エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS UNAIDSギャップレポート関連ファクトシート 2014年7月

<<   作成日時 : 2014/07/21 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)が第20回国際エイズ会議に先立って発表したギャップレポートの関連ファクトシートの日本語仮訳です。
 ギャップレポート(報告書)のpdf版はUNAIDSの公式サイトでご覧いただけます(ただし英文)。報告書プレスリリースの日本語仮訳は当ブログ(HATプロジェクト)に7月18日付で掲載してあります。


UNAIDSギャップレポート関連ファクトシート 2014年7月
 http://www.unaids.org/en/resources/campaigns/2014/2014gapreport/factsheet/

世界の統計
 HIV陽性者
 ・2013年現在の世界のHIV陽性者数は、3500万人(3320万〜3720万人)
- 流行開始以来、HIVに感染した人は7800万人(7100万〜8700万人)。エイズ関連の死者は3900万人(3500万〜4300万人)

 新規HIV感染
 ・2001年時点と比べると38%減少
- 2013年の新規HIV感染者数は世界で210万人(190万〜240万人)。2001年は340万人(330万〜360万人)だった。
 ・子供の新規HIV感染は2001年時点と比べると58%減少。
- 2013年の子供の新規HIV感染は世界全体では24万人(21万〜28万人)。2001年は58万人(53万〜64万人)だった。

エイズ関連の死者
 ・エイズ関連の死者は2005年のピーク時に比べると35%減少
- 2013年のエイズ関連の死者は世界で150万人(140万〜170万人)。2005年は240万人(220万〜260万人)だった。

抗レトロウイルス治療
・2013年現在、抗レトロウイルス治療にアクセスがあるHIV陽性者は約1290万人
- HIV陽性者全体の37%(35〜39%)に相当
- 成人のHIV陽性者では38%(36〜40%)だが、子供の場合は24%(22%〜26%)にとどまっている。

 HIVと結核
 ・HIV陽性者の結核関連の死者2004年当時と比べると36%減っている。
- 結核は依然、HIV陽性者の死因の第1位であり2012年の年間の死者は32万人(30万人〜34万人)と推定されている。
- 2013年にはHIV陽性の結核患者の70%が抗レトロウイルス治療を受けている(2012年には57%だった)。

投資
 ・2013年のエイズ対策費の総額は191億米ドルだった。
- 2015年の年間必要額は220億〜240億米ドルと推計されている。
・2013年には低中所得国の国内予算がHIV関連の全支出の半分以上を占めている。


地域別統計

サハラ以南のアフリカ
・2013年のHIV陽性者数は2470万人(2350万〜2610万人)
- 女性が58%を占めている。
・2013年の新規HIV感染者は推定150万人(130万〜160万人)
- 2013年の新規HIV感染は2005年当時より33%減少
- サハラ以南のアフリカは世界の新規HIV感染のほぼ70%を占めている。
・サハラ以南のアフリカにおける2013年のエイズ関連の死者は110万人(100万〜130万人)。
- 2013年のエイズ関連死者は05年当時の39%減
・サハラ以南のHIV陽性者に対する治療のカバー率は37%
- 2013年にはサハラ以南のアフリカで男性の67%、女性の57%がARTを受けていない。
- ARTを受けている4人中3人はサハラ以南のアフリカで暮らしている
- ナイジェリアでは80%の人に治療のアクセスがない
・2013年にはサハラ以南のアフリカで21万人(18万〜25万人)の子供が新規にHIVに感染している。
- アフリカ世界計画で優先対象国となっている21カ国では、子供のHIV感染は2009年当時より43%減少している

アジア太平洋
 ・2013年のHIV陽性者数は480万人(410万〜550万人)
 ・2013年の新規HIV感染者は35万人(25万〜51万人)
- 2013年の新規HIV感染は2005年当時より6%減少
- インドネシアは憂慮すべき状態−新規HIV感染が2005年当時より48%上昇
・2013年のエイズ関連の死者は25万人(21万〜29万人)
- 2013年のエイズ関連死者数は2005年の27%減
- インドがこのアジア太平洋地域のエイズ関連の死者の51%を占めている。
・HIV陽性者の治療のカバー率は33%(28〜38%))
 ・2013年時点でHIV陽性者のうち、成人男性240万人と成人女性140万人がARTを受けていないと推定される
- HIV陽性者の半数以上が治療を受けている国はタイ、カンボジアの2カ国のみ
 ・2013年の子供の新規HIV感染は2万2000人(1万8000〜3万2000人)
- 子供の新規感染は2009年と比べると15%減少

ラテンアメリカ
 ・2013年のHIV陽性者数は160万人(140万〜240万人)
・2013年の新規HIV感染は推定9万4000人(7万1000人〜17万人)
- 新規HIV感染者数は2005年と比べると3%減少
 ・2013年のエイズ関連の死者数は4万7000人(3万9000〜7万5000人)
- エイズ関連の死者数は2005年当時より31%減少
 ・HIV陽性者に対する治療のカバー率は45%(33〜51%)
 ・2013年の子供の新規HIV感染は1800人(1000人以下〜7400人)

西欧・中欧・北米
・2013年のHIV陽性者数は230万人(200万〜300万人)
- このうち56%は米国
・2013年の新規HIV感染は推定8万8000人(4万4000人〜16万人)
- 2005年当時と比べると8%の増加
・2013年のエイズ関連による死者は2万7000人(2万3000人〜3万4000人)
- 2005年に比べると2%減少
 ・HIV陽性者全体の治療のカバー率は51%(39〜60%)
 ・2013年の子供の新規HIV感染は500人以下(200人以下〜500人以下)

 東欧・中央アジア
 ・2013年のHIV陽性者数は110万人(98万〜130万人)
 ・2013年の新規HIV感染数者は推定11万人(8万6000人〜13万人)
- 新規HIV感染は2005年より5%増加
 ・2013年のエイズ関連の死者は5万3000人(4万3000人〜6万9000人)
- 2005年と比べると5%増加
 ・HIV陽性者全体の治療のカバー率は21%(18〜24%)
 ・2013年の子供の新規感染は1000人以下(1000人以下〜1200人)

カリブ諸国
 ・2013年のHIV陽性者数は25万人(23万〜28万人)
・2013年の新規HIV感染者数は推定1万2000人(9400人〜1万8000人)
  - 新規HIV感染は2005年当時から40%減少
 ・2013年のエイズ関連の死者は1万1000人(8300人〜1万4000人)
  - エイズ関連の死者は2005年当時から半分に減少
  - 2013年の域内のエイズ関連の死者の59%はハイチが占めている
 ・2013年の15歳以上のHIV陽性者の治療カバー率は42%で、2011年より31%増加
 ・2013年の新規HIV感染者は1000人以下(500人以下〜1000人以下)

 中東・北アフリカ
 ・2013年のHIV陽性者数は23万人(16万人〜33万人)
 ・2013年の新規HIV感染者数は推定2万5000人(1万4000人〜4万1000人)
  - 新規HIV感染は2005年当時より7%増加
 ・2013年のエイズ関連の死者は1万5000人(1万人〜2万1000人)
  - エイズ関連の死者は2005年当時より66%増加
 ・2013年のHIV陽性者の治療のカバー率は11%(8〜16%)
 ・2013年の子供の新規HIV感染者数は2300人(1500〜3400人)




Fact Sheet, UNAIDS
GLOBAL STATISTICS

People living with HIV
In 2013, there were 35 million [33.2 million–37.2 million] people living with HIV.
- Since the start of the epidemic around 78 million [71 million–87 million] have become infected with HIV and 39 million [35 million–43 million] people have died of AIDS-related illnesses.

New HIV infections
New HIV infections have fallen by 38% since 2001.
- Worldwide, 2.1 million [1.9 million–2.4 million] people became newly infected with HIV in 2013, down from 3.4 million [3.3 million–3.6 million] in 2001.

New HIV infections among children have declined by 58% since 2001.
- Worldwide, 240 000 [210 000–280 000] children became newly infected with HIV in 2013, down from 580 000 [530 000–640 000] in 2001.

AIDS-related deaths
AIDS-related deaths have fallen by 35% since the peak in 2005.
- In 2013, 1.5 million [1.4 million–1.7 million] people died from AIDS-related causes worldwide compared to 2.4 million [2.2 million–2.6 million] in 2005.
-
Antiretroviral therapy
In 2013, around 12.9 million people living with HIV had access to antiretroviral therapy.
- This represents 37% [35%-39%] of all people living with HIV.
- 38% [36%-40%] of all adults living with HIV are receiving treatment however just 24% [22%-26%] of all children living with HIV are receiving the lifesaving medicines.

HIV/TB
TB-related deaths in people living with HIV have fallen by 36% since 2004.
- TB remains the leading cause of death among people living with HIV, with an estimated 320 000 [300 000–340 000] deaths in 2012.
- In 2013, the percentage of identified HIV positive tuberculosis patients who were started or continued on antiretroviral treatment reached 70% (up from 57% in 2012).

Investments
US$ 19.1 billion was available from all sources for the AIDS response in 2013.
 
- The estimated annual need by 2015 is currently between US$ 22–24 billion.
In 2013, domestic investments from low- and middle-income countries accounted for around half of all HIV related spending.

REGIONAL STATISTICS

Sub-Saharan Africa
In 2013, there were 24.7 million [23.5 million – 26.1 million] people living with HIV in sub-Saharan Africa.
- Women account for 58% of the total number of people living with HIV in sub-Saharan Africa.

In 2013, there were an estimated 1.5 million [1.3 million – 1.6 million] new HIV infections in sub-Saharan Africa.
- New HIV infections declined by 33% from 2005 and 2013.
- Sub-Saharan Africa accounts for almost 70% of the global total of new HIV infections.
In sub-Saharan Africa, 1.1 million [1.0 million – 1.3 million] people died of AIDS-related causes in 2013.
- Between 2005 and 2013 the number of AIDS-related deaths in sub-Saharan Africa fell by 39%.

Treatment coverage is 37% of all people living with HIV in sub-Saharan Africa.
- 67% of men and 57% of women were not receiving ART in sub-Saharan Africa in 2013.
- Three out of four people on ART live in sub Saharan Africa.
- In Nigeria 80% of people do not have access to treatment.
There were 210 000 [180 000 – 250 000] new HIV infections among children in sub-Saharan Africa in 2013.
- Since 2009, there has been a 43% decline in new HIV infections among children in the 21 priority countries of the Global Plan in Africa.

Asia and the Pacific
In 2013, there were 4.8 million [4.1 million – 5.5 million] people living with HIV in Asia and the Pacific.
In 2013, there were an estimated 350 000 [250 000 – 510 000] new HIV infections in the region.
- New HIV infections declined by 6% from 2005 and 2013
- Indonesia is cause for concern – new HIV infections have risen by 48% since 2005
In Asia and the Pacific, 250 000 [210 000 – 290 000] people died of AIDS-related causes in 2013.
- Between 2005 and 2013 the number of AIDS-related deaths in the region fell by 27%.
- India accounts for 51% of all AIDS-related deaths in the region.
Treatment coverage is 33% [28 – 38] of all people living with HIV in Asia and the Pacific.
An estimated 2.4 million of adults men and 1.4 million of adults women were not receiving ART in Asia and the Pacific in 2013.
- In only two countries in Asia and the Pacific, Thailand and Cambodia, have more than 50% of all people living with HIV currently on antiretroviral treatment.
There were 22 000 [18 000 – 32 000] new HIV infections among children in Asia and the Pacific in 2013.
- Since 2009, there has been a 15% decline in new HIV infections among children in the region.

Latin America.
In 2013, there were an estimated 94 000 [71 000 – 170 000] new HIV infections in the region.
- New HIV infections declined by 3% from 2005 and 2013
In Latin America, 47 000 [39 000 – 75 000] people died of AIDS-related causes in 2013.
- Between 2005 and 2013 the number of AIDS-related deaths in the region fell by 31%
Treatment coverage is 45% [33 – 51] of all people living with HIV in Latin America.
There were 1800 [<1000 – 7400] new HIV infections among children in Latin America in 2013.

Western and Central Europe and North America
In 2013, there were 2.3 million [2.0 million – 3.0 million] people living with HIV in Western and Central Europe and North America.
- The United States accounts for 56% of people living with HIV in this part of the world.
In 2013, there were an estimated 88 000 [44 000 – 160 000] new HIV infections in the region.
- New HIV infections rose by 8% from 2005 and 2013
In Western and Central Europe and North America, 27 000 [23 000 – 34 000] people died of AIDS-related causes in 2013.
- Between 2005 and 2013 the number of AIDS-related deaths in the region fell by 2%.
Treatment coverage is 51% [39-60] of all people living with HIV.
There were <500 [<200 – <500] new HIV infections among children in Western and Central Europe and North America in 2013.

Eastern Europe and Central Asia
In 2013, there were 1.1 million [980 000 – 1.3 million] people living with HIV in Eastern Europe and Central Asia.
In 2013, there were an estimated 110 000 [86 000 – 130 000] new HIV infections in the region.
- New HIV infections rose by 5% from 2005 and 2013
In Eastern Europe and Central Asia, 53 000 [43 000 – 69 000] people died of AIDS-related causes in 2013.
- Between 2005 and 2013 the number of AIDS-related deaths in the region rose by 5%
Treatment coverage is 21% [18-24] of all people living with HIV in Eastern Europe and Central Asia.
There were <1000 [<1000 – 1200] new HIV infections among children in Eastern Europe and Central Asia in 2013.

Caribbean
In 2013, there were 250 000 [230 000 – 280 000] people living with HIV in the Caribbean.
In 2013, there were an estimated 12 000 [9400 – 14 000] new HIV infections in the region.
- New HIV infections declined by 40% from 2005 and 2013.
In the Caribbean, 11 000 [8300 – 14 000] people died of AIDS-related causes in 2013.
- Between 2005 and 2013 the number of AIDS-related deaths in the region fell by half.
- Haiti accounted for 59% of all AIDS related deaths in the region in 2013.
Treatment coverage is 42% of people 15 years or older living with HIV in Caribbean– an increase of 31% since 2011.
There were <1000 [<500 – <1000] new HIV infections among children in Caribbean in 2013.

Middle East and North Africa

In 2013, there were 230 000 [160 000 – 330 000] people living with HIV in the the Middle East and North Africa.
In 2013, there were an estimated 25 000 [14 000 – 41 000] new HIV infections in the region.
- New HIV infections rose by 7% from 2005 and 2013
In the Middle East and North Africa, 15 000 [10 000 – 21 000] people died of AIDS-related causes in 2013.
- Between 2005 and 2013 the number of AIDS-related deaths in the region rose by 66%.
Treatment coverage is 11% [8 – 16] of people living with HIV in the Middle East and North Africa
There were 2300 [1500 – 3400] new HIV infections among children in the Middle East and North Africa in 2013.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第71号(2014年7月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第71号(2014年7月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2014/08/04 20:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
UNAIDSギャップレポート関連ファクトシート 2014年7月 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる