エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『国際エイズ学会(IAS)のエリ・カタビラ理事長が、国際エイズ会議の戦略的重要性を語る』

<<   作成日時 : 2012/06/20 13:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 国際エイズ学会(IAS)は2年に1回、開催される国際エイズ会議(IAS)の主催者です。今年は7月22日から6日間、米国の首都ワシントンD.C.で第19回会議が予定されています。1990年の第6回サンフランシスコ会議を最後に米国では20年以上も開けないでいた会議です。米国がHIV陽性者に対する入国規制政策をとっていたことからIASは会議の米国開催を拒否してきました。92年にボストンで予定されていた会議はそのために急遽、アムステルダムに開催地が変更になったほどです。オバマ政権のもとでその入国規制が撤廃され、22年ぶりに米国で国際エイズ会議がひらかれることになりました。IASのエリ・カタビラ理事長が国連合同エイズ計画(UNAIDS)でワシントン会議の意義や見所を語ったインタビューの日本語仮訳です。


国際エイズ学会(IAS)のエリ・カタビラ理事長が、国際エイズ会議の戦略的重要性を語る
            2012年6月18日 UNAIDS Feature Story
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2012/june/20120618katabira/


 国際エイズ学会(IAS)のエリ・カタビラ理事長が6月15日、国連合同エイズ計画(UNAIDS)を訪れ、世界のエイズ対策における第19回国際エイズ会議の戦略的重要性について語った。第19回国際エイズ会議(AIDS2012)は、7月22日から27日まで、米ワシントンD.C.で開かれ、カタビラ教授は会議の国際共同議長となっている。

 Unaids.org はカタビラ教授から第19回国際エイズ会議の重要性、および会議の成果に対する期待を聞いた。カタビラ教授はHIV対策のこれまでの成果について詳しく語るとともに、なすべきことがいまなお、数多くあることを強調した。


第19回国際エイズ会議の意義は何ですか?

 この会議の意義は第一に、 22年の時間を経て、国際エイズ会議がやっと米国に戻ってきたということです。IAS の原則にしたがい、我々はこの間、米国政府がHIV陽性者の入国規制を撤廃しない限り、米国内で国際エイズ会議を開催することを拒否してきました。2009年にその制限が解除されたことから、会議を米国で開くことが重要な意味を持つことになりました。

 また、この何年間かのエイズ対策分野における米国の関与を認識し、評価することも重要です。アメリカの人々はPEPFAR(米国大統領エイズ救済緊急計画)を通じて貢献を果たしてきただけでなく、そのほかにもいろいろなかたちで貢献しています。米国内でも、国外でも、世界中のたくさんの人がアメリカのやり方で訓練を受けてきました。数多くの研究がアメリカの資金援助によって実績を上げ、現在、使われている治療薬をもたらしてきました。


なぜワシントンで開催するのですか?

 IAS の原則の 1 つは、エイズ対策に大きな影響を与えられる場所を会議会場に選ぶということです。ワシントンD.C.のHIVの流行は、資金に限りがある地域での流行とよく似ています。この会議がワシントン市内のエイズの流行による影響を軽減するためのよりよい対策を促すようになることを望んでいます。


この会議にはどんな成果を期待していますか?

 まず、今回の会議は3つの課題を重視しています。 科学、コミュニティの参加、リーダーシップと説明責任です。

 質の高い医科学研究の成果を発表していただきたい。この会議で発表された成果が今後数年間のHIV対策をかたちづくっていくことになります。したがって、よりよいサービスを提供するための助けになる成果を期待しています。

 コミュニティの参加は科学がコミュニティの求めるものに応えるための鍵になります。また、コミュニティの声を研究者や指導者に届けるうえでも重要です。

 そして、リーダーシップと説明責任ですね。指導者たちは自国の問題について、自分がどう取り組み、その判断がHIV対策にどのような影響を与えるのかを認識しておかなければならない。成功についても、失敗についても、しっかりと説明できるようにしておく必要があります。研究者もコミュニティの代表も、広くメッセージを伝えるために、国際エイズ会議というこのプラットフォームを活用することが重要です。


エイズの流行の30年間で、どのような成果があり、変化がもたらされたのでしょうか。

 最初の 10 年間で、私たちが実現できた最高の成果は感染が特定できるようになったこと、そして、記録を残したことでした。臨床医であるにもかかわらず、私ができたのは、感染した人たちの肩をたたいて励まし、そして埋葬することでしかなかった。しかし、長い年月をかけ、事情は変わっています。10 年前には治療薬が利用できるようになりました。

 1996年にバンクーバーで開かれた会議では、HIV治療によって、HIV陽性者が長く生きていけることが明らかにされました。残念ながら、それがすべての人にあてはまるわけではなく、とりわけエイズの流行で大きな打撃を受けている国の人々にはあてはまらないということも認識せざるを得ませんでした。

 2000年のダーバン会議では、いかに貧しくとも、HIV治療を必要とする人には、治療薬が使えるようにすることを求めるメッセージが会議の中で強調され、それが大きな変化を生み出しました。実はこの問題はいま、私たち保健医療従事者の手に戻ってきました。HIV陽性者が通常の生活を続け、以前と同じように社会に貢献していけるようにするため、私たちは正しいことをしなければならない。 これらは最も大きなブレークスルーの一部です。

 もちろん、生涯にわたって薬の服用を続ける生活というのは簡単なことではないので、ワクチンが必要なのですが、まだ利用可能なワクチンはありません。しかし、完治を目指す研究も続けられているし、感染をゼロに減らすためのHIV治療の改善も進められているので、希望はあります。

 エリ・テバソボケ・カタビラ博士はウガンダのカンパラにあるマケレレ大学医学部の教授で前副学部長。200以上の科学論文、アブストラクトを発表している。2010年7月からIAS理事長。約30年にわたり、HIV陽性者のケアと支援に精力的に取り組んできた。



President of the International AIDS Society speaks on the strategic importance of the upcoming International AIDS Conference
18 June 2012

Professor Elly Katabira, President of the International AIDS Society (IAS), visited UNAIDS on June 15 to speak on the strategic importance of the upcoming International AIDS Conference for the global AIDS response. The XIX International AIDS Conference will take place in Washington DC from July 22-27. Professor Katabira serves as the International Co-chair of the conference.

Unaids.org took the opportunity to talk to Professor Katabira about the significance of, and his expectations from the International AIDS Conference. He recounted the progress that has been made in the HIV response and stated that there is still the need to do more.


What is the importance and significance of the XIX International AIDS Conference?

The significance of this conference first of all is that it gives us the opportunity to go back to the United States after 22 years. Following the principles of IAS, we refused to go to the United States all these years mainly because of the existing restriction of entry into the country for people living with HIV. Once that restriction was lifted in 2009, it became important for us to go back.

In addition, it is important to recognise and appreciate the commitment to the AIDS response that the United States has shown over the years. The American people have not only contributed through PEPFAR but also in many other ways. Many of our people around the world have been trained in the American manner either within the United States or outside; a lot of the research which has made a big difference, including the current enjoyment of the drugs we have, has been done with the help of American funding.

Why Washington, D.C.?
One of our principles at IAS is that we choose a venue in order to influence the impact of the AIDS response within that venue. We know very well that the HIV epidemic in Washington DC is similar to epidemics existing in some resource limited settings. We want the conference to stimulate a better AIDS response to mitigate the impact of the epidemic within the city.

What are the specific outcomes that you are hoping will come out of this conference?

First of all, the conference is addressing three issues: science, community involvement and leadership and accountability.

We want to have quality science presented at the conference because the science presented here will shape the HIV response practices that we will have for the next few years. Therefore, we hope to have quality science which will help us to deliver better services for the people.

Community involvement is key to ensure science serves the needs of the communities. But also to ensure the community voices are heard and taken into account by scientists and leaders.

And of course the leadership and accountability; Leaders need to be aware of what they are doing as far as their countries are concerned and how their decisions impact on the HIV response. They need to be able to account for their successes as well as their failures. So it is important that both scientists and community representatives use this platform to deliver their messages widely.

Over the last three decades of the epidemic what progress and changes have you observed?

In the first decade, the best we could do was identify those infected and do the written records. Despite being a clinician, all I could do was pat them on their backs and eventually bury them. But over the years things have changed. Ten years ago drugs became available.

At the 1996 conference held in Vancouver, it became clear that with the right kind of HIV treatment, HIV-positive people could live longer. Unfortunately, we also became aware that this opportunity was not available to everyone or to the very countries which had the biggest burden.

In 2000, during the Durban conference, a message was sent stressing the possibility to make HIV drugs available to the people who needed them no matter how poor they were and that made another difference. In fact, now it is back to us, the healthcare workers, to ensure that we do things right so that people living with HIV can lead a normal life and contribute to society as before. So those are some of the biggest breakthroughs.

Of course we still don’t have a vaccine, which we very much need since human beings are unlikely to continue taking medication for life. But there is hope as people are working to find a cure as well as on improving HIV treatment to ensure that transmission is reduced to zero.

Dr. Elly Tebasoboke Katabira is a Professor of Medicine and former Deputy Dean for Research, Faculty of Medicine at Makerere University, Kampala, Uganda. He is the author of more than 200 published scientific articles and abstracts. Professor Katabira took office as IAS President in July 2010. He has worked extensively in the field of care and support for people living with HIV for nearly 3 decades.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『国際エイズ学会(IAS)のエリ・カタビラ理事長が、国際エイズ会議の戦略的重要性を語る』 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる