エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS AIDS 2014 メルボルンで閉幕

<<   作成日時 : 2014/07/26 17:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説)メルボルンの第20回国際エイズ会議が終わりました。閉会式について伝える国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトの報告です。次回は2016年に南アフリカのダーバンで開かれます。

AIDS 2014 メルボルンで閉幕
2014年7月25日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2014/july/20140725aids2014closure/


 2030年までにエイズの流行の終結を目指すのなら、誰も置き去りにはできない。7月25日に閉幕したオーストラリア・メルボルンの第20回国際エイズ会議はこのことが大きなメッセージの一つだった。

 マレーシア航空17便の悲劇的な惨事を偲び、閉会式では亡くなった会議参加予定者には追悼の言葉が捧げられた。

 AIDS2014はほぼ共通の認識として、これまでの成果にもかかわらず、流行の社会的拡大要因には今後もさらに取り組む必要があるという結論に達した。懲罰的な法律も偏見と差別も存在しており、流行の制圧を妨げる障壁になっている。若者、および感染の高いリスクにさらされ、対策の鍵を握る人たちが求めているサービスを提供できるようにすること、HIV感染が最も多く起きている地域に対策の焦点をあてることが、効果的にエイズの流行に対応するためには重要であることが確認された。

 開会式では、世界のHIV対策の著名な擁護者であるミュージシャン・活動家ボブ・ゲルドフ、オーストラリアのHIV陽性者ジョン・マンワーリング、国際エイズ学会(IAS)新旧理事長のフランソワーズ・バレ-シヌシ博士とクリス・ベイヤー博士らが演説した。


 開会式の最後には、2016年に南アフリカのダーバンで開かれる第21回国際エイズ会議の組織委員会があいさつを行った。

引用
 「過去が何かを教えてくれるとしたら、沈黙は死に等しいということでしょう。声を出す必要があります。私たちには思っている以上に力があるのです。特別な才能が必要なわけではありません。必要なことはたった一つ、正直になろうということです」
 ジョン・マンワーリング オーストラリアのHIV陽性者

 「先週起きた悲劇によって、私たちすべてが再び結束への強い思いを新たにしました」
 フランソワーズ・バレ-シヌシ この会議を最後に退任したIAS理事長

 「ダーバンに再び集まりましょう。そのときには、エイズの治療と予防は大きく改善したと言えるようにしましょう」
 クリス・ベイヤー IAS新理事長

 「エイズ終結への長い旅がもうすぐ終わる、勝利することができる。そんな大きな期待感があります。でも勝利を約束し、証明するにはまだ、もうひとがんばりしなければなりません」
 ボブ・ゲルドフ ミュージシャン、エイズ対策擁護者


AIDS 2014 closes in Melbourne
25 July 2014

No one can be left behind if the AIDS epidemic is to come to an end by 2030. This was one of the main messages of the 20th International AIDS Conference, which closed in Melbourne, Australia, on 25 July.

Remembering the tragic events of the flight MH17 disaster, at the closing ceremony tributes were paid to the delegates tragically killed on their way to the conference.

AIDS 2014 concluded with a general sense that, despite all the progress made to date, the social determinants of the epidemic still need to be addressed. Existing punitive laws and stigma and discrimination were identified as some of the main barriers to bringing the epidemic under control. Catering for the needs of adolescents and key populations at higher risk of infection was identified as important for an effective response to AIDS, as well as focusing programmes in the geographical areas where most new HIV infections occur.

The closing ceremony saw addresses being made by prominent advocates in the global HIV response, including musician and advocate Bob Geldof, John Manwaring, an Australian representing people living with HIV, and outgoing and incoming Presidents of the International AIDS Society, Françoise Barré-Sinoussi and Chris Beyer, respectively.

At the end of the closing session, the conference was handed over to officials representing the organizing committee of the 21st International AIDS Conference, which will be held in Durban, South Africa, in 2016.

Quotes

"If the past has taught us anything, it's that silence equals death. We do need to speak up. We are more powerful than we know it. It doesn't require any special talent. It requires one simple thing―honesty."
John Manwaring, Australian person living with HIV

"The tragic events of last week have infused in all of us a renewed feeling of unity."
Françoise Barre-Sinoussi, outgoing President of the International AIDS Society

"Let's commit to gathering in Durban and be able to say we have made significant improvement in the treatment and prevention of AIDS."
Chris Beyer, incoming President of the International AIDS Society

"There is a great sense of triumph, commitment and vindication that you are on the last gasp on the journey to ending AIDS."
Bob Geldof, musician and advocate

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
AIDS 2014 メルボルンで閉幕 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる