エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際連合がLGBTIの人びとに対する暴力と差別をなくすよう要請

<<   作成日時 : 2015/10/01 15:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説)国連発足70周年の国連総会がニューヨークで開かれています。今年は国連にとって70年の節目であると同時に、ミレニアム開発目標(MDGs)の最終年、引き続いて2016年から始まる持続可能な開発目標(SDGs)のためのサミットも開催され、添え物扱いされることが多い、社会経済分野もかなり注目を集めています。国連合同エイズ計画(UNAIDS)が中心になって9月29日、LGBTIの人びとに対する暴力と差別をなくすための国連12機関共同声明が発表されました。UNAIDSの公式サイトに掲載された紹介記事の日本語仮訳です。声明の方は後ほど。



国際連合がLGBTIの人びとに対する暴力と差別をなくすよう要請
   2015年9月29日
 http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2015/september/20150929_endLGBTIviolence

 国連12機関が、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、インターセックス(LGBTI)の人びとに対する暴力と差別に終止符を打つよう求める共同声明を発表した。声明は、LGBTIの人びとが暴力や迫害、差別、偏見を受けずに生きる権利を守り、尊重し、実現できるよう、国連機関が加盟国と協力して取り組むことを強調している。また、各国に対し差別的な法律を撤廃することも求めている。

 LGBTIの人びとはさまざまな人権侵害にさらされている。国連その他の機関には、すべての地域でLGBTIの人びとへの心理的、肉体的暴力が報告されている。その中には殺人や襲撃、誘拐、レイプ、性的暴力、それに施設などでの迫害や虐待も含まれている。

 こうした人権侵害への対応が不適切な国も多い。人権侵害に立ち向かい、人権を守ろうとする人たちにしつこく嫌がらせを行い、行動を制限する国もある。合意に基づく成人の同性間の関係を犯罪と見なす国が76カ国もあり、法律が状況を悪化させていることもある。このため、個人が恣意的に逮捕、立件、投獄され、少なくとも5カ国では死刑になることもある。

 LGBTIの人びとを排除するような懲罰的な環境は、HIV対策にも重大な影響を及ぼす。ゲイ男性および他の男性とセックスをする男性は、HIV陽性となる確率が社会の平均より19倍も高く、アジア太平洋地域やラテンアメリカなどいくつかの地域ではHIV陽性率が上昇している。トランスジェンダーの女性は49倍もHIV陽性になりやすい。

 基本的な人権が侵害されるだけでなく、懲罰的な法律があると、LGBTIの人びとは重要なHIVサービスおよび他の保健サービスを利用することもできなくなってしまう。サービス提供者が嫌がらせや迫害を恐れ、仕事をやめる事態もしばしば起きている。

 国連の潘基文事務総長は昨年の国連総会でメッセージを発表し、LGBTIの権利を守ることを再確認した。「人権を守り、差別と闘うことは、国連の重要な使命です。世界全体が平等の権利を求めて闘わなければなりません。国連が世界中でホモフォビア、トランスフォビアとの闘いに積極的に取り組んでいるのはそのためです」と彼は語った。

 LGBTIの人びとに対する暴力と差別を終わらせるための共同声明に署名した国連機関は次の通り:国際労働機関(ILO)、人権高等弁務官事務所(OHCHR)、国連開発計画(UNDP)、国連教育科学文化機関(UNESCO)、国連人口基金(UNFPA)、難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連児童基金(UNICEF)、国連麻薬犯罪事務所(UNDOC)、ジェンダー平等と女性のエンパワメントのための国連機関(UN Women)、世界食糧計画(WFP)、世界保健機関(WHO)、国連合同エイズ計画(UNAIDS)。


United Nations calls for end of violence and discrimination against LGBTI people
29 September 2015

Twelve United Nations (UN) entities have released a joint statement calling for an end to violence and discrimination against lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex (LGBTI) people. The joint statement highlights the UN’s inter-agency commitment on working with Member States to protect, respect and fulfil the right of LGBTI people to live free from violence, persecution, discrimination and stigma. It also calls on countries to repeal discriminatory laws.

LGBTI people face a wide range of human rights violations. The UN and others have documented widespread physical and psychological violence against LGBTI people in all regions, including murder, assault, kidnapping, rape and sexual violence, as well as torture and ill-treatment in institutional and other settings.

In many countries, the response to these violations is inadequate; in others, human rights defenders challenging these violations are frequently persecuted and face restrictions on their activities. The legislative framework can exacerbate the situation, with 76 countries criminalizing consensual same-sex relationships between adults. These laws expose individuals to the risk of arbitrary arrest, prosecution, imprisonment and even the death penalty in at least five countries.

Punitive environments that marginalize LGBTI people also create significant challenges in responding to HIV. Gay men and other men who have sex with men are 19 times more likely to be living with HIV than the general population, and HIV prevalence among gay men and other men who have sex with men is rising in certain regions, including Asia and the Pacific and Latin America. Transgender women are 49 times more likely to be living with HIV.

In addition to violating the fundamental human rights of LGBTI people, punitive laws severely restrict the ability of LGBTI people to access critical HIV and other health services. Service providers are often forced to stop working, owing to harassment or fear of prosecution.

The UN Secretary-General, Ban Ki-moon, re-affirmed his support for LGBTI rights with a message delivered during last year’s UN General Assembly. “The fight for human rights―and the fight against discrimination―lies at the core of the mission of the United Nations. The fight for equal rights demands global engagement. That is why the United Nations actively works to tackle homophobia and transphobia around the world,” he said.

The UN entities that have signed the joint statement on ending violence and discrimination against LGBTI people are: the International Labour Organization (ILO); the Office of the High Commissioner for Human Rights (OHCHR); the United Nations Development Programme (UNDP); the United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization (UNESCO); the United Nations Population Fund (UNFPA); the Office of the United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR); the United Nations Children’s Fund (UNICEF); the United Nations Office on Drugs and Crime (UNODC); the United Nations Entity for Gender Equality and the Empowerment of Women (UN Women); the World Food Programme (WFP); the World Health Organization (WHO); and the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS).

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国際連合がLGBTIの人びとに対する暴力と差別をなくすよう要請 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる