エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界のエイズの流行に関する2013年UNAIDS報告書

<<   作成日時 : 2013/09/24 02:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)が2012年末時点での世界のエイズの流行の現状に関する報告書を発表しました。そのプレスレリースの日本語仮訳です。報告書の中で示されているHIV陽性者数や新規感染、死者数などの推計は例年なら12月1日の世界エイズデーの何日か前に発表されるのですが、今年は国連総会でポストミレニアム開発目標(MDGs)の議論が佳境に入るところから、総会のスタートにあわせて発表したようです。推計はもちろん、科学的な分析に基づくものなのでしょうが、発表の時期もあわせて考えると、どうしても思惑を深読みしたくなる内容ではあります。


子供のHIV新規感染が2001年当時より52%減少、大人と子供の合計でも33%減 UNAIDSが報告

ミレニアム開発目標の目標6のうち「世界のエイズの流行の拡大を抑え、縮小に転じる」は実現に迫る。ただし、HIV治療へのユニバーサルアクセス達成へのレースは続く
 http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2013/september/20130923prunga/

ジュネーブ 2013年9月23日 ― 世界の指導者が国連総会でミレニアム開発目標の進捗状況を検証するのにあわせて国連合同エイズ計画(UNAIDS)が新たな報告書を発表し、HIV/エイズ分野に関しては2015年の世界目標実現に大きく近づいていることを明らかにした。

大人と子供を合計した2012年の年間の新規HIV感染は推定230万件で、2001年当時より33%の減少となっている。2012年の子供の新規感染は26万件で2001年と比べると52%の減。抗レトロウイルス治療へのアクセスが拡大したことから、エイズ関連の死者もピークだった2005年より30%減っている。

2012 年末までに低・中所得国では970万人が抗レトロ ウイルス治療を受けられるようになった。わずか1年で20%近い増加である。国連加盟国は2011年の国連総会の特別会合で、2015年までに1500万人のHIV陽性者に抗レトロウイルス治療のアクセスを確保するとの目標に合意していた。しかし、各国が治療のカバー率を大きく向上させ、抗レトロウイルス治療が予防にも効果をもたらすとするエビデンス(根拠)も示されたことから、世界保健機関(WHO)は新たな治療ガイドライン(手引き)を設定し、抗レトロウイルス治療を直ちに開始する必要のあるHIV陽性者の数はさらに1000万人以上、増えることになった。

「2015年までに1500万人にHIV治療を提供するという目標を実現するだけでなく、必要な治療を受けられない人が誰もいなくなるというビジョンを実現するまで、私たちは努力を続けていかなければならない」とUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は述べた。

HIVに感染している結核患者に対する治療は大きな成果をあげ、結核に関連したHIV陽性者の年間死亡件数は2004年当時より36%も減少している。

HIV/エイズ対策への国際的な資金拠出は2008年と同レベルのままにとどまっているが、低・中所得国のHIVに関する国内支出は増加しており、2012年には世界のHIV/エイズ対策資金の53%をまかなうようになっている。2012年段階でHIV/エイズ対策に利用可能な世界の資金は年間189億ドルに達しているが、 2015年までの毎年の必要額は推定220億〜240億ドルなので、年間で30億〜50億ドル不足していることになる。

新たなHIV推計とともに、世界のエイズの流行に関するUNAIDSの2013年報告書は、国連加盟国が2011年に採択した国連のHIV/エイズに関する政治宣言の10項目の具体的な目標について、達成状況を検証している。

報告書によると、人権の尊重やHIV感染の高いリスクにさらされている人たち、とりわけ薬物使用者のHIVサービスへのアクセス確保、HIV感染のキーファクターとなる女性と女児への暴力の防止といった分野に関しては達成状況が極めて悪い。ジェンダーの不平等、懲罰的法律や差別的な行為が依然として各国のHIV対策の障壁となっており、最も必要性の高い人たちへのHIVサービスの提供拡大を妨げるこうしたしつこい障壁を取り除くためには一致した対応で臨む必要がある。

世界のエイズの流行に関する2013年UNAIDS報告書は unaids.org で見ることができる。

2012年末現在の世界推計

 HIV陽性者数      3530万人(3220万〜3880万人)
 年間新規HIV感染    230万人(190万〜270万人)
 年間エイズ関連死者数   160万人(140万〜190万人)



UNAIDS reports a 52% reduction in new HIV infections among children and a combined 33% reduction among adults and children since 2001
World closing in on Millennium Development Goal 6, globally the AIDS epidemic has been halted and reversed—race is on to reach universal access to HIV treatment.

GENEVA, 23 September 2013—As world leaders prepare to meet at the United Nations General Assembly to review progress towards the Millennium Development Goals—a new report from the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) shows dramatic acceleration towards reaching 2015 global targets on HIV.

New HIV infections among adults and children were estimated at 2.3 million in 2012, a 33% reduction since 2001. New HIV infections among children have been reduced to 260 000 in 2012, a reduction of 52% since 2001. AIDS-related deaths have also dropped by 30% since the peak in 2005 as access to antiretroviral treatment expands.

By the end of 2012, some 9.7 million people in low- and middle-income countries were accessing antiretroviral therapy, an increase of nearly 20% in just one year. In 2011, UN Member States agreed to a 2015 target of reaching 15 million people with HIV treatment. However, as countries scaled up their treatment coverage and as new evidence emerged showing the HIV prevention benefits of antiretroviral therapy, the World Health Organization set new HIV treatment guidelines, expanding the total number of people estimated to be in need of treatment by more than 10 million.

“Not only can we meet the 2015 target of 15 million people on HIV treatment—we must also go beyond and have the vision and commitment to ensure no one is left behind,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS.

Significant results have also been achieved towards meeting the needs of tuberculosis (TB) patients living with HIV, as TB-related deaths among people living with HIV have declined by 36% since 2004.

Despite a flattening in donor funding for HIV, which has remained around the same as 2008 levels, domestic spending on HIV has increased, accounting for 53% of global HIV resources in 2012. The total global resources available for HIV in 2012 was estimated at US$ 18.9 billion, US$ 3-5 billion short of the US$ 22-24 billion estimated to be needed annually by 2015.

As well as outlining new global HIV estimates, the 2013 UNAIDS Report on the global AIDS epidemic reviews progress on ten specific targets which were set by United Nations Member States in the 2011 UN Political Declaration on HIV and AIDS.

The report finds that progress has been slow in ensuring the respect of human rights, securing access to HIV services for people most at risk of HIV infection, particularly people who use drugs, and in preventing violence against women and girls––a key factor in vulnerability to HIV. Gender inequality, punitive laws and discriminatory actions are continuing to hamper national responses to HIV and concerted efforts are needed to address these persistent obstacles to the scale up of HIV services for people most in need.

The 2013 UNAIDS Report on the global AIDS epidemic is available on line at unaids.org

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界のエイズの流行に関する2013年UNAIDS報告書 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる