エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS エイズ流行の終結に向けて:2015年目標の達成とポスト2015時代への展望 国連事務総長報告

<<   作成日時 : 2014/06/10 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(解説) 国連の潘基文事務総長が世界のHIV/エイズ対策の進展状況をまとめた報告書を国連総会に提出しました。報告書の日付は4月2日ですが、実際の発表は6月6日です。2011年の国連エイズ特別総会ハイレベル会合で採択された政治宣言では、宣言に盛り込まれた目標の達成状況を毎年、国連事務総長が総会に報告するよう求めており、その年次レポートです。今年はとくに、MDGs(国連ミレニアム開発目標)達成年(2015年)の前年であり、政治宣言の目標達成へ向けて一段と対応を強化する必要性があることを強調するとともに、ポスト2015の新たな開発課題の中にエイズ流行の終結を優先課題として盛り込む必要があることを指摘しています。ポスト2015の開発目標については、いま国連で枠組みをめぐる議論が進められている最中であり、この時期に国連事務総長が総会に提出した公式レポートの中で、あえてこうした指摘をしたことには注目すべきでしょう。UNAIDSの公式サイトの短い紹介文および報告書のサマリー(要約)部分の日本語仮訳を以下に掲載します。


UNAIDS
国連事務総長がエイズ対策の実施状況を国連総会に報告
 2014年6月6日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2014/june/20140606unsgga/

 国連の潘基文事務総長は2014年6月6日、ニューヨークでHIVに関する報告書を第68国連総会に提出した。
 報告書『エイズ流行の終結に向けて:エイズ流行の終結に向けて:2015年目標の達成とポスト2015時代への展望』は、2011年国連エイズ特別総会ハイレベル会合の政治宣言で設定された目標の実施状況を評価したものだ。報告書は、エイズ対策のこの1年の進展状況をまとめ、2015年までに目標を達成するよう力を入れるべき項目を提言している。また、エイズの流行を終結に導くことをポスト2015の開発の優先課題とすることを求めている。
 UNAIDSのミシェル・シデベ事務局長もエイズ流行の終結には何が必要かについて意見交換する総会のパネルディスカッションに参加する。


United Nations Secretary-General presents progress report on AIDS at the sixty-eighth session of the General Assembly
06 June 2014
The United Nations Secretary-General Ban Ki-moon presented his report on HIV to the sixty-eighth United Nations General Assembly in New York on 6 June 2014.
The report Towards ending the AIDS epidemic: meeting the 2015 targets and planning for the post-2015 era takes stock of progress made in implementing the targets set out in the 2011 United Nations General Assembly Political Declaration on HIV and AIDS. The report provides an update on developments in the AIDS response and recommends key actions to accelerate progress towards achieving the goals and targets to be met by 2015. The report also urges a commitment to ending the AIDS epidemic as a development priority in the post-2015 development agenda.
UNAIDS Executive Director Michel Sidibé will also participate in an interactive panel discussion on the side-lines of the General Assembly plenary meeting to exchange views on what it will take to end the AIDS epidemic.



第68国連総会 課題10
HIV/エイズに関するコミットメント宣言及びHIV/エイズに関する政治宣言の実施状況
2014年4月2日

エイズ流行の終結に向けて:2015年目標の達成とポスト2015時代への展望
 国連事務総長報告
http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/document/2014/20140606_UN_SG_GA.pdf

要約
 2011年の国連エイズ特別総会ハイレベル会合の政治宣言で設定された目標と約束:HIV/エイズをなくすための対策強化(決議65/277資料)の締め切りが2015年に迫る中、世界のHIV対応が重要な段階にあることをエビデンスは明らかにしている。HIVの新規感染とエイズ関連の死亡は引き続き減少している。世界全体で子供のHIV新規感染をなくし、母親が生きられるようにするという目標の達成は大いに希望が持てる。世界経済の苦境が依然として続き、対策の優先順位をめぐる競争も厳しいとはいえ、低中所得国におけるHIV対策の資金は増加を続けている。
 世界はいま、エイズ流行の終結に向けた基盤を整える歴史的な機会を手にしている。しかし、成功は保証されているわけではない。最近の進歩、および世界的な傾向には期待が持てるとはいえ、まだたくさんのHIV陽性者やエイズの流行に影響を受けている人たちがその進歩から取り残されているという現実を覆い隠すことはできない。延命のための抗レトロウイルス治療を受けている人は、治療が必要な人のごく一部に過ぎないという国が何十もあり、世界全体では2012年12月時点でも、治療が必要な人の3人に1人しか実際に治療を受けていないのだ。
 差別をしたり、犯罪者として扱ったり、懲罰的な手法をとったりすることが、効果的なHIV対策を妨げている例はあまりにも多い。最も対策を必要とする人たち、高い感染リスクにさらされているキーポピュレーションにおいては、とくにそうだ。人権を侵害し、必要不可欠なサービスすら利用できなくなるような結果を招いている。恐怖や非難や排除がHIV対策の成功に結びつかないことは、これまでの経験ではっきりしているのだ。この流行に対応する手段はかつてないほど整っている。私たちは偏見や拒絶ではなく、科学的な知見と価値観を共有することで対応しなければならない。
若年層への対応もうまくいっていない。大まかに言って、子供は成人の半分くらいしか抗レトロウイルス治療を受けられずにいるのだ。エイズ関連の死者は、全体としては減少しているものの、青年層の死者は2005年当時より50%も増加している。サハラ以南のアフリカでは、少女のHIV陽性率が同年代の少年の陽性率をかなり大きく上回ったままだ。
 主要な目標のいくつかは2015年までに達成できるだろうが、そうだとしてもカレンダーの日付が2016年に変わった後でもエイズの流行が引き続き国際保健と開発分野の緊急課題であることに変わりはない。これまでに達成した大きな成果に基づき、今後も対策を継続していくうえで、エイズ終結を明確なポスト2015の開発課題として位置づける必要がある。エイズ対策は、アドボカシーやコミュニティの自立、高いレベルの政治家の指導力、エビデンスや人権を重視した活動、ケアと予防の革新的なモデルの提示、幅広い分野の協調と協力など、広く開発課題全般に生かせる手法を数多く提示してきた。同様にエイズ対策も孤立することなく、持続可能な開発目標の達成に向けたメカニズムとして進めていくことができれば、はかり知れないほど大きな力を発揮できるとうになるであろう。とりわけ、エイズ対策は、極端な貧困をなくし、ユニバーサルヘルスカバレッジ(誰もが医療を受けられる制度)を実現し、不平等の解消するための世界的な努力との間に重要な相乗効果を有している。
 エイズの流行を終わらせることは、人類全体にとって歴史的な成果となるであろう。また、その過程で、ジェンダーの平等を進め、人権を尊重し、不平等や排除の要因の解消にも資することになる。2015年はエイズ対策の成果を示す大きな目安ではあるが、対策はさらに継続していかなければならないし、HIVの新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロという共通のビジョンを実現するつもりがあるのなら、さらに強化しなければならないのである。


Sixty-eighth session
Agenda item 10
Implementation of the Declaration of Commitment on HIV/AIDS and the Political Declarations on HIV/AIDS
2 April 2014

Towards ending the AIDS epidemic: meeting the 2015 targets and planning for the post - 2015 era   Report of the Secretary-General

Summary
As the 2015 deadline fast approaches for reaching the targets and commitments set by the General Assembly in its 2011 Political Declaration on HIV and AIDS: Intensifying Our Efforts to Eliminate HIV and AIDS (resolution 65/277, annex), evidence shows that the global HIV response has reached an important stage. New HIV infections and AIDS-related deaths continue to decline. Optimism is high that the world will eliminate new HIV infections among children and keep mothers alive. Despite continuing economic challenges and competing priorities, the total resources available for HIV programmes in low-and middle-income countries continue to grow.
The world has an historic opportunity to lay the foundation for ending the AIDS epidemic. However, success is not assured. While recent progress and overall global trends are encouraging, they mask the reality that far too many people living with and affected by HIV are being left behind. In dozens of countries, lifesaving antiretroviral treatment reaches only a fraction of those who are eligible and worldwide, only about one in three people eligible for treatment were receiving it as at December 2012.
Far too often, discrimination, criminalization and punitive approaches are limiting an effective HIV response for those in greatest need, especially key populations at higher risk of infection. Of particular concern is the emergence of new legislative initiatives to criminalize certain key populations, which not only violates human rights but also drives people away from essential services. Experience has demonstrated that fear, blame and ostracism are not the ingredients for success in the HIV response. We have more tools than ever to address the epidemic and our response must be guided by science and shared values rather than by prejudice and denial.
The AIDS response is also failing young people. Children are roughly only half as likely as adults to obtain antiretroviral therapy when needed. Even as AIDS-related deaths decline overall, HIV-related mortality among adolescents has increased by 50 per cent since 2005. In sub-Saharan Africa, infection rates remain substantially higher among girls than among boys of a similar age.
Although we are within reach of several of the key targets and goals for 2015, AIDS will remain an urgent global health and development challenge when the calendar turns to 2016. In order to build on the extraordinary gains that have been achieved and address persistent challenges, ending AIDS will need to be given a prominent place in the post-2015 development agenda. The AIDS response has much to offer the broader development field, with its emphasis on advocacy, community empowerment, high-level political leaders hip, evidence-and rights-based action, innovative models of care and prevention and broad-based partnerships and collaboration. Similarly, the AIDS response will be immeasurably strengthened if it is taken out of isolation to serve as a mechanism to accelerate progress across the future sustainable development goals. In particular, there are important synergies between the AIDS response and global efforts to eliminate extreme poverty, ensure universal health coverage and reduce inequalities.
Ending the AIDS epidemic will be an historic global achievement for the entire human family, one that will, in the process, also enhance gender equality, promote human rights and address the determinants of inequity and exclusion. While 2015 represents a major milestone in the AIDS response, the work must continue and intensify if we are to achieve the shared vision of zero new HIV infections, zero discrimination and zero AIDS-related deaths.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第70号(2014年6月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第70号(2014年6月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2014/07/05 18:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エイズ流行の終結に向けて:2015年目標の達成とポスト2015時代への展望 国連事務総長報告 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる