エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 2030年のエイズ流行終結を目指し、責任の共有と世界の連帯を 第69回国連総会が呼びかけ

<<   作成日時 : 2015/06/15 13:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説) 2001年6月の国連エイズ特別総会(UNGASS)で採択されたコミットメント宣言、および2006年6月に開かれた国連エイズ特別総会ハイレベル会合の採択文書である政治宣言の実施状況を確認するため、国連総会は毎年、事務総長に進捗レポートの提出を義務づけています。その2015年報告書が6月9日の国連総会会合で各国から承認されました。2015年は国連ミレニアム開発目標(MDGs)の最終年であり、翌年からは新たな開発分野の目標として、持続可能な開発目標(SDGs)を策定すべく、いま準備が進められている時期ですね。そのバスに乗り遅れてはならじ、ということで、エイズ対策分野では国連合同エイズ計画(UNAIDS)が2030年までのエイズ流行終結という大目標を掲げています。かなりハッタリをかました目標と言わざるを得ませんが、そこは抜け目のない国連機関ですから、「公衆衛生の脅威としての」という逃げ道を用意しています。つまり、「公衆衛生の脅威としてのエイズ流行終結」が目標なら、30年後に流行がまだ続いていても(続いていると思うけれど)、よくがんばったと言うことができるかもしれません。
 まあ、それは先の話として、今回の事務総長報告は「われわれはよくがんばってきた。その成果は大いに評価した上でなお、まだまだエイズの流行は続いている。2030年の流行終結という次の目標に向けて、いまこそ一段と対策の強化をはからなければならない」という内容です。各国代表も「そうだ、そうだ」と言っています。総会で演説するときだけ重要性を強調し、でも実は「エイズはもういいだろう」と思っているようなことはないでしょうね・・・と、そこまで疑心暗鬼にならずに、国際社会の意欲を信じたいと思います。
 UNAIDSの公式サイトのアップデート報告の日本語仮訳です。
どうもおざなりな報告なので、本体の事務総長報告の方も冒頭のサマリー部分だけ日本語仮訳を当サイトに別途、掲載しましたのであわせてお読みください。

2030年のエイズ流行終結を目指し、責任の共有と世界の連帯を 第69回国連総会が呼びかけ  2015年6月9日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2015/june/20150609_UNSGreport

 国連の潘基文事務総長が国連総会に提出した最新報告書『エイズ対策の未来:過去の成果を踏まえ、2030年のエイズ流行終結に向け、さらに努力しよう』に対し、8日の総会会合で加盟国が歓迎の意を示した。

 報告書は2000年以来の世界のエイズ対策の重要な成果と歴史的飛躍を強調した。また、小児並びに10代の若者の治療のカバー率が低いことや安定的なエイズ対策の財源の不足、ジェンダーの不平等、女性に対する暴力、社会的に弱い立場のまま取り残されている人びとの存在など、いまなお取り組むべき課題について概括した。国連加盟国は、2030年までに公衆衛生の脅威としてのエイズ流行終結に向けた国連合同エイズ計画(UNAIDS)の高速対応アプローチへの支持を改めて表明した。加盟国はまた、2015年以降の保健と開発分野での世界的な活動を強化するため、リーダーシップ、資金動員、人権、コミュニティの参加、市民社会の参加などについて提言を行った。

 総会に出席したUNAIDSのルイス・ローレス副事務局長は、加盟国代表と話す機会を持った。彼は持続可能な開発目標(SDGs)への移行に際しても、誰も置き去りにすることがないよう、エイズ対策を維持する必要があることを強調した。

コメント
 『ポスト2015の時代にも、現在の成果を生かし、2030年のエイズ流行終結を実現するため、継続してエイズ対策に力を入れなければならない』(潘基文国連事務総長)

 『投資を増やし、世界が連帯し、責任を共有し、インクルーシブかつ人間中心で人権尊重を基本にし、ジェンダーに配慮したアプローチがUNAIDSの高速対応目標の達成には必要だ』(第69回国連総会、サム・クテサ議長)

 『HIVの影響が最も厳しい時期に各国や都市、コミュニティが適切な対策をとれるよう分析的なアドボカシーの努力を続けてきたUNAIDSを評価したい』 (米経済社会問題担当、ジル・ダーダリアン参事官)

 『国連事務総長報告は重要な前進を示すものだが、それでもなお、なすべきことは多く残されている。各国が戦略的かつエビデンスに基づき、それぞれの実情に合わせた対策をとること、そのために必要な国内予算を確保することがエイズの流行終結には必要だ』 (国連EU代表部ジャン・ポールセン公使参事官)

 『15年前に国連ミレニアム開発目標の目標6にレッドリボンが入った時、HIVに感染している世界中の人が輝くばかりの希望を持った。目標年の2015年までにエイズの流行の拡大を止め、縮小に転じさせることを目指し、国際社会は協力して長い道のりを歩んできた』
  (メスバ・アンサリ・ドガ国連イラン代表部参事官)

 『HIV対策から学んだ教訓を包括的な保健システム強化に生かさなければならない。応用がきくし、一般的な保健ニーズに効果的に対応するための応用も十分にきくものだ』
 (バーナデット・シランギシリ・ンタバ国連ジンバブエ代表部、アフリカ開発コミュニティを代表して) 

 『私たちの目の前にある課題は、医学的治療が利用可能かどうかではなく、途上国にとって高価な治療が利用しやすくなるかどうかということなのだ。2030年の目標を本気で実現したいのなら、南北間の格差を解消しなければならない』
 (バグワット.S.ビシノイ国連インド代表部次席大使)

 『ビジネスのあり方を変えるには、エイズの流行の終結と各国の保健システム強化のための政治の意思を示し、市民社会が活動を続け、適切な資金を確保する必要がある』 (シラズ・アリフ・モハメド国連ガイアナ代表部、カリブ諸国を代表して)




The sixty-ninth session of the General Assembly calls for shared responsibility and global solidarity to end the AIDS epidemic by 2030
09 June 2015

United Nations Member States welcomed and reflected on the latest HIV report of United Nations Secretary-General Ban Ki-moon, entitled Future of the AIDS response: building on past achievements and accelerating progress to end the AIDS epidemic by 2030, at the sixty-ninth session of the General Assembly on 8 June in New York, United States of America.

The Secretary-General’s report highlights important gains and historic breakthroughs in the global AIDS response since 2000. It also provides overview of some of the persisting challenges, including low paediatric and adolescent treatment coverage, lack of stable AIDS funding, gender inequalities, violence against women and vulnerable populations being left behind. United Nations Member States collectively echoed their support for the UNAIDS Fast-Track approach to end the AIDS epidemic as a public health threat by 2030. They also made several recommendations for leadership, resource mobilization, human rights, community engagement and civil society involvement to strengthen global efforts on health and development beyond 2015.

Attending the session, UNAIDS Deputy Executive Director Luiz Loures held discussions with Member State representatives. He stressed the need to maintain the momentum for the AIDS response during the transition to the sustainable development goals to ensure that no one is left behind.

Quotes
“A strong focus on AIDS should continue into the post-2015 era, to preserve and build on current gains and realize the opportunity of ending the AIDS epidemic by 2030.”
Ban Ki-moon, United Nations Secretary-General

“Increased resources and investment, global solidarity, shared responsibility and an inclusive, people-centred, human rights-based and gender-sensitive approach will be needed to achieve the UNAIDS Fast-Track Targets.”
Sam Kutesa, President of the sixty-ninth session of the General Assembly

“We applaud UNAIDS for its analytic and advocacy efforts that have encouraged us to focus the right interventions in the countries, cities and communities where the burden of HIV is greatest.”
Jill Derderian, Counsellor for Economic and Social Affairs, United States of America

“The Secretary-General’s report shows significant progress but that much more remains to be done. Country-level strategic, evidence-based and tailored interventions, and increased domestic resources, are needed to end the AIDS epidemic.”
Jan Poulsen, Minister Counsellor, European Union Delegation to the United Nations

“Fifteen years ago, when the red ribbon was placed at the heart of Millennium Development Goal 6, a glare of hope captured the hearts of people across the globe that were diagnosed with HIV. The international community has come a long way through coordinated efforts with the aim and hope of halting and beginning to reverse the spread of HIV by the target year 2015.”
Mesbah Ansari Dogaheh, Counsellor, Permanent Mission of the Islamic Republic of Iran to the United Nations

“We must make sure that the lessons learned from the HIV response are deliberately applied towards comprehensively strengthening health systems so that they are resilient and developed enough to effectively address the general health needs of the population.”
Bernadette Silungisile Ntaba, Permanent Mission of Zimbabwe to the United Nations, on behalf of the South African Development Community

“The challenge before us is not of unavailability of medical treatment, but of accessibility rising from its high cost in many developing countries. We need to bridge this North–South divide if we are to achieve the 2030 targets.”
Bhagwant S. Bishnoi, Deputy Permanent Representative, Permanent Mission of India to the United Nations

“Changing the way we do business requires our leaders to demonstrate political will; civil society to maintain its activism; development partners to provide adequate and sustained financing for the efforts of ending AIDS and strengthened national health systems.”
Shiraz Arif Mohamed, Permanent Mission of Guyana to the United Nations (on behalf of the Caribbean Community)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第82号(2015年6月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第82号(2015年6月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2015/08/11 12:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2030年のエイズ流行終結を目指し、責任の共有と世界の連帯を 第69回国連総会が呼びかけ エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる