エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界のエイズの流行 主なファクト

<<   作成日時 : 2012/08/03 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 (解説) 第19回国際エイズ会議に先立ち、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発表した報告書『Together we will end AIDS』のKey Factsの日本語仮訳です。7月21日に当ブログに掲載した報告書プレスレリースの日本語仮訳とあわせてお読みください。
 http://asajp.at.webry.info/201207/article_4.html


世界のエイズの流行 主なファクト
http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/epidemiology/2012/201207_FactSheet_Global_en.pdf

・2011年の段階で、800万人以上が抗レトロウイルス治療を受けている。
  −2010年からの1年で20%増加
・2011年には年間250万人〔220万〜280万人〕が新たにHIVに感染。
  −2001年当時の20%減
・2011年には年間約33万人の子供が新たにHIVに感染。
  −2009年より24%減
・2011年には年間約170万人〔160万〜190万人〕がエイズ関連の原因で死亡
  −最も多かった2005年より24%減
・世界のHIV陽性者数は2011年現在3420万人〔3180万〜3590万人〕。
−抗レトロウイルス治療の普及でHIV陽性者が長く生きられるようになり過去最高
・結核は依然、HIV陽性者の最も大きな死亡原因となっている。
・15〜24歳の若者がすべての成人(15歳以上)の新規HIV感染例の40%を占めている。
・世界の若い女性(15〜24歳)の感染率は、同年代の男性の感染率より2倍高い。
・2011年の世界のHIV対策への投資は168億ドル。
・46カ国・地域がHIV陽性者の入国、滞在を規制している。

1 抗レトロウイルス治療 
・生命を救うことができる抗レトロウイルス治療へのアクセスがある人の数は2010年から2011年までの1年間で20%増えている。
  −2011年には低・中所得国のHIV陽性者800万人以上が抗レトロウイルス治療を受けている。2003年には40万人、2010年には660万人だった。
  −この人数は治療を必要とする推定1480万人〔1380万〜1560万人〕の54%〔50〜60%〕に相当する。
・最も劇的な進歩があったのはサハラ以南のアフリカで、治療が必要な人の中で治療を受けられる人の割合が2010年には19%だったのが、2011年には56%〔53〜60%〕に増えている。
  −カバー率はラテンアメリカが70%〔61〜82%〕、カリブ諸国が67%〔60〜73%〕で最も高い。東欧・中央アジアは23%〔20〜27%〕、中東・北アフリカは13%〔10〜18%〕と低い状態にとどまっている。アジアのカバー率は44%〔36〜49%〕となっている。
・HIV陽性の注射薬物使用者で抗レトロウイルス治療を受けている人は4%しかいない。
・抗レトロウイルス治療の最初の組み合わせ薬の費用は、2000年には年間1人1万ドルだったのが、2011年にWHOが推奨する組み合わせだと100ドルにまで下がっている。
・高所得国では、2番目の組み合わせの抗レトロウイルス治療は1人1カ月6000ドル程度まで高くなることがある。
・サハラ以南のアフリカで使われているジェネリック薬の約80%はインド製である。
・平均すると、低所得国の治療費用の約84%は援助資金でまかなわれている。

2 子供のHIV新規感染
・2011年には低・中所得国のHIV陽性の妊婦は150万人〔130万〜160万人〕と推定され、その57%〔51%〜64%〕が母子感染予防に効果がある抗レトロウイルス薬を受けている。
  −1年前と比べ、10%近い増加。
・2011年の子供の新規HIV感染は約33万人〔28万〜38万人〕。
  −2009年と比べると24%減。
・15歳未満の子供のHIV陽性者は2011年時点で約340万人〔310万〜390万人〕。
  −91%がサハラ以南のアフリカの子供。
・2011年の1年間で、推定23万人〔20万〜27万人〕の子供がエイズ関連の病気で死亡。
・2011年12月現在、56万2000人の子供が抗レトロウイルス治療を受けている。2010年には45万6000人だった。
  −成人に比べると、子供の抗レトロウイルス治療カバー率は極めて低い。

3 若者
・2011年時点で、若者(15〜24歳)のHIV陽性者数は490万人〔410万〜610万人〕と推定される。 
  −75%がサハラ以南のアフリカの若者。
・2011年の若者(15〜24歳)の新規HIV感染者数は89万人〔76万〜110万人〕。
−2011年には平均すると毎日2400人の15〜24歳の若者がHIVに感染。
・低・中所得国の若者を対象にした最近の調査では、HIVの感染と予防に関する5つの質問に正確に答えられた人は女性で24%、男性で36%にとどまっていた。

4 女性、少女
・HIVは妊娠出産が可能な年齢層における主要死亡原因となっている。
・2011年の1年間で、推定120万人〔110万〜280万人〕の女性、少女が新規にHIVに感染した。
・HIV陽性の若者(15−24歳)の約63%は女性である。
・世界全体で見ると15−24歳の女性がHIV感染に関して最も弱い立場に置かれており、感染率は同年齢の若い男性の2倍に達している。


5 社会変革
・2012年には、80%の国で差別をなくす法律があり、62%の国がHIV陽性者に対する差別を法律で禁じている。 
  −女性を差別からまもる法律または政策があると報告している国は78%。
  −男性とセックスをする男性をまもる法律があると報告している国は22%。
  −トランスジェンダーの人たちを差別からまもる法律があると答えている国は15%。
・2012年には、46カ国・地域がHIV陽性者の入国、滞在、居住を規制している。
・この2、3年の間に100カ国以上が、HIV感染を他の人に告げなかった人を起訴している。
  −世界HIV陽性者ネットワークはそのうちの600件は最も所得の高い国々でなされていることを特定している。

6 科学と技術
・HIV陽性者が抗レトロウイルス治療受けていれば、性パートナーへの感染のリスクを96%減らせることが研究で明らかにされた。 
  −HIV陽性者からの感染の可能性が低くなるため、抗レトロウイルス治療のアクセス拡大がHIV新規感染をさらに減らすと考えられている。
・HIV陰性の人が抗レトロウイルス薬を毎日、服用する治療を続けていれば、新規にHIVに感染する人の数は大きく減少することも研究により明らかにされた。
  −しかし、これらの研究には、健康な人が毎日、抗レトロウイルス薬を服用できるかという大きな問題点がある。
・男性の割礼手術は女性から男性へのHIV感染に対し最大60%の予防効果があることが明らかにされた。しかし、普及はあまりしていない。

7 投資
・2011年の世界のHIV対策への投資は168億ドルで、2010年より11%増えている。
・現在は世界の対策資金の50%以上が低・中有所得国の国内資金で占められている。
  −2011年の低・中所得国のHIV対策向け国内資金は2010年に比べ15%増え、過去最高の推定86億ドル〔73億−100億ドル〕に達している。
  −2011年現在、中所得国99カ国中56カ国が国内エイズ対策資金の半額以上を自国で負担している。
・国際社会からのHIV資金は2008年から2011年にかけて、ほぼ横ばい。
  −2011年の低・中所得国への国際援助資金は約82億ドルである。
  −米国が2011年のHIV対策国際援助資金の48%を負担している。
2015年までに必要なHIV対策資金は毎年220億−240億ドルと推定されており、年間約70億ドルが毎年、不足している状態だ。




THE GLOBAL AIDS EPIDEMIC – KEY FACTS
 In 2011, more than 8 million people had access to antiretroviral therapy.
- An increase of 20% in just one year from 2010 to 2011.
 In 2011, 2.5 million [2.2 million–2.8 million] people were newly infected with HIV.
- A reduction of 20% since 2001.
 Around 330 000 [280 000–380 000] children were newly infected with HIV in 2011.
- A reduction of 24% in just two years––from 2009-2011.
 Some 1.7 million people [1.6 million–1.9 million] died from AIDS-related causes in 2011.
- A decline of 24% since the peak in 2005.
 There were 34.2 million [31.8 million–35.9 million] people living with HIV in 2011.
- More than ever before due to the life prolonging effects of antiretroviral therapy.
 TB remains the leading cause of death among people living with HIV.
 Young people aged between 15-24 years account for 40% of all new adult (15+) HIV
infections.
 Globally, infection rates in young women 15–24 years old are twice as high as among men of the same age.
 Global investments for HIV totalled about US$ 16.8 billion in 2011.
 46 countries, territories and areas restrict people living with HIV from entering or staying.

1. Antiretroviral treatment
 The number of people accessing lifesaving antiretroviral treatment rose by 20% in just one year (2010 to 2011).
- In 2011, more than 8 million people living with HIV in low- and middle-income countries were receiving antiretroviral therapy, up from 6.6 million people in 2010 and up from just 400 000 in 2003.
- This represents 54% [50%-60%] of the estimated 14.8 million [13.8 million–15.6 million] people eligible for treatment.
 The most dramatic progress has been in sub-Saharan Africa where the percentage of people eligible for treatment who were receiving it rose by 19% from 2010-2011 to 56% [53%–60%]).
- Coverage is highest in Latin America at 70% [61%–82%] and the Caribbean 67% [60%-
73%]––whilst it remains low in the Eastern Europe and Central Asia 23% [20%-27%] and the Middle-East and North Africa 13% [10%-18%]. In Asia coverage was 44% [36–49%].
 Only 4% of people living with HIV who inject drugs and are eligible for treatment receive antiretroviral therapy.
 The cost of a year’s supply of first-line antiretroviral drugs decreased from more than US$ 10 000 per person in 2000 to less than US$ 100 for the least expensive WHO recommended regimen in 2011.
 In high-income countries the cost of second-line antiretroviral therapy can be up to US$ 6000 per person per month.
 Around 80% of generic drugs used in sub-Saharan Africa are sourced from India.
 On average, donor funding pays for about 84% of treatment costs in low-income countries.

2. New HIV infections in children
 In 2011, 57% [51%-64%] of the estimated 1.5 million [1.3 million–1.6 million] pregnant women living with HIV in low- and middle-income countries received effective antiretroviral drugs to avoid transmission to their child.
- This is an increase of nearly 10% in just one year.
 Around 330 000 [280 000–380 000] children were newly infected with HIV in 2011.
- This is 24% lower than the number of children newly infected in 2009.
 About 3.4 million [3.1 million–3.9 million] children younger than 15 years were living with HIV in 2011.
- 91% were in sub-Saharan Africa.
 An estimated 230 000 [200 000–270 000] children died from AIDS-related illnesses in 2011.
 As of December 2011, 562 000 children were receiving antiretroviral therapy compared to 456 000 in 2010.
- Antiretroviral treatment coverage is still much lower for children than for adults.

3. Young People
 Some 4.9 million [4.1 million-6.1 million] young people (15-24) were living with HIV in 2011.
- 75% were living in sub-Sahara Africa.
 Around 890 000 [760 000 – 1.1 million] young people (aged 15-24) were newly infected with HIV in 2011.
- 2 400 young people aged 15-24 were infected with HIV every day of 2011.
 Only 24% of young women and 36% of young men responded correctly when asked five questions on HIV prevention and HIV transmission, according to the most recent population based surveys in low- and middle-income countries.

4. Women and Girls
 HIV is the leading cause of death of women of reproductive age.
 An estimated 1.2 million [1.1 million–2.8 million] women and girls were newly infected with HIV in 2011.
 Some 63% of all young people (15-24) living with HIV are young women.
 Globally, young women 15–24 years old are most vulnerable to HIV infection, with infection rates twice as high as among men of the same age.

5. Social Transformation
 In 2012, 80% of countries had general non-discrimination laws and 62% of countries reported having laws prohibiting discrimination against people living with HIV.
- 78% of countries reported having laws or policies protecting women from discrimination.
- 22% of countries reported having laws that protect men who have sex with men.
- 15% reported having laws that protect transgender people from discrimination.
 In 2012, 46 countries, territories and areas restrict the ability of people living with HIV to enter stay or reside in them.
 In the past few years more than 100 countries have used criminal law to prosecute citizens who fail to disclose their HIV status to others.
- The Global Network of People Living with HIV has identified 600 such convictions, most in high-income countries.

6. Science and Technology
 Studies have shown that if a person living with HIV is receiving antiretroviral therapy the risk of transmitting the virus to their sexual partner is reduced by up to 96%.
- The increase in access to antiretroviral therapy is poised to drive the number of people newly infected further downwards, as people living with HIV become less infectious.
 Studies have also shown a significant reduction in the number of HIV-negative people newly infected when they took daily antiretroviral therapy during a sustained period.
- However, these trials have also shown that healthy people face a major challenge in adhering to daily antiretroviral therapy.
 Male circumcision has proven to be up to 60% effective in preventing HIV infections from women to men but uptake has been slow.

7. Investments
 Global investments in HIV totaled about US$ 16.8 billion in 2011 up 11% from 2010.
 Domestic resources in low- and middle- income countries now support more than 50% of the global response.
- Total domestic HIV resources in low- and middle–income countries grew by more than 15% between 2010 and 2011 reaching an estimated US$ 8.6 billion [US$ 7.3 billion– US$ 10 billion] in 2011 – the highest ever.
- As of 2011, 56 of 99 middle-income countries are funding more than half of their AIDS
responses.
 HIV funding from the international community has remained largely stable between 2008 and 2011.
- International assistance to low- and middle-income countries accounted for US$ 8.2 billion in 2011.
- The United States accounted for 48% of all international assistance for the HIV response in 2011.
Between US$ 22-24 billion is estimated to be needed annually for the global response to HIV by 2015 – the shortfall is estimated at more than US$ 7 billion.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第48号(2012年8月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第48号(2012年8月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2012/08/31 12:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界のエイズの流行 主なファクト エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる