エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 《資金拠出者と協力機関がエイズ流行終結に向け、HIVと人権重視の対策への支援を約束》

<<   作成日時 : 2014/06/22 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されていた6月11、12日の会合報告の日本語仮訳です。《世界の年間エイズ予算のうち、人権関連の対策にあてられている資金は1%にも満たない》という最初の段落の記述に惹かれて訳してみましたが、内容は紋切り型の印象です。短い報告だから致し方ないか。それでも、《資金拠出者の関心が他の課題に移っていること、中所得国への移行に伴い海外からの援助が受けられなくなる一方、人権活動のための国内予算も確保できてない国が増えていることから、資金はさらに減っていく見通しだ》といったことは日本語に訳して伝えておく必要がありそうです。この調子で、検査と治療の普及が強調され、いわゆる「医療介入モデル」の予防対策ばかりに前のめりになっていく現状が続くとすれば、いささか危惧の念も持たざるを得ません。ちょっと待てよと言っておく必要がありそうです。話が飛躍してしまい、恐縮ですが、「介入」という用語自体、語感としてどうなのでしょうか。



資金拠出者と協力機関がエイズ流行の終結に向け、HIVと人権対策への支援を約束
2014年6月17日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2014/june/20140617rightsfunders/

HIV関連分野の中で、人権を守るための市民社会の活動は、資金が十分ではなく、今後もさらに減っていくおそれがある。フォード財団の支援で行われた国連合同エイズ計画(UNAIDS)の調査では、世界の年間エイズ予算のうち、人権関連の対策にあてられている資金は1%にも満たないことが明らかにされている。さらに、資金拠出者の関心が他の課題に移っていること、中所得国への移行に伴い海外からの援助が受けられなくなる一方、人権活動のための国内予算も確保できてない国が増えていることから、資金はさらに減っていく見通しだ。

資金拠出者が人権課題に適切に対応するにはどうしたらいいのかを探り、市民社会組織を取り巻く資金調達環境を話し合い、HIV関連の人権課題に資金拠出者が協力して取り組めるようにするため、UNAIDSとFCAA(エイズに関心を持つ資金提供者)は6月11、12日、スイスのジュネーブで会合を開いた。

参加者からは市民社会の人権活動への支援が縮小していることに深い懸念が示された。HIV対策の中で人権活動を主導してきた市民社会グループは活動の縮小ないしは消滅の脅威にさらされていることが調査により明らかにされている。懲罰的ないしは威圧的な手法が広がり、市民社会の活動の場が失われているところもある。

会合ではHIV分野と人権分野の資金拠出者がどうすればうまく分担できるのかを話し合った。民間財団は、HIV分野で偏見や差別を減らし、公正な取り扱いを広げていくための革新的で費用対効果の高い対策について検討した。また、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)はHIVサービスの利用を妨げる法律や法執行をなくしていくためのプログラムに対し、資金を拡大する方針を説明した。会合は結論として、エイズ流行の終結、および人権と尊厳、社会正義を追求していくため、HIV関連の人権課題に取り組む戦略を進めていくことになった。

参加者
会合はフォード財団の支援を受け、UNAIDSとFCAAが主催した。他のパートナーは、世界基金、オープンソサエティ財団、エルトン・ジョン・エイズ財団、世界人権基金など。HIV、人権ドナー、多国間、二国間ドナー、民間財団、公的基金、コミュニティ主導の財団などから60人以上が出席した。コミュニティおよび他の市民社会の人権関連団体からも参加があった。

主なメッセージ
・人権プログラムはHIVの流行という公衆衛生上の緊急事態にとっても、流行の影響を受けている人たちの人権の確保という意味でも極めて重要である。
・二国間援助、民間財団、世界基金、受け入れ国政府のすべてが、人権を重視してエイズの流行に対応していくうえで重要な役割を担っている。
・世界基金事務局は、政府と市民社会がともに人権促進プログラムへの投資の拡大に取り組むことを可能にするユニークな立場にある。
・人権を重視した対応という面からも、人権活動の支援の面からも二国間援助の役割を軽視することはできない。
・民間財団は政府予算や海外からの資金援助ではカバーされないアドボカシーや市民社会の活動などのHIV関連の人権活動に大切な資金を提供する不可欠な役割を担っている。
・UNAIDSとFCAAは、短期の緊急対応とHIVに関連した市民社会主導の長期の人権対応の両方をにらみ、今後も継続して二国間資金、多国間資金、民間基金を集めた会議を開催する。

コメント引用 略。



Donors and partners commit to sustaining HIV and human rights programming as a stepping stone to ending the AIDS epidemic
17 June 2014

Funding for HIV-related human rights work by civil society is insufficient and may be threatened even further. Research from UNAIDS, with the support of the Ford Foundation, indicates that, at present, less than 1% of annual funding for the global AIDS response supports human rights programming. Furthermore, funding appears to be dropping as donors move to new priorities, many countries move to middle income status and have reduced eligibility for external aid, and domestic funding fails to support human rights work.

In order to explore appropriate donor responses to human rights challenges, discuss the funding landscape for civil society organizations and articulate a shared commitment among donors to sustain human rights work related to HIV, UNAIDS and Funders Concerned About AIDS convened a meeting on 11 and 12 June in Geneva, Switzerland.

Participants expressed great concern about the diminishing support for civil society’s human rights work. Research indicates that civil society groups, which have led human rights work in the context of HIV, are under threat of downsizing or disappearing all together. In some places punitive and coercive approaches are increasing, while space for civil society is shrinking.

At the meeting HIV donors and human rights donors discussed how best to breakdown the silos between them. Private foundations considered how best to support innovative and cost-effective programmes to decrease stigma and discrimination, and increase access to justice in the context of HIV. And the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria (Global Fund) explained its commitment to increasing funding for programmes to address legal barriers to accessing HIV services. The meeting resulted in strategies and commitments to sustain the HIV-related human rights response in efforts to end the AIDS epidemic and promote human rights, dignity and social justice.

Participants
The meeting was co-convened by UNAIDS and Funders Concerned About AIDS, with the support of the Ford Foundation. Other partners included the Global Fund, the Open Society Foundations, the Elton John AIDS Foundation and the Fund for Global Human Rights. More than 60 participants from across the donor spectrum―HIV and human rights donors, multilateral and bilateral donors, private foundations, publicly funded intermediary foundations, and community-driven collaborative funds―attended. Communities and other civil society human rights implementers were also represented.

Key messages
Human rights programmes are critical to achieving both the public health imperatives of the HIV epidemic and the realization of the human rights of the people affected.
Bilateral donors, private foundations, the Global Fund and recipient governments all have important roles to play in ensuring the sustainability of the human rights response to AIDS.
The Global Fund Secretariat is in a unique position to work alongside governments and civil society to increase investments in programmes aimed to promote human rights.
The role of bilateral donors cannot be understated, both in terms of driving rights-based responses and in sustaining funding for human rights work.
Private foundations have an essential role in providing critical funds for HIV-related human rights work, including advocacy and civil society mobilization efforts not covered by domestic or multilateral funding.
UNAIDS and FCAA committed to convene bilateral, multilateral and private funders to facilitate collaborative approaches to support short-term emergency responses as well as the long-term sustainability of civil-society-led human rights response to HIV.

Quotes
"Sustaining the human rights response to HIV and advancing the broader rights movements of people living with HIV, and key populations at higher risk are at the heart of any efforts to end the AIDS epidemic. Zero new HIV-infections, zero discrimination and zero AIDS-related deaths represent tangible goals that can be achieved through concerted efforts to support continued human rights action by a strong civil society."
Jan Beagle, UNAIDS Deputy Executive Director
Quotes
"The fact that only 1% of overall global AIDS resources address human rights programming offers a critical and urgent opportunity for private philanthropy to exercise its unique power to fund where others won't, and to mobilize civil society to hold all donors accountable to their commitments to fully fund efforts to combat those human rights abuses that have long fuelled the epidemic."
John Barnes, Executive Director, Funders Concerned about AIDS

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
《資金拠出者と協力機関がエイズ流行終結に向け、HIVと人権重視の対策への支援を約束》 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる