エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年世界エイズデーUNAIDS報告書「Results」 プレスレリース

<<   作成日時 : 2012/11/21 16:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)が20日、世界エイズデーに向けた報告書「Results」を発表しました。
 http://www.unaids.org/en/resources/campaigns/20121120_globalreport2012/
 グラフや写真などを多数使用した48ページの「RESULTS」、108ページからなる「Global Report」および「Annex」(準備中)、「Fact Sheet」「Epidemiology Slide」などかなり盛りだくさんです。とりあえずプレスレリースの日本語仮訳を作成しました。



世界のエイズ対策は目標達成の締め切りまであと1000日、その中でHIV新規感染が25カ国で50%以上減少 国連合同エイズ計画(UNAIDS)が報告

抗レトロウイルス治療を受ける人の数はこの24カ月で63%増、2011年のエイズ関連死者数は2005年当時と比べ25%以上減少


【ジュネーブ 2012年11月20日】 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の世界エイズデー最新報告書「Results」は、エイズ対策のかつてない進展により、多くの人が救われる「結果」が生み出されていることを示した。報告書によると、HIVの新規感染が50%以上減少した低・中所得国は25カ国あり、その半数以上がエイズの流行に最も深刻な打撃を受けているアフリカ地域の国々である。

HIV陽性率が世界でも最も高い数カ国において、HIV新規感染が2001年以降、劇的に減少している。マラウイで73%、ボツワナで71%、ナミビアで68%、ザンビアで58%、ジンバブエで50 %、南アフリカとスワジランドで41%である。

HIV予防におけるこの歓迎すべき成果に加え、サハラ以南のアフリカでは年間のエイズ関連の死亡者数も過去6年で3分の1減少し、抗レトロウイルス治療を受ける人の数 は過去2年で59%増加している。

「進展のペースは速まっています。これまで10年かかっていたものが、いまは24カ月で達成されています」とUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は語る。「私たちはこれまでよりも速く、そして賢く対策の規模を拡大させています。政治の意思と後押しがあれば、2015年の共通目標達成は可能であることを証明するものです」

たとえば、南アフリカではHIV治療がこの2年間で75%拡大し、170万人が生命を救う治療を受けられるようになった。新たなHIV感染はその2年の間に5万件以上減っている。この間、南アフリカはエイズ対策への国内投資を16億ドルに増やし、低・中所得国では最も大きな額となっている。

報告書はまた、各国が国内資金を増やすかたちで責任を分担しようとしていることも明らかにしている。2001年と2011年との比較で、国内投資を50%以上増やしている国は81カ国を超えている。エイズ対策の新たな成果は、ミレニアム開発目標(MDGs)と国連のHIV/エイズ政治宣言の2015年目標まで1000日を切る中でもたらされたものだ。


小児の新規HIV感染の減少

最も大きな成果が見られたのはおそらく、小児の新規HIV感染の減少だろう。過去2年間に減少した世界全体の新規HIV感染の半分は、新生児の感染だった。「子供の新規HIV感染ゼロは達成可能なことが明らかになろうとしている」とシデベ事務局長はいう。「HIVに感染して生まれる赤ちゃんが大きく減っていることに興奮している。私たちは絶望から希望へと移行しようとしている」

過去2 年で、小児の新規HIV感染は24%減少している。ブルンジ、ケニア、ナミビア、南アフリカ、トーゴ、ザンビアの6カ国では、2009年から2011年の間に新規にHIV に感染する小児の数は少なくとも40%減っている。


エイズ関連の死者の減少

報告書は抗レトロウイルス治療が救命の強力な手段となっていることを示している。過去24カ月の間に治療を受ける人の数が世界全体で63%増えている。サハラ以南のアフリカでは、過去最高の230万人が治療へのアクセスを得ている。中国では昨年だけで、HIV治療を受ける人の数が50%近く増加している。

2005年に比べると2011年のエイズ関連の死者数は50万人以上減っている。最も大きくエイズ関連の死亡が減少したのは、HIV感染の流行が最も深刻な国々だった。2005年と比べると、南アフリカで10万人、ジンバブエで約9万人、ケニアで7万1 000人、エチオピアで4万8000人も年間の死者数が減少している。

結核 (TB)関連によるHIV陽性死者数の減少も印象的だ。過去24カ月で結核によるエイズの死者数は13%の減少が見られた。HIVと結核の重感染者で抗レトロウイルス治療を受けられるようになった人の数が記録的に増えたからだ。45%も増加している。報告書は結核関連のエイズによる死者を減らすためにさらに努力する必要があることを認めている。


投資の拡大

困難な経済情勢にもかかわらず、各国がエイズ対策への投資を増やしていることを報告書は明らかにしている。世界全体では2015年までに毎年、必要な資金の30%が不足している。2011年の場合、168億ドルの資金が利用可能だったが、2015年までの必要額は毎年 220億から240億ドルである。

2011年には、低・中所得国の国内投資が、史上初めてHIV対策の国際援助額を上回っている。しかし、過去数年は横ばい状態にあるとはいえ、多くの国で国際資金が重要なライフラインであることは依然として変わらない。サハラ以南のアフリカの33カ国中26カ国では、国際支援がHIV対策への投資の半分以上を占めている。HIV分野の全国際援助額の48%は米国からの資金であり、世界エイズ・結核・マラリア対策基金とあわせ、HIV治療の最も大きな資金拠出者となっている。各国はHIV治療プログラムに対する国際援助への高い依存度を減らしていかなければならない。


あと1000日

治療が必要なのにそのアクセスがない人の数は世界で推定680万人に上っている。さらに400万組の感染状態不一致カップル(パートナーの一方がHIV陽性者)もHIV治療で他方のパートナーの感染を防ぐという利益を得られるとUNAIDSは推定している。

3400万のHIV陽性者のうち、ほぼ半数は自分の感染を知らないでいる。より多くの人が自らの感染を知るようになれば、HIVサービスを利用できるようになると報告書は指摘している。

加えて、HIV治療の定着率を向上させること、第2第3の治療薬の組み合わせによる費用を減らすこと、各国の治療薬の国内生産や革新的資金調達など治療のアクセスの;拡大と維持のための新たな方法を探ることも緊急に必要となっている。

HIV感染予防の進展には希望が持てるものの、年間の新規HIV感染数は2011年時点で250万件と依然として高い。世界の新規HIV感染を減らすには、コンビネーションHIV予防サービスの規模を拡大する必要があることを報告書は概説している。たとえば、東部、南部アフリカでは、割礼手術を自発的に受ける男性を増やすことで、2025 年までに新規HIV感染の5件中1件を防ぐ可能性があると推定されている。

報告書は、HIVがセックス ワーカー、男性とセックスをする男性、薬物注射をする人の間で際だって大きな影響を与え続けることを示している。しかし、HIV予防および治療のプログラムの多くは、これらのキーポピュレーションに届いていない。

「各国がHIV検査と治療へのアクセス拡大を加速させるための支援にUNAIDSは焦点を当てていく。迅速かつ大規模な規模拡大が可能なことはもう分かっている。重要なHIVサービスがキーポピュレーションに届くよう努力していかなければならない」とシデベ事務局長は述べている。

2011年の推計
 世界のHIV陽性者数   3400万人(3140万〜3590万人)
 年間新規HIV感染者数  250万人(220万〜280万人)
 エイズ関連の年間死者数 170万人(150万〜190万人)




UNAIDS reports a more than 50% drop in new HIV infections across 25 countries as countries approach the 1000 day deadline to achieve global AIDS targets

In addition, the number of people with access to antiretroviral therapy increased by 63% in the last 24 months—AIDS-related deaths fell by more than 25% between 2005 and 2011 globally.


GENEVA, 20 November 2012—A new World AIDS Day report: Results, by the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS), shows that unprecedented acceleration in the AIDS response is producing results for people. The report shows that a more than 50% reduction in the rate of new HIV infections has been achieved across 25 low- and middle-income countries––more than half in Africa, the region most affected by HIV.

In some of the countries which have the highest HIV prevalence in the world, rates of new HIV infections have been cut dramatically since 2001; by 73% in Malawi, 71% in Botswana, 68% in Namibia, 58% in Zambia, 50% in Zimbabwe and 41% in South Africa and Swaziland.

In addition to welcome results in HIV prevention, sub-Saharan Africa has reduced AIDS-related deaths by one third in the last six years and increased the number of people on antiretroviral treatment by 59% in the last two years alone.

“The pace of progress is quickening—what used to take a decade is now being achieved in 24 months,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “We are scaling up faster and smarter than ever before. It is the proof that with political will and follow through we can reach our shared goals by 2015.”

For example, South Africa increased its scale up of HIV treatment by 75% in the last two years—ensuring 1.7 million people had access to the lifesaving treatment—and new HIV infections have fallen by more than 50 000 in just two years. During this period, South Africa also increased its domestic investments on AIDS to US$ 1.6 billion, the highest by any low- and middle-income country.

The report also shows that countries are assuming shared responsibility by increasing domestic investments. More than 81 countries increased domestic investments by 50% between 2001 and 2011. The new results come as the AIDS response is in a 1000 day push to reach the Millennium Development Goals and the 2015 targets of the UN Political Declaration on HIV/AIDS.


Declining new HIV infections in children

The area where perhaps most progress is being made is in reducing new HIV infections in children. Half of the global reductions in new HIV infections in the last two years have been among newborn children. “It is becoming evident that achieving zero new HIV infections in children is possible,” said Mr Sidibé. “I am excited that far fewer babies are being born with HIV. We are moving from despair to hope.”

In the last two years, new HIV infections in children decreased by 24%. In six countries––Burundi, Kenya, Namibia, South Africa, Togo and Zambia––the number of children newly infected with HIV fell by at least 40% between 2009 and 2011.


Fewer AIDS-related deaths
The report shows that antiretroviral therapy has emerged as a powerful force for saving lives. In the last 24 months the numbers of people accessing treatment has increased by 63% globally. In sub-Saharan Africa, a record 2.3 million people had access to treatment. China has increased the number of people on HIV treatment by nearly 50% in the last year alone.

There were more than half a million fewer deaths in 2011 than in 2005. The largest drops in AIDS-related deaths are being seen in countries where HIV has the strongest grip. South Africa saw 100 000 fewer deaths, Zimbabwe nearly 90 000, Kenya 71 000 and Ethiopia 48 000 than in 2005.

Impressive gains were also made in reducing tuberculosis (TB) related AIDS deaths in people living with HIV. In the last 24 months, a 13% decrease in TB-related AIDS deaths was observed. This accomplishment is due to record numbers of people with HIV/TB co-infection accessing antiretroviral treatment—a 45% increase. The report recognizes the need to do more to reduce TB-related AIDS deaths.


More investments
The report shows that countries are increasing investments in the AIDS response despite a difficult economic climate. The global gap in resources needed annually by 2015 is now at 30%. In 2011, US$ 16.8 billion was available and the need for 2015 is between US$ 22-24 billion.

In 2011, for the first time ever, domestic investments from low- and middle-income countries surpassed global giving for HIV. However, international assistance, which has been stable in the past few years, remains a critical lifeline for many countries. In 26 of 33 countries in sub-Saharan Africa, donor support accounts for more than half of HIV investments. The United States accounts for 48% of all international assistance for HIV and together with the Global Fund for AIDS, Tuberculosis and Malaria provide the lion’s share of investments in HIV treatment. However, countries must take steps to reduce the high dependency on international assistance for HIV treatment programmes.


1000 days to go
An estimated 6.8 million people are eligible for treatment and do not have access. UNAIDS also estimates that an additional 4 million discordant couples (where one partner is living with HIV) would benefit from HIV treatment to protect their partners from HIV infection.

Of the 34 million people living with HIV, about half do not know their HIV status. The report states that if more people knew their status, they could come forward for HIV services.

In addition, there is an urgent need to improve HIV treatment retention rates; reduce the cost of second- and third-line treatment; and explore new ways of expanding and sustaining access to treatment, including domestic production of medicines and innovative financing.

Despite the encouraging progress in stopping new HIV infections, the total number of new HIV infections remains high—2.5 million in 2011. The report outlines that to reduce new HIV infections globally combination HIV prevention services need to be brought to scale. For example, scaling up voluntary medical male circumcision has the potential to prevent an estimated one in five new HIV infections in Eastern and Southern Africa by 2025.

The report shows that HIV continues to have a disproportionate impact on sex workers, men who have sex with men and people who inject drugs. HIV prevention and treatment programmes are largely failing to reach these key populations.

“UNAIDS will focus on supporting countries to accelerate access to HIV testing and treatment. Now that we know that rapid and massive scale up is possible, we need to do more to reach key populations with crucial HIV services,” said Mr. Sidibé.


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モンクレール ダウン
2012年世界エイズデーUNAIDS報告書「Results」 プレスレリース エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/ウェブリブログ ...続きを見る
モンクレール ダウン
2013/11/25 10:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年世界エイズデーUNAIDS報告書「Results」 プレスレリース エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる