エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 第69回国連総会HIV/エイズに関するコミットメント宣言、政治宣言の実施状況事務総長報告書 サマリー

<<   作成日時 : 2015/06/15 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

第69回国連総会HIV/エイズに関するコミットメント宣言、政治宣言の実施状況事務総長報告書
『エイズ対策の未来:過去の成果を踏まえ、2030年のエイズ流行終結に向け、さらに努力しよう』
http://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/20150406_UNGA69_856_en.pdf

要約

 HIV/エイズの流行拡大に歯止めをかけ、縮小に転じるという意味で、世界のエイズ対策は2000年以降、大きな成果をあげてきた。世界全体でみればHIV新規感染もエイズ関連の死亡数も減少傾向が続いている。地域による違いはあるものの、感染リスクの高い行動も減ってきた。治療薬を入手可能にし、治療プログラムを拡大することで生命を救う抗レトロウイルス治療へのアクセスが劇的に改善し、母子感染の確率が下がり続けた結果、HIVに感染して生まれる子供の数も減っている。

医学の進歩と政治的な指導力、様々な活動、とりわけ市民社会とHIV陽性者による活動、そして地元政府のかつてない投資などに支えられた成果で何百万という人の生命が救われ、そのことが今後15年で公衆衛生の脅威としてのエイズの流行を終結に導くという国際社会の自信に満ちた声明にもつながっている。

 しかし、何もせずに歴史的なゴールに到達できるわけではない。確かに世界の多くの国がHIVとエイズに関する政治宣言で設定された目標(2011年6月10日の国連総会決議65/277の付属資料に盛り込まれた『HIVとエイズを排除するための努力の強化』およびその関連ミレニアム開発目標)の実現に向けて大きな成果をあげてはいるが、一方で対応が遅れ、むしろ後退している国や地域もある。

 エイズ対策のカバー率が低く、資金や効果の面でギャップがあるために、あまりにも多くのHIV陽性者、HIV感染の高いリスクにさらされている人が置き去りにされている。社会、経済的な不平等やジェンダーに基づく暴力が依然、女性や女児のHIV感染リスクを大きくしているし、若者への対策も見過ごされている。男性とセックスをする男性、トランスジェンダーの人びと、セックスワーカー、薬物使用者、受刑者、移住労働者、障害者、50歳以上の人、妊婦らも世界の多くの地域で置き去りにされている。HIV陽性者およびHIV感染の高いリスクにさらされている人たちに対する偏見や差別が強く残っている国も依然として多い。こうした課題は、資金不足や保健医療基盤の不備、懲罰的な法律などとあわせ、キーポピュレーションの人たちが必要なHIV関連サービスや社会的な保護、法的な支援、雇用、教育などへのアクセスを得ることを妨げている。

 これまでの目覚ましい成果を踏まえ、2030年までに公衆衛生の脅威としてのエイズの流行を終結させるという世界目標を実現するには、一層の努力が必要である。国連合同エイズ計画(UNAIDS)が示したモデルでは、今後5年間に活動と投資を増やし、対策のスピードを上げることが、2030年までにエイズ終結を果たせるかどうかの大きな鍵を握っている。UNAIDSは、この機会を生かし、各国が2020年までの野心的な「高速対応」目標を策定、実施するための支援を行っている。その中には、HIV検査の拡大をはかることで2020年までにHIVに感染している人の90%が自らの感染を知り、できるだけ多くのHIV陽性者が治療によって体内のHIV量を下げられるようにするという目標や、それに関連した予防と差別解消の目標が含まれている。こうした目標の実現には、世界的な連帯と責任の共有の原則に支えられた資金の増額や戦略的投資だけでなく、現状では取り残された状態に置かれている人たちに対応できるような包摂的で人間本位のアプローチが必要である。

 2030年までに公衆衛生の脅威としてのエイズ流行を終結させるには、エイズ対策への投資を保健医療に限定せず、より広範なポスト2015の持続的開発目標に広げて行かなければならない。過去30年の歴史は、エイズ対策への投資が広範な開発課題であることを示してきた。保健サービスの統合と強化により、女性や女児の地位向上に貢献することができる。ポスト2015時代には、エイズ対策の教訓を生かし、公衆衛生の脅威としてのエイズ流行を終わらせるだけでなく、広く国際的な保健と開発全般の対策を改善、強化するためにも、対策に一層、力を入れていかなければならない。



Future of the AIDS response: building on past achievements and accelerating progress to end the AIDS epidemic by 2030
Report of the Secretary-General

Summary
The global AIDS response has achieved extraordinary gains since 2000, in terms of a halt and the beginning of a reversal in the course of the AIDS epidemic. In 2015, the number of new infections and AIDS-related deaths continued to fall globally while in many settings, risk-taking behaviour has been reduced. Through advocacy for affordable medicines and scaled-up treatment programming, access to lifesaving antiretroviral therapy has improved dramatically and mother-to-child transmission rates continue to fall, resulting in a reduction in the number of children who acquire HIV.

Through these important gains, underpinned by historic breakthroughs in science and impressive commitment, leadership and mobilization, notably by civil society and people living with HIV, and unprecedented local resource co-investment, millions of lives have been saved, paving the way towards a confident statement by the international community that ending the AIDS epidemic as a public-health threat is possible within the next 15 years.

However, the work required to achieve this historic goal is far from over. While most countries are making progress towards reaching the targets set in the Political Declaration on HIV and AIDS: Intensifying our Efforts to Eliminate HIV and AIDS, as contained in the annex to General Assembly resolution 65/277 of 10 June 2011, and relevant Millennium Development Goals, in other countries and regions, progress is slow or sliding backwards.

Gaps within coverage, funding and efficacy of the AIDS response are resulting in a situation where too many people living with, or at higher risk of, HIV are being left behind. Social and economic inequality and gender-based violence continue to place women and girls at greater risk of HIV infection, and adolescents, young people and children are being seriously let down by the AIDS response. Men who have sex with men, transgender people, sex workers, people who inject drugs, prisoners, migrant workers, people with disabilities, those over age 50 and pregnant women are also being left behind in many parts of the world. Stigmatization of and discrimination against people living with or at higher risk of HIV also remain rife in many countries. These challenges, coupled with a lack of resources, inadequate health-care infrastructure and punitive laws, are creating significant barriers to the gaining of access by key populations in certain locations to vital HIV-related services, social protection and legal services, as well as employment and education.

Intensified efforts are needed to build upon the impressive gains of the past and ensure that the global goal of ending AIDS as a public-health threat by 2030 is realized. Modeling by the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) indicates that the period of the next five years offers a unique window of opportunity for ending AIDS by 2030 through accelerated action and investment. In accordance with this opportunity, UNAIDS is assisting countries in the development and implementation of ambitious “fast track” targets for 2020. These targets include an increase in HIV testing so that 90 per cent of people become aware of their status by 2020, and a treatment target aimed at maximizing the proportion of people living with HIV who achieve viral suppression, as well as related prevention and non-discrimination targets. Reaching these targets will require not only increased resources and strategic investment, underpinned by the principles of global solidarity and shared responsibility, but an inclusive, people-centred approach towards reaching those currently being left behind.

Ending AIDS as a public health threat by 2030 will demand action extending far beyond the remit of health so as to encompass the mainstreaming of AIDS interventions across the wider post-2015 sustainable development goals. The past 30 years of the AIDS response have illustrated the impact that investment in AIDS can have across the wider development agenda: improving integration and strengthening health services and contributing to the empowerment of women and girls. In the post-2015 era, lessons from the AIDS response should be harnessed and resources targeted, not only to eliminate AIDS as a public health threat, but to strengthen and improve global health and development efforts generally.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第82号(2015年6月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第82号(2015年6月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2015/08/11 12:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第69回国連総会HIV/エイズに関するコミットメント宣言、政治宣言の実施状況事務総長報告書 サマリー エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる