エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014年世界エイズデー、ファクトシート(UNAIDS)

<<   作成日時 : 2014/11/10 12:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)が2014年世界エイズデーのメッセージ「CLOSE THE GAP(ギャップを埋めよう)」にあわせて発表したファクトシートの日本語仮訳です。基本的な数字は今年7月にUNAIDSが「GAP REPORT」を発表した際に明らかにされたファクトシートと変わっていません。これらの数値が現時点における最新推計ということになります。
グラフィックやバナーなどのキャンペーン資材もUNAIDSの公式サイトの2014年世界エイズデー特設ページに掲載されています。
  http://www.unaids.org/en/resources/campaigns/worldaidsday2014


2014年世界エイズデー、ファクトシート
http://www.unaids.org/en/WAD2014factsheet

 2013年現在、世界のHIV陽性者数は3500万人[3320万〜3720万人]。流行が始まって以来、約7800万人[〔7100万人〜8700万人]がHIVに感染し、このうち3900万人[3500万人〜4300万人]がエイズ関連の病気で死亡している。

新規HIV感染ゼロに向けてギャップを埋めよう
・2013年には世界全体で年間210万人[190万〜240万人]が新規にHIVに感染
・2013年には世界全体で年間24万人[21万〜28万人]の子供が新規にHIVに感染

エイズ関連の死亡ゼロに向けてギャップを埋めよう
・2013年には世界で150万人[140万〜170万人]がエイズ関連の病気で死亡

治療のギャップを埋めよう
・2013年には約1290万人のHIV陽性者が抗レトロウイルス治療を受けている。
・これはすべてのHIV陽性者の37%[35%〜39%]に相当。ただしHIV陽性の子供ではまだ24%[22%〜26%]にとどまっている

HIV/結核のギャップを埋めよう
・結核は依然、HIV陽性者の死因のトップであり、2012年には推定32万人[30万〜34万人]のHIV陽性者が結核で死亡している

アクセスのギャップを埋めよう
・HIVは出産可能年齢の女性の死因のトップである
・2013年には低・中所得国の妊娠女性の54%がHIV検査を受けていない
・2013年には15〜24歳の若年層のHIV感染の約60%が未成年の少女と若い男性の間で起きている
・アフリカでは10〜19歳の間でエイズ関連の病気が死因のトップになっている
・世界的には、ゲイ男性、および他の男性とセックスをする男性は一般層より19倍もHIV陽性率が高い。
・セックスワーカーのHIV陽性率一般層より12倍も高い
・トランスジェンダーの女性は出産可能年齢の全成人の平均に比べ、49倍もHIV感染のリスクにさらされている
・注射薬物使用者のHIV陽性率は一般層よりも28倍高いと推定されている


World AIDS Day 2014 - Fact sheet
In 2013, there were 35 million [33.2 million–37.2 million] people living with HIV. Since the start of the epidemic, around 78 million [71 million–87 million] people have become infected with HIV and 39 million [35 million–43 million] people have died of AIDS-related illnesses.

Close the gap to zero new HIV infections
Worldwide, 2.1 million [1.9 million–2.4 million] people became newly infected with HIV in 2013.
Worldwide, 240 000 [210 000–280 000] children became newly infected with HIV in 2013.

Close the gap to zero AIDS-related deaths
In 2013, 1.5 million [1.4 million–1.7 million] people died from AIDS-related illnesses worldwide.

Close the treatment gap
In 2013, around 12.9 million people living with HIV had access to antiretroviral therapy.
This represents 37% [35–39%] of all people living with HIV, yet only 24% [22–26%] of all children living with HIV are receiving the life-saving medicines.

Close the gap for HIV/tuberculosis
Tuberculosis remains the leading cause of death among people living with HIV, with an estimated 320 000 [300 000–340 000] deaths in 2012.

Close the access gap
HIV is the leading cause of death among women of reproductive age.
In 2013, 54% of pregnant women in low- and middle-income countries did not receive an HIV test.
In 2013, almost 60% of all new HIV infections among young people aged 15–24 occurred among adolescent girls and young women.
AIDS-related illnesses are the leading cause of death among adolescents aged 10–19 years in Africa.
Globally, gay men and other men who have sex with men are 19 times more likely to be living with HIV than the general population.
HIV prevalence among sex workers is 12 times greater than among the general population.
Transgender women are 49 times more likely to acquire HIV than all adults of reproductive age.
HIV prevalence is estimated to be up to 28 times higher among people who inject drugs than the general population.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014年世界エイズデー、ファクトシート(UNAIDS) エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる