エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『都市部におけるHIV対策の強化を』 

<<   作成日時 : 2015/10/07 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 国連人間居住計画(ハビタット)と国連合同エイズ計画(UNAIDS)が9月18日に発表した報告書『都市部のエイズ流行を終らせよう』のプレスリリースです。


都市部におけるHIV対策の強化を
国連人間居住計画(ハビタット= UN-Habitat)、国連合同エイズ計画(UNAIDS)
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2015/september/20150918_PR_UNAIDS_UNHabitat

【ナイロビ/ジュネーブ 2015年9月18日】 国連人間居住計画(ハビタット)と国連合同エイズ計画(UNAIDS)が新たな報告書の中で、都市部におけるHIV流行への対応を強化するよう世界の大都市に呼びかけた。報告書は世界全体のHIV陽性者の4分の1は流行の深刻な200都市に集中しているとの推計を示し、都市および大都市圏がとりわけHIVの大きな影響を受けていることを概説した。

 報告書『都市部のエイズ流行を終らせよう』はケニアのナイロビで、ハビタットのジョアン・クロス事務局長とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長が発表した。報告書によると、多くの国で、HIV陽性者の半数以上が急成長している都市に集中しており、HIVサービスへのアクセスをどうしたら確保できるのかということが課題になっている。

 「都市には資金も有効な保健システムも改革やサービス支給の能力もそろっていることが多いが、それでも人権を尊重し、対象を絞って効果的なエイズ対策を進めることは難しく、社会的に弱い立場にあって排除されやすい集団が置き去りにされることになりがちです」とクロス事務局長は言う。「都市はエイズ対策のパラダイムシフト(発想の大転換)の中心を担っています。国と市、そしてコミュニティ組織が責任を共有し、HIV感染のリスクと脆弱性を高める社会、政治、経済的要因を変えられるよう助けていくのです」

 都市の指導者たちにとって、エイズ対策を大胆に変革していくことはHIVサービスを充実させるだけでなく、社会的な排除や不平等、極端な貧困など他の社会的課題にも対応することができる貴重な機会になることを報告書は強調している。

 「都市は変化をリードしていくことができます」とシディベ事務局長は語る。「改革の中心として都市は広汎な協力関係を生み出し、HIVの流行に対してエビデンスに基づき、誰一人置き去りにすることなく、人権に立脚した包摂的、効果的な対策を提供するための大きな資源を有しています。

 200都市のほぼ半数(94都市)では、HIVは主に感染予防策をとらない異性間の性行為で感染している。残る106都市では、セックスワーク、男性間の感染予防策をとらない性行為、注射薬物使用が主な流行の拡大要因となっている。アジア太平洋地域ではHIV陽性者の約25%が31の大都市に集中しているとみられる。一方、西欧と中欧ではHIV陽性者の推定60%が20都市に集中している。

 報告書で明らかにされた30カ国の全国世帯調査のデータによると、15-49歳の大都市居住成人層のHIV陽性率は、ほとんどの国で地方のHIV陽性率より高かった。

農村地域がほとんどを占めるような国でも、都市のHIV陽性者数は不均衡なまでに多い。たとえば、エチオピアでは都市人口は全体の18%なのに、HIV陽性者数は国全体の60%を占めている。

 報告書は、都市およびそこで働き生活する人のニーズの変化に対応した都市保健の再建には何が必要かを概説している。さらにそうした方法が、2030年までに公衆衛生の脅威としてのエイズの流行の終結させるためのUNAIDSの高速対応目標達成を助けになることも付け加えている。

 UNAIDSの高速対応アプローチは、HIV予防と治療の高い効果が証明されているサービスの提供に焦点をあて、対策の規模を迅速に拡大することを求めている。都市のリーダーシップに大きく依拠するアプローチである。

 多数の国がHIV陽性者やHIVの流行に影響を受けている人たちのニーズに対応するための法律や政策、戦略を策定している。しかし、大都市に適した包摂的HIVプログラムのための資金確保や実施は遅れている国が多い。



UN-Habitat and UNAIDS call for renewed efforts to address HIV in urban areas

NAIROBI/GENEVA, 18 September 2015―A new report by UN-Habitat and UNAIDS urges cities to do more to respond to HIV epidemics in urban areas. The report outlines that cities and urban areas are particularly affected by HIV, with the 200 cities most affected by the epidemic estimated to account for more than a quarter of all people living with HIV around the world.

The report, Ending the urban AIDS epidemic, was launched in Nairobi, Kenya, by the Executive Director of UN-Habitat, Joan Clos, and the Executive Director of UNAIDS, Michel Sidibé. It reveals that in many countries, rapidly growing cities are home to more than half of all people living with HIV and that many are facing challenges in ensuring access to HIV services.

“Although cities often have resources, viable health systems and the capacity for innovation and service delivery, they sometimes struggle to design and implement focused, effective and rights-based AIDS responses, often leaving behind the most vulnerable and marginalized populations,” said Mr Clos. “Cities are central to bringing a paradigm shift to the AIDS response―a concerted move towards shared responsibility between national and city authorities and community-based organizations in support of local leadership and local evidence to transform the social, political and economic determinants of HIV risk and vulnerability.”

The report highlights that city leaders have a unique opportunity to seize the dynamism, innovation and transformative force of the AIDS response to not only expand HIV services in cities but also address other urban challenges, including social exclusion, inequality and extreme poverty.

“Cities can lead change,” said Mr Sidibé. “As centres for innovation, cities can broker broad partnerships and use their vast resources to provide an inclusive, effective response to HIV based on evidence and grounded in human rights―to leave no one behind.”

In almost half (94) of the 200 cities most affected, HIV is transmitted mainly through unprotected heterosexual sex. In the remaining 106 cities, sex work, unprotected sex between men and injecting drug use are the main drivers of the epidemics. In the Asia–Pacific region, about 25% of all people living with HIV are estimated to reside in 31 major cities, while in western and central Europe, an estimated 60% of all people living with HIV reside in just 20 cities.

According to the new report, data from 30 countries that have conducted nationally representative household-based population surveys show that HIV prevalence among people 15–49 years old living in urban areas is higher than among those living in rural areas in most countries.

Even in countries that are still predominantly rural, cities are often home to disproportionate numbers of people living with HIV. For example, urban areas account for only 18% of Ethiopia’s population but for almost 60% of people living with HIV nationally.

The report outlines the need for cities to establish renewed efforts for an urban health approach that serves the evolving needs of cities and the people who live and work within them. It adds that these measures would help reach the UNAIDS Fast-Track Targets to end the AIDS epidemic as a global health threat by 2030.

The UNAIDS Fast-Track approach requires rapidly scaling up and focusing the implementation and delivery of proven, high-impact HIV prevention and treatment services: an approach that increasingly relies on urban leadership.

A number of countries have introduced specific legislation, national policies or strategies to respond to the needs of people living with and affected by HIV. However many countries continue to lag behind in allocating adequate resources and implementing inclusive and urban-friendly HIV programmes.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『都市部におけるHIV対策の強化を』   エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる