エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『エイズを克服し国際保健を促進する』 UNAIDS−ランセット委員会が報告書発表

<<   作成日時 : 2015/06/27 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説)国連合同エイズ計画(UNSAIDS)と英科学雑誌ランセットがHIV/エイズをテーマに世界の政治指導者やエイズ対策、国際保健分野の専門家らを集めて作った『エイズを克服し国際保健を促進するためのUNAIDS−ランセット委員会』が6月25日、ロンドンで報告書『Defeating AIDS–Advancing global health』を発表しました。
 委員会は2013年5月に発足。その時の資料では、次のように目的を説明しています。
 『ポスト2015の開発課題の中で保健課題の議論を活性化させ、その実現のための政治的な動きを生み出すこと、そしてエイズの終わりに向けて一層の前身をはかることである』
 (当ブログ日本語仮訳から)
 http://asajp.at.webry.info/201311/article_5.html

 日本からは2013年11月8日に安部昭恵さんが委員に加わっています。昭恵さんは昨年2月14日にロンドンで開かれた委員会で演説を行い、当時のJaNP+代表、長谷川博史さんの名前をあげてHIV陽性者との交流の大切さを強調していました。そのくだりも紹介しておきましょう。

Over time, in some of the African countries, and also in Tokyo, Japan, I’ve got acquainted with people living with HIV, like Hiroshi Hasegawa-san, and worked closely with them. I have developed a thought that how we interact with, or close our eyes toward, persons living with HIV, is a reflection of who we are.
 少しずつ、アフリカのいくつかの国や日本の東京で、私は長谷川博史さんのようなHIV陽性者と知り合い、一緒に活動するようになりました。HIV陽性者とどのように交流していくのか、あるいは目を背けてしまうのかということは、私たち自身の姿を映し出すものだと考えるようにもなりました。
 (ビギナーズ鎌倉から)
 http://miyatak.hatenablog.com/entry/2014/02/18/235400

 ということで、その報告書がようやくまとまりましたか。筆頭執筆者は『ノータイム・トゥ・ルーズ−エボラとエイズと国際政治』の著者でもあるピーター・ピオット博士です。以下、UNAIDSの公式サイトに掲載されたプレスリリースの日本語仮訳です。

    ◇

世界が思い切ってエイズ対策を加速させなければ、HIV感染は5年前よりも広がり、エイズによる死者も増える UNAIDS−ランセット委員会が報告
 新たな報告書『エイズを克服し国際保健を促進する』はエイズ対策の革新をはかり、将来の国際保健課題の解決につなげるべきだと指摘する
UNAIDS プレスリリース
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2015/june/20150625_PR_Lancet

【ロンドン 2015年6月25日】 HIVの流行が深刻な国々はHIV新規感染を止め、抗レトロウイルス治療のアクセス拡大に力を入れなければならない。そうしなければ流行は再び拡大することになる。UNAIDSとランセット委員会の新たな報告書はこう警告している。

 「私たちは厳しい真実に向き合わなければならない。現在の新規HIV感染率が続けば、いま行っている対策を維持しても、それだけでは、多くの国で今後5年間にエイズで死亡する人が増えるのを防ぐことはできない」と委員会の共同委員長でこの報告書の筆頭執筆者であるロンドン大学衛生熱帯医学大学院のピーター・ピオット学長は述べる。「治療へのアクセス拡大を続けることは不可欠だが、それだけでエイズの流行から脱することはできない。HIV予防、とりわけ感染の高いリスクにさらされている人たちのHIV予防のための努力を強化し、同時に法的、社会的な差別を取り除いていかなければならない」

 世界全体でHIV治療のアクセスはかつてないほど大きく拡大してきたが、報告書によると、それでも新規HIV感染率の低下の速度は十分とはいえない。流行の深刻な国々の人口増加もあって、生きていくために抗レトロウイルス治療が必要なHIV陽性者の数は増加を続けている。

 「いま行動しなければならない。対策を加速させ、2030年までにエイズの流行を終結に導くには今後5年間が重要だが、うまくいくかどうかは危うい」と委員会の共同招集者である国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長はいう。「もし、いま動かなければ、人的にも財政的にも破滅的な影響が待ち受けている」

 多くの国がHIV対策資金を増やし、より大きな責任を共有しようとしていることは確かだが、世界の連帯を実体のあるものにするには、前倒しの投資が緊急に必要になる。報告書はそのことをはっきりと指摘している。

 真剣に受け止めるべき報告書の指摘の一つは、最も流行の深刻なアフリカ諸国が現行のHIV治療と予防の努力を維持していくには、2014年から30年までに各国GDPの2%、少なくとも保健予算の3分の1をHIV対策の資金に回さなければならないということだ。これらの国々のエイズ対策には国際支援がまだ何年も必要である。しかし、中所得国において、誰も置き去りにしないということもまた非常に大切である。それらの国々では、高いリスクにさらされている人びと、排除されがちな人びとのためにHIV予防とケアを提供するプログラムをより充実させていかなければならないし、またそれが可能でもあるのだ。

 この5年間というまたとない機会に最善を尽くすことができれば、HIV感染とエイズ関連の死者は大きく減らすことができるし、母子感染は2030年までに事実上、なくすことが可能になる。そのためには資金を増やすだけでなく、その資金をより戦略的かつ効果的に活用することも必要である。

 HIVプログラムは、高いリスクにさらされている人口層やHIV陽性率の高い地域のそれぞれのニーズや事情にあわせ、様々な手段を組み合わせて実施することで最大限の効果を発揮することができる。これはケニアなどいくつかの国ですでに政策として採用されている方法でもある。同時に主要な保健サービスとの相乗効果を生み出せるようにすることも必要だし、良質の抗レトロウイルス治療を含め、対策の成果を持続できるよう長期的な視点を持つことも大切だ。

 また、エイズ対策の際だった革新性を認識し、委員会はその経験から学んだ教訓を国際保健の新たな課題、および現在、直面する課題の解決にも生かすよう求めている。

 「エイズ対策によって生み出された動きは前例のないものである。人を中心に据えた視点からのチェック・アンド・バランスのシステムは、そうした教訓の一つとして、多くの国際保健機関が取り入れなければならない。多分野の利害関係者を巻き込むことは、最も適切な人物から最善の解決策を得られるので時間と資金の節約にもなる」とランセット編集長で、委員会の共同招集者でもあるリチャード・ホートン博士は話す。

 報告書はこれまでの成果により油断が生じている国には批判的である。HIV感染の流行の安定化ないしは縮小に成功した国々の中には、過去5年間で、感染の高いリスクにさらされている集団内のリスキーな性行動が増え、再びHIV新規感染の増加傾向が認められるという。たとえば、最近の調査では、西欧、北米、アジアの男性と性行為をする男性の間ではHIV感染の流行が再燃している明確なエビデンスが認められる。ウガンダでは、10年間の成功の後で、国内の新規HIV感染が減少から増加へと反転し始めている。HIV予防があまり重視されなくなってきたこともその原因の一つである。

 報告書は7つの重要な勧告を行っている。エイズ対策の規模拡大が緊急に必要であり、HIV予防を真剣に考え、治療へのアクセス拡大を続けることなどだ。他の勧告には、HIV予防、治療、研究のための資金を増やし有効に活用すること、HIVと保健分野におけるより強固で透明性の高い運営と説明責任などが含まれている。エイズ対策は引き続き人権の尊重を基礎にして、弱い立場の人びとの権利を脅かす法律や政策、態度などを変え、効果的なエイズ対策を遂行していくための現実的な解決策が必要になる。

UNAIDSとランセット委員会
 委員会は2013年にUNAIDSとランセット誌が38人の国家首脳や政治指導者、HIVおよび保健の専門家、若者、アクティビスト、科学者、民間企業代表らに呼びかけ、発足した。各国およびそのパートナーが、エイズ対策で学んだ教訓を保健と開発分野の他の課題に取り組む際にも生かしていけるようにすることを目指している。

共同委員長
 ジョイス・バンダ閣下 マラウイ前大統領
 ヌコサザナ・ズマ博士 アフリカ連合委員会議長
 ピーター・ピオット教授 ロンドン大学衛生熱帯医学大学院学長 



World must drastically accelerate AIDS efforts or face more HIV infections and deaths than five years ago―says UNAIDS and Lancet Commission

New report ‘Defeating AIDS–Advancing global health’ shows that innovations in the AIDS response should be exploited to meet future global health challenges.

LONDON, 25 June 2015―Countries most affected by HIV must focus on stopping new HIV infections and expanding access to antiretroviral treatment or risk the epidemic rebounding, urges a major new report from the UNAIDS and Lancet Commission.

“We must face hard truths―if the current rate of new HIV infections continues, merely sustaining the major efforts we already have in place will not be enough to stop deaths from AIDS increasing within five years in many countries,” said Professor Peter Piot, Director of the London School of Hygiene & Tropical Medicine, Co-Chair of the Commission, and lead author of the report. “Expanding sustainable access to treatment is essential, but we will not treat ourselves out of the AIDS epidemic. We must also reinvigorate HIV prevention efforts, particularly among populations at highest risk, while removing legal and societal discrimination.”

While unprecedented progress has been made to increase access to HIV treatment globally, the report shows that the rate of new HIV infections is not falling fast enough. This, combined with high demographic growth in some of the most affected countries, is increasing the number of people living with HIV who will need antiretroviral therapy to stay alive.

“We have to act now. The next five years provide a fragile window of opportunity to fast-track the response and end the AIDS epidemic by 2030,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS and Co-Convenor of the Commission. “If we don’t, the human and financial consequences will be catastrophic.”

While there is scope in many countries for greater shared responsibility by increasing funding for HIV, the report clearly shows the urgent need for substantial global solidarity to front-load investments. The need for investment is particularly acute in low-income countries with a high HIV burden.

Among the sobering findings from the report is that sustaining current HIV treatment and prevention efforts would require up to 2% of GDP, and at least a third of total government health expenditure, in the most affected African countries from 2014 to 2030 to fund HIV programmes. This clearly demonstrates that international support to the AIDS efforts in these countries will be needed for many years to come. However, there is also a pressing need to ensure that people are not left behind in middle-income countries, which can and must do more to sustain their HIV prevention and care programming in higher risk, often marginalised populations.

If the most is made of this five-year window of opportunity, HIV transmission and AIDS-related deaths could be greatly reduced and mother-to-child transmission virtually eliminated by 2030. This will not only require an increase in resources, but also a more strategic and efficient use of those resources.

HIV programmes have a maximum effect when used in combinations that are tailored to the needs and contexts of populations at higher risk and in geographical locations with high HIV prevalence, as is now the policy in countries such as Kenya. At the same time, synergies with mainstream health services are needed, and a long-term view to ensure sustainability of achievements, including high quality antiretroviral treatment.

Also recognising extraordinary innovation in the AIDS response, the Commission calls for leveraging lessons learned in the AIDS response to be applied to new and existing global health challenges.

“The movement created by the AIDS response is unprecedented―a system of checks and balances from a people-centred approach is one that more global health institutions should adopt. Identifying multi-sectoral stakeholders early will save time and money by ensuring the best solutions reach the right people,” said Lancet Editor-in-Chief and Co-Convenor of the Commission Dr Richard Horton.

The report is critical of countries that have become complacent, highlighting that some countries with previously stable or declining HIV epidemics have shown trends of increasing risky sexual behaviours among at-risk groups over the past five years, with new HIV infections on the rise. For example, recent studies have found clear evidence of resurgent HIV epidemics among men who have sex with men in Western Europe, North America, and Asia. In Uganda, national trends in new HIV infections have started to reverse and rise again after a decade of growing successes, in part because of a decreased focus on HIV prevention.

The report makes seven key recommendations, leading with the urgent need to scale up AIDS efforts, get serious about HIV prevention, and continue expanding access to treatment. Other recommendations include efficient mobilisation of more resources for HIV prevention, treatment, and research, and for robust, transparent governance and accountability for HIV and health. The AIDS response must continue to be grounded in human rights, and practical solutions are needed to expedite changes in laws, policies, and attitudes that violate the rights of vulnerable populations, and that stand in the way of an effective AIDS response.


The UNAIDS and Lancet Commission

The Commission, which was established in early 2013 by UNAIDS and The Lancet, brings together 38 Heads of State and political leaders, HIV and health experts, young people, activists, scientists, and private sector representatives to ensure that lessons learned in the AIDS response can be applied to transform how countries and partners approach health and development.

Co-Chairs

H.E. Joyce Banda, Former President of the Republic of Malawi
Dr Nkosazana Dlamini Zuma, Chair of the African Union Commission
Professor Peter Piot, Director of the London School of Hygiene & Tropical Medicine


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『エイズを克服し国際保健を促進する』 UNAIDS−ランセット委員会が報告書発表 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる