エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS  反同性愛法に対するウガンダ憲法裁判所の無効決定をUNAIDSが歓迎

<<   作成日時 : 2014/08/03 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説)同性愛行為に厳しい罰則を科しているウガンダの新たな反同性愛法に対し、ウガンダ憲法裁判所が8月1日、無効の決定を出したことから、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が即日中に歓迎の声明を発表しました。ウガンダの反同性愛新法は昨年12月にウガンダ議会で可決され、2月にムセベニ大統領が署名して発効していますが、憲法裁は議会採決時に定足数を満たしていなかったとして無効の判断を示しています。

国連合同エイズ計画(UNAIDS)プレス声明
 反同性愛法に対するウガンダ憲法裁判所の決定をUNAIDSが歓迎
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2014/august/20140801ugandalawannulled/

 2014年8月1日 ジュネーブ − ウガンダの反同性愛法を無効としたウガンダ憲法裁判所の決定に対し、国連合同エイズ計画(UNAIDS)は歓迎の意を明らかにした。同性愛行為に対し、初犯でも14年以下の懲役、「悪質な同性愛行為」には終身刑も言い渡せるという法律だ。市民社会や議会、学会などの10人の請願を受け、法律は議決の際に定足数を満たしていなかったとして憲法裁判所から無効とされた。

 「今日は社会正義が貫かれた偉大な日です」とUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は述べた。「法の支配が勝ったのです」

 UNAIDSは保健サービスを求めるすべての人の安全と保護を求めている。ウガンダでは同性愛行為は依然、違法であるとはいえ、この法律が無効とされたことは、公衆衛生面で好影響をもたらすことが期待できる。ゲイ男性などMSM(男性とセックスをする男性)は、虐待や拘束、起訴を含む差別があるとHIV検査や予防、治療のサービスを受けなくなることが複数の研究で明らかにされている。

 「ヨウェリ・ムセベニ大統領は、すべての国民が生命を救うためのサービスを受けられるようにすることで、ウガンダのエイズ対策を一層、前進させたいと個人的には思っている。私と会ったときにはそう語っていた」とシデベ事務局長はいう。

 UNAIDSは世界中のすべての国の政府に対し、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、そしてトランスジェンダーの人々の人権を守るために以下のことを求めている。合意に基づく成人の同性間の性行為を犯罪とする法律を撤廃する;人々を暴力と差別から守る法律を施行する;ホモフォビア、トランスフォビアと闘うキャンペーンを展開する;HIV予防、治療、ケア、支援のサービスを含む保険サービスへのアクセスを確保する。


Press statement
UNAIDS welcomes Uganda’s Constitutional Court decision to annul anti-homosexuality law

GENEVA, 1 August 2014―UNAIDS welcomes the decision of Uganda’s Constitutional Court to overturn the law that called for a 14-year jail term for a first conviction, and imprisonment for life for ‘aggravated homosexuality’. Challenged by 10 petitioners including civil society, parliamentarians and academics, the law was annulled by the Court over a lack of quorum when the bill was passed.

“This is a great day for social justice,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “The rule of law has prevailed.”

UNAIDS urges the protection and safety of all people seeking health services. While homosexuality remains illegal in Uganda annulling the law could have positive public health implications. Studies show that when gay men and other men who have sex with men face discrimination including abuse, incarceration and prosecution―they are less likely to seek HIV testing, prevention and treatment services.

“President Yoweri Museveni had personally indicated to me―that he wants Uganda to accelerate its AIDS response to ensure all people have access to life-saving services,” said Mr Sidibé.

UNAIDS urges all governments around the world, to protect the human rights of lesbian, gay, bi-sexual and transgender people through repealing criminal laws against adult consensual same sex sexual conduct; implementing laws to protect people from violence and discrimination; promoting campaigns that address homophobia and transphobia; and ensuring access to health services including HIV prevention, treatment, care and support services.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 反同性愛法に対するウガンダ憲法裁判所の無効決定をUNAIDSが歓迎 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる