エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 差別ゼロデーを2014年3月1日に実施

<<   作成日時 : 2014/02/28 14:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)は「新規HIV感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロ」の3つのゼロの大目標達成に向けた行動の一環として3月1日を差別ゼロデーとするキャンペーンを昨年12月1日の世界エイズデーに発表しました。今年の3.1キャンペーンのキックオフが2月27日に北京で開かれたイベントだったようで、UNAIDSの公式サイトにプレスレリースが掲載されました。その日本語仮訳です。第1回で馴染みが薄いということもあるようですが、プレスレリースを見ても、今回はどうも盛り上がり感がいまいちという印象です。世界エイズデーのような継続的なものかどうか、継続しようとしても有効なキャンペーンとして定着するかどうか、そのあたりもよく分からないのですが、定着するにしても少し時間がかかるかもしれません。


 差別ゼロデーを2014年3月1日に実施
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2014/february/20140227zerodiscrimination/

【ジュネーブ、2014年2月27日】 国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長は2月27日、中国レッドリボン財団、Hanergy Holding Group(中国のエネルギー大手企業)、中国政府、市民社会、有名人らの支援を受け北京で開かれたゼロ差別デーの主要イベントに参加した。同様のイベントは3月1日まで世界各地で開かれる。の差別ゼロデーは、見た目や出身や性的指向に関わりなく、すべての人が尊厳を持って生きられるようにすることを呼びかけている。変化の記号として広く認められている蝶々が差別ゼロのシンボルになっている。

 北京のイベントでは、Hanergy Holding GroupのLi Hejun会長兼CEO、中国レッドリボン財団のGu Yanfen 事務総長、そしてシデベ事務局長がスピーチを行った。また、中国中央テレビのニュースキャスターでUNAIDS親善大使のジェームズ・チャウ氏の司会で差別についてのパネルディスカッションが行われた。イベントは30人以上のビジネスリーダーが職場における差別をなくすための誓約文書に署名して閉幕した。

「エイズ対策自体が世界に対し、寛容と思いやりの大切さを大きな教訓として伝えてきました」とシデベ氏は述べた。「健康に、そして尊厳を持って生きる権利はすべての人にあります。差別ゼロを実現するために自分自身を変え、社会を変え、世界を変えていきましょう」

差別ゼロキャンペーンはノーベル平和賞受賞者でUNAIDSの差別ゼロ推進者でもあるアウンサウンスーチーさんが2013年12月1日の世界エイズデーに発表した。

「差別をする人は他の人の世界を狭めるだけでなく、自分の世界も狭めてしまいます」とアウンサンスーチー氏は語った。「すべての人が花開くことのできる日がくることを私は信じています」

多数の国際的な有名人がビデオメッセージを撮ったり、蝶々のマークとともに写真に写ったりすることで、差別ゼロの呼びかけに加わっています。UNAIDS親善大使のアニー・レノックスさん、国際的サッカースターのダヴィド・ルイス選手、女優でアクティビストのミシェル・ヨーさん、モナコのステファニー王女といった人たちだ。

「Hanergyは、すべての従業員が尊厳を持ち差別から自由に生きる権利があることを認識しています」とLi会長は言った。「UNAIDSの支援で、Hanergyはすべての従業員を対象にしたHIVと差別に関する研修を実施し、会社の採用方針にも差別をしないことを明確にしています」

南アフリカの差別ゼロデー記念式典でも民間企業は重要な役割を担っている。長年にわたりUNAIDSと協力関係を結んできたスタンダード銀行がソーシャルメディアを活用しているのだ。ほぼ350万の加入者を有するマラウイの最大の携帯電話サービスプロバイダー、Airtelは3月1日に差別ゼロ促進のためのメッセージを受け付ける。ミャンマーでは、2つのプロサッカーチームが、ミャンマーナショナルリーグ、連盟と協力し、ヤンゴンのスタジアムで行われる試合中に差別ゼロの支援を誓約する。ベラルーシのミンスクでは, 地元で差別ゼロを促進するための若者の対話集会が開催され、ポップ歌手のTeoも参加する。ホンジュラスのサンペドロスラでも、HIV陽性者やレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの人々が計画している同様の集会が中央公園で開かれる。



Zero Discrimination Day to be celebrated 1 March 2014

GENEVA, 27 February 2014—UNAIDS Executive Director Michel Sidibé launched the Zero Discrimination Day on 27 February with a major event in Beijing, China supported by the China Red Ribbon Foundation, Hanergy Holding Group, Chinese government, civil society and celebrities. Similar events are planned for the days leading up to 1 March 2014 in countries around the world. Zero Discrimination Day is a call to people everywhere to promote and celebrate everyone’s right to live a full life with dignity—no matter what they look like, where they come from or whom they love. The symbol for Zero Discrimination is the butterfly, widely recognized as a sign of transformation.

At the Zero Discrimination Day event in Beijing, Li Hejun, Chairman and CEO of Hanergy Holding Group; Gu Yanfen, General Secretary of the China Red Ribbon Foundation; and Mr Sidibé delivered opening remarks. James Chau, news anchor for the China Central Television and UNAIDS National Goodwill Ambassador, moderated a panel discussion on discrimination. The event ended with more than 30 business leaders signing a pledge to eliminate discrimination in the workplace.

“The AIDS response itself has taught the world tremendous lessons in tolerance and compassion,” Mr Sidibé said. “We know that both the right to health and the right to dignity belong to everyone. Working together, we can transform ourselves, our communities and our world to reach zero discrimination.”

Working with Nobel Peace Prize winner and UNAIDS Global Advocate for Zero Discrimination Daw Aung San Suu Kyi, UNAIDS launched the #zerodiscrimination campaign in December 2013 on World AIDS Day.

“People who discriminate narrow the world of others as well as their own,” said Daw Aung San Suu Kyi. “I believe in a world where everyone can flower and blossom.”

Many international celebrities have joined the call for zero discrimination, recording video messages and taking photographs with the butterfly sign. The personalities include UNAIDS Goodwill Ambassador Annie Lennox, international football star David Luiz, actress and activist Michelle Yeoh and HSH Princess Stephanie of Monaco.

“Hanergy recognizes the right of all employees to live a life of dignity, free from discrimination,” said Mr Li. “With the support of UNAIDS, Hanergy has worked to expand staff training on HIV and discrimination for all employees, and has integrated anti-discrimination content into company recruitment policies.”

The private sector is also playing an important part in commemorating Zero Discrimination Day in South Africa, where as part of a longstanding partnership with UNAIDS, the Standard Bank is conducting a social media drive around the day. The almost 3.5 million subscribers of Airtel, the largest mobile telephone service provider in Malawi will receive a message promoting zero discrimination on 1 March. In Myanmar, two major football teams in collaboration with the Myanmar National Football League and Federation will make a pledge supporting zero discrimination during a match at the national football stadium in Yangon. In Minsk, Belarus, an interactive dialogue on promoting zero discrimination in the region will take place with young people; participants will include pop singer Teo. A similar event organized by people living with HIV as well as lesbians, gays, bisexuals and transgender people will take place in a central park in the city of San Pedro Sula, Honduras.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
差別ゼロデーを2014年3月1日に実施 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる