エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS TOP-HAT News第83号(2015年7月)

<<   作成日時 : 2015/08/11 12:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)
        第83号(2015年7月)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行するHIV/エイズ啓発メールマガジンです。企業、教育機関(大学、専門学校の事務局部門)をはじめ、HIV/エイズ対策や保健分野の社会貢献事業に関心をお持ちの方にエイズに関する情報を幅広く提供することを目指しています。
なお、東京都発行のメルマガ「東京都エイズ通信」にもTOP-HAT Newsのコンテンツが掲載されています。購読登録手続きは http://www.mag2.com/m/0001002629.html で。
エイズ&ソサエティ研究会議 TOP-HAT News編集部


◆◇◆ 目次 ◇◆◇◆

1 はじめに  MDGsからSDGsへ

2 1年で一番熱い季節 AIDS文化フォーラムin横浜 

3 なぜか回転寿司 ミュージカル『RENT』プロモーション映像

4 仙台HIVネット

◇◆◇◆◇◆

1 はじめに MDGsからSDGsへ
 今年が最終年となるミレニアム開発目標(MDGs)について、国連の潘基文事務総長が7月6日、最終報告書「ミレニアム開発目標報告2015」を発表しました。国連広報センターの公式サイトによると、事務総長はその中で《「極度の貧困をあと一世代でこの世からなくせるところまで来た」と成果を強調》しています。

 MDGsは2000年9月の国連ミレニアムサミットで加盟国首脳が採択した決議をもとにまとめられた貧困削減のための8項目の目標です。国連広報センターのサイトには報告書発表時のプレゼンテーション用資料も日本語訳で紹介されています。 
 http://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/15009/

 この資料によると、8つの目標の最終評価は次のようになっています。

 目標1(極度の貧困と飢餓の撲滅)
   貧困比率が半分以下に減少
 目標2(普遍的な初等教育の達成)
  2000年から小学校の児童の就学率が著しく向上
 目標3(ジェンダーの平等の推進と女性の地位向上)
  開発途上地域は初等、中等、および高等教育で男女格差を解消した
 目標4(幼児死亡率の引き下げ)
  予防可能な疾病による幼児死亡数の著しい低下は、人類史上で最も偉大な成果
 目標5(妊産婦の健康状態の改善)
  妊産婦の健康状態に一定の改善が見られた
 目標6(HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病のまん延防止)
  HIV感染者が世界の多くの地域で減少 
   マラリアと結核のまん延が止まり、減少
 目標7(環境の持続可能性の確保)
  安全な飲み水とオゾン層保護に関する目標を達成
 目標8(開発のためのグローバル・パートナーシップの構築)
  ODA、携帯電話加入者数、インターネットの普及における世界的な進歩

 こうやってみると、いいことずくめのような印象が残りますが、総合評価としてはどうでしょうか。もちろん、健闘はしました。でも課題は山積みというところでしょう。

たとえば、HIV/エイズ対策は、MDGsの中でも最も目覚ましい成果があったとされる分野です。2000年当時、医療分野の専門家の多くが、低・中所得国で抗レトロウイルス治療の普及など「できっこない」と考えていたにもかかわらず、いまは1500万人が治療を受けています。感染予防のための様々な活動も世界各地で続けられました。

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の推計ではその結果、MDGs発足以来の15年間で3000万人のHIV感染と780万人の死亡を防いだということです。あくまで推計ベースではありますが、大変な成果です。

それでも、2014年には年間200万人が新規にHIVに感染し、120万人がエイズ関連の疾病で死亡しています。1500万人ものHIV陽性者が治療を受けられるようになったことは大きな成果ですが、実はこの人数は、2014年現在の世界のHIV陽性者数(3690万人)の半分以下です。成果は目覚ましい。でも、問題はどっさり残されている。このあたりの成果と課題の微妙な関係を潘基文事務総長はこう表現しています。

 《過去15年間のMDGsの成功が、グローバルな取り組みは有効であることを物語っている。グローバルな取り組みは新開発アジェンダが提唱する新しい課題“誰一人として置き去りにしない”を実現する唯一の方法でもある》

 国連ではこの秋、MDGsの成果を引き継ぎ、2030年までの『持続可能な開発目標』(SDGs)が承認される見通しです。HIV/エイズ分野でも最近は、「誰も置き去りにしない」ということが強調されていますが、これは実は、次のSDGsの共通メッセージだったのですね。

国連事務総長のMDGs最終報告書に続き、7月14日にはUNAIDSが最新推計に基づく報告書『いかにしてエイズはすべてを変えたのか ― MDG6:エイズ対策からの希望がもたらした15年間の15の教訓』を発表しています。プレスリリースには「私たちはいま、持続可能な開発目標(SDGs)の一部となるエイズ流行の終結を実現しなければならない」という潘基文事務総長の談話も紹介されています。

つまり、HIV/エイズ分野の次期目標は「2030年までのエイズ流行終結」なのですが、この場合の「流行終結」は、「公衆衛生の脅威としての流行ではなくなる」という意味であって、流行がまったく存在しない状態ではありません。報告書によると、世界全体で年間のHIV新規感染者数、エイズ関連死者数がともに20万人前後になる状態が想定されています。もちろん、簡単な目標ではありません。とくに今後5年間、これまで以上の資金と努力を投入しなければ、目標の実現は期待できないとUNAIDSは強調しています。

報告書『いかにしてエイズはすべてを変えたのか』のプレスリリースは、HATプロジェクトのブログで日本語仮訳を見ることができます。
http://asajp.at.webry.info/



2 1年で一番熱い季節 AIDS文化フォーラムin横浜
 第22回AIDS文化フォーラムin横浜が8月7日(金)から9日(土)まで、かながわ県民センター(横浜駅西口徒歩5分)で開かれます。1994年の第10回国際エイズ会議の開催に合わせて地元横浜でスタートしたAIDS文化フォーラムin横浜は毎年、8月の最初の金〜日曜日に開かれています。

 今年のテーマは『今こそ、ともに生きる』。7日午前のオープニングセッションはそれぞれの立場から、この問題を考えていきます。
 
 オープニング(8月7日午前)
 当時者の立場から
  高久陽介(JaNP+)
 学校と連携したセクシュアリティ教育を実践している立場から
  星野慎二(SHIP)
 福祉施設での受け入れと実態調査の経験から
  山内哲也(社会福祉法人武蔵野会)
 医療と普及啓発の立場から(総合司会)
  岩室紳也(AIDS文化フォーラム in 横浜)

 AIDS文化フォーラムin横浜の公式サイトはこちら
 http://www.yokohamaymca.org/AIDS/


3 なぜか回転寿司 ミュージカル『RENT』プロモーション映像
 9月8日(火)から東京・日比谷のシアター クリエで始まるミュージカル『RENT』2015のプロモーション映像が公式サイトにアップされました。
 http://www.tohostage.com/rent2015/06movie/index.html

 プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』の舞台を20世紀末のNYに移し、エイズの時代の若者群像を描く大ヒットミュージカル。オリジナル演出家マイケル・グライフによる新演出版です。



4 仙台HIVネット
 HIVやエイズについて、ちょっと気になったり、不安になったりしたときに、参考になる情報サイトをめざし、「仙台HIVネット」が6月に開設されました。
 http://sendai-hiv.net/

 『仙台市でHIVに関わっている人たち(行政、医療、ボランティアなど)が協力して、基礎知識、検査、治療、支援など、HIV/AIDSをめぐる様々な情報を掲載しています』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第84号(2015年8月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第84号(2015年8月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2015/09/03 18:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TOP-HAT News第83号(2015年7月) エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる