エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 《国連合同エイズ計画(UNAIDS)と国際オリンピック委員会(IOC)が協力を強化》

<<   作成日時 : 2013/09/10 01:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 五輪とエイズ対策について、国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトを検索したら、2010年10月26日付で《国連合同エイズ計画(UNAIDS)と国際オリンピック委員会(IOC)が協力を強化》というFeature storyが掲載されていました。その日本語仮訳です。


国連合同エイズ計画(UNAIDS)と国際オリンピック委員会(IOC)が協力を強化
2009年10月26日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2009/october/20091026ioc/

国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長は本日、スイスのローザンヌにある国際オリンピック委員会(IOC)の本部を訪れ、ジャック・ロゲ会長と会談した。

UNAIDSとIOCは2004年に調印した合意文書により、エイズ対策におけるスポーツ組織の役割強化のために長期的な協力関係を維持することを約束している。2つの組織はまた、コーチ、選手、およびスポーツ・パーソナリティらにエイズ対策への理解を深めてもらうための活動に協力して取り組むことになった。

2005年には、HIV予防のプログラム作りに関する実用的な情報や国際的なスター選手からのメッセージなどを集めたHIV予防のためのツールキットが作られている。HIV陽性のスターもその中には含まれている。ツールキットはフランス語、ポルトガル語、中国語、ロシア語、スワヒリ語、スペイン語に翻訳され、アラビア語の翻訳も2010年に出される予定になっている。

その後、IOCが地域レベルでHIVとスポーツに関するワークショップを数回にわたって主催し、ツールキットの翻訳版の発行を記念するイベントも開かれるなど協力関係は広がっている。

この日の会合でミシェル・シデベ事務局長は、HIVの流行に対し、各国オリンピック委員会が対策の実施主体になるようIOCが強く求めてきたことに感謝の意を表明した。

シデベ事務局長はIOCの実績を讃えて、HIV対策におけるこうしたかたちでのパートナーシップの重要性を強調した。「オリンピックムーブメントの中核となる友情、卓越、尊敬の価値観に基づき、ポジティブな変化を促していくためのIOCとUNAIDSの協力関係がますます拡大することを楽しみにしています」

「2つの組織はこれまでもしっかりとした協力関係で積み重ねてきましたが、今後はそれがより一層、強固になるでしょう」とジャック・ロゲ会長は語った。「IOCとUNAIDSはともに、できるだけ多くの若者に手を差し伸べようとしてきました。世界中で教育、およびHIV & AIDSの予防のための強力なツールとしてスポーツを活用することは、私たちの共通の目標です」とロゲ会長は続けた。

流行が社会に広く拡大している国々では、コミュニティに基盤を置くスポーツ組織、および非政府組織は、専門的な技術を持つ人々やボランティアなどが病気で倒れたときに交換がきかないことから、とりわけHIVの影響を受けやすくなる。

UNAIDSとIOCの協力関係は、2008年の北京五輪ではとりわけ大きな成功を収めた。「安全にプレーし、HIV感染の拡大を止めよう。あなたの周りの世界を守る。そのための役割を果たそう」という北京五輪のキャンペーンは、IOCと北京五輪組織委員会、UNAIDSが共同で企画し、実行したものだ。

キャンペーンで注目されたのは、五輪会場の建設現場で働く出稼ぎ労働者を対象にしたUNAIDSと民間のパートナーによるHIV啓発活動だった。UNAIDSは9つの国連機関と赤十字社、マリー・ストープス・インターナショナル、HIV陽性者グループを動員し、HIV予防、および偏見、差別との闘いを呼びかけるために7000人の五輪ボランティアを養成した。

北京五輪では啓発活動として、約10万人のボランティアの若者を対象にHIVと性の健康に関する情報を提供した。選手村では、良質のコンドーム10万個、およびHIV予防や差別と闘いに理解を求めるリーフレット5万枚がパッケージにして配布された。

会合の中でシデベ事務局長はまた、ニューヨークの国連総会でIOCが常任のオブザーバーの地位を得たことに祝意を表わした。この決定は、IOCが国連ミレニアム開発目標(MDGs)の達成に向けてスポーツを活用し、多大な貢献を果たしてきたことに敬意を表してなされたものだ。

シデベ事務局長とロゲ会長は2010年のバンクーバー冬季五輪、シンガポール・ユース五輪、2012 年のロンドン夏季五輪の活動協力についても話し合った。

ロンドン五輪関連のIOCとUNAIDSの協力も、HIV予防、およびHIVにまつわる偏見や差別との闘いに焦点が当てられることになる。IOCとUNAIDSが力を合わせれば、変化を生みだし、オリンピックの価値観を促進し、希望を育てていくことができるであろう。




UNAIDS and International Olympic Committee strengthen partnership
26 October 2009

UNAIDS Executive Director Michel Sidibé earlier today met with Jacques Rogge, the President of the International Olympic Committee (IOC) at its headquarters in Lausanne, Switzerland.

UNAIDS and IOC have a long standing partnership to enhance the role of sports organisations in the AIDS response which was formalized in the Memorandum of Understanding singed in 2004. The two organizations have also collaborated in efforts to raise AIDS awareness with coaches, athletes and sports personalities.

In 2005, an HIV prevention toolkit was developed which features practical information on HIV prevention programming and includes messages from international sports’ stars, some of whom are living with HIV. The tool kit has been translated into French, Portuguese, Chinese, Russian, Swahili and Spanish, with an Arabic version planned for 2010.

The partnership has since developed into a range of joint initiatives including the sponsoring by IOC of several regional workshops on HIV and sport, and a series of events to launch the translated versions of the toolkit.

At the meeting, Michel Sidibé thanked the IOC for the role played by IOC on HIV advocacy leveraging the National Olympic Committees as implementing arms of the IOC in responding to the HIV epidemic.

Praising the work of the IOC, Michel Sidibé stressed the importance of partnerships like this one for the HIV response. “I look forward to the growing relationship between IOC and UNAIDS. By working together in the spirit of the core values of the Olympic Movement—friendship, excellence and respect—we can be a force for positive change.”

The partnership between our two organisations has been strong in the past and will be even stronger in the future,” said Jacques Rogge, the President of the International Olympic Committee (IOC). “The IOC and UNAIDS both try to reach out to as many young people as possible. It is our common goal to use sport as a powerful tool in the education about and the prevention of HIV & AIDS across the globe," Mr Rogge continued.

In countries with generalized epidemics, community based sports organizations and non-governmental organizations are particularly vulnerable to the impact of HIV, given that they often rely on people with specialized skills and volunteers who can be difficult to replace should they fall ill.

The partnership between UNAIDS and the IOC was particularly successful around the 2008 Olympic Games in Beijing. The “Play Safe – Help Stop HIV – Play your part in protecting the world around you” campaign for the Beijing games, was jointly planned and executed by the IOC, the Beijing Organizing Committee for the Games of the XXIX Olympiad and UNAIDS.


Highlights of the campaign include HIV awareness raising activities targeting migrant workers at construction sites of the Olympic venues supported by UNAIDS and a private partner. UNAIDS mobilized nine UN agencies, the Red Cross, Marie Stopes International as well as groups of people living with HIV, to train 7,000 Olympic volunteers on HIV prevention and countering stigma and discrimination.


The activities reached close to 100,000 young people that had volunteered for the Beijing Olympics with information about HIV and sexual health. 100,000 high quality condoms packaged in 50,000 leaflets with information on HIV prevention and anti-discrimination were made available in the clinics in the Olympic Villages.

During the meeting Mr Sidibé also congratulated the IOC on having been granted permanent observer status to the United Nations General Assembly in New York. The decision pays tribute to the IOC’s efforts to contribute to the achievement of the UN Millennium Development Goals by using sport as a tool, the IOC and its partners implement various activities across the globe

At the meeting, Mr Sidibé and Mr Rogge also discussed future joint activities at the Vancouver 2010 Winter Games, Singapore 2010 Youth Olympic Games and London 2012 Summer Games.

The forthcoming collaboration between IOC and UNAIDS around the London Games will focus on HIV prevention as well as countering stigma and discrimination around HIV. Together IOC and UNAIDS can make a difference and promote the Olympic values and instill hope.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
《国連合同エイズ計画(UNAIDS)と国際オリンピック委員会(IOC)が協力を強化》 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる