エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『HIV陽性の労働者およびその家族にとっての社会保障アクセスとその効果』

<<   作成日時 : 2014/07/01 16:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説)世界労働機関(ILO)がグアテマラ、インドネシア、ルワンダ、ウクライナの4カ国における調査結果とその分析をまとめた報告書『HIV陽性の労働者およびその家族にとっての社会保障アクセスとその効果』を発表染ました。抗レトロウイルス治療の普及により、HIVに感染した人が長く生きていくことが期待できる時代になったとはいえ、問題は治療薬をただで配ればかいけつするものではない。これはごく当たり前ではあるが、極めて重要な指摘ですね。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載された報告書紹介のフィーチャーストーリー(特集記事)の日本語仮訳です。ポスト2015の新たな開発課題の中で、HIV/エイズの問題を引き続き重視する必要があるということをアピールする意味でも重要なレポートです。報告書のサマリーぐらいはどなたか日本語に訳していただける方がいると嬉しいのですが、いかがでしょうか。



HIV陽性者に対する社会保障体制の整備が急務
   2014年6月30日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2014/june/20140630ilo/

 HIV陽性者は、社会保障プログラムによって就労や子供の教育などで様々な支援を受けることができる。しかし、現実には社会的な立場が弱いことから、こうしたプログラムを利用できない人があまりにも多い。国際労働機関(ILO)の新たな報告書はこう指摘する。

 報告書『HIV陽性の労働者およびその家族にとっての社会保障アクセスとその効果』( http://www.ilo.org/wcmsp5/groups/public/---ed_protect/---protrav/---ilo_aids/documents/publication/wcms_248447.pdf )はグアテマラ、インドネシア、ルワンダ、ウクライナの4カ国で行った調査結果をまとめ、分析している。いずれも近年、社会保障システムの充実に取り組んでいる国だ。

 最も社会的に弱い立場にある人たちを支援し、その状態が悪化するのを防ぐため、各国にはさまざまな社会保障の仕組みがある。貧困の緩和解消プログラム、貧困対策を重視した経済開発戦略、社会保障制度へのアクセス確保、女性の就労機会拡大、低所得層への健康保険・生活保護・社会支援の提供などである。

 社会保障プログラムにより、HIV感染の拡大要因となる不利益や不平等、構造的な障壁は減らすことができると報告書は指摘する。調査対象となった国々では、社会保障を受けられるHIV陽性者の63〜95%が仕事や生産的活動を維持している。また、49〜99%が子供を学校に通わせ、72〜86%は延命効果のある抗レトロウイルス治療を受けることができているのだ。

 4カ国政府による社会保障制度は、公的部門や正規雇用者の方が他の人よりはるかに利用しやすいことも報告書は指摘している。HIV陽性者は非正規部門にいることが多く、その分だけ社会保障制度の枠外に置かれやすい。とりわけ女性や感染のリスクにさらされやすいキーポピュレーションの人たちにはその傾向が強くみられる。

 最近のHIV対策には、治療の普及のみを重視する傾向がみられる。しかし、今回の調査報告では、HIV陽性者に対し幾重にも社会保障のネットが張り巡らされ、社会的、経済的脆弱性に対応できるようにしておかなければ効果的な対策は実現できないことが強調されている。抗レトロウイルス薬を無料で提供すれば問題が解決するというものではないのだ。

 「抗レトロウイルス治療が受けられれば、HIV陽性者は生きていくことが可能になります。しかし、もっと広い社会保障が得られていないことから、たくさんの男女、およびその家族が脆弱で貧しい状態のまま置かれているのです」と報告書を作成したILOのHIV/エイズと働く世界部門、アリス・ウエドラオゴ主任は語る。

 プログラムの存在が知られていないこと、サービスを受けるための手続きが複雑すぎたり、わずらわしかったりすることなど、サービスのアクセスに関する数多くの課題について、報告書は検証している。

 保健センターへ通う交通費や日和見感染症の治療費など、自己負担費用の問題もある。社会保障の成果を高めるには、保健サービスだけでなく、所得と生計、就労支援の問題も組み合わせて考えなければならない。ILOはそう主張している。

 「ポスト2015の開発課題には、HIV陽性者やキーポピュレーションも含め、誰も置き去りにしないようにするための政策とプログラムへの投資が重要です」とウエドラオゴさんは語る。

 インドネシア・エイズ連合のアディーチャ・ワードハナ事務局長は、これまであまり関心を持たれていなかった分野に焦点を当てた新たな研究の成果を歓迎した。「ILOの研究は既存の社会保障システムでは長い間、無視されてきたHIV陽性者やエイズに影響を受けているコミュニティに対する社会的な保護をどのように組み立てていくのかという緊急の課題に取り組む扉を開きました」と語っている。




Urgent need for sensitive social protection schemes for people living with HIV
30 June 2014

People living with HIV who have access to social protection programmes enjoy a range of benefits, such as being more likely to retain their jobs and keep their children in school, but too many of the most vulnerable are out of reach of these programmes, says a new report by the International Labour Organization (ILO).

Access to and effects of social protection on workers living with HIV and their households draws its conclusions from research conducted in four countries, Guatemala, Indonesia, Rwanda and Ukraine, that are currently developing or scaling up their social security systems.

Across the countries a variety of social protection schemes are used to support the most vulnerable and to avoid increased vulnerability. These include establishing poverty alleviation and reduction programmes, prioritizing the poor in economic development strategies, providing access to social security systems, greater labour opportunities for women, and providing health insurance and pensions and social assistance for low-income individuals and families.

The report notes that social protection programmes can reduce the disadvantages, inequalities and structural barriers that make people more vulnerable to HIV. It reveals that, in the studied countries, between 63% and 95% of people living with HIV who had access to social protection were able to keep their jobs or some form of productive activity, 49–99% said that their children remained in school and 72–86% were able to access life-saving antiretroviral treatment.

It notes that the social protection systems of the four governments are much more readily accessed by those under the umbrella of the public and formal sectors. People living with HIV are often in the informal economy and therefore much more likely to miss out. This may be a particular issue for women and key populations at higher risk.

There is a tendency to address HIV by concentrating on enabling access to HIV treatment. The study stresses that in order to be effective, a social protection safety net that works for HIV-positive people must be multilayered, addressing wider social and economic vulnerabilities, and not just about making free antiretroviral medicines available.

“Access to antiretroviral treatment keeps people living with HIV alive. But too often, the lack of broader social protection benefits keeps women and men, and their households, vulnerable and poor,” said Alice Ouedraogo, Chief of ILO’s HIV/AIDS and the World of Work Branch, which produced the report.

The study examines a number of challenges to accessing services, such as a lack of awareness that the programmes actually exist or that the process involved in getting services is too complicated or cumbersome.

There is also the issue of out-of-pocket expenses, including transport costs to get to health centres and money to pay for treatment of opportunistic infections. ILO argues that a combination of income, livelihood and employment support is needed, in addition to health services, to further increase the impact of social protection.

“As we prepare for the post-2015 development agenda, it is important to invest in policies and programmes that leave no one behind, including people living with HIV and key populations,” Ms Ouedraogo concluded.

Aditya Wardhana, Executive Director of the Indonesia AIDS Coalition, welcomed the new research and the light it shines on a key area that has so far received relatively little attention. He said, “ILO’s research has opened a discourse on the urgent need for a sensitive social protection scheme towards people living with HIV and AIDS-affected communities, who have been long neglected by the existing social protection system.”


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『HIV陽性の労働者およびその家族にとっての社会保障アクセスとその効果』 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる