エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供とHIV  ファクトシート 2014年5月

<<   作成日時 : 2014/05/14 15:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0



(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに絵本『最も勇敢な私の友達』(The Bravest Boy I Know)の発行記念ページがアップされました。その中のファクトシート『子供とHIV』の日本語仮訳です。
 絵本についてはプレスレリースをご覧ください。
 http://asajp.at.webry.info/201405/article_2.html



子供とHIV  ファクトシート 2014年5月
 http://www.unaids.org/en/resources/documents/2014/name,93710,en.asp

子供のHIV新規感染を防ぐ
 HIV予防のサービスが拡大したことから、2012年には子供のHIV新規感染が2001年より52%も減少している。大きな成果というべきなのだが、それでも子供のHIV新規感染者数は依然として受け入れがたいほど多い。2012年には低・中所得国で年間約26万人(22万〜32万人)の子供が新たにHIVに感染している。
 HIV陽性の母親が妊娠、出産、授乳期に効果的な抗レトロウイルス治療を受ければ、HIVの母子感染のリスクは5%以下になる。だが、2012年時点でこうした治療を受けられる女性の数は、HIV陽性の妊婦全体の62%(57〜69%)にとどまっているのだ。

世界計画
 子供のHIV感染を防ぐことはUNAIDSの対策の最優先事項の一つであり、2011年には、子供のHIV新規感染を2015年までになくし、母親の生命を守るための新たな世界計画を協力機関とともに発表した。
計画は世界全体のHIV陽性の妊婦の90%を占める22カ国(アフリカ21カ国とインド)に焦点を当てている。2015年までに子供のHIV新規感染を90%減らし、母親と子供のエイズ関連死を50%減らすことが目標だ。
 これまでの成果は期待の持てるものだ。女性向けのHIV予防と治療のサービスへのアクセスは著しく拡大し、2009〜12年に67万人の子供のHIV新規感染を防いできた。

子供のHIV感染の有無を知る
 子供のHIV新規感染防止のための成果は上がっているものの、HIV陽性の子供たちが有効な抗レトロウイルス治療を確実に受けられるようにするには、まだ大きな課題がある。まず、HIV感染の有無を確かめなければならない。
 2011年には平均すると毎日700人の子供が新規にHIVに感染していた。感染の可能性のある赤ちゃんは誕生から2カ月以内にHIV検査を受けることが推奨されているが、実際に検査を受けているのはその3分の1だ。
 HIVに感染していることが確認できなければ、治療が受けられるようにはならない。そして、治療を受けなければ、HIVに感染した子供の50%は2歳未満で死亡し、ほとんどの子供が5歳以前に死亡することになるだろう。

子供ためのHIV治療アクセス
 世界保健機関(WHO)の新たなガイドラインは、HIV感染が確認された5歳未満の子供にはすべて治療を開始するよう勧告している。2012年現在、HIV陽性の15歳未満の子供は世界で330万人(300万〜370万人)と推定され、治療を受けている子供はその3分の1(34%、31〜39%)にとどまっている。
 治療のアクセスを阻む障壁は極めて大きい。診療所が家から遠く離れていることも多い。世話をする人が偏見や不安から子供にHIV検査や治療を受けさせないこともある。子供への治療は難しい。子供にHIVサービスを提供しようにも、家族や世話をする人、医療従事者らを対象にした研修や支援がない。子供向けのHIV治療薬の開発も不十分だ。


子供向けのHIV治療薬
 子供向けのHIV治療は有効だ。しかし、錠剤と液状薬を組み合わせなければならないかもしれない。錠剤が飲み込みにくかったり、液状薬が苦かったりすることもある。3歳未満の子供に対し、服用すべき薬の量をどこまで減らせるかも課題だ。
 冷蔵保存が必要な薬もある。停電が多かったり、貯蔵設備が限られたりするところでは冷蔵庫の問題も大きい。冷蔵庫が家庭にないところもある。これも悩みだろう。家族や世話をする人が頻繁に診療所まで薬を取りに行くのも距離が離れていると難しい。
 成人用のHIV治療薬の研究開発は大きな成果をあげているが、子供が使えるかたちにするにはかなり時間がかかる。高所得国では子供のHIV新規感染は実質的に抑えられていることから、子供向けHIV治療薬のマーケットはほぼ消滅に近い状態だ。低・中所得国のHIV陽性の子供だけでは商業マーケットとして成り立ちにくく、子供向けの薬の開発に対する製薬会社の意欲が低下する結果になっている。
 しかし、子供が服用しやすくするための味やのみやすさの研究は進んでいる。その中には液状薬や錠剤でなく、口の中で溶ける粉薬や噴霧薬の利用も含まれている。いまは実用化できなくても将来的には可能性があるだろう。

HIVの常態化
 子供たちは治療を受ければ、他の子供と同様、日常の生活を健康で楽しく送ることができる。しかし、家や学校やコミュニティで差別に直面する恐れもある。
 HIV感染の有無にかかわらず、通常の生活が送れるよう周囲の大人や子供にも正確な情報を伝える努力が大切だ。HIVに影響を受けている子供や家族が、報復を恐れるあまり、HIV検査や治療のサービスを受けられないようでは困る。HIVについて率直に語り、経験を共有することで、この病気にまつわる恐怖や不安を克服し、必要なHIVサービスを利用しやすくすることができるのだ。

何が必要なのか
子供の新規HIV感染を防ぎ、母親の健康を保ち、HIVに感染した子供たちが診断や治療を受けられるようにするには、さまざまな対策の組み合わせが必要になる。
 HIVに大きな影響を受けている子供たちが生活の場に近いところで、HIV検査と治療を受けられるようにすべきだ。医療従事者がHIV陽性の子供の感染を確認したり治療を提供したりするのに必要な研修と支援を受けられるようにしなければならない。
 コミュニティの支援は非常に重要である。子供たちが健康を維持し、HIVサービスを利用できるようにするため、子供とケア提供者双方への支援を強化していく必要がある。
 子供たちに適した治療薬の開発が一層、求められている。そのためには政策的な意思と投資が必要だ。子供たちが効果の高い治療を受けられるようになるには、政府や非政府組織、研究機関、保健専門家、市民社会が協力して子供向けの合剤の開発を強く求めていかなければならない。


HIV陽性の子供の数        330万人[300万〜370万人] 
治療が必要な子供の数       190万人 [170万〜220万人]
治療を受けている子供の数   65万人
年間の子供のHIV新規感染   26万人〔22万〜32万人〕
エイズ関連の子供の年間死者    21万人[19万〜25万人]
子供の1日平均HIV新規感染者数   700人
子供の1日平均エイズ関連死亡者数   600人
 (子供は15歳未満)




Children and HIV/May 2014, Fact Sheet

Stopping new HIV infections among children
As a result of scaled-up HIV prevention services there was a 52% decline in the number of new HIV infections among children between 2001 and 2012. Despite this significant progress, the number of children becoming newly infected with HIV remains unacceptably high. About 260000 [220000–320 000] children became infected with HIV in 2012 in low- and middle-income countries.
The risk of a mother living with HIV passing the virus to her child can be reduced to 5% or less if she has access to effective antiretroviral therapy during pregnancy, delivery and breastfeeding. However, in 2012, just 62% [57–69%] of pregnant women living with HIV had access to the life-saving medicines.


Global Plan
Stopping new HIV infections among children is one of UNAIDS’s top priorities and, in 2011, UNAIDS and partners launched a new Global Plan towards the elimination of new HIV infections among children by 2015 and keeping their mothers alive.
The Global Plan focuses on the 22 countries where 90% of HIV-positive pregnant women live―21 are in Africa, the other is India. The aim of the Global Plan is to reduce the number of new HIV infections among children by 90% by 2015 and to reduce deaths among pregnant women and children due to AIDS-related illnesses by 50% within the same time period.
The results are encouraging. There has been rapid momentum in scaling up access to HIV prevention and treatment services for women, which prevented more than 670 000 children from acquiring HIV between 2009 and 2012.


Knowing a child’s HIV status
Despite continuing progress in stopping new HIV infections among children there are still major challenges in ensuring access to effective antiretroviral therapy for children living with HIV. The challenges start with diagnosing HIV among children.
Every day 700 children acquire HIV; however, in 2011 only one third of children exposed to HIV were tested for the virus within the recommended two months. This is largely because it requires complex laboratory technology that is often only available at central laboratories. Also, results can take a long time to come back, which means that families do not always return for the results and never learn of a child’s HIV status.
Without knowing the HIV status of a child it is impossible to access life-saving treatment. Without treatment, half of all children born with HIV will die by the age of two and the majority will die by the age of five.


Access to HIV treatment for children
New guidelines from the World Health Organization recommend initiating treatment for all children younger than five years of age who are diagnosed with HIV. In 2012, an estimated 3.3 million [3.0 million–3.7 million] children under the age of 15 years were living with the virus, but just a third (34% [31–39%]) had access to the life-saving medicines.
The barriers to access to treatment for children are far-reaching. Clinics are often far from home; stigma and fear prevent carers from bringing their children to the clinics for HIV testing and treatment; treatment is difficult to administer for children; there is a lack of training and support for families, carers and health-care workers to provide HIV services for young people; and there are not enough HIV medicines developed specifically for a child’s needs.


HIV medicines for children
HIV treatments for children work. However, they can be complicated, requiring pills and liquids, some of which are difficult to swallow and can taste unpleasant. The volume of medicines recommended for children under the age of three is a challenge.
Some of the medicines need to be kept cool. Refrigeration can be an issue if a health facility experiences electrical outages or has limited storage facilities. It is also a concern for families, especially in rural areas, who may not have refrigeration available. This requires the family or carer to return to the clinic, which may be far away, on a regular basis to pick up fresh supplies of the medicines.
Despite the scientific advances made in research and development for new HIV medicines for adults, the options for children lag behind significantly. In high-income countries the market for HIV medicines for children has almost disappeared as new HIV infections among children have been virtually eliminated. As a result, the incentive for companies to develop formulations for children has reduced as children living with HIV in low- and middle-income countries represent a less viable commercial market.
Research is under way, however, to improve the palatability and suitability of paediatric formulations. This includes research exploring the use of sprinkles that dissolve in the mouth rather than liquids or tablets. Although such products are not yet available they could be interesting options for the future.



Normalizing HIV

When children have access to treatment they do well and can live normal, healthy and happy lives, just like any other child. However, children living with HIV can face discrimination at home, school and in the community.
Efforts to normalize HIV and ensure that adults and children have accurate information about the virus are essential. Children and families affected by HIV should not be afraid to openly access HIV testing and treatment services for fear of negative reprisals. Through being open about HIV and sharing experiences, the fear around the disease can be dispelled, making people less afraid to seek and access essential HIV services.



What needs to be done
A combination of efforts is needed to prevent new HIV infections among children, ensure that their mothers remain healthy and improve the diagnosis and treatment of HIV for children.
HIV testing and treatment needs to be available closer to where the children most affected live and health workers need to be trained and supported to identify and treat children living with HIV.
Community support systems are invaluable and need to be strengthened to allow them to effectively support children and carers to keep them healthy and ensure that they have access to the HIV services they require.
More medicines specifically adapted to the needs of children need to be developed. To achieve this requires political will and investment by industry. Government, nongovernmental organizations, research partners, health experts and civil society need to advocate strongly for the development of child-friendly fixed-dose combinations to ensure that simple and effective treatment becomes rapidly available and accessible for all children in need.

3.3 million [3.0 million–3.7 million] Children* were living with HIV
1.9 million [1.7 million–2.2 million] Children were in need of treatment
650 000 Children were accessing treatment
260 000 [220 000–320 000] Children became newly infected with HIV
210 000 [190 000–250 000] Children died of AIDS-related illnesses
700 Children became newly infected with HIV every day
600 Children died of AIDS-related illnesses every day
*Children (<15 years)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News 第69号(2014年5月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第69号(2014年5月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2014/05/30 14:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供とHIV  ファクトシート 2014年5月 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる