エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 「HIV陽性者とのパートナーシップ」 GIPAをどう考えるか

<<   作成日時 : 2012/08/13 13:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) HIV陽性者のより積極的な参加Greater involvement of people living with HIV (GIPA)という考え方は、1994年12月のパリ・エイズサミット共同宣言に盛り込まれ、世界のエイズ対策の大原則となっています。ただし、94年当時からすでに20年近くの歳月が経過しており、エイズ対策を取り巻く環境も大きく変化しています。GIPAも基本的な考え方は変わっていないのですが、そうした変化を反映して少しずつコンセプトの明確化がはかられてきた側面もあります。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されていた《HIV陽性者とのパートナーシップ》に現在のGIPAの考え方が説明されているように思うので、日本語に訳してみました。世界のHIV陽性者数は2009年末現在の推計が使われているところを見ると、作成は2010年でしょうか。「陽性者の健康、尊厳と予防」のコンセプトは大変、参考になります。


HIV陽性者とのパートナーシップ
http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/programmes/janbeagle/civilsociety/cs_B5L1_ptn.pdf

HIV陽性者 ― キーパートナー

 2009年現在の世界のHIV陽性者数は3330万人と推定されている。HIV陽性者は互いの状況を他の人よりよく分っていることが多く、適切な教育や相談、助言などを行える立場にある。HIV感染が発生している地域では、世界中どこでも、HIV陽性者が支援や政策を支持のための団体やネットワークを作っている。そうしたグループのメンバーは次第に、政策の策定や決定に自らの要請を反映させることができるようになっている。

 エイズの流行が広がって以来、HIV陽性者は対策の主要な推進役となってきた。HIV陽性者やエイズの流行に大きな影響を受けてきたコミュニティの大きな努力と専門的な知識や経験、政策支持活動などがなければ、エイズ対策は過去25年の間、わずかな進歩しか得られなかったであろう。適切な支援を受けることで、HIV陽性者はそれぞれの国や地域においてエイズ対策の企画、実行、評価の中心的な役割を担うことができる。また、そうならなくてはならない。こうした人々の参加がHIV陽性者と社会全体の幅広い協力を可能にし、他の人々にも行動を呼びかける機会が増えることで、エイズ対策に力を与え、迅速な対応を可能にし、プログラムを技術的に改善して適切なものにしてきた。


HIV陽性者のより積極的な参加(GIPA)

 HIV陽性者の個人的な経験はエイズ対策に生かすことができるし、生かさなければならないとの考え方は1983年、米国エイズ会議の「デンバー原則」ではじめて指摘された。

 42カ国が参加した1994年のパリ・エイズサミットではGIPA原則が公式に採択され、HIV陽性者およびHIV/エイズに影響を受けている人のより積極的な参加(GIPA)が倫理的にも有効性の面からもエイズ対策には重要であることが宣言された。

 今日では、GIPA原則は世界中でさまざまな対策の基本となっている。HIV陽性者およびこのウイルスに影響を受けている人たちは、カウンセリングや治療に関する説明などを通じて、各地方で他の人たちを支えることから、サービス提供や各国、地域、世界レベルの重要な意思決定や政策策定に参加することまで、エイズとの闘いのさまざまなレベルで幅広い活動に携わっている。

 各国が予防、治療、ケア、支援のサービスのユニバーサルアクセスという目標の達成に向けて国のエイズ対策を充実強化していくためには、HIV陽性者およびエイズの流行に大きな影響を受けている人たちの参画が何にも増して求められている。


UNAIDSのGIPAに関する方針

 いかなるパートナーも単独では、HIV陽性者のニーズのすべてに応えることはできない。したがって、参加者相互の協力が必要である。HIV陽性者が積極的に関与することを可能にするために、UNAIDSはすべての関係者に対し、HIV陽性者のより広範で意味のある参加の機会を確保し、実質的な支援を行うことを要請する。

 各国政府と国際機関、市民社会は以下を実行しなければならない。

・女性、若者、排除されがちな人々を含め、方針決定機関におけるHIV陽性者の参加に関し、策定、実施、評価のすべてにわたって少なくともこれだけはという目標を設定する。その選定方法は包含的で、透明性が高く、民主的なものでなければならない。

・資金配分の優先順位の決定やHIVプログラムの選択、企画、実施、モニター、評価に関し、最初からHIV陽性者が加われるようにする。

能力向上と組織の開発
 HIV陽性者がエイズ対策に最大限、参加できるようにするには、いまなお多くのことが必要だ。重要なことのひとつは、HIV陽性者および陽性者団体やネットワークの能力向上と組織の開発であり、そのためには継続的に職務に専念できるよう財政的な支援を確保しておかなければならない。完全な参加を実現し、しっかりとニーズに対応できるようにするうえで、このことは不可欠である。能力向上には、戦略的な企画立案や組織作り組織内における管理運営、プログラム策定、コミュニケーション、技術、財政に関する専門性を獲得することも含まれる。

偏見、差別への対応と人権について 
 HIV陽性者やエイズの流行に大きな影響を受けている人たちが経験してきた偏見や差別、差別を助長する政策・法律、人権侵害と闘うことは、エイズ対策のパートナーが意味のある貢献を果たせるような環境を創り出す基盤である。偏見と差別を克服し、有効なエイズ対策を妨げる政策や法律と闘い、人権を守るには、いつ、どこで、どのように人権が侵害されたかを監視し、記録しておくべきである。PLHIVスティグマ・インデックス、人権カウント、犯罪化政策スキャンのような手段は、こうした対応を強化するための鍵であり、偏見対策プログラムやHIV陽性者、HIVに影響を受けたコミュニティの権利を守るための重要なステップとなる。

政策支援
 エイズ対策におけるHIV陽性者のより積極的で意味のある参加を確実なものにするため、UNAIDSは世界レベルでHIV陽性者の主要なネットワークと緊密に協力している。HIV陽性者世界ネットワーク(GNP+)、国際女性HIV陽性者コミュニティ(ICW)、国際治療準備連合(ITPC)などである。こうした組織との協力には、世界全体や地域レベル、各国レベルにおける主要な方針決定の機会において、HIV陽性者の積極的な参加を促進できるよう緊急に対応することも含まれている。各国レベルでは、UNAIDSの各国事務所のすべてが、さまざまな活動を通じて、各国内および地域内のHIV陽性者組織、ネットワークを積極的に支援している。

陽性者の健康、尊厳と予防
 陽性者の健康、尊厳と予防は、HIV陽性者組織と協力するUNAIDSの活動が加わるアンブレラプログラムである。HIV陽性者を支援する法的、政策的な環境を整え、HIV感染の予防だけでなく、全体的に健康を増進することに焦点があてられている。状況を踏まえ、鍵となる集団と個人に焦点をあて、HIV陽性者によって作られている。

 2009年4月にチュニジアで行われたGNP+とUNAIDSの「ポジティブ・プリベンション」に関する技術的協議では、HIV陽性者のネットワークと市民社会組織、各国の対策担当者、国連や資金拠出のための開発、多国籍機関の担当者らが出席し、「陽性者の健康、尊厳と予防」のコンセプトを打ち出し、原則を定めている。

陽性者の健康、尊厳と予防の主要な見解
・偏見と差別のない法的・政策的環境の実現に向けた支援と擁護が必要
・自分の意思で利用できるHIV検査、治療、ケア、支援のサービスへの平等なアクセスを含む全体的な健康と福祉の増進を目指す
・HIV陽性者の健康と福祉を改善、維持しなければならない。そのことが、パートナーや家族、コミュニティの健康と福祉にもつながる
・社会心理、経済、教育、社会文化面における脆弱性、ジェンダー、セクシャリティへの対応を含むべき
・キー・ポピュレーションのニーズに対応し、HIV陽性者の置かれた状況や多様性を尊重すべき

陽性者の健康、尊厳と予防の価値と原則
・HIV陽性者は、関連するすべてのプログラムの策定、実施、調査、モニタリング、評価のリーダーでなければならない
・人権アプローチは陽性者の健康、尊厳と予防の基盤である
・HIV感染の予防はHIVに感染しているかいないかに関わりなく、すべての人が責任を共有すべきである
・性と生殖に関する健康と権利は、HIVに感染しているかいないかに関わりなく、すべての人が理解し、実践しなければならない





Partnerships with people living with HIV

People living with HIV - key partners

33.3 million men, women and children were estimated to be living with HIV in 2009. People living with HIV often understand each other's situation better than anyone else and are well placed to educate, counsel and advise one another. Around the world, wherever HIV is present, people living with HIV have established support and advocacy groups and networks. Increasingly, members of the groups have been successful in their demands to be included in decision and policy making forums.

Since AIDS emerged, people living with HIV have been a key driving force in the response and few of the advances made in the last 25 years would have happened without the tremendous efforts, expertise and advocacy of people living with HIV and affected communities. With appropriate support, people living with HIV can and must take a central role in their own country, region, or locality in the design, implementation, monitoring and evaluation of AIDS programmes. Their involvement gives personal power and immediacy to AIDS efforts, improves the technical elements and relevance of programmes, enabling buy-in by the broader people living with HIV constituency and the community in general and inspiring others into action.

Greater involvement of people living with HIV (GIPA)

The idea that the personal experiences of people living with HIV could and should be translated into helping to shape a response to the HIV epidemic was first voiced in 1983 at a national AIDS conference in the USA through “The Denver Principles”.

It was formally adopted as a principle at the Paris AIDS Summit in 1994, where 42 countries declared the Greater Involvement of People Living with HIV and AIDS (GIPA) to be critical to ethical and effective national responses to the epidemic.

Today the principle of greater and meaningful involvement of people living with HIV is central to many interventions worldwide, people living with HIV are involved in a wide variety of activities at all levels of the AIDS response; from supporting others locally through counseling and treatment literacy initiatives to service provision and participating in major national, regional and global decision and policy-making activities.

The engagement of people living with HIV and key affected populations is all the more urgent as countries scale up their national AIDS responses to achieve the goal of universal access to prevention, treatment, care and support services.


UNAIDS GIPA Policy Position

No single partner can provide for the full spectrum of needs of people living with HIV: partnerships between actors are therefore needed. To enable the active engagement of
people living with HIV, UNAIDS urges all actors to ensure that people living with HIV have the space and the practical support for their greater and more meaningful involvement.

Governments, international agencies and civil society must:
 set, implement and monitor minimum targets for the participation of people living with HIV, including women, young people and marginalized populations, in decisionmaking bodies. Selection processes should be inclusive, transparent and democratic; and
 involve people living with HIV in developing funding priorities and in the choice, design, implementation, monitoring and evaluation of HIV programmes from their inception.

Capacity Building and organizational development
There is still much to be done to maximize the participation of people living with HIV in the AIDS response. One crucial aspect is the need to support the capacity building and organizational development of groups and networks of people living with HIV and ensure they continue to be financially supported to engage in their work. This is essential if they are to participate fully in the response and properly represent the needs of their constituencies. Capacity building can include assistance for strategic planning and to build organizational, managerial, programmatic, communications, technical and financial expertise within the organization.

Addressing stigma, discrimination and human rights
Tackling the stigma and discrimination, discriminatory policies and laws and violations of human rights experienced by people living with HIV and key affected communities is fundamental to creating an environment for meaningful contribution as partners in the AIDS response. In order to challenge and overcome stigma and discrimination, combat policies and laws that block an effective AIDS response, and to protect human rights, efforts should be undertaken to monitor and document when, where and how human rights violations are taking place. Tools such as the PLHIV Stigma Index, the Human Rights Count and the Criminalization Scan are key to scaling up these efforts and are an important step towards putting in place effective anti-stigma programming and protecting the rights of communities living with and affected by HIV.

Advocacy
To ensure the greater and meaningful involvement of people living with HIV in the AIDS response, UNAIDS works closely with key networks of people living with HIV at global level. They include the Global Network of People Living with HIV/AIDS (GNP+), the International Community of Women living with HIV/AIDS (ICW) and the International Treatment Preparedness Coalition (ITPC). Work with all organizations includes a focus on the urgent need to secure increased active participation of people living with HIV in key global, regional and national decision making forums. At country level, all UNAIDS country offices are actively supporting national and regional organisations and networks of people living with HIV through a wide range of activities.

Positive Health, Dignity and Prevention
Positive Health, Dignity and Prevention is an umbrella under which UNAIDS activities to partner with people living with HIV organizations fall. It involves a supportive legal and policy environment and a focus on holistic health promotion - not only on prevention of HIV transmission. It is tailored to setting, to key populations and to the individual, and is defined by people living with HIV.

At a GNP+ and UNAIDS International Technical Consultation on „Positive Prevention‟ in Tunisia in April 2009, networks of people living with HIV, civil society organisations, country programme implementers, as well as development, multilateral, UN and donor agencies met to develop the concept of „Positive Health, Dignity and Prevention‟ and define its principles.

Key aspects of Positive Health, Dignity and Prevention:
• Requires a supportive and protective legal and policy environment free of stigma and discrimination
• Should promote holistic health and wellness, including equitable access to voluntary HIV testing, treatment, care and support services
• Must improve and maintain the health and wellbeing of people living with HIV, which, in turn, contributes to the health and wellbeing of their partners, families and communities
• Should include addressing psychosocial, economic, educational and socio-cultural vulnerabilities, gender and sexuality
• Should be responsive to the needs of key populations and should respect and be tailored to specific contexts and the diversity among people living with HIV

Values and Principles of positive Health, Dignity and Prevention:
• People living with HIV must be leaders in the design, programming, implementation, research, monitoring and evaluation of all programmes and policies affecting us.
• A human rights approach is the foundation of Positive Health, Dignity and Prevention
• Preventing HIV transmission is a shared responsibility of all individuals irrespective of HIV status
• Sexual and reproductive health and rights must be recognized and exercised by everyone regardless of HIV status

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「HIV陽性者とのパートナーシップ」 GIPAをどう考えるか エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる