エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS エイズ流行の終結に向けて10代の少年少女に焦点を当てよう All IN (OP-ED)

<<   作成日時 : 2015/02/22 19:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説) 10代の若者のHIV感染予防キャンペーンAll Inのスタートに先立ち、国連児童基金(UNICEF)のアンソニー・レイク事務局長と国連合同エイズ計画(UNAIDS)が連名で発表したOP-ED(論評)の日本語仮訳です。


エイズ流行の終結に向けて10代の少年少女に焦点を当てよう
   2015.2.17
アンソニー・レイクUNICEF事務局長、ミシェルシディベUNAIDS事務局長
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2015/february/20150217_oped_all-in

 10代の頃には、自分が永遠に生きていられるように感じるものだ。実際、病気にはかかりにくいし、活力に満ちてもいる。溌剌とした精神と同様、生存率も極めて高い。

 だが、HIVはすべてを変えてしまう。交通事故を除けば、若者が毎年、いかなる死因よりも多くエイズ関連の原因で死亡している。これはショッキングなことだ。10代の若者が2013年だけで12万人もエイズ関連の原因で死亡している。平均すると毎日300人以上だ。

 さらにショッキングなことに、他のすべての年齢層でエイズ関連の死者数が減少しているのに、10代では減っていない。HIVに感染した若者が長く生きていけるようにする方法も、新規HIV感染を防ぐために必要な知識も手段もあるというのに恥ずべきことである。

 若さの力を取り戻すにはどうしたらいいのか。若者とともに取り組まなければならない。

 2013年にエイズ関連の病気で死亡した10代の若者の大多数は、出産前後の母子感染でHIVに感染していた。HIV感染のリスクを大きく減らす抗レトロウイルス治療を母親が受けられなかったからだ。私たちは大きな成果をあげてきたものの、まだあまりにも多くの母子が生きるために必要なHIVサービスを受けられずにいる。

 HIV陽性の若者のうち、のこる20%は10代で感染している。残念なことだが、この事実はきちんと受け止めなければならない。

 2013年の1年間で15-19歳の男女が25万人以上も新規にHIVに感染している。圧倒的に少女の方が多い。この年齢層では世界のHIV新規感染の三分の二が少女で占められている。サハラ以南のアフリカではほぼ8割が少女である。南アフリカだけでも、平均すると毎週800人以上の少女が新規にHIVに感染していることになる。

 少女は性的な暴行を含む暴力や強制的な結婚、人身売買などの被害を受けやすく、社会的に弱い立場に置かれているため、HIV感染のリスクも高くなっているのだ。少年と比べると、自分を守るために必要な情報も得にくい。かりに情報が得られたとしても、その情報を生かせる立場にはないのだ。

 10代でHIVに感染する若者にはまた、ゲイまたはバイセクシャルの少年、薬物を使用していたり、性を売っていたりする少年少女も多い。その多くが検査を受けていないし、治療も受けていない。情報を得ようとしたり、予防プログラムに参加したり、検査を受けたりしたときの周囲の反応が怖いからだ。

 10代の少年少女の多くが理解されていないと感じている。HIVが関係してくればそれは一時的な現象ではすまなくなる。エイズの流行の影響が深刻な国では、保健システムは若者に対応できていない。5歳以上の保健に関するデータは極めて少ない。小児科の対象としては年齢が高く、成人向けの保健サービスの対象としては若すぎるので、10代の多くが最も気を配らなければならない時期に、その対象から外れてしまうのだ。

 すべての若者に目配りをし、自らの健康を守れるよう力づける必要がある。実際、若者のエイズ関連の死亡、および新規HIV感染がなくならなければ、エイズの流行を終わらせることはできないのだ。

 期待できる動きもある。若者自身が運営する若者向けのプログラムが増えているのだ。国家エイズ計画に若者が参加できる国も増えている。

 米国は先日、10代の少女と若い女性のHIV新規感染予防対策に2億1000万ドルの新規投資を行うことを発表した。世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)は、最も高いリスクにさらされている10代の若者に焦点を当てることなどを含めた140億ドルの補助金枠を発表している。

 この勢いを強めていく必要がある。エイズ流行の終結に取り組む指導者たちが今週、ケニアに集まり、今後5年間で若者のエイズ関連死亡を65%減らし、新規HIV感染は75%減らすという新たな世界目標を呼びかける。

 この野心的な目標が、若者のエイズ流行終結に向けた新たな行動プラットフォームAll Inの中心となる。データの改善、見過ごされてきた若年層との接触、国のエイズ計画における若年層の重視など、私たちが力を入れる必要がある領域に力を入れていく構想だ。若者たちがより効果的に関与できる革新的な新規技術や手法の開発、HIV陽性の若者やHIV感染の高いリスクにさらされているすべての若者に必要なサービスを手遅れになる前に提供するための資金確保なども含まれる。

 とりわけ、10代のエイズ流行終結に向けて、すべての若者が自ら加わる(all inする)必要がある。すでに若者たちは自発的に積極的な変化を呼びかけ、こうした動きを担おうとしている。若者に関心を持ち、若者自身の主体性を支えることで、力を合わせてこの流行を終結させるという共通目標の実現が見えてくるのだ。




To end the AIDS epidemic, start focusing on adolescents

17 February 2015

By Anthony Lake, UNICEF Executive Director and Michel Sidibé, UNAIDS Executive Director

When you are an adolescent, you are supposed to feel as if you could live forever. And, indeed, adolescents are less vulnerable to disease and more resilient. Their survival rates are as high as their youthful spirits.

But HIV changes everything. It is shocking that more adolescents die every year from AIDS-related illnesses than from any other cause except road accidents. In 2013 alone, 120 000 adolescents died from AIDS-related causes: more than 300 every day.

It is even more shocking that the number of adolescents dying of AIDS is not decreasing when AIDS-related deaths have dropped in every other age group. And it is shameful that this is happening when we have the knowledge and tools to keep adolescents living with HIV alive and well and to prevent new HIV infections.

What can we do to bring back the invincibility of youth? We must begin at the beginning―and stay with adolescents throughout their lives.

The vast majority of adolescents who died of AIDS-related illnesses in 2013 acquired HIV during pregnancy, delivery, or in the first months of life―because their mothers were not receiving the antiretroviral medicines that greatly reduce the possibility of HIV transmission. Although we have made great strides, far too many mothers and their infants are still not getting the HIV services they need to survive and thrive.

The remaining 20 per cent of adolescents living with HIV were infected as adolescents―an uncomfortable fact whose causes we need to honestly confront.

More than 250 000 15 to 19-year-olds were newly infected with HIV in 2013―and they are overwhelmingly girls. In that age group, girls account for two out of three new HIV infections globally. In sub-Saharan Africa, that number jumps to nearly eight out of ten. In South Africa, more than 800 girls in this age group are infected with HIV every week.

Girls are more vulnerable to HIV because they are more vulnerable generally―to violence, including sexual violence, forced marriage and trafficking. They are far less likely than boys to have the information they need to protect themselves, but even if they have that information, they may not be empowered to use it.

The remainder of young people who acquire HIV during adolescence are often gay and bisexual boys, and boys and girls engaged in using drugs or selling sex. Many are never diagnosed, let alone treated―because they fear repercussion if they seek information, enter prevention programmes, or get tested.

Many adolescents feel misunderstood, but when it comes to HIV and adolescents, it is not just a passing phase. National health plans and health systems in the most affected countries do not track or focus on adolescents―and there is precious little data monitoring their health and development over the age of five. Too old for paediatrics and often deemed too young for adult health services, many adolescents fall through the cracks at a time they most need our attention.

We must do more to protect all adolescents and empower them to protect themselves and their health. In fact, we cannot end the epidemic without a global movement to end AIDS-related deaths and new HIV infections among adolescents.

There are promising signs that such a movement is gathering force. More programmes are reaching out to adolescents, many steered by young people themselves. More countries are including adolescents in national AIDS agendas.

The United States of America recently announced a new investment of US$ 210 million to prevent new HIV infections among adolescent girls and young women. The Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria recently announced US$ 14 billion in grant money, with a commitment to include a focus on the adolescents at greatest risk.

We need to build on this momentum. This week, leaders working to end the AIDS epidemic are coming together in Kenya to call for a new global target of reducing AIDS-related deaths among adolescents by 65% and cutting new HIV infections among adolescents by 75% in the next five years.

This ambitious goal is the centrepiece of All In, a new platform for action to end adolescent AIDS. It concentrates on the areas where we need to accelerate progress: from improving data to identify the young people we are missing and provide a sharper focus on adolescents in national AIDS programmes…to fostering innovation in developing new technologies and approaches to engage adolescents more effectively...to advocating for more resources to reach every adolescent living with, or at risk of acquiring, HIV, before it is too late.

Most of all, young people themselves need to be ‘all in’ to end adolescent AIDS. Already, they are helping steer this movement, calling for positive change. The more we engage them and support their leadership, the more successful our common efforts will be to end this epidemic together.


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第78号(2015年2月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第78号(2015年2月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2015/03/01 17:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エイズ流行の終結に向けて10代の少年少女に焦点を当てよう All IN (OP-ED) エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる