エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 「同性愛嫌悪と懲罰的法律が依然、 HIV対策と人権を脅かし続けている」

<<   作成日時 : 2012/09/02 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説) 同性愛者を差別したり、犯罪として取り締まったりすることが有効なHIV/エイズ対策の実現を阻んでいる。米国をはじめ多くの国でエイズ対策が直面する課題として、このことが指摘されてきました。日本ではどうでしょうか。あまりそういう問題には深入りしたくないな、結局のところエイズの流行は治療の普及で解決すればいいんだ・・・などと思っている人もいるかもしれませんが、少なくとも大っぴらにそういうことを吹いて回るのははばかられるといった程度の自制は、一部を除けば働いているようです。UNAIDSの公式サイトには8月28日付けで、同性愛嫌悪と懲罰的法律をめぐる特集記事が掲載されています。その日本語仮訳です。


同性愛嫌悪と懲罰的法律が依然、 HIV対策と人権を脅かし続けている
2012 年 8 月 28 日 UNAIDS 特集記事
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2012/august/20120828punitivelaws/

世界の多くの地域で、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インター セックス(LGBTI)[1]の個人に対する懲罰的な法律や慣行によって、効果的なHIV対策が妨害を受けている。保健サービスの提供や集会の自由の否定から、迫害や暴力、殺人まで、様々な人権侵害事例が報告されている。

カメルーンでは先週、青年組織が反LGBT集会を開催したと報じられた。男性と性行為をする男性(MSM)が、その性的指向のために逮捕、拘留されるというニュースはここ数年、カメルーンでは何度もニュースとなってきた。

男性間の性行為を違法としているジンバブエでは2012年8月11日、ゲイとレズビアン・ジンバブエ(GALZ)がLGBT個人に対する人権侵害の記録を発刊したところ、メンバー44人が逮捕され、後に釈放された。-

ヨーロッパでは2012 年5月、国際レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー・インターセックス協会欧州支部(ILGAヨーロッパ)が公表したLGBTIの人々の人権状況に関する報告書の中で、多数の暴力、憎悪、差別事例が明記されている。

米国、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリアでの研究は、同性愛嫌悪に基づく深刻ないじめ事例が学校内で多数、発生していること、そしてそのいじめの被害者に対する学校側の支援が欠如していることを報告している。たとえば、最近の米国における調査では、LGBT の生徒の84%以上が名指しされたり、脅かされたりした経験を持ち、40 % が突き飛ばされたり、小突かれたりしている。また、18% の生徒は襲われて身体的な暴力を受けていた。

ロシアのいくつかの都市は最近、性的指向と性自認に関する情報を公にすることを禁止する法律を成立させている。ウクライナ議会は同様の法案を審議中だ。国連合同エイズ計画(UNAIDS) は、そのような法律はLGBT の人たちの集会や言論の自由を制限することで、彼らを支える組織の支援活動を困難にし、同性愛嫌悪に基づくいじめや暴力を正当化するために使われるだろうとしている。


憎悪や不安を助長する雰囲気

懲罰的な法律や慣行があると、性的少数者がHIV サービスを利用しようとはしなくなる。このことはエビデンスと経験で示されている。たとえば、セネガルで行われた調査によると、 2008年にLGBT 個人に対する刑事訴追と嫌がらせがあり、それがこれらの人たちの間に「恐怖と隠蔽の雰囲気」を広げていったという。また、研究によると、自らの安全を守れないという恐怖感から、男性と性行為をする男性(MSM)と協力してHIV予防に取り組む仕事を中断する保健医療従事者もいた。一方で、保健医療サービスの提供という仕事をその後も続けていた人たちは、MSMの参加が大幅に減少したことを認めている。

「性的指向や性自認、表現に基づく人権侵害は、LGBTIの人たちをさらにクローゼットへと追い込んでいく憎悪と恐怖の感情の聖域となっている」と人権擁護運動を続ける非営利組織「アフリカ男性のための性の健康と権利」(AMSHeR))のジョエル・ナナ事務局長は語る。「こうした侵害が健康を求める行動を妨げ、必要な保健サービスを求めることも拒絶し、MSMやトランスジェンダーの人たちの間でのHIV感染率の拡大を促すことになる」と彼は付け加えた。


トランスジェンダーの人たち、男性と性行為をする男性(MSM)の高い HIV 陽性率

世界の多くの地域で、男性と性行為をする男性、およびトランスジェンダーの人たちはHIV陽性率が高く、HIV感染の予防、治療、ケア、支援サービスのカバー率が低い。

サハラ以南のアフリカにおける最近の研究によると、男性と性行為をする男性のHIV陽性率は6%〜31%に達していた。アジアでは、男性と性行為をする男性が HIVに感染する確率は一般人口の約19倍となっている。ラテンアメリカでは、HIV感染の半数が男性間の感染防護策をとらない性行為の結果と推定されている。

トランスジェンダーの人たちを対象にした研究では、8%〜68%と極めて高いHIV陽性率を示している。恐怖を感じることなく、刑事罰や同性愛嫌悪などを心配せずにHIV 関連の情報やサービスが得られるようにならなければ、こうした状況に対応することはできない。

「世界の指導者たちは次第に、性的指向や性自認に基づいて差別をしたり、犯罪の対象としたりすることに反対を表明しています」とUNAIDS事務局のスーザン・ティンバーレイク人権・法律部長は語る。「たとえば、HIVと法律に関する世界委員会が7月に報告書を発表した時には、LGBTの人々を犯罪の対象とせず、エイズ対策の観点から保護することを強く呼びかけています」


いくつかの希望が持てる進展

後退している面がある一方で、平等性を確保し、性的少数者への差別をなくして保健サービスへのアクセスを保証するうえで希望が持てる動きも見られる。

チリの大統領は2012年7月12日、LGBTの人々に対するものも含めたヘイトクライム(憎悪に基づく犯罪) を罰するための反差別法に署名した。7年ほど前から検討されていたこの反差別法は、24 歳の男性同性愛者であるダニエル・ザムディオさんが(今年3月に)が残虐な暴行を受けて殺された事件によって、成立に向けた動きが加速している。

同性愛嫌悪およびトランスジェンダー嫌悪反対国際デーの2012年5月17日には、欧州地域国際教育機関、欧州労連教育委員会 (ETUCE)、欧州労連 (ETUC)、ILGAヨーロッパ委員会が、学校、職場、社会における反同性愛嫌悪、反トランスジェンダー嫌悪に対する闘いに向けた連携を各国レベル、欧州地域レベルで強化することを約束した。

フィジー政府は2010年2月、太平洋諸島諸国の中では初めて、公式に男性間の性行為を非犯罪化した。フィジーの新刑法は「ソドミー」と「不自然な行為」に関する条項を撤廃し、性犯罪への言及にはジェンダー中立的な言語を使用している。

2009年にはインドのデリー高裁が同性間の性関係を犯罪とすることは違憲との判断を示し、こうした扱いが「同性愛者、および男性とセックスをする男性を地下に潜らせ」、その結果として、警察からの嫌がらせを受けやすくなり、HIVサービスへのアクセスを阻んでいるとの見解を明らかにした。


国連による権利擁護のための行動

国連人権高等弁務官は2012年3月、性的指向や性自認に基づいた差別的な法律や慣行、およびLGBTの人たちに対する暴力行為を記録した報告書を第19回国連人権理事会に提出した。報告書は、全加盟国に対し、合意に基づく同性間の性関係を犯罪として扱うことをやめ、個人の表現、結社の自由をまもり、安全で差別がないかたちで平和的な集会を開くことができるようにすることを求めている。

昨年の国連総会エイズハイレベル会合で、国連加盟国は「有効かつ効果的で公平なHIVサービスの提供」を妨げるような法律や政策を見直すことを約束した。UNAIDS は、LGBTの人たちの人権を守り、健康に生活していくことを保障するため、全加盟国がこの約束を実行することを推奨している。

[1] "LGBTI"という頭文字は、性的指向および性自認が異性愛と異なり、そのために差別や暴力、その他の人権侵害にさらされる恐れがある人を総称している。記事中に示された情報やデータは、この頭文字で表されるすべてのグループにはあてはまらないこともある。



Homophobia and punitive laws continue to threaten HIV responses and human rights
28 August 2012

In many regions of the world, punitive laws and practices against lesbian, gay, bisexual and transgender and intersex (LGBTI)[1] individuals continue to block effective responses to HIV. A range of human rights violations have been documented, from denial of health services and freedom of association to harassment, violence and murder.

Last week, a youth organization in Cameroon is reported to have held an anti-LGBT rally; the news followed a series of arrests and detentions in recent years of Cameroonian men who have sex with men based on their sexual orientation.

In Zimbabwe, where sex between men is illegal, police officers arrested and later released 44 members of the organization Gays and Lesbians Zimbabwe (GALZ) on 11 August 2012 following the launch of a GALZ report documenting human rights violations of LGBT individuals.

In Europe, a report on the human rights situation of LGBTI people—published in May 2012 by the European Region of the International Lesbian, Gay, Bisexual, Trans and Intersex Association (ILGA-Europe)—documented many cases of violence, hatred and discrimination against LGBTI people.

Studies in the United States, Canada, Europe and Australia have documented high levels of homophobic bullying in schools and lack of support from school authorities. A recent study conducted in the United States, for example, found that more than 84% of young LGBT learners had been called names or threatened, 40% had been pushed or shoved, and 18% had been physically assaulted at school.

Several cities in the Russian Federation recently passed laws prohibiting public information on sexual orientation and gender identity. Similar legislation is pending before the Ukrainian parliament. UNAIDS believes such laws discriminate against LGBT people by curtailing their freedoms of assembly and speech, threaten HIV outreach organizations supporting them, and may be used to justify homophobic bullying and violence.


A ‘climate of hate and fear’

Evidence and experience have shown that punitive laws and practices drive sexual minorities away from HIV services. A study conducted in Senegal, for example, found that prosecutions and harassment of LGBT individuals in 2008 led to “pervasive fear and hiding” among members of these groups. According to the study, some health providers suspended their HIV prevention work with men who have sex with men out of fear for their own safety; those who continued to provide health services noted a sharp decline in participation by men who have sex with men.

"Human rights violations based on people's real or perceived sexual orientation, gender identity or expression sanction the climate of hate and fear that keeps LGBTI people further in the closets,” said human rights advocate Joel Nana, Executive Director of the non-profit organization African Men for Sexual Health and Rights (AMSHeR). “Such violations discourage health-seeking behaviour, deny access to key health services and sustain the increasing incidence of HIV infection among men who have sex with men and transgender people," he added.


High HIV prevalence among men who have sex with men, transgender people

In many regions of the world, men who have sex with men and transgender people experience high HIV prevalence and low coverage of HIV prevention, treatment, care and support services.

Recent studies from sub-Saharan Africa show that HIV prevalence among men who have sex with men ranges from 6% to 31%. In Asia, the odds of men who have sex with men becoming infected with HIV are nearly 19 times higher than in the general population. In Latin America, an estimated half of all HIV infections in the region have resulted from unprotected sex between men.

Studies among transgender people have shown disproportionately high HIV prevalence ranging from 8% to 68%. Without access to HIV information and services free of fear, criminal sanction and homophobia, these trends cannot be addressed.

“World leaders are increasingly speaking out against discrimination and criminalization on the basis of sexual orientation and gender identity,” said Susan Timberlake, Chief of the Human Rights and Law Division at the UNAIDS Secretariat. “In launching its report in July, for example, the Global Commission on HIV and the Law issued a strong call for decriminalization of LGBT people and their protection in the context of the AIDS response.”


Some positive developments

Despite setbacks, there are some encouraging developments in favour of equality, non-discrimination and access to health services for sexual minorities.

On 12 July 2012, the President of Chile signed into law an anti-discrimination law that punishes hate crimes, including against LGBT people. Introduced some seven years ago, the adoption of the anti-discrimination law gained momentum following the brutal murder of Daniel Zamudio, a 24-year-old homosexual man.

On the International Day Against Homophobia and Transphobia, 17 May 2012, the European Region of Education International, the European Trade Union Committee for Education (ETUCE), the European Trade Union Confederation (ETUC) and ILGA-Europe committed to strengthen their collaboration to prevent and combat homophobia and transphobia at national and European levels in school, the workplace and society.

In February 2010, the Government of Fiji became the first Pacific Island nation to formally decriminalize sex between men. Fiji’s new Crimes Decree removes previous references to “sodomy” and “unnatural acts” and uses gender neutral language when referring to sexual offences.

In 2009, the High Court of Delhi held that criminalization of same-sex relations is unconstitutional and that it “pushes gays and men who have sex with men underground,” leaving them vulnerable to police harassment and impeding access to HIV services.


UN advocacy and action

In March 2012, the UN High Commissioner for Human Rights presented a report at the 19th session of the UN Human Rights Council documenting discriminatory laws and practices and acts of violence against LGBT individuals based on their sexual orientation and gender identity. The report called on all countries to decriminalize consensual same-sex relations and to ensure that individuals can exercise their rights to freedom of expression, association and peaceful assembly in safety and without discrimination.


At last year’s UN General Assembly High Level Meeting on AIDS, UN Member States committed to reviewing laws and policies that adversely affect the “successful, effective and equitable delivery of HIV services.” UNAIDS encourages all countries to translate this commitment into action to protect the human rights and health needs of LGBT people.

[1] The acronym “LGBTI” is used as an umbrella short-hand for groups and/or individuals whose sexual orientation or gender identity differ from heterosexuality and who may be subject to discrimination, violence and other human rights violations on that basis. Information and data presented in this article may not apply equally to all the groups represented by this acronym.



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第49号(2012年9月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第49号(2012年9月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2012/11/08 23:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「同性愛嫌悪と懲罰的法律が依然、 HIV対策と人権を脅かし続けている」 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる