エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS UNAIDSとアウンサンスーチーさんが差別ゼロキャンペーン開始を宣言 差別ゼロデーの新設を発表

<<   作成日時 : 2013/12/03 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(解説) 来年の国際エイズ会議の開催都市であるメルボルンで開かれた世界エイズデー式典で、アウンサウンスーチーさんと国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長が「差別ゼロキャンペーン」の開始を宣言しました。毎年3月1日を差別ゼロデーとすることも発表されました。UNAIDSは「3つのゼロ」を実現すべきビジョンとして掲げていますが、「新規感染ゼロもエイズ関連の死亡ゼロも、差別ゼロに向けて闘わない限り、実現不可能」というごくごく当然な認識に到達したようです。アウンサウンスーチーさんは「すべての人が心を開き、理解し合い、差別を終わらせる動きに加わってください」と呼びかけています。UNAIDSのプレスレリースの日本語仮訳です。



UNAIDSとアウンサンスーチーさんがオーストラリアで差別ゼロキャンペーン開始を宣言
差別ゼロ国際デーの新設を発表
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2013/december/20131201zerodiscrimination/

【メルボルン 2013年12月1日】 国連合同エイズ計画(UNAIDS)、およびノーベル平和賞受賞者でUNAIDSの差別ゼロ運動提唱者であるアウンサウンスーチーさんが、2013年世界エイズデーを機に差別ゼロ(#zerodiscrimination)キャンペーンの開始を宣言し、世界に変革を呼びかけた。2014年3月1日を第1回差別ゼロデーと定め、差別ゼロ実現に向けた変革の象徴に蝶を採用している。

「私はすべての人が花開き、咲き誇る世界が来ることを確信しています。どんな人であるかに関わりなく、尊厳ある生活を送ることができるよう、みんなで変化を生み出していきましょう」とアウンサウンスーチーさんは語った。「すべての人が心を開き、理解し合い、差別を終わらせる動きに加わってください」

アウンサンスーチーさんとUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は1日、オーストラリアのメルボルンで世界エイズデー式典に参加し、差別ゼロキャンペーンを発表した。

「社会として、そして個人として、私たちはHIVの感染を減らし、HIV陽性者が偏見や差別を受けることなく、社会生活を送れるようにするための努力を続けていかなければなりません」とオーストラリアのホン・ピーター・ダットン保健相は述べた。

「新規感染ゼロもエイズ関連の死亡ゼロも、差別ゼロに向けて闘わない限り、実現不可能であることを私たちは承知しています」とシデベ事務局長はいう。「差別ゼロ国際デーは、すべての人が尊厳をもって、完全かつ生産的な人生を生きる権利を有しているということを高らかに呼びかけるものです」

差別はさまざまなかたちで人々の生活に影響を与える。

エイズ対策について言えば、HIV陽性者および感染の高いリスクにさらされているキーポピュレーションに対する差別は、HIVサービスへのアクセス拡大を妨げる大きな障壁となっている。各国の調査では、HIV陽性者7人に1人が医療へのアクセスを拒否され、10人中1人以上がHIVに感染していることを理由に就労を拒否されているという。

アウンサンスーチーさんは「心を開き、理解し合い、差別ゼロをみんなで実現しよう」というメッセージの公共宣言(PSA)を録音した。キャンペーンでは、このPSAを公式サイトとソーシャルメディアで伝え、世界中の人に対し、会話と行動に加わることを呼びかけていく。

この運動は12月10日の国際人権デーまでを第一段階とし、その後1カ月で新設される差別セロデーまでの動きを構築していく。

2012年末の推計
 世界のHIV陽性者数     3530万人(3220万人〜3880万人)
 年間新規HIV感染者数   230万人(190万人〜270万人)
年間エイズ関連志望者数 160万人(140万人〜190万人)




UNAIDS and Daw Aung San Suu Kyi launch #zerodiscrimination campaign in Australia
New international day for Zero Discrimination announced

Melbourne, 1 December 2013—On the occasion of World AIDS Day 2013, the United Nations Joint Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) and Nobel Peace Prize Winner and UNAIDS Global Advocate for Zero Discrimination Daw Aung San Suu Kyi are launching the #zerodiscrimination campaign calling for a global transformation. The initiative will launch the new Zero Discrimination Day on 1 March 2014, adopting the butterfly as the transformative symbol for zero discrimination.

“I believe in a world where everyone can flower and blossom. We can all make a difference by reaching out and letting people lead a life of dignity irrespective of who they are,” said Daw Aung San Suu Kyi. “I invite everyone to Open up, Reach out and end discrimination.”

Daw Aung San Suu Kyi and UNAIDS Executive Director Michel Sidibé announced the Zero Discrimination campaign during a World AIDS Day event in Melbourne, Australia.

“As communities and individuals we must continue to take action to reduce transmission of HIV and ensure that people living with HIV can participate fully in the life of the community, free from stigma and discrimination,” said Australia's Minister for Health, the Hon Peter Dutton.

“We recognize that getting to zero new HIV infections and zero AIDS-related deaths will be impossible without striving towards zero discrimination,” said Mr Sidibé. “On Zero Discrimination Day, we will celebrate the rights of everyone to live a full and productive life with dignity”.

Discrimination can affect people in many ways in their lives.

For the AIDS response, discrimination towards people living with HIV and key populations at higher risk of HIV is a major obstacle to expanding access to HIV services. Country surveys found that 1 in 7 people living with HIV have reportedly been denied access to healthcare and more than 1 in 10 people living with HIV have been refused employment because of their HIV status.

Daw Aung San Suu Kyi has taped a public service announcement (PSA) with the message “Open up, Reach out. Together we can reach zero discrimination.” Through the PSA, a campaign web page and social media outreach, the campaign asks people around the world to join the conversation and take action.

The initial phase of the initiative will continue until December 10 – International Human Rights Day and will then build momentum in the month leading up to the new Zero Discrimination Day.

In 2012, an estimated:
35.3 million [32.2 million – 38.8 million] people globally were living with HIV
2.3 million [1.9 million – 2.7 million] people became newly infected with HIV
1.6 million [1.4 million – 1.9 million] people died from AIDS-related illnesses

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第64号(2013年12月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第64号(2013年12月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2014/01/08 00:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
UNAIDSとアウンサンスーチーさんが差別ゼロキャンペーン開始を宣言 差別ゼロデーの新設を発表 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる