エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供の生命を救うためのHIV治療の新製剤 UNICEFとUNAIDSがプレス声明

<<   作成日時 : 2015/06/06 20:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説) 米食品医薬品局(FDA)が子供向けに食事に混ぜて服用することもできる抗レトロウイルス薬の合剤を承認したということで、国連合同エイズ計画(UNAIDS)と国連児童基金(UNICEF)が歓迎のプレス声明を出しました。この場合の「子供」は日本の感覚で言えば「乳幼児」に限定されていると考えてよさそうです。国際的に抗レトロウイルス治療の普及が強調されながら、実は子供が服薬を続けられるような薬ではなかった。語るに落ちるみたいな話ですが、それを開発したのはインドのジェネリック製薬会社でした。「予防としての治療」といった話に気を取られているとこういうことも起きるんですね・・・という観点からも考えさせられる話です。


子供の生命を救うためのHIV治療の新製剤 UNICEFとUNAIDSがプレス声明
 子供が服用しやすい小錠剤の抗レトロウイルス薬承認
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2015/june/20150605_PS_children

ニューヨーク/ジュネーブ 2015.6,5 食べ物に混ぜて服用することもできる抗レトロウイルス薬の新製剤を米食品医薬品局(FDA)が承認したことで、HIV陽性の子供たちは大きな恩恵を受けることになる。国連合同エイズ計画(UNAIDS)と国連児童基金(UNICEF)は5日、こう発表した。子供たちの延命を可能にする薬が服用しやすくなるからだ。

 「服用がつらく、苦い薬を服用しやすい薬に変えるといった治療の工夫は、非常に大きな成果をもたらすものです。子供たちの治療へのアクセスが広がり、最も若い仲間たちが健康を保てるようになります」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長は語った。「HIV陽性の子供の24%しか抗レトロウイルス薬へのアクセスが確保できていないような現状は、極めて受け入れがたい状態です」

 インドのジェネリック製薬企業CIPLAが製造した抗レトロウイルス薬のロピナビル・リトナビル合剤の小錠剤は、子供の食事に混ぜて服用することもできる。熱にも強いので、とりわけ子供の治療には、これまでの薬より使いやすくなる。

 「新製剤はHIV陽性の子供を一人でも多く救うという目的にかなうものです」とUNICEFのHIVとエイズ主任兼プログラム担当次長、クレイグ・マクルアー氏は述べた。「子供たちへの治療のアクセスは大きく改善し、世界中で最も困難な状態にある子供たちに手をさしのべるUNICEFの活動の大きな支えになるでしょう」

 子供のHIV感染は病状が急速に進み、HIVの流行が広がっている国では、子供の高い死亡率の主要因にもなっている。治療をしなければ、HIVに感染した子供の3人に1人は1歳未満で死亡することになる。そして半数が2歳の誕生日を迎えることなく死亡するのだ。

 世界保健機関(WHO)の勧告にもあるように、早期に治療を開始することで、HIV陽性の子供の死亡は大きく減らすことができる。だが、多くの国がWHO勧告を完全には実行できていない。3歳未満の子供たちの治療のオプションのひとつとして、より使いやすく、熱にも強く、子供が服用しやすいロピナビル・リトナビル合剤がなかったからだ。


 子供のHIV陽性者のケアと治療へのアクセスを確保するための世界的な努力が続けられているにもかかわらず、2013年時点では、世界のHIV陽性の子供320万人のうち抗レトロウイルス治療を受けているのは80万人以下である。



Press statement
New formulation of HIV treatment to save more children’s lives -- UNICEF and UNAIDS
Tiny pellets make antiretroviral medicines more palatable for children

NEW YORK/GENEVA, 5 June 2015―Children affected by HIV and AIDS will benefit from the decision by the United States Food and Drug Administration to grant approval to a new antiretroviral formulation that can be mixed with food to make it easier for children living with HIV to take the life-saving medicines, UNAIDS and UNICEF said today.

“Treatment innovations such as this that replace unpleasant and bad tasting medicines are a real breakthrough, accelerating access to treatment for children and keeping our youngest healthy,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “It is unacceptable that only 24% of children living with HIV have access to antiretroviral medicines.”

The oral pellets, manufactured by Indian generic medicines manufacturer CIPLA, contain an antiretroviral formulation of lopinavir and ritonavir that can be mixed into a child’s food. The treatment is heat stable and more palatable than medicines currently available, making it particularly suitable for treating very young children.

“This new formulation is a step in the right direction towards saving more lives of children living with HIV,” said Craig McClure, UNICEF’s Chief of HIV and AIDS and Associate Director, Programmes. “We expect it to greatly improve treatment access for many more children and support UNICEF’s equity focused programming aimed at reaching the most disadvantaged children throughout the world.”

HIV infection progresses rapidly in children and, in highly impacted countries, is a major contributor to child morbidity and mortality. Without treatment, one in three children who become infected with HIV will die before their first birthday. Half will die before their second birthday.

Early initiation of antiretroviral treatment in children as recommended by the World Health Organization substantially reduces the risk of death. Many countries have not been able to fully implement the WHO recommendation because of the challenge of not having a more appropriate, heat stable and palatable paediatric formulation of lopinavir/ritonavir used as part of the treatment options for children under 3 years of age.

Despite global efforts to accelerate access to HIV paediatric care and treatment, fewer than 800 000 of the 3.2 million children living with HIV worldwide had access to antiretroviral medicines in 2013.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
米食品医薬品局、子供たちに優しいHIV治療薬を承認 ((UNITAID)
(解説) 米食品医薬品局(FDA)が子供向けの抗レトロウイルス薬を承認したというニュースについては、このブログでもUNICEFとUNAIDSの2015年6月5日付歓迎プレス声明を日本語仮訳で紹介しました。  http://asajp.at.webry.info/201506/article_2.html ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2015/07/04 18:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供の生命を救うためのHIV治療の新製剤 UNICEFとUNAIDSがプレス声明 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる