エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界のHIV陽性者3500万人中、1900万人は感染を知らずにいる UNAIDS ギャップレポート

<<   作成日時 : 2014/07/18 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説) メルボルンで7月20日に開幕する第20回国際エイズ会議に先出し、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が世界のHIV/エイズの流行状況を分析した報告書を発表染ました。2年に1度の国際エイズ会議の前には毎回、発表される分析レポートです。今回は世界のHIV陽性者数と治療を受けられる陽性者数とのギャップ、HIVサービスを利用できる人とできない人のギャップ、そもそも感染を知っている陽性者と知らない陽性者のギャップなど、さまざまなギャップに焦点を当て、THE GAP REPORTというタイトルがつけられています。2030年までにエイズの流行を終結に導くにはいま、このギャップを埋める努力をしなければならないというのが報告書の趣旨ですね。プレスレリースの日本語仮訳です。
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2014/july/20140716prgapreport/



世界のHIV陽性者3500万人中、1900万人は自らの感染を知らずにいる
 国連合同エイズ計画(UNAIDS)報告書
 サハラ以南のアフリカでは、感染を知った人の90%が治療を受けている
2030年までにエイズの流行を終わらせるには、ギャップを埋めるために対策の規模拡大を賢く進める必要がある

 ジュネーブ、2014年7月16日−国連合同エイズ計画(UNAIDS)の新たな報告書が発表され、世界のHIV陽性者3500万人のうち1900万人は自らがHIV陽性であることに気付いていないことを明らかにしている。

 「HIV検査へのアクセスがあるかどうかで生死が分かれるようなことがあってはならない」とUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は語る。「HIV感染を知る人と知らない人、サービスを得られる人と得られない人、守られている人と罰せられる人との間のギャップを埋めるには、対策の規模拡大をより賢明な方法で進めていく必要があります」

 UNAIDSのギャップ報告書は、HIV陽性であることを知った人は延命治療を求めるようになることも示している。サハラ以南のアフリカでは、検査でHIV陽性と分かった人のほぼ90%が抗レトロウイルス治療(ART)を受けるようになっているという。サハラ以南のアフリカにおける調査では、ARTを受けている人の76%はウイルス量が低下し、その結果、性的なパートナーにウイルスが感染しにくくなっている。新たなデータ分析によると、治療カバー率が10%増すごとにHIV新規感染は1%低下するという。

 報告書はARTへのアクセス拡大が有効に機能していることを強調している。2013年には230万人が新たに抗レトロウイルス治療を受けられるようになった。この結果、世界全体で2013年末に抗レトロウイルス治療を受けている人は約1300万人近くに達している。これまでの拡大状況をもとに、UNAIDSでは2014年7月時点では1395万0296人と推計している。

 「2020年までにこの動きをさらに促進していけば、2030年に流行を終わらせることも可能になります」とシデベ事務局長は語る。「それができなければ、実現は何十年も先になってしまうでしょう」

 2030年までに流行を終わらせることができれば、2013年から2030年の間に、世界全体で1800万人のHIV新規感染を防ぎ、1120万人がエイズ関連の死を免れることになる。


エイズの流行を終わらせる

 報告書によると、2013年の世界の新規HIV感染は210万人で、その75%以上が15カ国で起きている。世界のすべての地域ごとに、エイズの流行の負荷を大きく受けている国が3ないし4カ国あることを報告書は示している。サハラ以南のアフリカでは、ナイジェリア、南アフリカ、ウガンダの3カ国がHIV新規感染全体の48%を占めている。

 しかし、報告書はすべての国で対策は立ち遅れていることも示している。たとえば、中央アフリカ共和国、コンゴ民主共和国、インドネシア、ナイジェリア、ロシア、南スーダンの6カ国が、HIVの大きな打撃と低い治療率に加え、新規HIV感染がまったく減っていないか、ごくわずかにしか減っていないという三重の脅威に直面している。

 ギャップ報告書はこの種の報告の最初のものであり、HIVの流行の地域別詳細分析およびHIVの高いリスクにさらされている12の人口層の分析に基づいて、流行の集中する地域、および人口層に注目する必要があることを強調している。HIV予防、治療、ケア、支援のアクセスを得られる人と置き去りにされている人との間のギャップが拡大している理由を分析したものだ。サービスが受けられず、HIVの高いリスクにさらされている人に焦点をあてることがエイズの流行を終結に導く鍵になることをその分析は示している。

 一般的な成人層のHIV陽性率に比べると、注射薬物使用者は28倍、セックスワーカーは12倍、ゲイ男性など男性とセックスをする男性は19倍、そしてトランスジェンダーの女性は最大49%も高いと推定されている。サハラ以南のアフリカでは、新規HIV感染の4分の1は十代の少女と若い女性で占められている。報告書は、なぜ特定の人口層がHIVサービスを利用したがらないのかを検討し、その人たちに特有な緊急のニーズをまとめている。

 「人を中心に発想しなければ、エイズの流行が終わることはありません。HIV陽性者や流行の影響を受けている人たちが新たな動きに加わらなければ、終わらないのです」とシデベ事務局長は述べた。「人間中心のアプローチがなければ、ポスト2015の時代に対応することはできません」

 報告書は全国展開の平均的なアプローチだけでなく、焦点をしぼった対象に深く関与していくことが不可欠であり、可能でもあることを示している。各国も地域も、流行は単一ではなく、複数の様々な流行が組み合わされていることから、報告書は複雑な流行に対応できるようなかたちの目標と政策を設定し、対象となる人たちに迅速にHIVサービスが届けられるようそれぞれの流行に合わせたこまめな対策を実施していく必要があることを指摘している。対策の規模拡大を進めるには町や村がますます重要な役割を担うということも示している。

 その一方で報告書は、HIVに最も大きく影響を受けている人たちのデータの欠如が、偏見や差別、懲罰的な法的土壌とともに、市民社会の関与を妨げていること、そして現実に即した対策プログラムを実施するには資金が不足していることを指摘している。差別を看過し、不平等を放置している国は持てる力を生かすことができず、公衆衛生の面でも財政的にも無作為のまま深刻な事態を迎えることになるのだ。報告書は質の高いHIVサービスへの平等なアクセスを確保することは、人権の観点からも公衆衛生上の責務としても必要なことを強調している。

希望とギャップ

 UNAIDSの報告によると、昨年1年間の推定新規HIV感染数は210万人(190万〜240万人)で、今世紀に入って最も低いレベルとなっている。過去3年の間に年間の新規HIV感染数は13%少なくなっている。

 世界のHIV陽性者数は2013年末現在3500万人と推定されている。エイズ関連の死亡はピークだった2005年と比べると35%も減っており、2005年以降で最も少なかった。結核が依然、HIV陽性者の最大の死亡原因となっている。

 子供の新規HIV感染は2001年当時より58%減っており、アフリカで最も大きな影響を受けている21カ国の合計数が初めて2万人以下となった。

 HIV陽性者数が最も多いのはサハラ以南のアフリカで推定2470万人(2350万〜2610万人)。次いでアジア太平洋地域が推定480万人(410万〜550万人)。

 治療を受けているHIV陽性者の割合が最も高いのは、西ヨーロッパと北米で51%(39%〜60%)、次いでラテンアメリカ45%(33〜51%)。最も低いのは中東と北アフリカで11%(8〜16%)だった。

 新規HIV感染の減少率が最も大きかったのはカリブ地域で2005年当時より40%少なくなっている。逆に西ヨーロッパと北米では8%、中東と北アフリカでは7%、東欧と中央アジアでは5%の増加となっている。

 エイズ関連の死者は中東と北アフリカで66%と急激に増加している。他に増加している地域は東欧と中央アジアだけで、2013年には2005年当時より5%増えている。

 報告書は、HIVサービスが届いている人と届いていない人のギャップを埋めるには、調査と改革、そしてすべての人の自由と平等を守る保護法制が必要だとしている。また、エイズの流行を2030年まで終わらせるには、国際社会および最も影響が深刻な諸国が過去10年に見られたような目覚ましい投資の復活を約束する必要があるとも指摘している。

UNAIDSは放送関係者向けのビデオ映像(brollとビデオニュースリリース)と報告書発表の記者会見のビデオ映像も提供している。
 http://www.unaids.org/en/resources/campaigns/2014/2014gapreport/videofootage/




UNAIDS report shows that 19 million of the 35 million people living with HIV today do not know that they have the virus
 In sub-Saharan Africa, nearly 90% of people who know their HIV-positive status are on treatment―ending the AIDS epidemic by 2030 will require smart scale-up to close the gap

GENEVA, 16 July 2014―A new report by UNAIDS shows that 19 million of the 35 million people living with HIV globally do not know their HIV-positive status.

“Whether you live or die should not depend on access to an HIV test,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “Smarter scale-up is needed to close the gap between people who know their HIV status and people who don’t, people who can get services and people who can’t and people who are protected and people who are punished.”

The UNAIDS Gap report shows that as people find out their HIV-positive status they will seek life-saving treatment. In sub-Saharan Africa, almost 90% of people who tested positive for HIV went on to access antiretroviral therapy (ART). Research shows that in sub-Saharan Africa, 76% of people on ART have achieved viral suppression, whereby they are unlikely to transmit the virus to their sexual partners. New data analysis demonstrates that for every 10% increase in treatment coverage there is a 1% decline in the percentage of new infections among people living with HIV.

The report highlights that efforts to increase access to ART are working. In 2013, an additional 2.3 million people gained access to the life-saving medicines. This brings the global number of people accessing ART to nearly 13 million by the end of 2013. Based on past scale-up, UNAIDS projects that as of July 2014 as many as 13 950 296 people were accessing ART.

“If we accelerate all HIV scale-up by 2020, we will be on track to end the epidemic by 2030,” said Mr Sidibé. “If not, we risk significantly increasing the time it would take―adding a decade, if not more.”

By ending the epidemic by 2030, the world would avert 18 million new HIV infections and 11.2 million AIDS-related deaths between 2013 and 2030.


Ending the AIDS epidemic

The report reveals that just 15 countries* account for more than 75% of the 2.1 million new HIV infections that occurred in 2013. In every region of the world the report finds that there are three or four countries that bear the burden of the epidemic. In sub-Saharan Africa, just three countries―Nigeria, South Africa and Uganda―account for 48% of all new HIV infections.

However, the report also shows that entire countries are being left behind―for example, six nations―Central African Republic, Democratic Republic of the Congo, Indonesia, Nigeria, Russian Federation and South Sudan―are facing the triple threat of high HIV burden, low treatment coverage and no or little decline in new HIV infections.

In the first report of its kind, the UNAIDS Gap report emphasizes the importance of location and population through an in-depth regional analysis of HIV epidemics and through analysis of 12 populations at higher risk of HIV. It analyses the reasons for the widening gap between people gaining access to HIV prevention, treatment, care and support, and people being left behind. It shows how focusing on populations that are underserved and at higher risk of HIV will be key to ending the AIDS epidemic.

HIV prevalence is estimated to be 28 times higher among people who inject drugs, 12 times higher among sex workers, 19 times higher among gay men and other men who have sex with men and up to 49 times higher among transgender women than among the rest of the adult population. In sub-Saharan Africa, adolescent girls and young women account for one in four new HIV infections. The report looks at why certain populations are not accessing HIV services and outlines the urgent need to address their specific needs.

“There will be no ending AIDS without putting people first, without ensuring that people living with and affected by the epidemic are part of a new movement,” said Mr Sidibé. “Without a people-centred approach, we will not go far in the post-2015 era.”

The report shows that it is both essential and possible to go deeper than a country-wide approach. Because countries and regions have multiple and varying epidemics, the report outlines that having country targets and sound policies in place creates space to address complex micro-epidemics with tailored, bite-sized solutions that will help reach people faster with better HIV services. It notes that cities and communities will play an increasingly major role in effective scale-up.

However, the report also shows that a lack of data on people most affected by HIV, coupled with widespread stigma and discrimination, punitive legal environments, barriers to civil society engagement and lack of investment in tailored programmes are holding back results. It confirms that countries that ignore discrimination and condone inequalities will not reach their full potential, and face serious public health and financial consequences of inaction. The report emphasizes the need for equal access to quality HIV services as both a human rights and public health imperative.


Hope and gaps

UNAIDS is reporting the lowest levels of new HIV infections this century, at 2.1 million [1.9 million–2.4 million]. In the last three years alone new HIV infections have fallen by 13%.

It is estimated that 35 million people were living with HIV in the world at the end of 2013. AIDS-related deaths are at their lowest since the peak in 2005, having declined by 35%. Tuberculosis continues to be the leading cause of death among people living with HIV.

New HIV infections among children have fallen by 58% since 2001 and dropped below 200 000 for the first time in the 21 most affected countries in Africa.

The highest number of people living with HIV was in sub-Saharan Africa―24.7 million [23.5 million–26.1 million] people. Asia and the Pacific had the next largest population of people living with HIV, at an estimated 4.8 million [4.1 million–5.5 million] people.

The percentage of people living with HIV who were receiving treatment was found to be highest in western Europe and North America, at 51% [39–60%], and in Latin America, at 45% [33–51%]. However, coverage was lowest in the Middle East and North Africa, at just 11% [8–16%].

New HIV infections declined most in the Caribbean―by 40% since 2005; however, new HIV infections have risen by 8% in western Europe and North America, by 7% in the Middle East and North Africa and by 5% in eastern Europe and central Asia since 2005.

AIDS-related deaths were seen to be rising steeply in the Middle East and North Africa, by 66%. The only other region where AIDS-related deaths are increasing is eastern Europe and central Asia, where AIDS-related deaths rose by 5% between 2005 and 2013.

The report outlines that to close the gap between people who are reached with HIV services and people who are not will require research and innovation combined with protective laws that promote freedom and equality for all people. It will also require increased commitment from the global community and countries most affected to the remarkable returns on investment that have been witnessed over the last 10 years to continue so that the end of the AIDS epidemic can be achieved by 2030.

UNAIDS is providing video footage (broll and video news release) for broadcasters, as well as excerpts from the report launch press conference.
http://www.unaids.org/en/resources/campaigns/2014/2014gapreport/videofootage/



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第71号(2014年7月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第71号(2014年7月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2014/08/04 20:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界のHIV陽性者3500万人中、1900万人は感染を知らずにいる UNAIDS ギャップレポート エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる