直面しているこの時期にはそれが重要になる。誰も置き去りにせず、2030年までにより持続可能な世界を築くという課題に対し、いまこそ揺るぎない意思をもって臨まなければならないのである。

3690万人 2014年現在の世界のHIV陽性者数
1580万人 2015年6月現在でHIV治療を受けている世界のHIV陽性者数
200万人  2014年の年間新規HIV感染者数
3000万人 過去15年間のサービス拡大により防ぐことができたHIV新規感染者数
120万人  2014年のエイズ関連の年間死者数
800万人  過去15年間のサービス拡大により防ぐことができたエイズ関連の死者数
58% 2000年と比較した子供のHIV新規感染の減少率



2016 High-Level Meeting on Ending AIDS
http://www.unaids.org/en/resources/documents/2016/2016HighLevelMeeting

Fast-Track to ending AIDS

In 2015, the world delivered on the AIDS targets of Millennium Development Goal 6―halting and reversing the AIDS epidemic. This remarkable achievement marks the first time a global health target has been met and exceeded. By mid-2015, the number of people accessing antiretroviral therapy reached nearly 16 million―double the number just five years earlier.

Ending AIDS by 2030 is an integral part of the Sustainable Development Goals (SDGs), which were unanimously adopted by United Nations Member States in 2015. The lessons learned in responding to HIV will play an instrumental role in the success of many of the SDGs, notably SDG3, good health and well-being, and the goals on gender equality and women’s empowerment, reduced inequalities, global partnerships and just, peaceful and inclusive societies.

To end the AIDS epidemic by 2030 will require countries to take a Fast-Track approach over the next five years. To ensure that global efforts are accelerated in this short window, the President of the United Nations General Assembly is convening a High-Level Meeting on Ending AIDS from 8 to 10 June 2016 at the United Nations Headquarters in New York. At this meeting United Nations Member States will come together to draft a new Political Declaration on HIV and AIDS. The meeting will be co-facilitated by Jürg Lauber, Permanent Representative of Switzerland to the United Nations, and Patricia Mwaba Kasese-Bota, Permanent Representative of Zambia to the United Nations.

In the lead-up to the meeting, communities of people living with HIV and key populations most affected by HIV, civil society, the private sector, governments and regional bodies will come together at a series of meetings and events to reaffirm the priorities for the future of the AIDS response and the important role it can play in achieving the SDGs.

Analysis of global data shows that the world has a narrow five-year window of opportunity in which to front-load HIV investments and deliver focused and effective action. Strong leadership from communities, cities and countries will be required. Adopting a Fast-Track approach over the next five years will close the gaps faster and reach the people who are being left behind. By using investments more efficiently, annual HIV resource needs will begin to decline after 2020. From this point the world will be firmly on course to end the AIDS epidemic as a public health threat by 2030.

Today there is a strong evidence base on the effectiveness of HIV prevention and treatment programmes as well as on the importance of ensuring a human rights-based approach. There is also recognition of the critical role that meaningful engagement of affected communities, the private sector and other partners has in the planning and implementation of an effective response to HIV.

The 2016 High-Level Meeting on Ending AIDS will focus the world’s attention on the importance of a Fast-Track approach to the AIDS response over the next five years. The UNAIDS Fast-Track approach aims to achieve ambitious targets by 2020, including:
・Fewer than 500 000 people newly infected with HIV.
・Fewer than 500 000 people dying from AIDS-related causes.
・Elimination of HIV-related discrimination.
It is a unique moment in history. Ensuring the success of the SDGs, including ending the AIDS epidemic, will require global solidarity and partnership, especially in times of diverse and demanding global challenges. Focus must remain strong and commitment to leaving no one behind and building a more sustainable world by 2030 must continue to be unwavering.


36.9 million
people living with HIV in 2014
15.8 million
people living with HIV accessing HIV treatment in June 2015
2 million
new HIV infections in 2014
30 million
new HIV infections averted in the past 15 years due to scale-up of services
1.2 million
AIDS-related deaths in 2014
8 million
AIDS-related deaths averted in the past 15 years due to scale-up of services
58 %
reduction in new HIV infections among children since 2000

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
国連ハイレベル会合に関するUNAIDSパンフレットに強い批判
(解説) 世界のエイズ・サービス組織のネットワークであICASO(国際エイズ・サービス組織評議会: International Council of AIDS Service Organizations)の公式サイトに3月4日付で、国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長宛の書簡が掲載されています。その日本語仮訳です。  http://www.icaso.org/?file=24048 ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2016/03/11 23:52
TOP-HAT News第90号(2016年2月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第90号(2016年2月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2016/03/20 22:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エイズ終結に関する2016年国連ハイレベル会合(パンフレット仮訳) エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる