エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS [『教育とHIV:どこに向かうのか』 3

<<   作成日時 : 2014/05/12 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


新たな手法に向けて
 第4章は将来を見据えて、HIV教育が新たな課題と進歩に対応し、生徒の役に立つような成果をあげるには、その内容と伝え方をどう変えていく必要があるのかということを取り上げている。

 第一にHIV教育は流行の変化および最近の予防、治療を含めた対策の進歩にあわせ、HIV陽性の若者たちの立場をこれまで以上に重視する必要がある。抗レトロウイルス治療の普及により、HIVに感染して生まれた子供たちが成長して若者の年代に達しているが、こうした若者や若年成人層が必要としているものは、現在のHIVと性教育ではとらえられていないことが多い。

 第二に、若者とその親たちが、包括的なHIVと性教育、およびその関連サービスに求めるものが大きく変わっており、教育省はその変化に対応してHIV教育に取り組む必要がある。包括的性教育など、生きる技術を重視した保健教育の中にHIV教育を位置づけ、HIVや性的指向、リプロダクティブヘルスなどの保健サービスとの連携も強化していくべきなのだ。さらに新たな働き方や人間関係も重要である。

 三番目にHIVや性教育の実施方法を考える必要がある。過去20年間、各国教育省は様々なかたちでHIVと取り組んできた。多くは正規のカリキュラムの中で取り上げ、生徒たちに必要な知識や技術を伝えようとしてきた。また、そのための教員養成研修や現職教員の再教育研修、教材の開発も進められてきた。ただし、本書で後に検討するように、HIV教育とライフスキルのプログラムは数多くの課題を抱えており、生徒の多くが健全な性的生活を送る準備ができないまま学校を後にしている現実もある。

 HIV教育には、生徒の立場に立った教え方や教員の準備を助ける支援が必要なことも経験を通して明らかになっている。生徒に適切な知識を提供し、日常生活の中で直面する様々な困難に対処できる技術を身につけられるようにするため、教員はクラスの状況に合わせて教え方を工夫していかなければならない。

 四番目に、教育はどうすればHIV対策に貢献できるのか、そしてどのような限界があるのかということを明確にし、保健指標ではなく、教育指標でそれを測れるようにする必要がある。教育分野の成果は知識、態度、技術の獲得状況で測ることができる。それがより安全な行動につながることになるのだが、現実には長期的な視点がなければ、成果を確認することはできないであろう。

 結論として本書は、教育が効果的なHIV対策の基盤になることを示している。また、HIV教育の経験から得られた教訓が教育全般の近代化にも役立つこと、生徒が他の様々な問題に直面したときにも対応できるような技術を育めることを指摘している。

 HIV教育は新たな段階に入ろうとしている。生徒たちは教育を通し、生涯にわたってより健康的な選択を行えるようになるのだ。これまでの進歩は極めて大きなものだった。さらなる変革には時間がかかるだろうが、教育により生徒たちは自らの能力を十分に開花させ、将来予想される様々な困難にも対応できるようになるであろう。それが健康を守り、HIVの新規感染とHIV関連の死亡、そしてHIVに関連した差別や偏見を減らしていくことにもなる。



Towards a new approach
Chapter 4 looks to the future, describing how HIV education, and in particular the way in which it is framed and delivered, needs to change in order to respond to new challenges and developments and to ensure that it is effective and relevant to the needs of learners.

Firstly, HIV education will need to adapt to an evolving epidemic, to new developments and approaches, including recent advances in prevention and treatment, and to the needs of adolescents and young people who are living with HIV. The availability of antiretroviral therapy has enabled a generation of children born with HIV to become adolescents. These adolescents and future young adults have specific needs with respect to relationships and sexuality that are often not covered in existing HIV and sexuality education.

Secondly, education ministries and their approaches to HIV education need to respond to the growing demand from young people and parents for comprehensive sexuality education and related services. This will require the education sector to incorporate HIV education within broader skillsbased health education, including comprehensive sexuality education and to strengthen the links between education and integrated HIV and sexual and reproductive health services. It will also require new ways of working and new partnerships at all levels.

Thirdly, we need to rethink the way in which HIV and sexuality education is delivered. During the last two decades education ministries have addressed HIV through a range of responses. Most have focused on curriculum-based interventions, which aim to equip children and young people with the knowledge and skills they need, and related pre- and in-service training of teachers and development of teaching and learning materials. As will be discussed in the book, HIV education and life skills programmes face numerous challenges in their implementation and coverage, which means that many learners leave school unprepared to lead healthy sexual lives.

Experience has highlighted the importance of learner-centred participatory teaching methodologies and of the need for teachers to be well prepared and supported to deliver HIV education. Teachers should be able to customize each class and lesson to meet the needs of their learners and to build their skills to negotiate the challenges and vulnerabilities they face daily in their community.

Fourthly, we need to set out clearly what education can contribute to the HIV response, as well as what it cannot be expected to achieve, and to measure its contribution using educational rather than health metrics. The education sector measures outcomes such as knowledge, attitudes and skills. These can contribute to safer behaviours but will only be realized in the long term.

In conclusion, this book argues that education is fundamental to an effective HIV response and that lessons learned from experience in HIV education can contribute to modernising education and making it more relevant to learners by building their skills to navigate the many challenges they face.

HIV education is entering a new phase, one that builds on experience and enables learners to make healthier choices throughout their lives. There has been substantial progress; further change will take time but will ensure that education helps learners to achieve their full potential and cope with future challenges, promoting good health and reducing new HIV infections, HIVrelated mortality and HIV-related stigma and discrimination.




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[『教育とHIV:どこに向かうのか』 3 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる