エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『[HIVと人道上の緊急事態』 UNAIDS 

<<   作成日時 : 2015/03/08 17:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(解説) 紛争や災害などで家を追われた人、追われないまでも困難な状況で地元にとどまっている人へのHIV関連サービスの提供は、エイズ対策の大きな課題の一つです。今年7月の国連合同エイズ計画(UNAIDS)プログラム調整理事会では、2030年のエイズ流行終結を目指すうえでも不可欠な課題として、そうした「人道上の緊急事態」にある人たちへの対応が議論されることになっているため、3月3日にジュネーブで「HIVと人道上の緊急事態」に対する専門家が集まり会合が開かれました。UNAIDSの公式サイトに掲載されたその報告の日本語仮訳です。



HIVと人道上の緊急事態  2015年3月4日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2015/march/20150304_humanitarianemergencies

 世界中で人道上の緊急事態に直面している何百万もの人のニーズに対応するうえでも、2030年のエイズ流行終結という目標には重要な意味がある。世界の専門家が3月3日、スイスのジュネーブで開かれた会合でこの点に合意した。

 人道上の危機のもとでHIVに対応するには新たな手法が必要なことから、今後5年間のHIV高速対応の中では、危機に直面する人たち特有のニーズをまず把握しなければならない。会合では専門家らがそうしたニーズの検証を行った。

 紛争などで住み慣れた土地からの移住を強いられている難民、避難民は2013年末現在、世界で約5100万人に達している。第二次大戦後、最も多い人数だ。人道にかかわる災害に直面しながらも地元にとどまり、厳しい環境にさらされている人も多い。

 HIVと人道上の緊急事態との関係は複雑だ。たとえば性的な暴力にさらされたり、生活のために性を取引きしなければならなかったりする機会が増えれば、HIV感染の可能性も高まる。加えて保健サービスやHIV感染予防プログラムも、提供が困難になったり、まったく提供できなくなったりする。

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、世界食糧計画(WFP)が共催した専門家会合では、人道危機に影響を受けている人たちがHIVプログラムを利用できるようにするための最新のエビデンスに基づく知識や経験、データなどが共有された。その成果は、危機におけるHIV対策に焦点をあてる2015年7月の第36回UNAIDSプログラム調整理事会で重要課題として取り上げられることになる。

 議論の対象には以下の分野が含まれている:緊急事態におけるHIV対策の阻害要因;ギャップに対する認識と対処法;組織間の調整;治療継続;さまざまな緊急事態におけるHIV関連の対応策。

コメント
 「人道上の緊急事態では、HIVの流行の拡大要因である以前からの脆弱性や不安定な状態がより鮮明になります。HIVに対応すべきかどうかは、緊急時における選択の問題ではなく、人権の問題です。エイズ終結という目標を実現するには、人道上の緊急事態にさらされている人たちを中核的な存在として位置づける必要があります。成果をあげられるかどうかはイノベーションにかかっているのです」
 ルイス・ローレス 国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局次長

 「緊急事態にある人を保護し、治療とケアを提供しなければ、2030年までにエイズの流行を終結させることはできません。家を追われた人たち、およびその人たちを受け入れる人たちにとって、これは公衆衛生課題であり、基本的な人権にかかわる問題なのです。実現できるかどうかは、国際社会の政治的な意思にかかっています」
ポール・シュピーゲル 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)プログラム支援管理局次長

 「HIVの流行との闘いが大きな成果をあげているからこそ、緊急事態や災害時に備えHIV支援を整えていくことが、これまで以上に大きな意味を持っているのです」
 リチャード・シェイファー 米国防総省HIV/エイズ予防対策部長

 「人道上の緊急事態においては、HIV感染のリスクやHIVに対する脆弱性が増すだけに、その対策への関心が高まっていることを歓迎したい。とりわけ、HIV陽性者やHIV感染の高いリスクにさらされている人たちが、紛争や災害時にも予防、治療のサービスを継続して受けられるよう準備をしていく必要があります」
  ギタウ・ムブル 国際HIV/エイズ連合HIVと保健システム上級顧問



HIV and humanitarian emergencies
04 March 2015

Addressing the needs of the millions of people around the world affected by humanitarian emergencies will be critical to ending the AIDS epidemic by 2030, top experts agreed at a meeting held in Geneva, Switzerland, on 3 March.

Calling for a new way of addressing HIV in humanitarian emergencies, the experts examined ways to ensure that the specific needs of people affected by humanitarian emergencies are taken in to account as the response to HIV is fast-tracked over the next five years.

At the end of 2013, there were more than 51 million people worldwide who had been forcibly displaced, the highest number since the end of the Second World War. Many others facing humanitarian disasters remain at home but suddenly find themselves in fragile environments.

The links between HIV and humanitarian emergencies are complex. Vulnerability to the virus can be heightened because of, for example, greater exposure to sexual violence and more reliance on transactional sex to meet basic needs. In addition, health services and HIV intervention programmes may become much harder to access or even nonexistent.

The experts at the meeting, which was co-hosted by UNAIDS, the Office of the United Nations High Commissioner for Refugees and the World Food Programme, shared the latest evidence-informed insights, knowledge, experiences and data that support the inclusion of people affected by humanitarian emergencies in HIV programmes. These will be key elements for the upcoming 36th meeting of the UNAIDS Programme Coordinating Board in July 2015 which will have a special focus on HIV in emergency contexts.

Specific areas discussed included: obstacles to HIV programming in emergencies; identifying gaps and how to address them; coordination arrangements between different agencies; improving adherence to treatment; and tailoring HIV-related programmes to address a range of differing types of emergency.


Quotes
"Humanitarian emergencies present contexts of fragility, vulnerability and uncertainties. These are fertile contexts for HIV transmission. Addressing HIV in emergencies is not a matter of choice but rather a human rights issue. Populations affected by humanitarian emergencies must be central to the goal of ending AIDS. Innovation is key to achieving this outcome"
Luiz Loures, UNAIDS Deputy Executive Director

“We cannot end the AIDS epidemic by 2030 if we do not provide protection, care and treatment to people affected by emergencies. It is a matter of public health for people displaced by emergencies and those that host them. It is a basic human right. I believe finally there is the political will among the international community to address this issue.”
Paul Spiegel, Deputy Director, Division of Programme Support and Management at the United Nations High Commissioner for Refugees

“With so much progress that has been made fighting the HIV epidemic, the need to prepare to maintain HIV support during emergencies and disasters is now more important than ever.”
Richard Shaffer, Director, United States Department of Defence HIV/AIDS Prevention Program

“We are pleased to see the increasing focus on HIV in humanitarian emergencies, where risk and vulnerability to HIV is often increased. In particular, there is an urgent need to ensure the continuity of HIV prevention and treatment services for people living with and at risk of HIV in fragile and conflict affected states and during emergencies.”
Gitau Mburu, Senior Advisor HIV and Health Systems, International HIV/AIDS Alliance

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第79号(2015年3月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第79号(2015年3月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2015/04/05 23:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『[HIVと人道上の緊急事態』 UNAIDS  エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる